ハワイのお土産

職場の旅行でハワイに行ったという友人から、お土産を貰いました!
有名なコナコーヒーとチョコレートです。
d0257690_23144865.jpg

とても綺麗な海だったそうです。

私は去年辺りまで、ハワイなどのリゾート地は全く興味が無かったのですが、いろんな方の旅行記を見たり、話を聞いているうちに、行ってみたいなぁと思うようになりました。

今回、友人は初めての海外旅行だったようですが、トラブルなく帰って来れたようで良かったです。
こうして旅行のお土産話を聞くのも大好きで、まるで自分が行った気にもさせてもらっています。
d0257690_23162196.jpg

コーヒーはとても良い香りで、「これがハワイのコーヒーなんだぁ」と、ハワイの綺麗な海を思い浮かべながら頂きました。

ハワイ、行ってみたいけど、高いし遠いんだよなぁ。
最短でも4日は無いと行けないし、まだ行くのは先になりそうかなぁ。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-22 23:23 | UchiCafe | Comments(0)

5年

YUIが活動休止を発表して、5年が経ちました。

この5年、長かったような気もするし、あっという間だったような気もします。
d0257690_23495375.jpg

デビュー以来の大ファンで、私の人生には常にYUIの歌がありました。
YUIの曲を聴くと、その当時の楽しい思い出や悲しい思い出、様々な記憶が蘇って来ます。

そんな大切な思い出を作ってくれたYUIが活動休止すると知り、当時は本当にショックでした。

でもすぐに、FLOWER FLOWERのyuiとして私たちの前に戻って来てくれて、今もマイペースに活動してくれているのは、大きな喜びです。

今後は彼女のペースで、無理のない程度に活動してくれれば、それで私は十分嬉しいです。



この曲の「カンタンに行かないから生きてゆける」という歌詞。
今、まさに実感しているところです。

これからもYUIの曲と共に、歩んでいこうと思っています。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-20 00:10 | 音楽の話題 | Comments(0)

弾丸!バンコク旅行 ⑤ [1日目] (フードコートで夕食、タイのセブン)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]
弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)
弾丸!バンコク旅行 ③ [1日目] (タクシーでホテルへ、暑さでダウン)
弾丸!バンコク旅行 ④ [1日目] (BTSでショッピングセンターへ)


2017年06月28日(水)

d0257690_2225332.jpg

「MBKセンター」という、巨大ショッピングセンターにやって来ました。

「地球の歩き方」によると、ここのフードコートは外国人旅行者にも人気があるとのこと。
なので事前にここのフードコートで夕食にしようと決めていました。
(本当は屋台でも食べてみたいけど、お腹を壊すのが心配で、やっぱり清潔なフードコートなら安心です。)
「サナーム・キラー・ヘン・チャート駅」から直結なので、迷うこともありません。
d0257690_22262145.jpg

いやぁ〜、大きく立派なショッピングセンターですねぇ!

1階、2階は洋服や雑貨、電気製品の店がたくさんあって、見ているだけでも楽しかったです。
日本製のスマホやゲーム機がたくさん売られていました。

ボウリング場や映画館もあり、日本の東急デパートも直結していました!
d0257690_22265485.jpg

そして去年10月に亡くなられた、プミポン国王の写真が1番目立つところに飾られていました。

タイの皆さんに愛されたプミポン国王。
日本の皇室とも古くから親密な関係を築かれてきたそうです。

1年間、タイの方は喪に服されているとのことで、このときまだ1年経っていなかったので、どんな感じなのだろうと思っていましたが、皆さん徐々に国王の死を受け入れて、希望を持って前に進んでいるような感じを受けました。
d0257690_22274884.jpg

さて、フードコートのある6階へ。

まさかの「かつや」を発見!
中を覗いてみると、日本の方も結構いらっしゃいました。
見た感じ、仕事でバンコクに駐在している方のようですね。

こういった日本のチェーン店があると、安心するんでしょうねぇ。
台湾にも日本のチェーン店が多いけど、タイにもたくさんありそうです。
d0257690_22465138.jpg

バンコクにはたくさんのフードコートがあるようですが、大体のところは、このようなカウンターで、まずICカードを購入します。

そのカードに好きな額をチャージしてもらい、それを各店で出して支払い。
最後にこのカウンターに戻って来て、カードをデポジットするという流れです。

私は200バーツチャージしましたが、多すぎで、100バーツで十分でした。
d0257690_22482641.jpg

人はたくさん居ましたが、何しろ広くて席もたくさんあるので、座れないということはなさそうです。
(この写真はほんの一部で、奥にもっとたくさん席があります。)

美味しそうな店がたくさんあって、3周くらいグルグル周って、ようやく決めました。
d0257690_2249346.jpg

ひき肉となすが乗った、カレーのようなものです。
(何という料理でしょう?)
これはピリ辛だったけど、美味しかったなぁ。

日本でも同じような料理があるけど、こっちのほうがスパイシーな香りがして、タイらしさを感じます!

別の店で買ったマンゴージュースは、注文してからミキサーにかけて作ってくれたので、とてもフレッシュで美味しかったです。
ジュースも屋台の物だと心配で飲めませんが、フードコートなら清潔で安心ですね。

結構なボリュームがあり、これだけで満腹になりました。
カードをデポジットして、ゆっくりホテルへ戻ります。
d0257690_2375566.jpg

ショッピングセンターを出ると、国王の大きな肖像画が。

行き交う人たちが、立ち止まって、手を合わせています。
この光景に胸が熱くなってしまいました。
d0257690_2382445.jpg

駅の入り口にも、国王の肖像画がありました。

私も手を合わさせて頂きました。
タイの皆さんに幸せが訪れますように。
d0257690_23103489.jpg

さて、ラビットカードをかざして、改札内へ。

台湾の改札と全く同じなのがビックリです。
d0257690_23121316.jpg

始発ですが、列車は車庫からやって来て、すぐ発車するので慌ただしい感じです。
通勤時間は過ぎたようですが、座れはしませんでした。

このBTSのドア窓は特徴的な形ですね。
d0257690_23154759.jpg

3駅で「サラデーン駅」に到着。

行き程混んでいなかったので、短い区間でしたが、BTSを楽しめました。
d0257690_23173460.jpg

列車内は寒いくらいですが、一歩外に出ると、この時間でもモアッとした暑さ。

日本の熱帯夜よりずっと強烈な暑さです。
東南アジアに居るんだなぁと実感させられますね。

ホテルまでの道中、たくさんの屋台の前を通りました。
美味しそうなものがたくさんありましたが、こんな暑さの中、生ものが売っていて、絶対食べたらお腹壊すだろうなと思ってしまいました(汗)

タイに免疫が付いてきたら、いつかこういった屋台にもチャレンジしてみたいです。
d0257690_23191928.jpg

ホテル前のセブンイレブンで夜食を買い物して行きます!

タイでコンビニといえば、そのほとんどがセブンイレブン!
でも売られているのは日本では見かけないものばかりで、本当に楽しいです。

カラフルな飲み物は、見ているだけでもワクワクするなぁ。
d0257690_2320812.jpg

美味しそうなスイーツ・パンもたくさんあります!

これはセブンだけで何でも揃っちゃいそうだなぁ。
d0257690_23263391.jpg

このドリンクマシーンはセルフなのかな?

気になりましたが、システムがわからず、使えませんでした。
d0257690_232837.jpg

そして、レジとは別に、コーヒーなど注文カウンターがあります。

帰ってから、ここのカフェラテがとっても美味しいと知り、飲まなかったことを後悔しています。

日本のセブンでも専用のコーヒーやカフェラテはあるけど、ここまでメニューは多くないし、しかもここは専門のスタッフさんが入れてくれるのが良いですねぇ。
d0257690_2335166.jpg

21時頃にホテルに戻って来ました。
フロントの方が明るく出迎えて下さり、ホッとしました。

まずはシャワーでさっぱりして、ベットでゴロン!
部屋は涼しくて気持ち良いです!
d0257690_23355045.jpg

テレビを観ながら、セブンで買った夜食を食べます。

何といっても驚いたのが、台湾でお馴染みの統一のパパイヤミルクが置いてあったことです!
テンションが上がり過ぎて、「おぉ!」と声を上げてしまいました。

このパパイヤミルクが大好きで、この味が恋しかったので、久しぶりに飲めて嬉しかったなぁ。
まさかタイで飲めるなんて思ってもいませんでした。

それから、このスイーツがフワフワで、美味しいのなんの!
ミルク感たっぷりで、もう1個買っておけば良かったと思うくらい美味しかったです。
タイのコンビニスイーツはレベルが高いなぁ。

スイカミルクも想像通り美味しかったです。
d0257690_23361022.jpg

こちらはタイのポテトチップス。
適度にスパイシーで、美味しく一気に食べてしまいました。

お腹いっぱい!
満足です。

こうしてテレビを観ながら、日が変わる頃に就寝しました。
明日は市内を観光後、ツアーでアユタヤに行って、夜の便で早くも帰国です。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-17 23:04 | 海外旅行記 | Comments(4)

Superfly / 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom" LIVE VIEWING

Superflyの復活ライブ。
生で観たかったのですが、一夜限りのプレミアムライブということで、チケットは取れませんでした。
なのでライブビューイングを浦和で観て来ました!
d0257690_21374861.jpg

まず志帆ちゃんがベリーショートになっていてビックリ!
最初は別の人が出て来たのかと思いましたが、歌い始めると、あぁ志帆ちゃんだ!と思いました。

あの素晴らしい歌声は、何ら変わっていませんでした。

今回のライブはいつものバンド演奏では無くて、オーケストラ演奏。
この演奏は生で聴きたかったなぁと思うくらい、美しい音色でした。

珍しい3部構成のライブで、間にはドキュメントも流されて、志帆ちゃんが休養するに至った理由もわかったような気がしました。
志帆ちゃん、だいぶファンの為に無理してくれていたんですね。

本当に素晴らしいステージで、こうしてみんなでデビュー10周年をお祝い出来て良かったです。
ラストの「愛をこめて花束を」の合唱は感動的だったなぁ。

それからエンドロールで、多保さんの名前が出て来て、ウルッと来てしまいました。
今度は生で観たいなぁ。

************************
~ 第一幕 "LOVE" ~
愛をこめて花束を
やさしい気持ちで
春のまぼろし
愛に抱かれて
輝く月のように
short movie
~ 第二幕 "PEACE" ~
YOU&ME
あぁ
Wildflower
Good-bye
Beautiful
short movie
~ 第三幕 "FIRE" ~
Force
Alright!!
(メドレー)
 タマシイレボリューション
 恋する瞳は美しい
 Bi-Li-Li Emotion
 Free Planet
 タマシイレボリューション
愛をからだに吹き込んで
~~~~~~~~~~~~~~
Bloom
愛をこめて花束を
************************

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-16 21:55 | Comments(0)

JALカード

海外旅行が趣味という方は、マイルを貯めている方が多いと思います。

私も前々からカードを作ってマイル貯めようかなぁと考えていましたが、最近はLCC利用ばかりなので、今はいいかなぁと先延ばしにしていました。

そんな中、普段の買い物でもカードを上手に利用すれば、結構なマイルが貯まると知り、私もマイラーになることにしました。

JALカードとANAカードのどちらにするかは悩みました。

提携会社はスターアライアンスのANAの方が断トツ多いけど、ワンワールドのJALの提携会社に「ブリティッシュエアウェイズ」や「エールフランス」「フィンエア」といった乗ってみたい航空会社が名を連ねているし、LCCながらジェットスターも提携している!
ということで、JALカードにしました。
d0257690_05037100.jpg

申し込んでから2週間ほどで、カードと説明書類が届きました。

正直、JALよりANA派なので申し込んでから、「あぁANAにすれば良かったかなぁ」とも思いましたが、とりあえずこれで貯めて行こうと思います。

どうやらアマゾンやタワーレコード、ファミリーマートの買い物でも貯まるようなので、どんどん貯めて、いつかは貯まったマイルでヨーロッパに行きたいです!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-10 00:58 | 旅行の話題 | Comments(2)

2回目の新潟コンサート旅行 ① [1日目] (上越新幹線で新潟へ)

桑田さんのライブを観に、新潟まで行って来ました。

今回の桑田さんのツアー、本当は東京ドームで観たかったけどチケットが取れず、空きがあった新潟のチケットを購入。
新潟は2年前にもミスチルのライブを観に行っているので、今回もそんな感じで1泊2日で観光を兼ねて行って来ようといろいろ計画を立てていました。

2年前のミスチル新潟旅行

そんな中、カフェブリュさんからお誘いを頂き、一緒に新潟へ行くことになりました!
新幹線とホテルだけは事前に手配。

2年前は新潟市内のホテルに全く空きが無いという状態で、市外の温泉宿に泊まりましたが、今回は市内のホテルは値段が上昇しているものの、空きはだいぶありました。


2017年10月17日(火)

d0257690_2214071.jpg

当日は9時にカフェブリュさんと熊谷駅に集合。
切符は手配済みなので、改札内の待合室でゆったりお話ししてから、31分発のMaxときに乗車。

上越新幹線は熊谷~東京間はよく利用しますが、新潟方面で利用することはほとんどなく、今回が初めてかもしれません。
この2階建て車両も数年後には引退してしまうので、今回乗れてよかった!
d0257690_22143829.jpg

行きは指定席で、1階の席となりました。
ただ、1階席はかなり低い位置なので、外の景色がほとんど見えませんでした。
いつも在来線のグリーン車の1階だと、遮るものが無いので問題なく景色が眺められるのですが、新幹線だとそうもいかないということを全く忘れていました。

帰りは自由席なので、2階席にしよう。
d0257690_22162361.jpg

車内販売でホットコーヒーを購入。
やっぱり新幹線の中で飲むコーヒーは美味しいです!

新潟まで1時間45分。
カフェブリュさんといろいろお話させて頂いていると、楽しくてあっという間でした!
d0257690_22171884.jpg

11:15新潟着。

いやぁ、やっぱり新幹線は速い!
2年前は鈍行でゆったり来たので、余計に速く感じます。

この時点で全くの疲れを感じません。
d0257690_2218063.jpg

新潟駅、やっぱり大きいなぁ。

北陸新幹線開業と共に立派になった金沢駅には劣るけど、それでも十分ターミナル駅としての貫禄を感じますね。
d0257690_22513441.jpg

まずはカフェブリュさんと共に、今回泊まる『ドーミーイン新潟』の場所を確認。

駅から徒歩8分くらいで、道もわかりやすいです。
送迎バスも出ているようですが、これなら必要ないかも。

ここで一旦カフェブリュさんと別れて、15時のチェックインまで自由行動に。
d0257690_22222113.jpg

ゆったりと新潟駅まで戻って来ました。

どこで昼食にしようか迷いましたが、前回長岡で利用して美味しかったへぎそばの『小嶋屋』で食べることにしました。

お昼時とあって、結構混雑していて、15分程外で待ちました。
d0257690_22224790.jpg

今回もカウンター席。

ここのへぎそばが美味しいのはわかっているので、今回はへぎそばと穴子天丼のセット(1,600円)にしました。
なかなかお高いですが、旅先ではケチらないのがモットーでもあるので(汗)、美味しそうなこれにしました。

のど越し滑らかな蕎麦も相変わらず美味しかったですし、穴子天も外サクサク、中フワフワで最高でした!
d0257690_22232852.jpg

お腹が満たされたところで、駅ビルの『CoCoLo本館』へ。

あんまり覚えていなかったけど、2年前もここに来ました。
店に入った瞬間に、そのときの記憶が蘇ってきて、ハッとしました。

やっぱり再訪すると、こういうことがあるから面白いんですね。
d0257690_22235422.jpg

この新潟特産品のお店で、おにぎりを購入。

勿論使われているのは新潟産コシヒカリで、とっても美味しかったです!
d0257690_2233228.jpg

この連絡通路も懐かしいなぁ。
2年前はスタジアムに向かう前に、ここのモスバーガーで休憩したっけな。

あの旅自体はそこまで思い入れのあるものでは無かったけど、こうして再訪して何とも言えぬ懐かしい想いになるのは自分でも驚きでした。
d0257690_2233267.jpg

新潟駅は万代口と南口からなります。

こちらは栄えている万代口。
人もかなり多いと感じます。

やっぱり新潟は結構な都会なんですよね。
d0257690_22341292.jpg

大きなバスターミナルもあります。

これだけの都会でありながら、新潟は車社会なので地下鉄はおろか、路面電車も走っていません。
これが観光客には非常に不便なんですよね。

やっぱりバスは観光客にはわかりずらいし、路面電車が走っていればそれだけで観光資源になると思うんですけどねぇ。
それにいわゆるLRTは高齢者や障害者にも優しい乗り物で、LRTによって高齢者の外出機会が増えるということまで考えれば、新潟ほどの都市にはあって当然のものだと思います。
(持論を展開してすいません)
d0257690_2245198.jpg

そんなわけで市内の移動手段はバスしかないのかと思いきや、レンタサイクルがあるとのこと。

これから日本海を見に行こうと考えていたので、せっかくなので自転車で行くことに。
駅から徒歩3分のところに貸し出しステーションがありました。
d0257690_2252552.jpg

地下に降りていくと、受付があります。

最初に200円で会員カードを作って、基本3時間まで100円、以後1時間ごとに100円加算されていきます。
これならバスを使うより安そうです。

市内には20か所のレンタサイクルステーションがあり、そのどこで返却しても良いので、とても便利です。
以前訪問した金沢もこんな感じでした。
d0257690_22473567.jpg

無事に自転車を借りることが出来ました。
私で最後の1台だったようで、ノロノロしていなくて良かったです。

さて、これからこの自転車で日本海を眺めに行きます!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-08 00:07 | 国内旅行記 | Comments(0)

今月の本 2017年10月

10月に借りた本です。
d0257690_23245440.jpg

コンビニ人間

話題の芥川賞受賞作。
タイトルからそそられ、ずっと読んでみたいと思っていて、3か月前に予約して、ようやく順番が回って来ました。
分量がちょうど良く、一気に読んでしまいました。
18年間コンビニでアルバイトとして働く主人公。この主人公の感覚が周りとどこかズレていて、うまく溶け込めない様子に共感しました。
” 正常な世界はとても強引だから、異物は静かに削除される。まっとうでない人間は処理されていく。”
この文がグサッと刺さりました。
ただ、普通か普通でないかの2択の世界は悲しいなとも思いました。
今の正常とは思えないこの世界で、いったい誰が正常なのだろうと、深く考えさせられましたし、実体験をもとに書かれた本ということで、これは作者からのメッセージなのかもしれませんね。

d0257690_23252258.jpg

ヴァン・ショーをあなたに

「スーツケースの半分は」の作者である、近藤さんの作品ということで借りてみました。
これもまた表紙がお洒落で、読む前からワクワクさせられます。
どうやら近藤さんの専門はミステリーのようで、「スーツケースの半分は」は例外的に普通のお話だったようです。
ただこのお話もミステリーながら、どこか心がホッコリする展開もあり、やっぱり素敵な物語を書かれる方なんだなぁ。
小さなフレンチレストランを舞台に繰り広げられるミステリーということで、美味しそうなフランス料理の名前が次々に登場します!フレンチが食べたくなるお話しです!

d0257690_23254543.jpg

読売vs朝日 21世紀・社説対決

歴史認識、国旗・国歌について、靖国参拝、憲法など、読売と朝日の社説を比較した本です。
朝日新聞などなかなか読む気にならないので、こうして並べてくれると助かります。
やはり朝日新聞は、日本の国益を著しく損ねた新聞社であるなぁと改めて感じます。
ただこの本が出た頃とは時代が変わり、今はネットが普及して、情報が分け隔てなく得られる時代となりました。
例えばヤフーニュースなどでも、興味のある話題について、各新聞社がそれぞれどう報じているかを確認することも出来ます。
1社だけの新聞を購読していると、どうしてもその新聞社の影響を大きく受けますし、やはりこうして比較することは大事だと感じます。

d0257690_232676.jpg

日本人はなぜ世界が読めないのか

フランスと日本を行き来する作者が、ヨーロッパから日本を眺めて、日本人が世界を読めない理由を考察しています。
なかなか読みごたえがあって、共感する部分も多くて面白かったです。
私も海外に行くようになって、日本のあれ?と思う部分もたくさん発見して来ましたが、この方もそういった部分を指摘しつつ、良い部分もたくさん指摘されているのは良かったです。

d0257690_23275927.jpg

ことりっぷ -新潟・佐渡

先日、新潟へコンサート旅行へ行きました。
新潟へは何度も行っているし、ガイドブックは買うほどではないかと思ったので、図書館でちょうど良く発見し借りました。
でも新潟市内をしっかり観光するのは今回が初めてだったので、この本はだいぶ役に立ちました。

*******************************

10月はこの5冊を借りました。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-05 23:23 | | Comments(0)

鉄道写真「秩父鉄道」(2007年)

2回目は我が地元を走る、秩父鉄道です。

高校時代は通学で秩父線を利用していたので、1番愛着がある鉄道路線。
今から10年前、2007年の写真です。
私は当時高校1年生でした。
d0257690_2332236.jpg

これが初めて自分で撮影した秩父線。
元主力の1000系です。

この1000系は国鉄時代から使われていた車両で、ミシミシ音を立てる椅子に、バタンと閉まるドアなど大好きでした。

石原~ひろせ野鳥の森間で撮影しました。
d0257690_23322861.jpg

この年は大宮鉄道博物館がオープンした年で、秩父線でも記念に、1000系の国鉄カラーが復刻しました。
これは京浜東北線ブルー。
d0257690_23365743.jpg

こちらは中央線オレンジ。

それにしても、載せるのが恥ずかしいくらいブレブレで、下手な写真です(汗)
d0257690_23374217.jpg

これは今でも現役の5000系。

確か東京地下鉄のお下がりだったかな?
高校時代は1000系と共によく乗った車両なので、まだまだ引退しないで欲しいです。
d0257690_23394284.jpg

そして、秩父鉄道のシンボルと言っても良いでしょう。
SLパレオエクスプレス!

週末限定で熊谷~三峰口間を往復しています。
やっぱりSLは迫力があって良いですねぇ。
d0257690_23401141.jpg

最後に急行6000系。

これは西武新101系のお下がりで、若干改造が施されています。
通常の乗車券と200円の急行券でどこまでも乗れるので、とてもお得です。

本当はまだまだ秩父線の写真は撮ったのですが、データがどこか行ってしまったので、見つかり次第またアップしようと思います。

次回は西武鉄道です。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-03 23:57 | 鉄道 | Comments(0)

ベストシーズンに行く!札幌・旭川旅行 ⑦ [2日目] (美瑛ドライブ、バニラエアで帰京)

ベストシーズンに行く!札幌・旭川旅行 ① [準備編]
ベストシーズンに行く!札幌・旭川旅行 ② [1日目] (エアドゥで千歳へ、味確認ラーメン)
ベストシーズンに行く!札幌・旭川旅行 ③ [1日目] (札幌市内観光)
ベストシーズンに行く!札幌・旭川旅行 ④ [1日目] (回転寿司トリトンで夕食)
ベストシーズンに行く!札幌・旭川旅行 ⑤ [1日目] (特急カムイで旭川へ)
ベストシーズンに行く!札幌・旭川旅行 ⑥ [2日目] (10年ぶりの富良野・ファーム富田へ)


2017年08月05日(土)

ファーム富田を出発。
今度は友人の運転で、美瑛に向かいます。
d0257690_0141153.jpg

美瑛までは30分くらい。
ゆったり北海道らしい景色を楽しみながらドライブ。

「北西の丘展望公園」に来ました。
ここは2年半前にも来たし、10年前にもツアーで寄ったので、3回目です。
d0257690_0145530.jpg

そうそう、この景色!

北海道って感じがしますよね!
空気も澄んでいて最高です。

さっきまで日が陰っていましたが、徐々に晴れて来てくれました。
d0257690_016883.jpg

公園の下の方に進むと、ひまわり畑がありました!
3回目だけど、これは知らなかったなぁ。

ひまわり畑を間近で見るのは初めてかもしれません。
d0257690_016467.jpg

綺麗だなぁ。
何とも心が和みます。

短い北海道の夏を象徴するような、美しい花ですね!
d0257690_0174334.jpg

いつものように、展望台に上がってみます。
d0257690_23194062.jpg

このピラミッド型の展望台から、美瑛の丘や十勝岳連邦を一望出来ます。

日が陰ると、少し肌寒いくらいです。
d0257690_0205883.jpg

この公園には売店があるのも良いところ。

前と同じように、ここで何か買いましょう。
d0257690_0214542.jpg

とりあえず大好きなバニラソフトクリーム!
うーん、やっぱり濃厚で美味しい!

友人は美瑛メロンを食べていて、少し分けてもらいました。
これがまたジューシーで、とっても美味しかったです。
d0257690_034428.jpg

この景色、いつまでも見ていたいです。

本当はまだまだゆっくりしたいけど、時間がないのでそろそろ出発しなくては。
美瑛に来たら、また寄りたい公園です。
d0257690_0344739.jpg

さあ、ここからは私が運転します。

運転していると、写真が撮れないのが残念ですが、美瑛のなだらかな道を走るのは本当に気分が爽快です。
d0257690_0352515.jpg

「マイルドセブンの丘」にも行きましたが、シーズンが終わってしまったようでした。
なので「ケンとメリーの木」へ向かうことに。

何気ない道路がまた絵になりますねぇ。
これが北海道の風景です。
d0257690_0355533.jpg

着きました!
「ケンとメリーの木」です!

前回来たときは曇っていて残念でしたが、今回は晴れてくれて、素晴らしい絵になりました。
ここも美瑛を代表する風景ですね。

さて、そろそろ旭川に戻りましょう。
途中のガソリンスタンドで運転を交代し、友人の運転で駅前のトヨタレンタカーへ。
d0257690_0391769.jpg

無事にレンタカーを返却し、旭川駅に戻って来ました。

途中、駅前のセイコーマートで買い物も済ませました。

本当は旭川空港から直で帰りたかったですが、異様に航空券が高かったので、面倒ですが帰りも千歳空港からの飛行機です。
d0257690_0395683.jpg

予定では14:30発の列車でしたが、1本早い列車に乗れました。
帰りは自由席にしておいて良かった!

14:00発の特急ライラック26号・札幌行きです。
d0257690_0404741.jpg

セイコーマートで買った、メロンソーダと緑茶が列車旅のお供。

このメロンソーダは関東の物より、果実感が強くて美味しかったなぁ。
d0257690_0455715.jpg

昨日の夜は真っ暗で何も見えなかったから、帰りは車窓の景色をゆったり楽しみます。
友人と話していると、1時間半はあっという間です。

それにしても、旭川~札幌間でセイコーマートをいくつ見ただろう?
もう目にするコンビニのほとんどがセイコーマートでした。


北海道にいるんだなぁと実感させられます。
d0257690_0474731.jpg

15:25札幌着。

昨日買った切符は札幌までなので、ここで急いで改札外へ。
千歳空港までの乗車券を買います。

何とか15:35発の快速エアポートに乗れました!
快速エアポートは満席で、ずっと後方に立って景色を眺めていました。
d0257690_0513336.jpg

16:12に新千歳空港に着きました。
やっぱり旭川からは遠いですねぇ。

とりあえずお土産を買って、バニラエアカウンターでチェックイン。
本当は旅の〆として味噌ラーメンを食べたかったのですが、保安検査場が大混雑していたので、間に合わなくなったら大変ということで、食事を諦め入場。
d0257690_0524424.jpg

無事に18:25発のバニラエアに搭乗出来ました。

機内販売のカップヌードルを食べましたが、全然足りません(汗)

このフライト、ユニークなマイクで有名な客室乗務員・竹内さんの便でした。
以前からいつか乗り合わせないかなぁと思っていたので、やっと乗れて嬉しかったです。
興味のある方は、ユーチューブで「バニラエア 竹内」と検索してみて下さい。
本当に楽しいフライトでした。

日本列島に台風が接近しているときだったので、揺れないか心配でしたが、ほとんど揺れませんでした。
ちなみに竹内さんによると、この飛行機は成田に到着後、今度は台北行きとなるとのこと。
台風方向に向かうこの飛行機の無事を祈りつつ、20:00に成田空港に着きました。
d0257690_0541396.jpg

帰りはスカイライナーと新幹線。
カップヌードルだけでは足りなかったので、おにぎりを買ってスカイライナーで食べました。

最寄り駅に着いて、友人の車で自宅まで送ってもらいました。
お陰で23時前には帰宅出来ました。

念願だった、友人との北海道旅行、とても楽しい思い出になりました。
相変わらずの弾丸旅でしたが、札幌も旭川もそれなりに満喫出来て、とても満足です。

今度はこの友人と函館辺りに行こうと、早くも検討中です。
やっぱり北海道は最高です。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-10-31 00:22 | 国内旅行記 | Comments(0)

世界に捧ぐ

クイーンの名盤『世界に捧ぐ』が、昨日10月28日で発売から40年になりました。

というわけで、今日はじっくりこのアルバムを聴いています。
d0257690_15421893.jpg

『戦慄の王女』から『華麗なるレース』 がいわゆる前期で、この『世界に捧ぐ』から『ホット・スペース』 までが中期に分類されると思うのですが、やっぱりこのアルバムは前期5作品とは音の作り方が違うように感じます。

前期5作に比べると、シンプルでストレートなサウンドになっていますし、アメリカを意識した楽曲も多いように感じます。

そういった意味でも、クイーン初心者の方でも割と聴きやすくおススメ出来るアルバムだと思います。
久しぶりに全曲解説していきます!

*****************************

「We Will Rock You」 作詞・作曲 / ブライアン・メイ
言わずと知られたクイーンの代表曲。
普段音楽を聴かない人でも、この曲は皆さん聞いたことがあると思いますし、誰でも口ずさめるのがこの曲の凄いところ。
それだけ世界中で愛聴され、あらゆるスポーツイベントで合唱されてきた名曲ですね。

「We Are The Champions」 作詞・作曲 / フレディ・マーキュリー
「We Will Rock You」の後は、決まってこの「We Are The Champions」ですね!
これも世界中で愛される不朽の名曲。
当時のイギリスは空前のパンクブームで、体制派のクイーンは時代遅れのバンドだと、パンク勢から批判させることもあったといいます。
そんな中で発表されたこの曲。
”僕たちこそが世界のチャンピオンだ” と、高らかに歌うフレディの圧倒的な歌唱力と、他の追随を許さないコーラス。
この曲を前にしては、パンク勢はもう何も言えないでしょう。
発売から40年経った今でも、世界中でこの曲が流れていることが、この曲の普遍性を証明していますね。

「Sheer Heart Attack」 作詞・作曲 / ロジャー・テイラー
前曲とはうって変わって、テンポの速いロジャーボーカルのロックナンバー。
「We Are The Champions」で圧倒的な存在感を見せつけて、ここでパンクっぽい曲を持ってくるふり幅が何とも凄いです。

「All Dead, All Dead」 作詞・作曲 / ブライアン・メイ
宝石箱を開けたような、美しいイントロから始まるこの曲。
きっとフレディの曲だろうなと思いきや、ブライアンボーカルの曲で、初めて聴いたときは驚きました。
弱弱しくも感じるブライアンのボーカルが、フレディ、ロジャーという強いボーカルの間にあると、何とも気持ちが落ち着くものです。
タイプの違うボーカリストが3人も居るのがクイーンの強みだなぁと、この曲をこの流れで聴くと、いつも感じさせられます。

「永遠の翼」 作詞・作曲 / ジョン・ディーコン
このアルバムでジョンの才能が大爆発。
美しく伸びやかなメロディーのこの曲は、アメリカバンドのボストンを意識して作られたとも言われています。
美しいメロディーをあえて、いつも以上に力強く歌うフレディのボーカルにも注目です。
終盤の天に誘うようなブライアンのギターソロも素晴らしいです。



「秘めたる炎」 作詞・作曲 / ロジャー・テイラー
ロジャーボーカルのファンキーなロックナンバー。
パワフルなロジャーのボーカルがカッコいいです。
この曲にはフレディとジョンは不参加で、一部のギターをブライアンが弾くだけで、ほかは全てロジャーが演奏しています。
マルチプレイヤー・ロジャーからの、パンク勢へのメッセージともとれる歌詞も良いなぁ。

「Get Down, Make Love」 作詞・作曲 / フレディ・マーキュリー
ここからがB面です。
前半は割と正統派のロックナンバーという感じなので、ブライアン作かと思いきやフレディ作なのです。
これはカラオケで結構歌う曲で、とても歌っていて気持ち良い曲です。

「うつろな人生」 作詞・作曲 / ブライアン・メイ
ブライアンボーカルのシンプルなブルース。
クラプトンを思い浮かべながらブライアンが作った曲だということです。

「恋のゆくえ」 作詞・作曲 / ジョン・ディーコン
ジョンによる、これまた素晴らしい名曲。
何ともお洒落な雰囲気が漂い、リラックス出来る演奏と優しく歌うフレディのボーカルも完璧。
この曲はカフェで聴くと最高です!

「It's Late」 作詞・作曲 / ブライアン・メイ
ブライアンの最高傑作とも名高い、6分26秒にもなる大作です。
アメリカを意識して作られたこのアルバムは、3分台の短い曲が多いのですが、この曲だけは凄い聴きごたえがありますね。
後半の徐々に加速していくギターソロには胸の高まりを覚えます。
終盤のフレディのシャウトも凄まじく強烈!

「My Melancholy Blues」 作詞・作曲 / フレディ・マーキュリー
ラストにこの美しいバラード。
フレディがピアノ弾き語りで歌うジャズナンバーです。
もう大好きで、このアルバムで1番聴いている曲です。
「恋のゆくえ」と共にカフェにピッタリの名曲で、しっとりとした雰囲気が何とも良いし、フレディの歌が上手過ぎる!
シンプルな楽曲だけに、ボーカリスト・フレディの凄さが際立ちますね。



*****************************

バラエティーにとんだ楽曲が並び、統一感もあって、40分弱なのであっという間に聴き終えてしまう名盤です。
どうしても有名な「We Will Rock You」と「We Are The Champions」ばかり注目されがちですが、ほかの曲も名曲ばかりなので、最後まで聴かないと本当に勿体ないです。

このアルバムも40周年ということで、今年のツアーではこのアルバムから多くの楽曲が演奏されそうですね!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-10-29 18:28 | 聴いたアルバム | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE