好きなQUEENソングベスト40 40位→31位

今年はクイーンのデビュー40周年です。
40周年にちなんで、好きなクイーンソングベスト40をやろうと思います。
曲名の隣には収録アルバム名とそのアルバムの発売年、さらには作者名を記載します。

まずは40位から31位までの発表です。

*************************************

40位 Who Wants To Live Forever / Kind of Magic (1986) Brian May


クイーン初、フルオーケストラを加えた感動的なバラード。
鋭いフレディの声と、甘いブライアンの声の対比が何とも良いです。


39位 Radio Ga Ga / The Works (1984) Roger Taylor


ロジャー初の大ヒット曲で、レディー・ガガの芸名の由来にもなった曲。
どこをとっても80年代ロックの音がする曲で、当時影響力を増していたMTVに触発されて出来た曲であることは間違いないと思います。
MTVとは対照的に、影響力が低下しつつあったラジオを応援する歌詞も良いです。


38位 In Only Seven Days / Jazz (1977) John Deacon


ジョンの作り出す曲は、フレディとは一味違った良さがあるのです。
アルバムの中でも特に落ち着ける時間を演出していて、月曜から日曜まで辿った歌詞もロマンチックでメロディもポップ。落ち着くなぁ~
       

37位 It's A Beautiful Day / Made In Heaven (1995) Queen

      
メイド・イン・ヘブンのオープニングナンバー。
フレディが亡くなって残されたメンバー3人で作り上げたアルバムですが、最初のこの曲でフレディの素晴らしい声を聴いたらウルッとします。
ちなみにこの曲のピアノは、ブライアンが弾いているようです。


36位 White Queen(As It Began) / QueenⅡ (1974) Brian May


クイーン美学の頂点だと、多くのファンが思うのが「クイーンⅡ」。
特に支持されているのが、フレディ中心の「サイドブラック」ですが、自分はそれと同じかそれ以上、ブライアン中心の「サイドホワイト」が大好きなのです。
ホワイトとブラックの対比こそが、このアルバムのコンセプトであり美しさの象徴でもあるのです。
その「サイドホワイト」を象徴するのがこの曲。「サイドブラック」の悪などの
イメージとは正反対の気品に満ちたブライアンらしい曲で、それを上品に歌い上げるフレディも素晴らしいです。


35位 神々の業 / Sheer Heart Attack (1974) Freddie Mercury


「シアー・ハート・アタック」にはこの「神々の業」という曲が2曲あるのですが、これは最後13曲目の「神々の業」です。
どちらも作者はフレディですが、全く曲調が違い、こちらはアルバムのラストに相応しい曲になっています。
最後の「Wo wo la la wo」は、ライブのラストでも大合唱されました。
この曲があったから、後に「God Save The Queen」がライブのラストに大合唱され幕を閉じるという、素晴らしい演出がされるようになったのかも知れません。
 

34位 SeaSide Rendezvous / オペラ座の夜 (1975) Freddie Mercury


オペラ座のイメージにピッタリの楽しい曲。こんな曲をパッと作ってしまうフレディって凄すぎる!
そして驚くのが中盤の声のオーケストラ♪ ライナー読むまでは気づかなかったのですが、フレディが木管楽器、ロジャーが金管楽器を演じているのです。
ホント楽しい曲です。


33位 永遠の翼 / 世界に捧ぐ (1977) John Deacon


ボストンらアメリカ勢に通じる音も持つ曲で、多くのファンに愛されるジョンの名曲です。
フレディがいつも以上に鋭い声で歌っているのは、ジョンの歌詞はとても優しくジョンならではの世界観が出来上がっているので、それに対抗するようにフレディもいつもと違った歌い方をしているのでは?と雑誌で読んだことがあります。
ライブではファンがフレディと共に、サビを合唱するのが素敵です。


32位 Too Much Love Will Kill You / Made In Heaven (1995) Brian May


以前にこの曲は取り上げましたが、もともとブライアンのソロ曲で、気に入ったフレディが歌ったものがクイーンバージョンとして、フレディが亡くなった後にアルバムに収録されました。
「Jewels」に収録されていたので、ファンになりたての頃からずっと好きなバラードです。


31位 炎のロックン・ロール / 戦慄の王女 (1973) Brian May


記念すべきクイーンのデビュー曲。
イントロのリフから何かがこれから始まるような、胸の高まりを与えられます。 
デビューシングルとだけあって、勢いがあるハードロック曲でクイーンの原点。

*************************************

30位→21位
20位→11位
10位→1位

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2013-02-21 00:55 | ランキング | Comments(2)

Commented by ryo_1989 at 2013-02-22 19:32
YUIに続き、Queen!素晴らしい!
僕も近々、企画やってみようかな(笑)。
長ったらしくコメント残すのもなんなので、1位だけ。
・・・The March Of The Black Queenでございます!

20位以降も楽しみにしてます♪
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2013-02-22 21:22
ryoさん、コメントありがとうございます!!
YUI以上にクイーンは選ぶのが難しいです(汗)
ryoさんは「The March Of The Black Queen」ですね。あの世界観は圧巻ですよね!そこからの「Funny How Love Is」への繋がりが感動!

ryoさんもいつかやってみて下さいな♪
20位以降は明日かあさってに更新しようと思うので、是非見て下さい。

<< 好きなQUEENソングベスト4... エビアンでカフェ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE