18きっぷで行く!四国・九州旅行 [2日目] (香川~愛媛)

18きっぷで行く!四国・九州旅行 [1日目] (埼玉~香川)


2013年12月15日(日)


2日目は、まず昼前に丸亀に着いてうどんを食べようと思います。

それから夕方ごろ松山に到着、市電で道後温泉まで移動して、本館と別館でそれぞれ入浴。
そして八幡浜まで移動して24:20の別府行きフェリーに乗車、という計画です。
d0257690_22101057.jpg

2日目は比較的ゆとりがあるので8時に起床。
カーテンを開けると、部屋からの眺めが良いです。

まずは2階の食堂で朝食を済ませます。
d0257690_22115499.jpg

カプセルホテルで、これだけの朝食が提供できるのは凄い!
美味しくいただきました。
d0257690_2212591.jpg

9:15チェックアウト。

最寄り駅の片原町駅まで歩きます。
d0257690_22225558.jpg

”ことでん”で一駅、高松築港駅へ。

築港駅から高松駅までは5分程度。
さあ、ここから2日目の始まりです!
d0257690_22261723.jpg

昨夜は閑散としていた高松駅ですが、この時間は人も多かったです。

四国のターミナル駅、ここから旅をスタート出来て嬉しいです。
d0257690_22285120.jpg

売店でホットティーを買って、出発までのひとときを楽しみます。

昨夜通ったルートで丸亀へと出発。
d0257690_22294031.jpg

丸亀までは30分程度。
10時半には着いてしまい、早いですが昼食にしましょう。
d0257690_22443622.jpg

丸亀での滞在時間は1時間なので、急ぎ足で調べていたうどん屋さんに向かいます。

駅から徒歩10分の『つづみ』という、うどん屋さん。
d0257690_22453977.jpg

メニューが豊富で迷っちゃいましたが、野菜天のぶっかけうどんを注文。

醤油は自分でかける本場のスタイル。
麺にコシがあって、天ぷらも揚げたてでサクサク。
美味しかったぁ~!

セルフのほうじ茶もうどんと相性が良かったです。
d0257690_22522248.jpg

思いのほか早く食べ終わったので、ゆっくりと丸亀駅に戻ります。
駅の前にはちょっとしたミュージアムのようなものがありました。

さあ、ここから長い列車旅の再開です。
d0257690_22524935.jpg

この列車で観音寺まで。

ここから四国を抜けるまではずっとワンマン運転。

私は18きっぷ利用なので要りませんが、一般のお客さんは整理券をとる必要があります。
前には運賃表もあり、なんだかバスに乗っている感覚。
d0257690_22582291.jpg

単線なので駅での入れ替えも多く、距離はそれほど無いのに時間がかかります。

車窓からは海も見えて、ゆったりとした時間が流れます。
d0257690_2312015.jpg

観音寺からはボックスシートとロングシートの入り混じる車両となりました。
いかにもJR四国って感じの車両です!

伊予西条でも乗り換えました。
d0257690_236134.jpg

16:11に松山到着しました!
松山はずっと来たい都市だったので、こうして鈍行で来れて感無量です。

観光案内所に行って市電の1日乗車券を購入。
松山駅前から早速、道後温泉へ向かうこととします。
d0257690_2392263.jpg

いやぁ〜、レトロな車両が素晴らしい!
松山の雰囲気に合いますね!

路面電車が大好きなのですが、松山の街に合っていますねぇ。
d0257690_23112637.jpg

終点の道後温泉駅で下車。

せっかっくなので道後公園まで歩いて行ってみることに。
途中市電をパシャリ。
d0257690_231392.jpg

新しいタイプの車両も走っていました。
d0257690_23135590.jpg

こちらが古いタイプの車両。
床も木で出来ていて、本当にレトロな車両ですね。

5分くらいで道後公園に到着。
日も暮れてきたので展望台に上ってみました。
d0257690_232046.jpg

綺麗な夕日が見れました!
満足して道後温泉へ戻ります。
d0257690_2326229.jpg

まずは別館の椿の湯へ。

入浴料は360円。(タオル・みかん石けんは60円)
浴場の雰囲気は素晴らしかったですが、日曜ということもあり、やっぱり混んでました。

ゆっくり出来ないのですぐに出て本館に向かいました。
d0257690_23333714.jpg

これが有名な道後温泉本館です。

神の湯の階下400円から、霊の湯個室1,500円まで選択できます。
ゆったりと入りたかったので霊の湯個室にしました!

チケットを入り口で購入し、まずは3階の個室に案内してもらいます。
d0257690_2340115.jpg

ここでまずは浴衣に着替えて、コールボタンを押すと再び案内人の方が来て、2階の霊の湯へ案内してくれます。
館内は部屋以外の写真撮影が禁止なので取れませんでしたが、歴史を感じる造りで本当に心から温まりました。

さすが日本最古の温泉です!
d0257690_23433615.jpg

温泉から出たら部屋に戻り、お茶と坊ちゃん団子のおもてなし。

風呂上りにふすまを開けて風に当たりながらお茶と坊ちゃん団子を頂く・・・
幸せな時間でした!
d0257690_23473520.jpg

それから愛媛といったらみかん!
不知火というみかん100パーセントジュースを持ってきていただきました。

これは旨い!
みかんの甘みが凝縮されています。
d0257690_23524015.jpg

部屋の窓からの景色はこんな感じ。

若干名残惜しいですが、80分という時間制限があるので部屋を後にします。
最後に案内人の方に、歴代皇族の方々も入られたという浴槽などを案内して頂きました。
説明を聴いて、本当に来て良かったなと思いました。

さて、市電で松山駅へ戻ります。
道後温泉駅前には、乗れなかった坊ちゃん列車が展示してありました。
d0257690_23595654.jpg

行きとは似ていますが、少し新しいタイプの車両に乗りました。
床が木ではありませんね。
d0257690_00215.jpg

1番後ろの席に座り、外の景色をずっと眺めていました。
路面電車に乗っていると、街の風景がとても楽しめますね。
d0257690_021678.jpg

松山駅前に戻って来ました。
さて、夕食をどうするかと考えます。

八幡浜に着いてから食べようかとも考えましたが、八幡浜到着は22:56。
飲食店は閉まってる可能性が高いので、松山で食べてくことにします。

とは言ってもこの段階で20時過ぎ。レストランが入っている駅ビルなんかは20時で閉まっているのでそんなに食べる店が無い感じ。
d0257690_07439.jpg

目に入った駅前のカレー店に入りました。
たくさんの人で賑わっていたので、人気店のようです。
d0257690_073740.jpg

カツカレーを注文。

ボリュームもあって、かなり美味しかったです!
食後にはコーヒーも飲んで、大満足。
d0257690_083374.jpg

ホームへ。
可愛らしい、アンパンマンの列車も停車していました。
d0257690_092343.jpg

私はこの列車で、八幡浜まで向かいます。

1両で始めは混んでいましたが、どんどん降りてゆき、八幡浜に着く頃には同士と思われるおじさんと2人きりになりました。
d0257690_0132336.jpg

22:56八幡浜到着。
駅は静まり返ってました。

ここから徒歩30分、フェリー乗り場まで歩いていきます。
同士のおじさんはタクシーで行く模様。
夜はバスも無いしタクシー乗りたかったけどここは我慢。

フェリー乗り場までは割りと暗くて交通量も少ない道があったりして、ちょっと不気味な感じでした。
d0257690_0175991.jpg

それでも無事に到着。

23:20から乗船券販売開始。
私と同じようなひとり旅の方がたくさん見かけました。
d0257690_0194341.jpg

24:00に乗船開始です。

「ようこそ四国へ」と書いてありますが、私は「さよなら四国」です。
今回初めての四国、駆け足でしたがとても楽しかったので、また来たいです。
d0257690_0201230.jpg

さあ、乗るのは勿論、1番安い2等。
想像通りのフェリーです。
d0257690_0205579.jpg

ひとり人旅の人やカップルが何人かいるだけで、ゆったりと寛げました。

24:20に八幡浜港出航、大分別府港へと向かいます。
出航すると消灯され、すぐに寝ることにしました。

これにて2日目終了。


18きっぷで行く!四国・九州旅行 [3日目] (愛媛~大分~宮崎)
18きっぷで行く!四国・九州旅行 [4日目] (宮崎~鹿児島~熊本~福岡)
18きっぷで行く!四国・九州旅行 [5日目] (福岡~長崎~埼玉)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2013-12-22 00:24 | 国内旅行記 | Comments(0)

<< miwa / -39live-... 18きっぷで行く!四国・九州旅... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE