2度目の訪問!台湾旅行記 ④ [2日目] (高速鉄道で台南へ)

2度目の訪問!台湾旅行記 ① [準備編&0日目]
2度目の訪問!台湾旅行記 ② [1日目] (台湾入国、ホテルにチェックイン)
2度目の訪問!台湾旅行記 ③ [1日目] (MRTで淡水へ、夜の西門町)


2014年12月18日(木)

今回はゆっくり進めております。
2度目の台湾旅行記。

ここからは2日目。

2泊3日の今回の旅。
2日目にどこへ行こうかが最大の迷いどころでした。

暖かい南に行きたいということもあって、花蓮などの東部都市は次回に。
となると前回行けなかった古都・台南へ行こうということに。

台南を観光してから高雄へ移動して夕食。
そして夜遅くに、台湾新幹線で台北へ戻ってくる、というプランを組みました。
d0257690_21211424.jpg

朝はゆっくり起床。

なのでホテルの朝食は利用しませんでした。
まあ、前回利用して、どんな感じかわかっていたので良しとします。

支度をして10時半にホテルを出発。
d0257690_2123647.jpg

一晩たって、台湾にいる実感が無かったものの、ホテルを一歩出るとこの風景。

一気に中華圏にいるんだという実感が湧いてきて、台湾気分も高まります。
まずは西門駅へ。
d0257690_2125446.jpg

d0257690_21262584.jpg

d0257690_21265872.jpg

d0257690_21273684.jpg

台湾のトレードマークにもなっている、この信号機。

時間が少なくなるにつれて、アニメーションの歩くスピードが速くなるんです。

可愛くて大好きです。
d0257690_2301362.jpg

いつものように西門町へ。

この写真だと、ちょっとソウルっぽいかも。

10分くらいでしょうか。
しばらく行きかう人の様子を眺めていました。

街の風景は異なるけど、行きかう人達は本当に日本の人と変わらないです。
私も何度も現地の人と間違われて、北京語で話しかけられました。

それで私が日本人だとわかると、ニッコリ笑って、「日本好きだよ」と言ってくれたり、本当に温かい気持ちにさせてくれる人達が住む国です。
d0257690_23121833.jpg

西門駅から少し歩くとレンタサイクルを発見!

少しだけ借りて台北の街を駆け抜けてみよう!と思ったのですが、全然システムがわからない・・・。
人も居ないし聞けないから、諦めました。

これは残念だったなぁ。
行く前から決めていれば借り方も調べていたのに。

言葉が通じないから、現地ですぐにっていうのはやっぱり難しい部分もありますよね。
それが海外旅行の魅力でもあるんでしょうね。
d0257690_23154659.jpg

MRTで台北駅へ。

1区間なんで、たまには歩いてみようかなぁとも思うのですが・・・
やっぱり乗ってしまいます。
d0257690_2336666.jpg

そういえば、昼間の台北駅をまだ見ていないなと。

MRTを降りて、駅正面へと歩きました。
d0257690_23374281.jpg

いやぁ〜!
やっぱり立派な駅舎です!

見惚れてしまいますねぇ。

東京駅にしてもそうですが、国を代表する駅は貫禄があります。
d0257690_23222155.jpg

さて、台湾新幹線で台南へと向かいます。

窓口に並んで乗車券を購入。
例によって、紙に列車と行先、時刻を書いて見せて購入。
d0257690_23253394.jpg

行きは自由席にしました。

この乗車券は下車駅で必ず戻ってくるので、記念にいいですね。
d0257690_23281772.jpg

台北12時発の列車なので、昼食は駅弁に!

台湾で駅弁は多くの人に親しまれています。

前回の旅行後、台湾の旅行番組を観ていて、「駅弁美味しそうだなぁ~、何で食べなかったんだろう」、とずっと後悔していたので、今回は食べると決めていました。

台北駅構内にある大人気の駅弁屋さん!
1番人気の駅弁とお茶を買いました。
d0257690_23361511.jpg

改札内に入ると、待合席でたくさんの人が駅弁を食べていました。

それは、なかなか日本では見られない光景。

列車は自由席だし、隣の人に迷惑になるのも嫌だし、自分もここで食べてしまおうと、列車に乗る前に食べてしまいました。
d0257690_23404442.jpg

味がしっかりしていて美味しかったぁ!
そしてボリューミー!

台湾の駅弁に大満足でした。

ほかの駅弁も食べてみたいなぁ。
d0257690_23445447.jpg

さあ、お腹も満たされたところでホームへ。

もう台湾新幹線は入線済み。
2度目なので勝手はわかっていますが、やっぱりドキドキしますねぇ!

自由席1番後ろの12号車の乗車。
d0257690_22544167.jpg

台湾高速鉄道は、日本の新幹線技術が初めて海外輸出された例であり、故に日本の新幹線にそっくりで『台湾新幹線』と呼ばれているのです。

車内に入っても、本当に日本で新幹線を乗っている感覚になります。
d0257690_22565283.jpg

台北駅を定刻通り、12時に出発。

台北駅を出た段階では車内はガラガラ。

空港からのアクセスの関係で桃園からは結構な人が乗って来ましたが、それでも隣は空席のまま。
これなら車内で駅弁を食べるべきだったな、と少し後悔。
d0257690_22594265.jpg

駅弁屋と一緒に買ったお茶を飲みます。

台湾のお茶は砂糖が入っていて甘いので、のどが渇いているときは、無糖の日式のお茶を買いましょう。
d0257690_2372972.jpg

台北駅を出てしばらくは地下を走りますが、桃園駅を過ぎると地上へ出ます。

台南に行くので乗ったのは各停でしたが、物凄く速い!
そしてほとんど揺れることなく乗り心地も抜群。

先日乗車した北陸新幹線と比べても遜色ないくらい(北陸新幹線についてはまた後日)。
台湾でもジャパンテクノロジーを大いに感じたのでした。
d0257690_23143652.jpg

走ること1時間、台湾第3の都市・台中に停車。

台中はそんなに有名な観光スポットが無いから後回しにはなってしまうけど、いつかは降りてみたいなぁ。

そういえば台中にもMRTを作る計画があるんだとか。MRTが出来たら絶対行きたいな。
d0257690_23214242.jpg

さらに走り続けて、列車は嘉義を通過。

その嘉義にある北回帰線標塔から南は熱帯に区分されます。

ということで、亜熱帯地域から熱帯地域に突入。
d0257690_23264824.jpg

台北を出て1時間45分、

台南に到着しました。
d0257690_23291538.jpg

列車を降りた瞬間から、暖かいポカポカ陽気を肌で感じて気持ちいい!

さすが熱帯!12月だというのに、日本の春のような陽気です。
台北は少し肌寒いくらいでしたから、同じ台湾でも、北回帰線を越えるとここまで気候が変わるものなんですね。ビックリ!

ただ冬は良いけど、夏の暑さを想像すると恐ろしくもなります。
d0257690_17264620.jpg

さて、改札を出ます。

明るく開放感のある駅ですね。
高雄ほどではないけど、人は多いです。
d0257690_17274133.jpg

駅周辺は見た感じ、何にも無くて閑散としています。

一応タクシーは停まっていましたが、やっぱりこの駅は乗換駅に過ぎない印象ですね。
d0257690_17311142.jpg

さあ、高鉄台湾駅から接続している台鉄の沙崙駅へ。

ここで切符を買って、台鉄の台南駅へと向かいます。
高鉄台南駅と台鉄台南駅が列車で結ばれたのは2011年のこと。

これにより、台北からの台南日帰り旅も楽しめるようになったのです。
d0257690_1737481.jpg

切符は簡単に買えて、改札内へ。

改札が何とも言えない哀愁を帯びていて、堪らない雰囲気でした!
d0257690_17411477.jpg

始発駅なので、ホームに列車は入線済み。

前回の旅行では九分に行くのに台鉄を利用したけど、そのときは特急だったので、在来線は今回が初めて。

いつか在来線で台湾を1周してみたなぁ、という夢を描きつつ、列車に乗り込みます。
d0257690_17481573.jpg

ローカル線らしい車両で良いですねぇ。
座席はロングシート。

車内はガラガラで経営は大丈夫なのか、少し心配になります。
d0257690_19324377.jpg

沙崙から台南までの切符。

貰おうと思って、スタンプを押したんですが、気づかれずに回収されてしまいました。
残念。
d0257690_19354257.jpg

南国らしい風景を走ること約15分。

閑散としていた風景も徐々に栄えてきた、と思ったら台鉄の台南駅に到着です。
d0257690_1938389.jpg

南国らしいホームですね。

ホームにパトカーが停まっているのはテレビで観て知っていましたが、面白い光景です。
d0257690_19395438.jpg

さあ、改札を出て台南観光の始まりです!

台湾の京都とも言われる古都・台南。
この街はどんな顔を見せてくれるのか、期待に胸を膨らませ、出発です。

今回の記事はここまで。

次の記事へ続きます。

2度目の訪問!台湾旅行記 ⑤ [2日目] (台南観光)
2度目の訪問!台湾旅行記 ⑥ [2日目] (特急で高雄へ、夕食後に台北ホテルに帰宅)
2度目の訪問!台湾旅行記 ⑦ [3日目] (ゆっくりと帰国&旅の総括)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-03-13 18:12 | 海外旅行記 | Comments(0)

<< 北陸新幹線・開業、そして・・・ ひと段落 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE