北陸新幹線 開通記念の旅!④[2日目] (世界遺産・白川郷へ)

北陸新幹線 開通記念の旅!①[1日目] (北陸新幹線で富山へ)
北陸新幹線 開通記念の旅!②[2日目] (富山から金沢へ)
北陸新幹線 開通記念の旅!③[2日目] (金沢市内観光)


2015年3月18日(水)

さて、今回で最終回です。

駆け足でしたが金沢市内観光を終えて、時間があまりないので急いで戻って来ました。
d0257690_2172369.jpg

ポートで自転車を返却。
自転車で走ってきて、駅が見えたときの存在感といったら凄いものがありました。

吹き抜けでとても明るい造り。
いいですねぇ。
d0257690_21115677.jpg

たくさんの人が写真を撮っていました。

やっぱり県を代表する駅は立派なほうがいいですね。
大宮駅ももっと立派にならないかな。(隣のさいたま新都心は立派なのに。)

さあ、ここから高速バスで世界遺産の白川郷へと向かいます。

チケットは事前予約が必要で、私は電話で予約をして、前日に富山のセブンで発券しました。
d0257690_21185589.jpg

近くのスタバでバニラクリームフラペチーノを買って、バスへ乗り込みます。

外は暑いくらいだったので、フラペチーノの美味しいこと。
白いフラペチーノを見ていると、白川郷での雪に期待が高まってきます。
d0257690_21255255.jpg

それにしてもバスの中は外国人が多かったなぁ。
乗務員さんも対応に苦労されているようでした。

今まで東京から白川郷へ行くとなると、東海道新幹線で名古屋経由が一般的でしたが、北陸新幹線開通によって金沢経由でも行けるようになり、大幅に時間短縮されました。

関東圏の人にも白川郷がより身近な観光地になっていくのでしょうね。

疲れて少し寝て起きると、辺りは雪景色。
雪が降らない国から来ている人達はみんな嬉しそうに写真を撮っていて、微笑ましい光景でした。
d0257690_2127506.jpg

それから程なくして白川郷に到着。
金沢駅から1時間少々なので早いものです。

ここから帰りのバスまで約4時間のフリータイム。
4時間もあるので、五箇山も行こうか悩んだのですが、ここは白川郷だけゆっくりと見て回ることに。

やっぱり雪を見るとテンションが上がります!
暑かった金沢とは打って変わって涼しくて気持ちいい!
d0257690_21385190.jpg

まずは白川郷全体が見渡せるという展望台を目指してゆっくり歩くことに。

このスリリングな橋を渡らなくてはいけません。

この橋が結構揺れるので、高所恐怖症の人は厳しいかも。
d0257690_2143130.jpg

多くの人が展望台行きのバス停まで歩いていくので、流れに付いていけば迷うことも無いと思います。

そんな中私は時間があるので歩いていきましたが・・・
d0257690_223287.jpg

さっそく合掌造りの家屋が目に入ります。

展望台に着くまではなるべく見ないようにとは思っていたけど、見てしまいました。
これはレストランのようで、合掌造りのレストランだなんて素敵だなぁ。

展望台行きのバス停をスルーして、ここからの上り坂を自力で上がっていきます。
d0257690_2294718.jpg

結構急な上り坂で、歩いて上る人はごく僅か。

でもたまには良い運動になります。

それに涼しくて空気も綺麗だし苦にはなりません。
d0257690_22125391.jpg

高くなればなるほど雪深くなっていき、望んでいた雪景色を満喫できました。

約30分歩いてようやく展望台に到着!
d0257690_22173832.jpg

そこには素晴らしい日本の原風景が広がっていました!

金沢観光の時間を削ってでも来た甲斐がありました。
本当に素晴らしい!

合掌造りの家屋に雪は本当に合いますね。
雪が溶ける前に来れて良かった。

次は夏にも来てみたいな。
d0257690_22201868.jpg

これからどんなに近代化が進んでも、ここはきっとこのままの景色が続いていくんだろうな。

私たちがこの素晴らしい景色を守っていかなければいけませんね。
d0257690_2226354.jpg

この展望台にはタイの観光客で溢れていました。

タイも雪は降りませんし、この景色にみんな喜んでくれていました。
日本人として嬉しいし、誇らしい気持ちに。

それにしてもタイの人は台湾の人と同じように、いつも感じ良くニコニコしていてきちんとマナーも守るし、どこかの大陸の国とは大違い。

こういった国からたくさんの人が来てもらって、日本の良さをたくさん知ってもらえれば嬉しいですね。
d0257690_2238178.jpg

下りはすぐにバスが来たので乗ってしまいました。

確か200円だったかな。

30分かけて歩いた道のりもバスだと5分少々。
d0257690_2241543.jpg

まだまだ時間があるので、事前に調べておいた日帰り温泉『白川郷の湯』へ。

http://www.shirakawagou-onsen.jp/
d0257690_22451422.jpg

中心部から少し離れていることもあってか、ここは混んでいなくてゆっくり温まれました。

雪見露天もなかなか。

ここで、18きっぷで旅をしているという同い年の子に会い、自分も18きっぷで九州まで行ったことがあるとか、いろいろ盛り上がりました。
その子は新潟県から四国へ向かう途中で、ここ白川郷へ寄ったようで、この日は名古屋で泊まり、翌日四国入りするとのこと。

やっぱり共通の趣味があるとわかると話をしてて楽しい!
いい出会いがあって良かったな。
d0257690_2335379.jpg

さて、彼と別れを告げて、ゆっくりとバス乗り場へ戻ります。
ゆっくりと温まったので、疲れもだいぶ取れました。

またスリリングな橋を渡って元の場所へ。
バスの時間まで30分くらい、日も暮れてきて、寒いくらいになってきました。
d0257690_2383235.jpg

17:30発のバスで金沢駅へ戻ります。
席に座った途端に疲れがどっと出て、駅に着くまで爆睡でした。

18:55に金沢駅に戻って来ました。
21:00発のかがやきで帰るので、あと2時間。

夕食は金沢カレーを食べると決めていました。
しかし金沢カレーの店は全て駅から離れているので、またレンタサイクルを借りて、近江町方面へ。
d0257690_23185049.jpg

近江町にはたくさんの金沢カレーの店があるようですが、19時過ぎのこの段階でもう閉まっている店が多すぎて焦りました。

そんな中でもやっと空いている店を見つけました。

近江町の地下街にある金沢カレーの店『ゴールドカレー』に入りました。
d0257690_2320423.jpg

カツカレーを注文。

美味しかったなぁ。
銀の皿に入っていて気分が高まる!

Mサイズにしたけど、これならもっと食べれたかな。
d0257690_23264920.jpg

自転車を返却して再び駅へ。

職場へのお土産を買ってから、一息つくカフェを探したのですが、どこも20時には閉まってしまったみたい・・・

やっぱりここは東京の感覚でいたら駄目だな。
カフェは諦めて改札内へ。
d0257690_23333613.jpg

21:00発の東京行きのかがやきに乗車します。

熊谷は勿論、高崎にも停車しないので、大宮まで出ることにはなってしまいます。
d0257690_23363138.jpg

じゃあね金沢!
また来るよ。
d0257690_23391647.jpg

職場の人へ買ったお土産のまんじゅう。
1個だけ自分用に買いました。

あとから抹茶の香りがふわーっと突き抜ける、不思議な感覚でした。
d0257690_23432074.jpg

富山を過ぎたあたりで車内販売がやってきました。
帰りはホットコーヒーとアイスクリーム。

音楽を聴いてあっという間に大宮到着。
北陸、近くなったなぁ、とつくづく実感出来ます。

熊谷を通過したときは「あぁ、ここで降ろしておくれ。」なんて思いますがそうはいかず。
d0257690_23473897.jpg

Maxたにがわで熊谷へ。

日付が変わる頃に帰宅出来ました。
ふぅ、仕事終わりからの北陸旅行はなかなかハードだったなぁ。

翌日の仕事も少ししんどかったです。

それでも新幹線開業に沸く北陸へ行けて良かったと思います。
美味しいものもたくさん食べられたし、素晴らしい景色もたくさん見れたので大満足です。

まあ、ちょっと詰め込みすぎた感はあるけど(笑)
北陸、今度は時間をたっぷり取って行きたいな。

さあ、仕事が落ち着いてきたら台湾旅行記も再開しようかな。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-04-18 21:43 | 国内旅行記 | Comments(2)

Commented by rollingwest at 2015-04-25 06:20
金沢駅は8年前にこの門をくぐりましたがそれ程人は多くなかったでしたが今は物凄いんでしょうね!
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2015-04-25 20:48
ローリングウエストさん、こんばんは!
8年前ですかぁ〜、駅もだいぶ変ったでしょうね。
金沢は北陸を代表する都市ですから、今回の新幹線開業で人の流れが盛んで活気が出て良かったと思います!

<< 森嶋が引退 手をとりあって40年 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE