80年代の名曲 ベスト10 (洋楽編)

60年代の名曲 ベスト10 (邦楽編)
60年代の名曲 ベスト10 (洋楽編)
70年代の名曲 ベスト10 (邦楽編)
70年代の名曲 ベスト10 (洋楽編)
80年代の名曲 ベスト10 (邦楽編)

80年代洋楽編です。
邦楽同様、洋楽も80年代はそこまで好きな曲は多くありません。
その要因はMTVの台頭によって、ビジュアル重視の音楽が多様化していったからでしょうか。
それでも、その恩恵を受けた曲がここでもいくつか登場します。
一方でそれ以前からトップを走り続けるスターの健闘ぶりが目立つのも80年代に特徴です。

私の選ぶ、1980年代の名曲 ベスト10 (洋楽編)です。

********************************

10位 Uptown Girl / Billy Joel (1983)


日本のCMでも度々使われるので、聴いたことがある人も多いと思います。
アメリカのポップミュージックの黄金期を再現したかのようなアルバム、『イノセントマン』にも収録されて大ヒットしました。
明るくて軽快なロックンロールテイストの詰まった曲ですね。
70年代のニューヨークに生きる人の葛藤を歌うビリーとは少しかけ離れていますが、こういうビリーもなかなか好きです。


9位 素直になれなくて / Chicago (1982)


今や「長い夜」よりも有名になった感のある、シカゴの代表曲。
洋楽ファンになりたての頃に聴いたオムニバスアルバムに収録されていたので、高校生の頃から好きな曲です。
あの頃聴き過ぎたせいか少し飽きていたんですが、たまに聴くといいものです。
でもこの曲を含むバラード路線の黄金期と、「長い夜」を含む初期とでは別のバンドなのでは?と思ってしまうくらいの変わりようです。


8位 I Want It All / Queen (1989)


初めて聴いたときから、完全に一目惚れしてしまったのがこの曲。
80年代、クイーンの集大成ともいえる傑作ハードロックナンバーです。
このあと登場するあのバンドも、そのバンドも、クイーンからの影響は計り知れないものがあります。この頃のクイーンには彼ら若手バンドには無い貫禄が備わっています。これも80年代、世界を回りつくしたバンドだから成し得たことでしょう。
ブライアンのソロが鳥肌もので、ロジャーもカッコよすぎる!


7位 Livin' On A Prayer / Bon Jovi (1986)


間違いなく80年代を代表する曲のひとつです。
ボン・ジョヴィの代表曲であり、私も高校生の頃からベストアルバムで何回も聴いている曲です。
このミュージックビデオも80年代!って感じがしますねぇ。まさにMTVが生んだ大ヒット曲。
ときどきコンポで大音量で聴くと、少し懐かしい気持ちになります。


6位 Starting Over / John Lennon (1980)


1980年の大きな出来事といえば、やはりジョン・レノンの死ですね。
この年はジョン・ボーナムも亡くなったので、80年代はビートルズ、ツェッペリンという巨大看板を失った状態でスタートした年代であるとも言えるのです。
この曲はジョンの死と重なるので、聴くと少し悲しい気持ちにもなりますが、前述のような背景から入れないわけにはいきません。


5位 Freedom / Wham! (1985)


ワム!も80年代を代表するグループですよね。
CMソングとしてもお馴染みのこの曲が特に好き!
理屈抜きに、聴いていて気持ち良い音楽なんですよね。
特に今の暑い時期にはボストンと共に、カーステレオで聴いたら最高です。


4位 Sweet Child O'Mine / Guns N' Roses (1987)


ガンズとの出会いは「Welcome To The Jungle」でした。
演奏は素晴らしくカッコいいのに、何なんだこのうるさいボーカルは!と思ったものですが、この
「Sweet Child O'Mine」を聴いて完全にやられました。もうガンズの虜に。
聴けば聴くほどアクセルのボーカルも味があっていいんです。そしてスラッシュのギターソロもとてつもなく素晴らしい!
これは名曲ですよ!


3位 Once Upon A Long Ago / Paul McCartney (1987)


ポールの曲で一二位を争うくらい大好きな曲。
ビートルズ時代も彷彿とさせる美しいメロディーがなんとも素晴らしい!
稀代のメロディーメーカーは80年代も別次元の輝きを放っています。
ベストアルバムにも収録されていて割と有名な曲だとは思うのですが、一昨年、今年のライブとやらないとはわかっていても、やっぱりこの曲も聴きたかったなぁ。


2位 Africa / Toto (1982)


目をつむって聴くとアフリカの草原が浮かんでくるような、素晴らしきTotoの代表作。
高校生の頃はアフリカのバンドなのかと思っていましたが、アメリカのバンドなんですね(笑)
何といってもサビがいい!まさにアフリカの草原を颯爽と駆け抜けるような爽快なサビですね。
Totoのライブは何度か行くチャンスはあったんだけど、なかなか決意が固まらなくて・・・
この曲はいつか生で聴きたいな。


1位 With Or Without You / U2 (1987)


アイルランドが生んだ大スター、U2の代表曲であると共に、今や様々なアーティストにカバーされるロックのスタンダードナンバーになりつつあります。
もう曲の展開が美しくて、ボノの迫力あるボーカルも鳥肌もの。
やはりこの曲も収録はダブリンということで、イギリス勢とは若干異なる雰囲気が出ていますよね。
素晴らしいとしか言いようがない名曲です。

********************************

さて、来週あたりからは90年代に突入します!


90年代の名曲 ベスト10 (邦楽編)
90年代の名曲 ベスト10 (洋楽編)
00年代の名曲 ベスト10 (邦楽編)
00年代の名曲 ベスト10 (洋楽編)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-08-23 00:06 | ランキング | Comments(2)

Commented by ミワニッチモ at 2015-08-26 21:51 x
10位と5位、聞いたことあって好きです!とっても見ていて楽しめるランキングですね!
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2015-08-28 23:15
ミワニッチモさん、こんばんは。コメントありがとうございます!
ビリー・ジョエルとワム!は耳にされたことがあるのですね。ビリーはほかにもたくさん耳馴染みの曲があって、かつ親しみやすいのでお勧めですよ!

<< GET WILDの会見 80年代の名曲 ベスト10 (... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE