ロンドン・パリ旅行 ⑤ [準備編] (大きな期待と不安を抱えながらの最終準備)

ロンドン・パリ旅行 (序)
ロンドン・パリ旅行 ① [準備編] (憧れのヨーロッパ)
ロンドン・パリ旅行 ② [準備編] (そもそも行けるのか?)
ロンドン・パリ旅行 ③ [準備編] (難航した行き先選び)
ロンドン・パリ旅行 ④ [準備編] (出発2か月前に思い切って予約)

ツアーに申し込んで入金を済ませると、大きな不安が襲ってきました。

ずっと夢に見ていたヨーロッパ旅行が叶おうとしているのに、入金を済ませて後戻り出来ない状況になった途端、期待よりも不安の方が大きくなってきました。

ツアーといってもほとんどフリーのプランだし、本当に1人でヨーロッパなんて行けるのか?
台湾のときとは比較にならないくらい不安になってきました。

決まったからには、準備をしっかりしないと、と何とか気持ちを切り替えて準備を始めました。

d0257690_1651173.jpg

まっぷるや地球の歩き方などのガイドブックはすでに購入済みだったので、英語とフランス語の旅行会話本を買って来ました。

私の英語力は中学レベル。英語だけでも不安なのに、ましてやフランス語なんて・・・。

フランスの人は母国語を大事にしているので、あまり英語を話さないというのは有名な話。
ここはフランス語も挨拶程度はしっかり予習しておかないと!
d0257690_16101875.jpg

仕事に追われながらも合間をみて、英語とフランス語を勉強しつつ、最終案内書が届くのをまだかまだかと待っていました。

結局出発の10日ほど前に郵送で届きました。

詳しい案内書にEチケットや鉄道チケット、ホテルのバウチャーに保険関係、などなど、重要な書類がビッシリ入っていて、これをみているだけで、あぁ本当に行くんだぁ、という気持ちが高まってきました。
d0257690_16201325.jpg

ホテルのバウチャーはチェックインの際に回収されてしまったので、写真を撮れず。

こちらはロンドン→パリ間のユーロスターのEチケットです。
1等で申し込んだはずなのに最初は間違って2等のチケットが届きました。

すぐに連絡して1等のチケットを手配し直してもらいました。
席をネットで調べたら、1人用の座席だったので一安心。

食事も付くし、知らない人と向かい合わせの席だと気まずいですもんね。

でもEチケットって、なんだか薄っぺらい普通の紙で、鉄道チケットって感じはしないなぁ。
d0257690_16352712.jpg

それから悩みに悩んだ末、パリ3日目の15日にベルギー・ブリュッセルに日帰りで行くことに決めました。
この先もう当分来れないであろうヨーロッパ、せっかくだから1か国でも多く見ておきたいという気持ちがありました。

帰国前日の15日にパリから日帰りで別の国へ行こうとはすぐ決まったのですが、どこの国に行くかはだいぶ悩みました。

候補に挙がったのはブリュッセルのほかにオランダ・アムステルダムとドイツ・ケルン、それからスイスのモントルーでした。

アムステルダムとケルンなら、ブリュッセルと同じようにタリスで乗り換えなしで行くことが出来ます。

両都市もいろいろ調べましたが、ブリュッセルと比べるとインパクトが少ないかなぁと思い却下。
モントルーは一時期第一候補でした。

何といっても、クイーンの聖地とも言える場所で、フレディの銅像やクイーン博物館もありますし、ここは本当に行きたかった!

いくつもりで調べたのですが、パリから乗り換え2回で片道5時間くらいかかるんです。
日帰りで行けないことは無いけど、ストライキが発生したらパリに帰れなくなってしまいそう。

惜しいけど、モントルーはまたの機会に行くこととしました。

ブリュッセルならパリからタリスでわずか1時間半。

これなら日帰りでも十分楽しめそう、ということでブリュッセル日帰りが決定し、レイル・ヨーロッパで往復のチケットを購入しました。

こちらも食事が付く1等にしました。

ユーロスターとタリス、ヨーロッパを代表する2大国際特急に乗れるぞ!と本当に楽しみでした。
タリスのチケットは出発の1週間前に郵送されて来ました。

これだけで3万円近い金額。でも憧れのタリスの為だから仕方ない。
d0257690_17191598.jpg

準備できるものは全てしてしまいましょう。

ロンドンの地下鉄やバスで使えるオイスターカードというICカードもホームページで購入。

日本のSuicaのようなもので、ロンドン観光では必須です。
d0257690_17193222.jpg

パリではICカードはありませんが、パリ観光で必須なのがこのミュージアムパス。

ルーヴル美術館や凱旋門、ベルサイユ宮殿など、これがあれば並ぶことなく入場できます!

こちらもホームページで購入。
d0257690_17254.jpg

そして今回は旅ノートを作ってみました。
d0257690_1743126.jpg

必要な情報を時系列に綴っていくことで、旅行中とても役に立ちました。

このノートを作ることでほぼ計画が出来上がりました!

出来上がった主な日程はこちら
            
*****************************
1日目<日本→パリ経由でロンドンへ>
自宅5:30発 → 成田空港 12:05発 → パリ・シャルルドゴール空港 16:55着 19:00発 → ロンドン・ヒースロー空港 19:55着 → 地下鉄でロイヤルナショナルホテルへ

2日目<終日ロンドン自由観光>
国会議事堂 → ウェストミンスター寺院 → セント・ジェームズ・パーク → バッキンガム宮殿 → タワー・ブリッジ → ロンドン塔 → アビー・ロード

3日目<午前ロンドン自由観光→午後ユーロスターでパリへ>
インペリアル・カレッジ → フレディ・マーキュリーの家 → ロンドン・セントパンクラス駅 12:24発 → パリ・北駅 15:47着 → タクシーでトゥーリンホテルへ → ルーヴル美術館

4日目<終日パリ自由観光>
凱旋門 → シャンゼリゼ大通り → エッフェル塔 → ノートルダム大聖堂

5日目<終日パリ自由観光 (午前ヴェルサイユ宮殿 → 午後日帰りブリュッセルへ)>
国鉄でヴェルサイユ宮殿へ → RERでパリ市内へ → パリ・北駅 12:55発 ブリュッセル・南駅 14:17着 → ブリュッセル市内観光 → ブリュッセル・南駅 18:37発 → パリ・北駅 19:59着 → 夜のパリ観光

6日目・7日目<帰国>
パリ・シャルルドゴール空港 13:45発 → 成田空港 9:35着
*****************************

出発5日前には機内やホテルで履くスリッパ、アイマスク、シャンプーと入浴剤を買い、荷造りも完了。
それからパスポートをコピー、スリ対策のバッグなども買って準備万端。
これでやるべきことは全部やった!あと行くだけ!

出発前日は18時に仕事が終わって、miwaのCDをフライングゲットしてから帰宅。
大きな期待と不安を抱えながら眠りに着きました。

次回から本編に入ります!


ロンドン・パリ旅行 ⑥ [1日目] (遂に出発!エールフランスで12時間もの長旅、乗り継ぎ地のパリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑦ [1日目] (機内に日本人は自分だけ!?遂にロンドンの地を踏む、地下鉄でホテルへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑧ [2日目] (国会議事堂にタワーブリッジ、クイーン生誕の地・インペリアルカレッジへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑨ [2日目] (タワー・ブリッジにロンドン塔、フィッシュ&チップス、アビー・ロードへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑩ [3日目] (ロンドン最後はフレディ・マーキュリーに想いを馳せる)
ロンドン・パリ旅行 ⑪ [3日目] (憧れのユーロスターで国境越え、フランス・パリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑫ [3日目] (治安の悪さを感じつつ、ルーヴル美術館を見学)
ロンドン・パリ旅行 ⑬ [3日目] (パリで同時多発テロ発生)
ロンドン・パリ旅行 ⑭ [4日目] (一夜明けて)
ロンドン・パリ旅行 ⑮ [4日目] (凱旋門にシャンゼリゼ、エッフェル塔・・・哀しみのパリを歩く)
ロンドン・パリ旅行 ⑯ [5日目] (タリスでベルギー・ブリュッセルに日帰りのはずが・・・)
ロンドン・パリ旅行 ⑰ [5日目] (憧れたパリのカフェ、再びの美しき凱旋門)
ロンドン・パリ旅行 ⑱ [5日目] (最後の夜に何を想う)
ロンドン・パリ旅行 ⑲ [6日目&7日目] (エールフランス直行便で無事日本に帰国)
ロンドン・パリ旅行 ⑳ [帰国後] (旅の総括)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-12-13 16:32 | 海外旅行記 | Comments(0)

<< テロから1か月 台北MRT空港線の開業延期 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE