ロンドン・パリ旅行 ⑩ [3日目] (ロンドン最後はフレディ・マーキュリーに想いを馳せる)

ロンドン・パリ旅行 (序)
ロンドン・パリ旅行 ① [準備編] (憧れのヨーロッパ)
ロンドン・パリ旅行 ② [準備編] (そもそも行けるのか?)
ロンドン・パリ旅行 ③ [準備編] (難航した行き先選び)
ロンドン・パリ旅行 ④ [準備編] (出発2か月前に思い切って予約)
ロンドン・パリ旅行 ⑤ [準備編] (大きな期待と不安を抱えながらの最終準備)
ロンドン・パリ旅行 ⑥ [1日目] (遂に出発!エールフランスで12時間もの長旅、乗り継ぎ地のパリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑦ [1日目] (機内に日本人は自分だけ!?遂にロンドンの地を踏む、地下鉄でホテルへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑧ [2日目] (国会議事堂にタワーブリッジ、クイーン生誕の地・インペリアルカレッジへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑨ [2日目] (タワー・ブリッジにロンドン塔、フィッシュ&チップス、アビー・ロードへ)


2015年11月13日(金)

3日目になりました。

今日は早くもロンドンとお別れして、パリに向かいます。

でもその前にロンドンで行き残したところがあるのです。
まずはそこへ向かいます。
d0257690_21362686.jpg

「セントパンクラス駅」を12:24発のユーロスターに乗車するので、逆算して5時に起床。

時差ボケで3時くらいに1回起きてしまったので、何とか二度寝しました(苦笑)。

朝食は帰って来てからということで、6時くらいには出発。
d0257690_21375428.jpg

ロンドンの乗り物といえば、何といっても2階建てバス!

これを乗らずしてロンドンを後に出来ません。
ホテルの目の前にバス停があるので、ちょうど来たバスに適当に飛び乗ってみました。

オイスターカードがあれば釣銭要らずで非常に便利。
d0257690_21382036.jpg

運よく2階の先頭の席に座れました!

いやぁ〜、これは楽しい!

高いところから見るロンドンの風景は本当に絵になります。
1日中気の向くまま、こうやって先頭を陣取ってロンドンを旅したらどんなに楽しいだろうなぁ。

それにしても街中至る所にユニオンジャックがたなびいていて、あぁイギリスにいるんだなぁと実感させられます。
d0257690_21384687.jpg

ホテル前のバス停から約10分、適当なバス停で下車しました。

短い時間でしたが、楽しいバス旅でした。

ロンドンの2階建てバスは先頭が断然おススメです!
d0257690_21391320.jpg

バス停から近くの地下鉄の駅まで歩きます。

途中でこれもロンドン名物、電話ボックスを発見!
テンションあがります。

スマートフォンが普及した現在でもこうして残っている電話ボックスの姿がとても愛おしくなります。
d0257690_21394139.jpg

「Woterloo駅」へやって来ました。

駅周辺は露店があったりと、なかなか賑やかな雰囲気でした。

ここからJubilee線でWestminster駅へ出てCircle線に乗り換え。
d0257690_2140579.jpg

そして目的地の最寄り駅、「Earl's Court駅」で下車。
d0257690_21412561.jpg

「Earl's Court駅」周辺の地図は、地球の歩き方に載っていないので非常に困りました。

周辺に観光スポットが少ないので仕方ないのかもしれませんが、やっぱり地図くらいは載せておいて欲しいよなぁ。

なのでグーグルのストリートビューで、事前に道のりをチェックして準備は万全。
d0257690_21415167.jpg

駅から徒歩10分でこの道にやって来ました。

思いのほか迷うことなく来れました。
さぁ、お目当ての目的地に到着しました。

それはこちら!
d0257690_2142196.jpg

フレディ・マーキュリーがかつて住んでいた家、『ガーデン・ロッジ』です!

本当にここに来れたなんて、夢のようです。

1991年、フレディが息を引き取ったのも、このガーデン・ロッジでした。
今でも世界中のファンが訪れる場所で、私もずっと来たかったので、感無量です。

朝早かったのに先客が居ましたね。
ポーランドから来たカップルでした。
東洋人を珍しく思ったのか、向こうから話しかけてきてくれました。

「日本から来ました」と伝えると、「日本!!?「手を取りあって」じゃないか!!」と非常に驚かれました。
やっぱり「手を取りあって」は日本以外のファンも知っているんですね。
d0257690_21425352.jpg

世界中のファンからメッセージカードが寄せられていました。

私も「フレディ、日本から来ました。大好きだよ。」というメッセージカードを挟みました。

天国のフレディ、読んでくれるかな?
d0257690_21431834.jpg

行きたかったモントルーで腕を掲げるフレディの絵が良かったなぁ。

ここにフレディが住んでいたんだ。
d0257690_21434325.jpg

昨日のアビー・ロード以上に、あっという間に時間が過ぎてゆきます。

本当にフレディの魂を肌で感じることが出来て、知らぬ間に心の中でフレディにいろいろ語りかけていました。



ここで聴くのは、20世紀のポピュラーミュージックを代表する名曲「ボヘミアン・ラプソディ」です。

ガーデン・ロッジの前で「ボヘミアン・ラプソディ」を聴ける日が来るなんて。

繰り返しになりますが、本当に夢のようです。
d0257690_21442488.jpg

持参した「オペラ座の夜」と「華麗なるレース」と共にパシャリ。

偉大なスター、フレディ・マーキュリーに乾杯です!
d0257690_21444242.jpg

高校生でクイーンファンになって7年。

まさかここに来るまでになるとは。
本当に幸せな時間でした。

名残惜しかったけど、時間が無いのでもう行かなければ行けません。
きっとまた来れると思います。

ありがとう、フレディ、そしてクイーン!
d0257690_21451152.jpg

地下鉄で一旦ホテルへ戻ってパリ行きに向けて準備をすることに。

次回は遂にユーロスターでパリへ向かいます。

ロンドン・パリ旅行 ⑪ [3日目] (憧れのユーロスターで国境越え、フランス・パリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑫ [3日目] (治安の悪さを感じつつ、ルーヴル美術館を見学)
ロンドン・パリ旅行 ⑬ [3日目] (パリで同時多発テロ発生)
ロンドン・パリ旅行 ⑭ [4日目] (一夜明けて)
ロンドン・パリ旅行 ⑮ [4日目] (凱旋門にシャンゼリゼ、エッフェル塔・・・哀しみのパリを歩く)
ロンドン・パリ旅行 ⑯ [5日目] (タリスでベルギー・ブリュッセルに日帰りのはずが・・・)
ロンドン・パリ旅行 ⑰ [5日目] (憧れたパリのカフェ、再びの美しき凱旋門)
ロンドン・パリ旅行 ⑱ [5日目] (最後の夜に何を想う)
ロンドン・パリ旅行 ⑲ [6日目&7日目] (エールフランス直行便で無事日本に帰国)
ロンドン・パリ旅行 ⑳ [帰国後] (旅の総括)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-02-06 00:36 | 海外旅行記 | Comments(0)

<< 台湾南部地震 The Show Must G... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE