ロンドン・パリ旅行 ⑭ [4日目] (一夜明けて)

ロンドン・パリ旅行 (序)
ロンドン・パリ旅行 ① [準備編] (憧れのヨーロッパ)
ロンドン・パリ旅行 ② [準備編] (そもそも行けるのか?)
ロンドン・パリ旅行 ③ [準備編] (難航した行き先選び)
ロンドン・パリ旅行 ④ [準備編] (出発2か月前に思い切って予約)
ロンドン・パリ旅行 ⑤ [準備編] (大きな期待と不安を抱えながらの最終準備)
ロンドン・パリ旅行 ⑥ [1日目] (遂に出発!エールフランスで12時間もの長旅、乗り継ぎ地のパリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑦ [1日目] (機内に日本人は自分だけ!?遂にロンドンの地を踏む、地下鉄でホテルへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑧ [2日目] (国会議事堂にタワーブリッジ、クイーン生誕の地・インペリアルカレッジへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑨ [2日目] (タワー・ブリッジにロンドン塔、フィッシュ&チップス、アビー・ロードへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑩ [3日目] (ロンドン最後はフレディ・マーキュリーに想いを馳せる)
ロンドン・パリ旅行 ⑪ [3日目] (憧れのユーロスターで国境越え、フランス・パリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑫ [3日目] (治安の悪さを感じつつ、ルーヴル美術館を見学)
ロンドン・パリ旅行 ⑬ [3日目] (パリで同時多発テロ発生)


2015年11月15日(土)

5時くらいには目が覚めてしまいました。

昨日のテロは夢だったのかも・・・と思ってテレビを付けてみると、どこのチャンネルでもテロのニュースが流れていました。

やっぱりこれは現実なんだ・・・。

一夜明けて詳しい情報が入っているのでは、と思ってネットのニュースをチェック。
主にヤフージャパンを見ていたのですが、ほぼこのテロのニュースで持ち切り状態でした。

テロが起きたフランスで大きく取り上げられるのは勿論、日本でも新聞の一面になるなど、事の重大さが伝わって来ました。

ISILの戦闘員による無差別な残虐極まりないテロ行為。
この頃になると、テロの時系列情報もわかってきました。

まず21:30に私もテレビで観ていたパリ郊外のサッカースタジアムで爆発が起こります。

それから5分後の21:35にパリ10区のカンボジア料理店で武装グループが発砲。
21:40にはロックバンドがコンサートを行っていたバタクラン劇場へ武装グループが発砲して立てこもり、多くの方がここで撃たれて亡くなったようです。

私の居るトゥーリンホテルから、襲撃のあったカンボジア料理店は東に2キロくらいの距離です。
こんな近いところでこのような大参事が起こるなんて・・・。

勿論、こういうリスクがあることは承知の上で旅だったわけですが、頭の整理はなかなか出来ませんでした。

昨日までは一世一代のヨーロッパ旅行を台無しにされたという気持ちが強かっのですが、一夜明けて被害の大きさをまざまざと知り、近くで奪われた多くの命を想うと胸が痛くて堪りませんでした。
d0257690_2258412.jpg

部屋の窓から外を見ると、兵士が巡回していました。

フランス全土に非常事態宣言が発令されたようで、大統領は「国境を封鎖する」と会見で述べました。

国境を封鎖されたら日本に帰れなくなるんじゃないか?と非常に心配になったので、ツアー会社であるエス・ティー・ワールドに国際電話してみました。

担当者の方も凄く心配してくれていたようで、「本当に無事でよかったです!」と言ってくれました。
果たして出国出来るのかと聞いてみると、「それは間違いなく出来るので安心してください。」と言ってくれてとても安堵したのを覚えています。

この旅行は当初は個人手配で行こうと考えていたけど、ツアーにしてよかったなと思えた瞬間でした。
いざというとき、日本語でアドバイスをくれるツアー会社の存在は本当に大きなものだと実感しました。

起きて時間も経ってお腹もすいてきたので、朝食を食べに行きましょう。

地下1階が朝食ビュッフェの会場です。
d0257690_22583768.jpg

普段のバイキングとは勝手が違い、戸惑ってなかなか好きな物を取れずに、適当に取ってしまいました。

この反省は翌日の朝食に生かされているので、ご覧いただければと思います。

朝食会場は狭いけど、とても落ち着いた雰囲気で、日本人観光客も数名いて情報交換が出来てホッとしました。

戸惑ったせいで、オレンジジュースはマグカップに入れるは、食パンは焼けないはとお見苦しい感じですが、やはりチーズはとっても美味しかったです。

明日はしっかり好きなものを食べようと誓って、部屋に戻りました。

今日の予定は終日パリ市内観光。
凱旋門にシャンゼリゼ通り、エッフェル塔やノートルダム大聖堂を見に行く計画です。

ニュースによると、これらの施設は全て当面営業休止になるとのこと。

凱旋門やエッフェル塔の上からパリの街並みを眺めるのが夢だったので、それが叶わないと知り、涙が溢れる想いになりました。
それでも、無事でいれただけ感謝しないと、と自分に言い聞かせ、外からそっと観光することにしました。

親には絶対に外に出ないでと言われたけど、それはさすがに出来ませんでした。

もう当分来れないであろうパリ、いくらなんでもこのまま帰ったら後悔しか残らないでしょう。
亡くなった方に祈りを捧げながら、パリの街を静かに歩くことを決めました。



ロンドン・パリ旅行 ⑮ [4日目] (凱旋門にシャンゼリゼ、エッフェル塔・・・哀しみのパリを歩く)
ロンドン・パリ旅行 ⑯ [5日目] (タリスでベルギー・ブリュッセルに日帰りのはずが・・・)
ロンドン・パリ旅行 ⑰ [5日目] (憧れたパリのカフェ、再びの美しき凱旋門)
ロンドン・パリ旅行 ⑱ [5日目] (最後の夜に何を想う)
ロンドン・パリ旅行 ⑲ [6日目&7日目] (エールフランス直行便で無事日本に帰国)
ロンドン・パリ旅行 ⑳ [帰国後] (旅の総括)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-03-06 16:50 | 海外旅行記 | Comments(0)

<< 台湾 謝謝 アイスWストロベリーラテ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE