ロンドン・パリ旅行 ⑮ [4日目] (凱旋門にシャンゼリゼ、エッフェル塔・・・哀しみのパリを歩く)

ロンドン・パリ旅行 (序)
ロンドン・パリ旅行 ① [準備編] (憧れのヨーロッパ)
ロンドン・パリ旅行 ② [準備編] (そもそも行けるのか?)
ロンドン・パリ旅行 ③ [準備編] (難航した行き先選び)
ロンドン・パリ旅行 ④ [準備編] (出発2か月前に思い切って予約)
ロンドン・パリ旅行 ⑤ [準備編] (大きな期待と不安を抱えながらの最終準備)
ロンドン・パリ旅行 ⑥ [1日目] (遂に出発!エールフランスで12時間もの長旅、乗り継ぎ地のパリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑦ [1日目] (機内に日本人は自分だけ!?遂にロンドンの地を踏む、地下鉄でホテルへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑧ [2日目] (国会議事堂にタワーブリッジ、クイーン生誕の地・インペリアルカレッジへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑨ [2日目] (タワー・ブリッジにロンドン塔、フィッシュ&チップス、アビー・ロードへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑩ [3日目] (ロンドン最後はフレディ・マーキュリーに想いを馳せる)
ロンドン・パリ旅行 ⑪ [3日目] (憧れのユーロスターで国境越え、フランス・パリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑫ [3日目] (治安の悪さを感じつつ、ルーヴル美術館を見学)
ロンドン・パリ旅行 ⑬ [3日目] (パリで同時多発テロ発生)
ロンドン・パリ旅行 ⑭ [4日目] (一夜明けて)


2015年11月14日(土)

ここでお伝えするのは、パリ同時多発テロ翌日の様子です。

外出する決意をして、12時頃にホテルを出発。
ホテル前には兵士が巡回していて物々しい雰囲気ですが、私は何も話しかけられませんでした。
d0257690_1245455.jpg

まずは憧れの凱旋門に向かいます。

地下鉄の駅も心なしか、昨日より人が少ない感じです。
d0257690_12465881.jpg

「Cade駅」から7番線に乗車し、昨日行ったルーブル美術館最寄りの「Palais Royal Mu'see du Louvre駅」で1番線に乗り換え。

賑やかだった昨日の車内とは一転、この日の車内は静まり返っていました。

パリの地下鉄はドア付近の椅子がとても座りやすくて便利です。

そして「Charles de Gaulle Etoile駅」で下車。
駅を出るとすぐに見えてきました。
d0257690_12473293.jpg

憧れ続けた凱旋門です。

想像していたよりずっと美しい建造物でした。
でもこのときの凱旋門は哀しみのパリを見下ろして、泣いている感じがしてなりませんでした。

憧れの凱旋門を見れて感動する一方、心から喜べないなんだか複雑な心境です。
d0257690_1248230.jpg

凱旋門の目の前までは地下道を通って行きます。

きっと普段ならたくさんの人で混雑する場所だと思うけど、この日はガラガラですれ違う人もまばらです。
d0257690_12483441.jpg

凱旋門の目の前に来ました。
近くで見ると物凄い迫力です。

凱旋門は1805年のオステルリッツの戦いに勝利したフランス軍を称えるため、ナポレオンの命令で建設された、真の意味でのフランス栄光時代の象徴的な建造物です。

この凱旋門の上からパリの街を見下ろすのを本当に楽しみにしていたので、それが叶わず無念でなりません。

でも、この凱旋門からは、テロとの戦いに絶対負けないぞ、という意思がヒシヒシと伝わってくる感じがしたのは私だけではないはず。
d0257690_1250866.jpg

無名戦士の墓には花が手向けられていました。

この花を目にしてとても切ない気持ちになりました。



ここで椅子に腰かけてしばしボーっとしてから、ミッシェル・ポルナレフの「愛の休日」を聴きました。
パリでポルナレフを聴くのをずっと夢見ていたので、本当に感慨深い想いでした。

悲しみに包まれる今のパリにもこの曲はかなりリンクして、切ない気分にもなりました。
d0257690_12515291.jpg

憧れのシャンゼリゼ大通りを歩いたものの、やはりこの日は想像する華やかなシャンゼリゼの面影がありません。

「オー・シャンゼリゼ」も聴こうと思っていたけど、それは明日以降にすることにしました。
d0257690_12522783.jpg

シャンゼリゼ大通りを歩いて1番有名なアングルから撮影。
美しいけど、どこか悲しげな凱旋門。

ちょうどパラパラ小雨が降って来ました。
天もこの大参事を悲しんでいるのでしょうね。
d0257690_12532436.jpg

駅に戻って、続いてエッフェル塔に向かいます。

「Palais Royal Mu'see du Louvre駅」から6番線に乗車し、最寄りの「Bir Hakeim駅」までは乗り換えなしの5駅。

両者は近いのでセットで観光するのがお勧めです。
d0257690_12572177.jpg

駅を出るとすぐにエッフェル塔が目に入ります。

さすがに大きいのでどこからも見えて、これなら迷う心配はありませんね。
d0257690_1395920.jpg

セーヌ川を渡って対岸からのベストスポットで撮影します。

駅から15分くらいは歩いたと思います。

本当はRER(高速郊外鉄道)で行こうと思ったのですが、もともと地下鉄以上に治安が悪いと言われるRERなので、今回は地下鉄で行きました。
d0257690_13103720.jpg

これが凱旋門と並ぶパリの象徴、エッフェル塔です。

前日の悲しみを表すような、どんよりとした曇り空が今見ても印象的だなぁ。
勿論この日はエッフェル塔も営業休止。

今度パリに来たときは、是非とも明るい表情のエッフェル塔を見たいと思います。
d0257690_1311043.jpg

続いて向かうのはノートルダム大聖堂。

「Bir Hakeim駅」へ戻って6番線で「Montparasse Bienven"e駅」で4番線に乗り換え。
「Cite駅」で下車します。

パリの地下鉄は治安はともかくとして、わかりやすさで言えばロンドン以上だと思います。
この時点で難なく乗りこなせるようになっていました。

10枚綴りのカルネもあるので、乗車も楽だし、2回乗り換えれば市内どこでも行けるのはとても便利ですね。
d0257690_13113314.jpg

「Cite駅」を出てすぐにお洒落なカフェがありました。

テラス席には誰も居ませんね・・・。
いつもならもっとたくさんの人で賑わっているはずなのに。

今思えば、このカフェで昼食にすれば良かったなぁと後悔していますが、このときは余裕がありませんでした。

結局昼食はとらないまま、パリを歩き続けました。
d0257690_13134415.jpg

ノートルダム大聖堂付近は何故か規制線が貼られていて、この角度からしか撮影出来ませんでした。
一体ノートルダム大聖堂で何があったのか、未だにわかっていません。

フランスゴシックの傑作と言われるノートルダム大聖堂。

美しい聖堂内を見学して塔の上からの展望も楽しみにしていたのですが、その大聖堂自体に近づけない状況は本当に残念でした。

また叶うならいつかリベンジしたいです。
d0257690_13141984.jpg

本当はもっと街歩きを楽しむ計画でしたが、こんなテロがあって、暗くなる前にはホテルに帰りたいという気持ちがあったので、早めに最寄り駅に戻って来ました。
d0257690_131574.jpg

昨日は寄らなかったスーパーですが、今日は夕食の買い出しをしなくてはいけません。
ホテル近くのスーパーで買い物をしました。

飲み物、フルーツ、肉、冷凍食品・・・といろいろあるのですが、そのまま食べれる弁当のようなものがほとんど置いてないのが困りものですが、適当になんとか食べれそうなものを買いました。

そして店員さんが驚くほど不愛想。
海外ではこれがきっと普通なんだろうなぁ。

改めて日本のスーパーの品ぞろえ、接客の素晴らしさを異国の地で実感しました。

これもこうやって海外に出ないとわからないことなので、本当に良い勉強になります。
d0257690_1315335.jpg

16時にはホテルに戻って来ました。
12時にホテルを出たので、外出時間は4時間程でした。

昼食が抜きだったので、まずは軽くビスケットを。
これはかなり美味しいビスケットでした。
d0257690_13155888.jpg

そしてこれが今日の夕食。

パスタとサラダがセットになったものと、サンドイッチ、オレンジジュースです。
オレンジジュースはやはりジューシーで美味しかったけど、食べ物は食欲が無くて少し残してしまいました。

なんだか頭がボーっとするなぁと思って横になると、次第に鼻水が出始めてしまいました。
まずい、風邪をひいてしまった・・・。

うがい、手洗いはしっかりして注意していたのに、こんなタイミングで風邪をひくなんて・・・。
やっぱり疲れが溜まっていたのかなぁ。

念のため日本から風邪薬は持参していたので、食後に飲んで早めに寝ることにしました。
明日までに少しでも治さないと。

親、友人、職場の人からの連絡に応えて、ネットでテロの最新情報を入手して、21時過ぎには就寝しました。

ロンドン・パリ旅行 ⑯ [5日目] (タリスでベルギー・ブリュッセルに日帰りのはずが・・・)
ロンドン・パリ旅行 ⑰ [5日目] (憧れたパリのカフェ、再びの美しき凱旋門)
ロンドン・パリ旅行 ⑱ [5日目] (最後の夜に何を想う)
ロンドン・パリ旅行 ⑲ [6日目&7日目] (エールフランス直行便で無事日本に帰国)
ロンドン・パリ旅行 ⑳ [帰国後] (旅の総括)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-03-13 18:54 | 海外旅行記 | Comments(6)

Commented by ミワニッチモ at 2016-03-13 20:40 x
お久しぶりです!
旅行記を拝見していて本当にSTERNNESSさんは凄いなと思います。
もし僕だったら、こんなことがあったら1人じゃ何も出来ないと思います。
本当に無事で何よりです。
貴重な体験談の続きも待っています。
Commented by rollingwest at 2016-03-14 06:11
これがナポレオンを迎えた凱旋門ですか!気品と誇りに溢れておりますね~!ヨーロッパに一度も行ったことがないRW、目が釘付けです。
我々の中学生時代は、ミッシェルポルナレフ、シルビーバルタン、ダニエルビダルなどのフレンチPOPSが大ブームでした。
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2016-03-14 23:32
ミワニッチモさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます!
お陰様で無事に帰って来ることが出来ました。
是非とも続きもご覧いただければと思います。
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2016-03-14 23:37
ローリングウエストさん、こんばんは!
パリの建造物は本当に気品と誇りに溢れていて、どこを見ても鳥肌ものでした。
おぉ〜!フレンチポップスが大ブームの時代を体験されているは、ポルナレフを筆頭にフレンチポップス大好きなので、羨ましい限りです!
Commented by cafebleu71 at 2016-03-19 04:08
テロが起きた直後のパリは厳戒態勢で、fmさんもずっとホテルに缶詰めになってたのかと思ってましたが、結構ちゃんと観光できてらしたのですね。
まあ、考えてみたら、あんな事があっても、パリの人々にも普段の暮らしがあるわけで、みんなが家に閉じこもってるわけにはいかないわけで。出歩く人はそりゃあいますよね。
でも、もし僕がそこで一人だったら...やっぱり怖くてホテルに閉じこもってたかもしれません。
制限があったとはいえ、それなりに観光ができて良かったですね。
あ、でも凱旋門前までの地下道、ガラガラなのは逆に怖くありませんでしたか?
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2016-03-19 17:34
カフェブリュさん、こんにちは。お久しぶりです。
本当にテロの直後だったので、本来なら完全に缶詰めになっているはずだったと思います。そう考えると、これだけでも観光出来ただけでも、ありがたく思わなければいけませんね。

普段とは比べ物にならないほど街は閑散としていたと思いますが、仰るようにパリの人々にも普段の暮らしがありますからねぇ。
ただ、出歩いているパリの人々の表情からは、「私たちの日常をテロに壊されてたまるか」という想いをヒシヒシと感じました。

凱旋門までの地下道はガラガラで少し不気味でした。
でも前日テロが起きる前のパリは治安が悪いなぁと感じていたのですが、テロ後は厳戒態勢で至る所に兵士が銃を構えて立っていたので、これ以上なにかは起こせないなという意味では安心感がありました。

<< 私の旅行歴 サラ・ブライトマン来日決定! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE