ロンドン・パリ旅行 ⑯ [5日目] (タリスでベルギー・ブリュッセルに日帰りのはずが・・・)

ロンドン・パリ旅行 (序)
ロンドン・パリ旅行 ① [準備編] (憧れのヨーロッパ)
ロンドン・パリ旅行 ② [準備編] (そもそも行けるのか?)
ロンドン・パリ旅行 ③ [準備編] (難航した行き先選び)
ロンドン・パリ旅行 ④ [準備編] (出発2か月前に思い切って予約)
ロンドン・パリ旅行 ⑤ [準備編] (大きな期待と不安を抱えながらの最終準備)
ロンドン・パリ旅行 ⑥ [1日目] (遂に出発!エールフランスで12時間もの長旅、乗り継ぎ地のパリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑦ [1日目] (機内に日本人は自分だけ!?遂にロンドンの地を踏む、地下鉄でホテルへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑧ [2日目] (国会議事堂にタワーブリッジ、クイーン生誕の地・インペリアルカレッジへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑨ [2日目] (タワー・ブリッジにロンドン塔、フィッシュ&チップス、アビー・ロードへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑩ [3日目] (ロンドン最後はフレディ・マーキュリーに想いを馳せる)
ロンドン・パリ旅行 ⑪ [3日目] (憧れのユーロスターで国境越え、フランス・パリへ)
ロンドン・パリ旅行 ⑫ [3日目] (治安の悪さを感じつつ、ルーヴル美術館を見学)
ロンドン・パリ旅行 ⑬ [3日目] (パリで同時多発テロ発生)
ロンドン・パリ旅行 ⑭ [4日目] (一夜明けて)
ロンドン・パリ旅行 ⑮ [4日目] (凱旋門にシャンゼリゼ、エッフェル塔・・・哀しみのパリを歩く)


2015年11月15日(日)

5日目の朝を迎えました。

テロから2日目の朝です。

明日の飛行機で帰るので、自由に観光出来るのは実質今日が最後。
そんな最後の日にどこに行くかは散々悩みました。

[準備編]を読んでいただければ詳しく書いていますが、今日は午前中にヴェルサイユ宮殿を見学、午後はベルギーのブリュッセルに日帰りで行くことに決めていました。

往復の鉄道チケットも準備済みで、本当に楽しみにしていたのですが・・・。

ヴェルサイユ宮殿はやはり休業が決定していたので、諦めざるを得ない状況・・・。

このヴェルサイユ宮殿をきっかけに私はフランスという国に憧れを抱くようになったので、この旅のハイライトに本当はなるはずでした。

これは残念で残念でなりません。

ブリュッセルも、一昨日のテロの影響で行くかどうか悩みに悩みました。
というか、そもそも列車が動くのかも定かではないし・・・。

こちらは結局、駅まで向かって、時の流れに身を任せて行動することを、前日の夜に決めました。
勿論、安全第一で。
d0257690_2014095.jpg

まずは朝食です。
地下1階のビュッフェ会場へ。

昨日は容量が分からず、適当に取って済ませてしまったけど、今日はゆっくり選んで取れました。
d0257690_203488.jpg

クロワッサンにフランスパン、
チーズとスクランブルエッグ、
飲み物はココアとオレンジジュースを頂きました。

まず何と言っても、クロワッサンが最高に美味しかったです!!

外はパリパリで中はふわふわ!

これが本場フランスのクロワッサンかぁ!
今まで食べたパンの中で断トツで1番美味しかったです!

チーズとの相性も良かったなぁ。

ココアとオレンジジュースもとっても美味しくて、最高の朝食でした。

この旅の食事で1番感動したのがこの朝食でした。
本当に美味しくて大満足です!
d0257690_2043273.jpg

さて、支度を整えて、11時にホテルを出発。

またここに夕方帰って来れるよう、安全第一で行動することを誓って出発です。
d0257690_205237.jpg

地下鉄でまずはパリ北駅へ向かいます。
初日は治安の悪さを感じたのでタクシーを使いましたが、今日は地下鉄です。

パリの地下鉄がここまでガラガラなのは珍しいかも。
少し不気味な気もします。
d0257690_205572.jpg

「Gare de Nord(北)駅」に着きました。

パリ北駅はここのすぐ隣なので、迷う心配はありません。

フランス国旗が何とも言えぬ哀しみを表しているような気がしてなりません。
d0257690_2071810.jpg

パリ北駅です。

2日前は外観なんて眺めている余裕すら無かったけど、やはり貫禄ある駅舎です。

周辺には凄まじい数のパトカーが停車していました。
d0257690_20114196.jpg

駅の中へ入るとすぐに列車が見えてきます。
ヨーロッパの多くの駅がそうであるように、このパリ北駅も改札というものがありません。

2日前、ユーロスターからこの駅に降り立った瞬間から治安の悪さを感じて、物凄い警戒感を覚えたものですが、今日は同じ場所でもそういった治安の悪さは全く感じません。

それもそのはず、おびただしい数の兵士や警察官が銃を構えて巡回しているからです。

これによって私たちはいくらか安心感を覚えたものです。
d0257690_20121294.jpg

私が乗る予定の1本前のタリスです。

タリスはここフランス・パリからベルギー・ブリュッセルを通り、オランダ・アムステルダムとドイツ・ケルンまで行く、ヨーロッパを代表する国際特急です。

ユーロスターの次に乗ってみたい列車だったので、とりあえずこうやって対面出来たことは良かったです。
d0257690_20123139.jpg

こちらは多分モン・サン・ミッシェルのほうに行く列車だと思われます。

モン・サン・ミッシェルも憧れますねぇ。

もともと今回の旅行では時間が無くて行く予定がありませんでしたが、次回フランスを訪れた際は絶対に行きたいと思います。
d0257690_20132393.jpg

私の乗る予定の列車は12:55発です。

まだ1時間少々あって暇なので、自動販売機で飲み物を買って飲みながら待つことに。

なかなかハイテクな自動販売機ですねぇ。
d0257690_20134515.jpg

ミントティーを買ってみました。

さっぱりした味わいだけど、とっても温まりました。

近くに兵士が居るのでとても安心して、列車を眺めながらティータイムを楽しめました。
d0257690_20142293.jpg

私の乗る列車も入線してきて、そろそろ乗車できるかな、というところで、一気に警察官が押し寄せてきました。

なんだ、なんだ・・・
またなにかあったのか・・・
d0257690_20144948.jpg

不安が走る中、規制線が引かれてしまい、ホームに入ることが出来なくなってしまいました。
そのまま発車予定時刻も遥かに過ぎ、いくら待っても解除されません。

場内アナウンスはあるものの、全てフランス語なので、全く理解できず、今どういう状況なのかもわかりません。
駅員さんに英語で聞いてみると、不審物が車内で発見されたので、しばらく全線で運転を休止するとのこと。

このときもう全てを悟りました。

あぁ、ブリュッセルは行けないんだぁ・・・。

これで無理して行って、パリに帰って来れなくなったたら、明日の飛行機も乗れなくなっちゃうし、やはり安全第一。

ここは悔しいけど諦めることにしました。

タリスに別れを告げて、パリの街を今日も歩くことに決めました。

ロンドン・パリ旅行 ⑰ [5日目] (憧れたパリのカフェ、再びの美しき凱旋門)
ロンドン・パリ旅行 ⑱ [5日目] (最後の夜に何を想う)
ロンドン・パリ旅行 ⑲ [6日目&7日目] (エールフランス直行便で無事日本に帰国)
ロンドン・パリ旅行 ⑳ [帰国後] (旅の総括)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-03-26 20:10 | 海外旅行記 | Comments(0)

<< 北海道新幹線、開業!! いよいよ開業!! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE