弾丸!台北旅行 ① [準備編]

7日(月)・8日(火)と、台北旅行に行って来ました。

4度目の台湾、台北は3回目、約2年ぶりの訪問となりました。
いやぁ〜!楽しかった!

ゆっくりこの思い出を旅行記で振り返っていきます。
d0257690_2244399.jpg

もともとは台北は9月19日(月)・20日(火)にクイーン+アダムのライブで行く予定でした。
ライブのチケットも、航空券もホテルの手配も完璧にして、行く気満々だったのに、まさかの台風直撃で台北行きはにキャンセルに。

ライブもそうだけど、久しぶりの台北もすごく楽しみにしていたので、このキャンセルには相当ショックを受けました。
お金も帰って来ませんし・・・。

台北に行きたい気持ちは日に日に積もって行き、そのことを友人に話したら、一緒に行かないかい?と誘ってくれたので、休みが合う2日間を利用して行くことを決断したのです。

友人も前回の高雄旅行で相当台湾を気に入ってくれたようで、台北にも是非行きたいと思ってくれていたそうです。

今回も『エス・ティー・ワールド』の弾丸ツアーを利用。
空港使用料など全て含めた金額が18,000円と、もはや国内旅行よりも安いですね!
今回は1泊2日ということで、送迎は付いていないプランを選びました。

ホテルも窓や朝食が付いていない、必要最低限の設備のホテルとのこと。
それでも、この値段なのだから満足です。

問題なのが、1日目の飛行機が成田9:00発で、遅くても8:10までにはチェックインを済ませないと乗れなくなってしまうことです。
埼玉北部住まいの私は、始発に乗ってもギリギリで、列車が遅れたらアウト。
かといって、前日は遅くまで仕事なので前乗りも厳しそう。

どうしようかと考え、ネットで調べていると、『中央タクシー』の空港便というサービスを発見。
埼玉の自宅から成田空港まで6,900円で運んでくれるとのこと。
これはいい!と即予約。

予約を済ませると「余裕を持って、2:40には迎えに行きますね。」と電話で連絡が来ました。
2:40には迎えが来るとなると、2時起きかぁ。
なかなか厳しいスケジュールだけど仕方ない。

万全な体調で当日を迎えようと、前日は21時に帰宅してすぐに就寝しました。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-11-10 22:46 | 海外旅行記 | Comments(4)

Commented by chingu-amigo at 2016-11-11 22:28
台湾、いいですね。
食べ物も美味しいし、暖かいし、近いし…
私も来月高雄に行く予定です。

弾丸とはいえ18000円とは安い!
良く見つけましたね。👏

中央タクシーの記事読んで、早速私も調べてみたのですが、都内からはないみたい。
残念。
むか〜し、均一料金タクシー、あったんですよ。
でも採算が合わないのか、なくなっちゃって…
中央タクシーさんが範囲を広げて、都内も走ってくれるのを切望してます。
Commented by kamietoraberu at 2016-11-11 22:48
9月の台風のキャンセルのことを知ってとても残念に思っていました。
早くもリベンジできて本当に良かったですね!
しかもとてもいいお友達ですね◎

お写真は九分でしょうか?乗り遅れ気質のある私は、いまだに行ったことがないんです。
また旅行記の続きを楽しみにしています♪
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2016-11-12 20:43
chingu-amigoさん、こんばんは!
台湾は本当に大好きな国です。
今回は暑いくらいでしたが(汗)、これからはどんどんベストシーズンらしい気候になっていきそうですね。
高雄に行かれるとのことで、楽しみですね(^^♪
高雄はLRTも一部開通したようですし、どんどん活性化していきますね!

中央タクシーは長野の会社のようで、埼玉まで来てくれるようになったのも最近のことらしいです。
なのでそのうち東京まで迎えに行けるようになるかもしれませんね!
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2016-11-12 20:48
kamietoraberuさん、こんばんは!
お陰様で、早いうちにリベンジ出来て良かったです!
友人も台北を満喫してくれたようです。

写真は九分の有名な撮影スポットで、人でごった返していて大変でした(汗)
九分は美しい場所でとても好きなのですが、人気のあまり夕方は身動きが取れないくらい人が凄かったです(ほとんど日本人でした)。
意外に昼間に行くとゆっくり出来るかもしれません。
kamietoraberuさんも是非行かれてみて下さい!

<< パリ同時多発テロから1年 「君への手紙」MV公開 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE