冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)

2日目、2月28日になりました。

この日は私の誕生日。
25歳になってしまいました。

大好きな街、函館で誕生日を迎えられて幸せです。
d0257690_22481256.jpg

起きたらすぐに、部屋の露天風呂へ!

洗い場に出ると、物凄い寒さ!
備え付けの温度計を見てみると、-10度でした。

シャワーも全然お湯にならないので、とりあえずお湯に浸かることにしましょう。
d0257690_23443872.jpg

あぁ、温かくて最高。

相変わらず、ちょうど良い湯加減で、冷え切った体が温まります。

写真からも、外の寒い空気が伝わるかと思います。
とにかく凄い寒さで、この寒さの中の温泉は本当に最高でした。
d0257690_23451071.jpg

昨日行った函館山の方を覗くと、素晴らしい景色でした!

昨日の昼間も十分美しい景色でしたが、この朝の冷たい空気が、さらに冬の北海道の美しい景色にしてくれました。

今度来たときは、この時間帯に函館山に登ってみたいなと思いました。
d0257690_23453720.jpg

さらにじっくり景色を楽しんでいると、遠くに釣り人を発見しました。

何が釣れんでしょうか?
d0257690_23462259.jpg

さて、温泉で目が覚めたところで、朝食です。

今回は夕食無しのプランだったので、その分、朝食を楽しみにしていました。
朝食会場の1階へ。

部屋の鍵を係りの方に見せると、席まで案内してくれました。
d0257690_23485583.jpg

窓側の席に案内してもらいました!

海を見ながらの食事なんて、初めてですよぉ。
何て優雅なんだろう。
d0257690_17451556.jpg

バイキング形式なので、まずは和食から行きましょう。

和食の目玉が、何といっても新鮮ないくら!
贅沢にいくら丼にしました。

これが美味しくて美味しくて!
本州で食べるいくらとは全然別物、本当に幸せでした。

大好きなイカの塩辛と、明太子も本当に美味しかったです。
d0257690_1746792.jpg

続いて洋食。

洋食の目玉は、目の前で焼いてくれるオムレツです。
中がフワフワで、いかにも高級店のオムレツという感じで美味しかったです。

トースターで焼いたクロワッサンも、サクサクでいくらでも食べられる美味しさでした。

北海道牛乳もやっぱり美味しい!
d0257690_17473282.jpg

最後はデザート!

ケーキにフルーツ、ヨーグルトと盛りだくさん。
朝からケーキが食べれるなんて。

今日の夜は食べれないだろうから、これを誕生日ケーキにして、1人誕生日パーティーにしましょう(寂しいです)。

大満足の朝食でした。
お腹いっぱいです。
d0257690_2339285.jpg

部屋に戻って、最後の温泉に入りましょう。

この素晴らしい貸し切り温泉、出来るならずっと入っていたいです。
名残惜しくて仕方ありません。
d0257690_23393196.jpg

この景色も見納めかぁ。

最後は1時間近く、ゆっくり浸かっていました。
外が寒く、お湯も熱すぎないので、長湯するには最高の状況でした。

9時に温泉を出て、荷物をまとめて、9時半にチャックアウト。
d0257690_2341385.jpg

『湯の川プリンスホテル 渚亭』、素晴らしいホテルでした。

部屋も温泉も食事も、従業員の方の対応も、全てが最高でした。
どのホテルにしようか悩みましたが、このホテルにして本当に良かったです。

最高の誕生日プレゼントになりました。
d0257690_23481610.jpg

温泉で温まったので、電停までの道中もポカポカでした。

まずは市電で「五稜郭公園前電停」まで行きます。
車内はすぐに超満員。

函館市電はほとんどが1両編成なので、これから観光客が増えて来ると、2両編成の車両を増やすか、ダイヤを改正しないといけないかもしれませんね。
d0257690_2349757.jpg

「五稜郭公園前」という割には、電停から公園までは距離があります。

徒歩15分くらいです。
ちなみにJRの「五稜郭駅」からはさらに距離があるので、利用するならこちらになりますね。
d0257690_23563147.jpg

五稜郭タワーが見えてきました!

やっぱりこういったタワーは目立つし、街のランドマークになるし、大事ですね!
前回も来たけど、今回は雪景色を見れそうだから、楽しみです。
d0257690_18105898.jpg

展望チケットは840円です。
購入の際に、出身都道府県を尋ねられましたが、観光客を呼び寄せるためのデータを集めているのでしょうか?

エレベーターで一気に最上階へ。
d0257690_18113062.jpg

おぉ〜!
一面銀世界!!

素晴らしい!
これが見たかったんです。
d0257690_1812957.jpg

売店でメロンソフトクリームを買いました。

雪景色を眺めながらのソフトクリームは格別です。
ゆっくりこの景色を楽しんで、次は教会群へ向かいます。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-14 00:11 | 国内旅行記 | Comments(0)

Superfly 10th A... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE