2017年 03月 17日 ( 1 )

 

好きなSuperflyの曲 ベスト20 20位→11位

Superflyは今年デビュー10周年です。
来月にはオールタイムベストが出るので、本当に楽しみにしているところです。

今は志帆ちゃんが休業中なので、しばらくライブは難しそうですが、日に日にSuperflyの気分が高まって来ています。

10周年を記念してランキングをやります。

私が好きなSuperflyの曲ベスト20

まずは20位から11位まで。

************************************


20位 Last Love Song / Superfly (2008)

別れたくないのに、互いのことを愛しているのに、別れなくてはならない気持ちを歌った、悲しいラブソングです。
志帆ちゃんのピアノ弾き語りが何とも素敵で、ライブで輝きを増す曲だなぁと思います。
コアなファンの方にも人気の高い、隠れた名曲です。


19位 マニフェスト / single (2007)


私がSuperflyを本格的に好きになったのは、1stアルバムを聴いてからです。
2曲目のこの曲を聴いて、衝撃を受けました。
これは現代の歌なのか?と!
いろんなアレンジを加えて聴かせる曲が多い中、ここまでシンプルに、圧倒的な歌唱力で ”ブルースことがマニフェスト” と高らかに歌う衝撃といったら凄いものでした。
この曲を聴いて、この人たちは本物だ!と思ったのです。


18位 スタンディングオベーション / Force (2012)

Queenの「We Will Rock You」にインスパイアされて出来たようなリズムの曲で、「Force」の中で1番のお気に入りです。
"深夜の反省会お疲れ様です" という可愛らしい歌詞には、キュンとしてしまいます。


17位 Rollin'Days / Mind Travel (2011)


最初は全然好きな曲ではありませんでした。
好きになったのは、去年のアリーナツアーのオープニングで聴いてからです。
完全生演奏で、凄まじい演奏と歌唱力に圧倒されてしまいました。
サビでは一気に解放されて、みんなが飛び跳ねていたのが、強く印象に残っています。
またライブで聴きたい曲です。


16位 愛に抱かれて / Box Emotions (2009)

” あなたの明日が晴れ渡るように " という歌詞に涙する名曲。
大好きな曲だったので、先日のベストアルバム投票で3位になったのが本当に嬉しかったです。
やっぱりこの曲は愛されているんですね!


15位 やさしい気持ちで / 恋する瞳は美しい c/w (2009)


私が高校3年のときの『めざましテレビ』のテーマソングでした。
毎日、今日1日頑張るか!という気持ちで学校に送り出してくれた曲なので、思い入れが強いです。
壮大なスケールのイントロが何とも良いのです。
MVも本当に素敵で、志帆ちゃんの笑顔に癒されます。


14位 愛をこめて花束を / single (2008)


Superflyの代表曲のひとつですね。
サビも良いのですが、徐々に包み込んでくるBメロが堪らないのです。
それから、カップリングベストに収録されている弾き語りバージョンも本当に素晴らしいのです。
最近になって、この曲の本当の良さを知ったような気がします。


13位 Searching / Box Emotions (2009)

多分このランキングの中では1番地味な曲だと思うのですが、何だか好きな曲なんです。
まず独特の世界観を醸し出している、イントロから引き寄せられます。
「How Do I Survive」と「My Best Of My Life」の橋渡し役的な曲かもしれませんが、心地よい佳曲だと思います。


12位 On Your Side / WHITE (2015)


これも去年のアリーナツアーで好きになった曲です。
メロディがとっても優しいから、いつ聴いても癒されるんですよねぇ。
高校野球応援ソングにもなったようで、こんな素敵な曲とともに青春を謳歌できた高校生が羨ましいです。


11位 春のまぼろし / Box Emotions (2009)

流れるようなメロディが素敵な、今の時期にピッタリの春の名曲です。
”桜”という歌詞こそ出てこないものの、徐々に散りゆく桜と共に、恋も終わりを迎える様子を切ないまでに歌にされています。
『Box Emotions』のイメージにピッタリの素晴らしい曲です。

************************************

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-03-17 23:16 | ランキング | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE