2017年 03月 19日 ( 1 )

 

冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)


2017年2月27日(月)

さあ、函館空港に着きました!

ここから徒歩と市電でホテルへ向かうわけですが、昼食がまだです。
昼食はご当地バーガーとして有名な、『ラッキーピエロ』でとることを決めていました。

ホテルまでの道中に店舗が無いか調べると、戸倉店がちょうど良い場所にありました。
なのでここに寄って昼食を食べつつ、ホテルに向かうことにしました。
d0257690_2065233.jpg

函館空港は市内に近いことも有名で、弾丸旅行にはありがたいです。
ここまで近いなら、市電を空港まで延長したら、もっと便利になるのになと思います。

空港から函館市内、湯の川温泉まではバスが充実しているので、私のように歩いて行く人なんてほとんど居ないでしょう(汗)
その為か、空港から一般道に出るまでの歩道が整備されていなくて、車をよけて歩くのは大変でした。
d0257690_2074447.jpg

ようやく歩道に出ました。
ここら辺にレンタカー屋さんがたくさんあり、空港からここまで送迎バスで送ってもらうようです。

「せっかく冬の函館に行くのだから、雪が積もっていたらいいな」と思っていましたが、希望通りちょうど良い積雪でした!
今冬はまだ1度も雪を見ていなかったので、大好きな雪に気分が高まります。

やっぱり北海道の雪は、本州の雪とは違って、サラサラしています。
d0257690_2091634.jpg

空港から30分近く歩いて、到着しました。
『ラッキーピエロ 戸倉店』です。

まっぷるには空港から車で5分と書いてありましたが、歩くと30分もかかるんですね。
遠くて少し疲れました。
d0257690_2013545.jpg

お洒落な店内ですね!

ラッキーピエロは函館のみに店舗を構える、地域密着のレストランです。
バーガーが有名ですが、オムライスやカレー、店舗によってはラーメンまであり、市民の皆さんに愛されています。

意外に今回が初めてのラッキーピエロなので、ワクワクして来ました。

席に着く前に注文して、出来上がったら席まで届けてくれるシステムです。
d0257690_20332258.jpg

初めてなので、1番人気のメニューにしました。

「チャイニーズチキンバーガー」と「ラキポテ」、「自家製ウーロン茶のセット」です。
凄いボリューム、これで650円です!
d0257690_2385055.jpg

「チキンバーガー」が本当にジューシーで、やみつきになる美味しさでした!
これは1番人気なのが納得です。

「ラキポテ」はポテトにミートソースと粉チーズのようなものがかかっていて、これまたボリューミー。
こだわりのウーロン茶も美味しかったです。

おなかいっぱい、大満足です!
地元にこんなお店があったら毎週のように通ってしまうと思います。

普段食べているマックとは比べ物にならない、美味しさのバーガーでした。
d0257690_2035196.jpg

店を出ようとすると、プレスリーさんが居ました!
アメリカンですねぇ。

店舗によって内装も様々なようなので、今度はほかの店舗にも行ってみたいです。
d0257690_20354991.jpg

ラッキーピエロを後にして、ホテルへ向かいます。

店の隣にはセイコーマートが!
北海道のコンビニと言えばセイコーマートですね!

買うものは無かったのですが、嬉しくて少し店内を見させてもらいました。
d0257690_20362483.jpg

ラッキーピエロから歩くこと更に30分。
ようやく函館市電の「湯の川電停」にたどり着きました。

結構遠かったですが、歩くことによって距離を実感出来て、とても楽しかったです。

時間がある方は、空港からこのように徒歩で電停に向かうのもお勧めです!
d0257690_20404055.jpg

少しして、列車がゆっくりと入って来ました!
レトロなタイプの車両です!

可愛いなぁ(^^♪
d0257690_20414680.jpg

車内も凄いレトロです!
床も木で出来ていますね!

ここから1つ先の「湯の川温泉」電停まで乗りました。

これくらい歩ける距離ですが、私はこの市電に乗るのが大きな楽しみだったので、この1区間でも有意義な時間でした!

降りる際に運転手さんに行って、市電の1日乗車券を600円で購入。
3回乗れば元が取れます。
d0257690_20421987.jpg

「湯の川温泉」電停を降りるとすぐに足湯を発見。

たくさんの人が入っていたので、私は利用しませんでしたが、温泉街に来たって感じですねぇ。
d0257690_20424634.jpg

電停から私が泊まるホテルまで南下して行きます。

途中には、有力な候補だった『ホテル万惣』の前を通りました。

このホテルは去年リニューアルしたばかりで、美味しい料理と温泉、安さが魅力で、最後の最後まで泊まろうか迷いました。

またいつか機会があれば、お世話になりたいなぁと思います。
d0257690_2045284.jpg

ここら辺は日が当たらないから、雪が溶けずに凍っています。

ツルツル滑って危ない危ない(汗)

北海道の人は雪に慣れているので滅多に転びませんが、雪を忘れつつある関東住まいの私は転びそうになりました。
d0257690_20455486.jpg

電停から15分くらいで、今宵の宿に到着。

『湯の川プリンスホテル 渚亭』です!

このときはちょうど改装中とのことで、トラックが数台ありました。
d0257690_2046147.jpg

数ある湯の川温泉のホテルでも、トップ3に入る高級ホテルです。

白い外観が上品で素敵!
まさかこんな高級ホテルに1人で泊まれる日が来るとは。

今回は誕生日なので奮発しました!

改装中なので入口がわからずウロウロしていたら、中からホテルの方が出て来て、笑顔で「こんにちは!ご案内いたします。」と誘導してくれました!

そして中に入り、フロントでチェックイン。

別の方が、部屋まで案内して下さりました。
改装中なので、迷路のような館内をエレベーターを乗り継いで4階の部屋に到着。
d0257690_20464695.jpg

おぉ〜!素晴らしい和室だぁ!

ひとり人旅で和室に泊まるのは初めて!
やっぱり畳は落ち着きます。

案内の方は、私の来ていた上着をハンガーにかけて下さり、「ごゆっくりお寛ぎ下さいませ。」と笑顔で戻って行きました。

なんて気持ちの良い接客なのでしょう!素晴らしい!
d0257690_2050791.jpg

で、何といっても、この宿にした決め手は個室露天風呂!

早速入りましょう!

シャワーはこのように露天風呂とは壁で仕切られていましが、外の空気が入って来て寒い寒い!
d0257690_2053979.jpg

これが夢にまで見た、個室露天風呂です!
オーシャンビュー!

目の前の海は津軽海峡です!
なんて贅沢な空間だろう!
d0257690_2054744.jpg

誰にも邪魔されず、温泉を思う存分楽しめます!

泉質はなめらかで、凄く体が温まります。
温度もちょうど良く、これなら長湯が出来そうです!

こんな素晴らしい景色を独り占め出来るなんて・・・
贅沢過ぎるなぁ・・・
d0257690_20542564.jpg

天気が良いので、青森もしっかり見えますね!

さっき飛行機でこの上を飛んでいたのが嘘のようです。
d0257690_20545127.jpg

横に乗り出してみると、この後行く、函館山が見えました!

こうやって見ると、結構距離があることがわかりますねぇ。

雲も低い位置には無いので、これなら綺麗な夜景が期待出来そうです!
d0257690_20551439.jpg

個室露天風呂が素晴らし過ぎたので、もっと長湯したかったのですが、大浴場にも行ってみましょう。

大浴場の男湯は1階にあります。
d0257690_20585272.jpg

早い時間に来たので誰も居ないということで、許可を得て、2枚だけ撮らせて頂きました。

洗い場はたくさんあります。
温泉とは階段を隔てているので、これならゆっくり出来そうですね。

内風呂で温まって、早々と露天風呂へ。
d0257690_20591755.jpg

いやぁ〜、これまた素晴らしい!

先ほどの個室露天風呂が4階で、この露天風呂は1階、ほぼ同じ位置にあると思われます。

さっきより海が近いです!
波音が心地良いなぁ。


ゆったりしていたら、急に砂浜に人が現れてビックリ。
そこまで多くはありませんが、ときどき釣り人がここの前を通るようです。

後で部屋の案内本を読んでみると、砂浜に入らないように看板は建てているものの、強制力は無い為に、入って来る釣り人の方が居るそうなのです。

まあ、おじさんに見られる分には恥ずかしくもありませんが、少しビックリしました。
女性風呂は2階なので、多分そういった心配は無いと思われます。
d0257690_2101293.jpg

部屋に戻って、お茶で水分補給。

湯上りに、海を眺めるのは最高です。

そろそろ日も傾き始める頃。
今回は夕食無しのプランなので、夜景を観た後に、回転寿司に行こうと思います!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-03-19 23:41 | 国内旅行記 | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE