カテゴリ:ランキング( 48 )

 

好きなQUEENソングベスト40 30位→21位

40位→31位
続いて、30位から21位までの発表です。

*************************************

30位 愛という名の欲望 / The Game (1980) Freddie Mercury


「地獄へ道づれ」と共に、アメリカでも大ヒットした記念すべき曲。
自他共に認めるエルヴィスっぽい曲で、ライブでも盛り上がります。
晩年、ジョン・レノンがこの曲を聴いて創作意欲がわき、レコーディングしたのは有名な話です。
エルヴィスを意識したボーカルがとても良いです。


29位 Back Chat / Hot Space (1982) John Deacon


クイーンの問題作といわれる「ホット・スペース」。
私は好きなアルバムですが、往年のファンの方々からすれば求めていたクイーンサウンドとあまりにかけ離れたものだったので、ショックもあったのだと思います。 
でも、こんなカッコいい曲だって収録されているんです。
問題作の名の下に隠れてしまうのはもったいないくらい、カッコいいジョンの曲です。


28位 Dreamer's Ball / Jazz (1978) Brian May


「ジャズ」というアルバムは、アルバム名やジャケットのイメージとは違ってバラエティに富んだロックアルバムです。
そんな中でもこの曲は、ジャズのイメージに近いのではと思います。
古き良き時代の音を継承している感じがして素敵、前曲の「セブンデイズ」からの心地よい流れもいいです。


27位 I Want It All / The Miracle (1989) Brian May


私がハードロック好きになったきっかけの曲。
当時大人気のガンズやボン・ジョヴィといった若手ハードロックバンド、彼らには無い貫禄が、この頃のクイーンには備わっています。
ブライアン、フレディ交互のボーカルからのギターソロは堪りません!
ロジャーのドラム、ジョンのベースも素晴らしい!


26位 輝ける7つの海 / QueenⅡ (1974) Freddie Mercury


クイーン初のヒット曲。
「クイーンⅡ」最後を飾るこの曲、アルバムの中ではホワイトとブラックの対比が終わった後の、融合曲のような感じもします。
1stアルバムでインスト曲としてラストに登場し、この2ndアルバムでは歌詞をつけて同じくラストを飾る、そして3rdアルバムでは口笛で登場、と初期3作がこの曲で繋がっているのです。
「輝ける7つの海」という邦題も素晴らしい!


25位 Life Is Real(レノンに捧ぐ) / Hot Space (1982) Freddie Mercury


亡くなったジョン・レノンにフレディが捧げた曲。
フレディも天才であるが故に、自分との葛藤があったはず、
そんな孤独をジョン・レノンと重ね合わせて歌う隠れた名曲です。


24位 うつろな日曜日 / オペラ座の夜 (1975) Freddie Mercury


この曲も「SeaSide Rendezvous」と同じくオペラ座のイメージピッタリ!
ミュージカルのようなフレディのボーカルには、初め度肝を抜かれました。
ボーカルだけでも一流なのに多種多様なこんな曲まで作ってしまうなんて、フレディはホント凄い!


23位 愛にすべてを / 華麗なるレース (1976) Freddie Mercury


数多いクイーンの代表曲の中の1曲です。
ファンになりたての頃は、ゴスペル風の合唱が受けつけなくて聴きませんでした。
それでも今は大好きです。一瞬聴いただけでもクイーンだとわかる分厚く美しいコーラス、これぞクイーンです。
ロック史に名を残すボーカリスト・フレディ、典型的なロッカー声のロジャー、甘く優しい歌声のブライアン、この3人の声が合わされば無敵なのです。


22位 Some Day One Day / QueenⅡ (1974) Brian May


「White Queen」同様、「クイーンⅡ」のホワイトの一翼を担う、ブライアンボーカルの曲です。
だいたいのアルバムにブライアンがボーカルの曲が1曲は入っていますが、ブライアンの何か頼りげがないような細く優しい歌声が、フレディ・ロジャーというボーカリストの中にあると、とても心地よくなるのです。
この曲、メロディーもフレディとまた違ったドラマチックさを感じることが出来、とてもいいです。


21位 My Melancholy Blues / 世界に捧ぐ (1977) Freddie Mercury


先日も取り上げたこの曲。
休日の午後、優雅にこの曲を聴きながら飲むコーヒーや紅茶は別格です。
初めて聴いたときは、クイーンにもこんなにカフェに合う音楽があるのかと驚きましたが、オリジナルアルバムを聴きこんでいるとまだまだあるんですねぇ~

*************************************

20位→11位
10位→1位

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2013-02-21 22:59 | ランキング | Comments(4)

好きなQUEENソングベスト40 40位→31位

今年はクイーンのデビュー40周年です。
40周年にちなんで、好きなクイーンソングベスト40をやろうと思います。
曲名の隣には収録アルバム名とそのアルバムの発売年、さらには作者名を記載します。

まずは40位から31位までの発表です。

*************************************

40位 Who Wants To Live Forever / Kind of Magic (1986) Brian May


クイーン初、フルオーケストラを加えた感動的なバラード。
鋭いフレディの声と、甘いブライアンの声の対比が何とも良いです。


39位 Radio Ga Ga / The Works (1984) Roger Taylor


ロジャー初の大ヒット曲で、レディー・ガガの芸名の由来にもなった曲。
どこをとっても80年代ロックの音がする曲で、当時影響力を増していたMTVに触発されて出来た曲であることは間違いないと思います。
MTVとは対照的に、影響力が低下しつつあったラジオを応援する歌詞も良いです。


38位 In Only Seven Days / Jazz (1977) John Deacon


ジョンの作り出す曲は、フレディとは一味違った良さがあるのです。
アルバムの中でも特に落ち着ける時間を演出していて、月曜から日曜まで辿った歌詞もロマンチックでメロディもポップ。落ち着くなぁ~
       

37位 It's A Beautiful Day / Made In Heaven (1995) Queen

      
メイド・イン・ヘブンのオープニングナンバー。
フレディが亡くなって残されたメンバー3人で作り上げたアルバムですが、最初のこの曲でフレディの素晴らしい声を聴いたらウルッとします。
ちなみにこの曲のピアノは、ブライアンが弾いているようです。


36位 White Queen(As It Began) / QueenⅡ (1974) Brian May


クイーン美学の頂点だと、多くのファンが思うのが「クイーンⅡ」。
特に支持されているのが、フレディ中心の「サイドブラック」ですが、自分はそれと同じかそれ以上、ブライアン中心の「サイドホワイト」が大好きなのです。
ホワイトとブラックの対比こそが、このアルバムのコンセプトであり美しさの象徴でもあるのです。
その「サイドホワイト」を象徴するのがこの曲。「サイドブラック」の悪などの
イメージとは正反対の気品に満ちたブライアンらしい曲で、それを上品に歌い上げるフレディも素晴らしいです。


35位 神々の業 / Sheer Heart Attack (1974) Freddie Mercury


「シアー・ハート・アタック」にはこの「神々の業」という曲が2曲あるのですが、これは最後13曲目の「神々の業」です。
どちらも作者はフレディですが、全く曲調が違い、こちらはアルバムのラストに相応しい曲になっています。
最後の「Wo wo la la wo」は、ライブのラストでも大合唱されました。
この曲があったから、後に「God Save The Queen」がライブのラストに大合唱され幕を閉じるという、素晴らしい演出がされるようになったのかも知れません。
 

34位 SeaSide Rendezvous / オペラ座の夜 (1975) Freddie Mercury


オペラ座のイメージにピッタリの楽しい曲。こんな曲をパッと作ってしまうフレディって凄すぎる!
そして驚くのが中盤の声のオーケストラ♪ ライナー読むまでは気づかなかったのですが、フレディが木管楽器、ロジャーが金管楽器を演じているのです。
ホント楽しい曲です。


33位 永遠の翼 / 世界に捧ぐ (1977) John Deacon


ボストンらアメリカ勢に通じる音も持つ曲で、多くのファンに愛されるジョンの名曲です。
フレディがいつも以上に鋭い声で歌っているのは、ジョンの歌詞はとても優しくジョンならではの世界観が出来上がっているので、それに対抗するようにフレディもいつもと違った歌い方をしているのでは?と雑誌で読んだことがあります。
ライブではファンがフレディと共に、サビを合唱するのが素敵です。


32位 Too Much Love Will Kill You / Made In Heaven (1995) Brian May


以前にこの曲は取り上げましたが、もともとブライアンのソロ曲で、気に入ったフレディが歌ったものがクイーンバージョンとして、フレディが亡くなった後にアルバムに収録されました。
「Jewels」に収録されていたので、ファンになりたての頃からずっと好きなバラードです。


31位 炎のロックン・ロール / 戦慄の王女 (1973) Brian May


記念すべきクイーンのデビュー曲。
イントロのリフから何かがこれから始まるような、胸の高まりを与えられます。 
デビューシングルとだけあって、勢いがあるハードロック曲でクイーンの原点。

*************************************

30位→21位
20位→11位
10位→1位

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2013-02-21 00:55 | ランキング | Comments(2)

今年の名曲ベスト10 (2012)

今年もあと少しで終わりますね。
以前から年末にやろうと温めていたこの企画をやろうと思います。
私が選ぶ、今年の邦楽名曲ベスト10!

*****************************

10位 風が吹いている / いきものがかり


ロンドンオリンピックのNHK公式テーマソング。
いきものがかりはデビュー時からのファンで、「ありがとう」で大ブレーク以降はちょっと方向性が変わってきたかなと思っているんですが、これは名曲ですね。
老若男女、誰でも口ずさめるオリンピックテーマソングにピッタリの曲です。


9位 IT'S UP TO YOU / 矢沢永吉


今年デビュー40周年の永ちゃん、「Last Song」からのこの曲ですが、ストレートなロックでカッコいい!まさに大人のロックといった感じがします。


8位 夜の踊り子 / サカナクション


サカナクションは唯一無二の世界観を作り上げているバンドです。
この曲もキーボードとサビに入るときの衝撃が頭に無限ループします。


7位 メトロに乗って / 斉藤和義


東京メトロのCMテーマソングのこの曲。
シングル「月光」のカップリングですが、聴くたびにほのぼのする曲です。
この曲を聴きながらメトロで都内を巡りたいなぁ。


6位 輝く月のように / Superfly


Superflyのバラードの中でも1番好きかもしれません。
普段熱いロックを熱唱している人が歌うバラードって堪らないんだよなぁ。
バックの演奏もPVも素晴らしいですし、非の打ち所がない名曲です。


5位 グッドラック / BUMP OF CHICKEN


今年1月公開「ALWAYS 三丁目の夕日'64」の主題歌でした。
観に行きましが、本当に心の底から温かくなれる素晴らしい映画で、そのエンディングにこの曲が歌詞付きで流れたので感動が倍増しました。


4位 幸せのラストダンス / 桑田佳祐


確か今年の1月から三井住友のCMで流れ始めたと記憶しているのですが、それから発売されるまでが長かった!
「波乗りジョニー」を彷彿とさせるようなメロディライン、すぐに好きになりました。
ライブで聴けて幸せだった!


3位 明日また晴れますように / 家入レオ


家入レオの1stアルバムは今年1番の名盤だと思っています。
シングル曲だけの印象で1stを聴いたら度肝を抜かれてしまいました。
様々な表情を豊かに表現する曲が多く、この曲も伸びやかな歌声がとても好きです。


2位 片想い / miwa


今年は「ヒカリヘ」がロングヒットして知名度が上がったmiwa。
この「片思い」は、まっすぐ過ぎるほどの愛を歌ったラブバラードで、心がときめくmiwaの大名曲です。
ギターソロからの大サビが本当に心を動かされます。


1位 祈り 〜涙の軌道 / Mr.Children


今年はこの曲と共に歩んできた感じがします。
1月から有線で流れ始め、4月に発売、この曲を聴きこんで西武ドームライブに参戦!
そして先月のアルバムの最後を飾ったのもこの曲。
今年デビュー20周年のミスチルを象徴する1曲ですね。
優しいメロディが大好きです!

*****************************

私事ですが、今年の春に学校を卒業して不安定な状況で働く中で、このランキングの曲を含むたくさんの曲たちに助けられてきました。
今年は胸に残る応援ソングがたくさんあって、本当に良かったです。
来年もこのランキングをやりたいです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2012-12-30 12:08 | ランキング | Comments(0)

好きなクリスマスソング ベスト10

クリスマスまで1週間をきりました。
数あるクリスマスソングの中から、自分の好きな曲を10曲ランキング形式で発表します。


10位 雪が降る町 / ユニコーン


         クリスマスソングって、クリスマスが終わると切なくなってあまり聴かなく
        なるものだと思います。
         でもこの曲はクリスマスから年末までのことを歌っているので、年末ものんびりと
        その年にあったことを振り返りながら聴きたくなります。


9位 Happy X mas (War Is Over) / John & yoko  
        

          当時はベトナム戦争真っ只中。世界中でこのような「もう争いはやめようよ」と
         歌う曲が発表された時代です。
          世界中がこの曲が歌うように平和になれば、本当にいいのにと思います。
          簡単に口ずさめるメロディーもいいですね。


8位 エソラ / Mr.Children


          「SUPERMARKET FANTASY」を象徴する曲。
          クリスマス近くに発売されたアルバムなので自分ではクリスマスソングの
         位置付けです。
          クリスマスパーティーにぴったりの曲だと思います。


7位 クリスマス・イブ / 山下達郎

          日本を代表するクリスマスソングですね。
          「きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ」
         多分来ないとわかっていても恋人を待っている、切ないも美しい
        クリスマスソングです。
          JR東海のCMも素敵でした。


6位 スターライトパレード / SEKAI NO OWARI



          去年の今頃にシングルを買い、眠れない夜に聴いていました。
          クリスマスに日常と離れて、この曲で別世界に誘ってもらうのもいいと
         思います。


5位 Drivinng home for christmas / Chris Rea


          英国のシンガーソングライター、クリス・レアのクリスマスソング。
          あまり注目はされていませんが、日本でもこのシーズンになると至る所で
         耳にします。
          上品にまとまっていて、とっても好きな曲です。
          シャンパンを飲みながら聴きたいです。


4位 Merry Christmas / BUMP OF CHICKEN


          アルバム未収録のこの曲、シングルのアートワークからMV、曲、全てが
         素晴らしいです。
          歌詞も深い!世界中、いろんな人がいろんなモノを抱えて生きているど、
         この日ぐらいは幸せになっていいんじゃないかと歌っているような気がします。
          最後の「Merry Christmas」の合唱は美しい・・・


3位 Last christmas / Wham!


          中学の英語の授業で聴いて以来、大好きなクリスマスソングの定番です。
          ワム!いいなぁ~!
          ジョージ・マイケルの声も自分好み。


2位 いつかのメリークリスマス / B'z


           人生を長いスパンで見たときに、これほどキラキラしたクリスマスなんて
          一瞬の出来事。
           その一瞬をボーカルとアコースティックギターの音色で美しすぎるほど再現
          している名曲です。


1位 白い恋人達 / 桑田佳祐


            桑田さんの曲の中でも1番好きな思い入れのある曲。
            この曲が発売された2001年のクリスマスはこの曲を聴きながら北海道に
           帰省した思い出があります。
            当時小学4年生の自分にも、この曲の美しさは胸を打つものが
          ありましたし、何より桑田ファンになった年だったので、「波乗りジョニー」
          「白い恋人達」と2曲続けて大ヒット曲を生み出した桑田さんの凄さを知りました。
            先月のライブで聴けて本当に良かったです。    

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2012-12-19 00:47 | ランキング | Comments(6)

好きなYUIの曲ベスト30 10位→1位

30位→21位
20位→11位
それでは10位から1位までの発表です。

***************************************

10位 feel my soul / single (2005)


YUIのメジャーデビュー曲であり、私がYUIを知るきっかけとなった曲。
中1の冬、たまたま聴いていたラジオで流れ、一瞬で心を奪われました。
あの時もしラジオを聴いていなかったら、YUIファンになっていたかわかりません。


9位 Good-bye days / single (2006) 


YUIが主演を務めた「タイヨウのうた」の主題歌。代表曲です。
当時中3だった自分は東京まで2回、映画を観に行きました。思い出深いです。
「かっこよくない優しさがそばにあるから」、素晴らしいフレーズです。


8位 Tomorrow's way / single (2005)


YUIファンになったのは「feel my soul」からですが、初めて買ったYUIのCDは
この「Tomorrow's way」でした。あのときのCDショップの光景は未だに覚えていて聴くたびに思い出します。
歌詞をかみ締めながら聴きたい、初期の名曲です。


7位 Thank you My teens / CAN'T BUY MY LOVE (2006)

2ndツアーのタイトルにもなったこの曲。YUIが二十歳になるときの心境を歌った曲です。
この曲と出会ったとき、二十歳になる瞬間はこの曲を聴いていようと決めました。
それから約5年後の今年、この曲を聴きながら二十歳を迎えることができました。
「大人にはなりたくないと思ってた だけど二十歳になる Thank you My teens」 


6位 Muffer / GLORIA c/w (2010)


切なくて美しい、冬のラブソング。切ないのにメロディーがとても温かいのです。
高校生活最後のあの冬はこの曲を聴いて、遊び歩いたのが懐かしい思い出です。


5位 I know / FROM ME TO YOU (2006)

インディーズで1,000枚限定された「It's happy line」のカップリング曲、
「FROM ME TO YOU」の中でも特に魂が感じられる大好きな曲です。
泣きのギターがたまらないです。


4位 CHE.R.RY / single (2007)


「甘酸っぱい果実のような春うたを贈ります」
こんなキャッチフレーズで届けられた、代表曲「CHE.R.RY」。
恋の始まりのキュンキュンする想いを溢れんばかりに詰め込んだ曲です。
リスモのCMにも本人が登場して、一躍YUIの名が世間に知れ渡りました。      
それにしても、このMVを初めて観たときは、今までの曲とあまりにかけ離れていてかなりの衝撃でした。


3位 Your Heaven / It's my life c/w (2011)


スウェーデンで生まれた名曲「Your Heaven」。
どこか別世界に誘ってくれるような幻想的なメロディーと歌詞が大好き!
アコギの音色も素敵です。
          

2位 Get Back Home / HOW CRAZY YOUR LOVE (2011)

去年の大宮ソニックシティーライブでこれ以上ないくらい感動した曲です。
キーボードの音色がとても優しい空間を演出してくれました。
”誰にでも帰るべき場所がある”、そんなことを教えてくれる曲です。


1位 Last Train / Tomorrow's way c/w (2005)

初めて買ったYUIのCDが「Tomorrow's way」、
そのカップリングでしたので特別な思い入れがある曲です。
語りきれないくらい大好きです。
この曲については、またどこかで語ろうと思います。

***************************************

最後まで見ていただき、ありがとうございました。
d0257690_23144016.jpg

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2012-12-08 23:17 | ランキング | Comments(8)

好きなYUIの曲ベスト30 20位→11位

30位→21位
続いて20位から11位までの発表です。

***************************************

20位 no Reason / HOW CRAZY YOUR LOVE (2011)

アルバムの中でもあまり注目されない曲かもしれませんが、とても好きな曲です。
去年から今年のツアーでは、この曲が2曲目で演奏されました。
イントロが流れたときのあの幸福感、とても感じました。


19位 Lock on / HOW CRAZY YOUR LOVE (2011)


同じく去年のアルバムから、ツアーでは旗を振ってダンスで盛り上がりました。
かなり凝ったメロディーで何だかワクワクします。
MVがあるのに意外にもベスト未収録です。


18位 SUMMER SONG / single (2008)


最高の夏青春ソングです!
この曲のときは高校2年、1番キラキラしていた時期にこの曲と出会えてよかった!
ちなみにこの曲がアルバム収録されるのは約2年後の2010年になりました。


17位 TOKYO / single (2006)


YUIが上京するときの心境を歌った、普及の名曲です。
「窓の外に続いてるこの町は変わらないでと願った」
地元を離れた経験のある人たちにはわかる、不安・期待が入り混じった心境を飾ることなく綴っています。


16位 Sea / again c/w (2009)


復帰作「again」のカップリング、またもやカップリングの質の高さに驚いたものです。
隠れた名曲ですが、ツアーで演奏してくれて嬉しかった!!
ちなみにこのシングルの3曲目は「SUMMER SONG」のアコースティックバージョン収録です。これもとってもイイですよ。 


15位 Driving Happy Life / HOLIDAYS IN THE SUN (2010)

「no Reason」に通じるものがあると思います。
「現実っていつも行き止まりに感じちゃうでも道はあるんだよ 知らないだけだよ 地図の無い旅はまだ続くよ」
この歌詞に何度励まされたかわかりません。      


14位 GLORIA / single (2010)


この曲を初めて聴いたのはスクールオブロックでした。
サビの「ユメじないやいやいやいやい」が衝撃的でした。
自分は受験生でしたが、聴いたときにはすでに志望校合格していたので、そのときはいい歌だなで終わっていました。
しかし進学してから就活するようになり、この曲に励まされることが多くなりました。
「桜が咲く頃にきっと 新しい自分に出会える」
”桜が咲くのは春ですが、自分の中の桜はいつでも咲かすことができる”
こう解釈して頑張ってきました。


13位 Merry・Go・Round / FROM ME TO YOU (2006年)

1stの1曲目、インパクトがある曲で、大サビ前に転調するのが好きです。
歌詞・メロディ・サウンド、どれをとってもそれまでのシングル曲とは違ったタイプの曲だったので、初めて1stを手にとって、この曲を聴いたときは感動しました。


12位 Shake My Heart / HOLIDAYS IN THE SUN (2010)

この曲は「HOLIDAYS IN THE SUN」のハイライトだと思います。
リラックスして楽しそうに歌っている雰囲気が伝わってきて、こちらまで楽しくなります。
2010年の初ライブ、この曲をみんなで合唱したのは一生の思い出です。


11位 Laugh away / I LOVED YESTERDAY (2008)


「CHE.R.RY」から約1年、再びキラキラするような春うたが届けられたことに喜んでいました。
この曲が流れたキスミントのCMは好きでした。

***************************************

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2012-12-07 18:37 | ランキング | Comments(0)

好きなYUIの曲ベスト30 30位→21位

明日から忙しくなるので今のうちに・・・
まずは30位から21位までの発表です。

***************************************

30位 Simply White / FROM ME TO YOU (2006)

この頃のYUIの曲で1番明るいメロディーです。
一方たまったモヤモヤを吹き飛ばすような歌詞も、当時の自分にぴったりでした。
ずっと旅してたいでも働かなくちゃそれもできない」


29位 Am I wrong? / I LOVED YESTERDAY (2008) 

3rdアルバムはトゲトゲした曲が多いと思うのですが、そのアルバムの最後を飾るのがこの曲です。
YUI自身、「ここだけは譲れない」という気持ちが強い時期だったからこそ出来た曲だと語っています。


28位 Rain / single (2010)


2010年武道館、発売前に演奏してくれました。
切ないクリスマスソングで、MVも素敵です。


27位 It's happy line / Good-bye days c/w (2006)


メジャーデビュー前に、福岡で1,000枚限定販売された、当時は幻の曲でした。
それが「Good-bye days」のカップリング(3曲目)に収録されるとわかったときは嬉しかった!
「誰のために生きているの?」「たりない昨日に溺れ夢に描いた今日」・・・
わかっているようでわからない、そんな感情を歌ったYUIの原点の1曲。


26位 crossroad / LIFE c/w (2005)

イントロから優しいメロディーに心が温かくなり、前向きな歌詞に励まされる応援ソングです。
「LIFE」のカップリングでどちらも応援ソングなので、今でも2曲続けて聴くことが多いです。


25位 I'll be / MY SHORT STORIES (2008)


カップリングベストの1曲目、この「I'll be」だけ新曲でした。
思えばこの曲でYUIはリフレッシュ休暇に入ったのです。
笑顔で歌うMVがお気に入りでした。


24位 YOU /  HELLO~Paradise Kiss~ c/w (2011)

「HELLO」と共に映画「パラダイス・キス」で流れました。
この曲、カップリングですが、5thアルバム「HOW CRAZY YOUR LOVE」に収録されています。
これはYUIでは異例のことで、それだけ何か特別な想いがあったのかもしれません。
美しすぎるラブバラードです。

23位 fight / single (2012)


活動休止前最後のシングルとなってしまいそうです。
「いつか振り返るとき 今日の若かりし日がきっと懐かしくなるから」
この曲はこれからも人生の応援歌です。


22位 It's all toomuch / single (2009)


YUIの曲でおそらく1番はまったのはこの曲です。
初めて聴いたのはYUIラジオでした。今までに無いサウンドに虜になって、映画まで観に行きました。


21位 Why Me / feel my soul c/w (2005)

YUIが初めて作ったのがこの「Why Me」だそうです。
「feel my soul」のカップリング(3曲目)なので、もう8年もこの曲を聴き続けているのかぁ。
この曲がカップリングベストで果たす役割はとても大きなものでした。

***************************************

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2012-12-07 14:08 | ランキング | Comments(0)

好きな夏うた ベスト10

今日で8月も終わり、夏が終わってしまうこの時期にやりたいと思います。
暑い夏は嫌いですが、好きな夏うたは多いのです。


10位 Oh My Precious Time / Superfly


    Superflyで1番好きな曲です。
    フォークロック調のサウンドがなんとも心地よく、サビに入るときの高揚感といったら・・・


9位 青春に、その涙が必要だ! / ステレオポニー


    1stアルバムの1曲目に収録。
    高校3年の夏休み前、この曲を聴きながら通学したの懐かしいな~


8位 夏の終わりのハーモニー / 井上陽水・安全地帯


    8月末の定番曲ですね。
    玉置浩二の控えめな声、陽水の伸びやかな歌声のハーモニーが素敵です。


7位 secret base 〜君がくれたもの〜 / ZONE


    TBSの昼ドラマ「キッズ・ウォー」の主題歌。
    小学校の夏休み、学校のプールから帰ってきて、このドラマを観るのが習慣でした。
   あの頃に戻りたいなぁ。


6位 路地裏の少年 / 浜田省吾


    幼い頃から、いつもドライブでこの曲がかかっていました。
    イントロのギターがとてもいい!歌詞もどこか懐かしく切なく美しいものです。
    ハマショー名曲中の名曲です。


5位  / サザンオールスターズ

    夏休み、北海道に向かう車の中ではいつも、サザンの「海のYeah!!」を聴いていました。
    大好きな曲がたくさんある中で、やっぱりこの曲が1番そのときの情景を思い出させてくれ
   ます。



4位 少年時代 / 井上陽水


    この曲を中学の音楽の時間に知り、それ以来、陽水の曲が大好きになりました。
    美しい日本の夏の情景をイメージさせる、日本が世界に誇れる、日本の夏の名曲だと思
   います。


3位 Shake My Heart / YUI

    YUIの”夏アルバム”「HOLIDAYS IN THE SUN」収録曲。
    おととしの夏ですね。毎日このアルバムを聴いて、11月のライブを心待ちにしていました。
    とっても心地よい曲で、ライブではみんなで合唱して、一生の思い出になりました。


2位 波乗りジョニー / 桑田佳祐


    小学3年のとき、「TSUNAMI」でサザンの大ファンになり、翌年始まった桑田ソロ活動
   の第1弾シングル。この曲で桑田ソロの素晴らしさも知りました。
    ノリノリになれる、桑田さん夏の真骨頂です!


1位 DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~ /
                                  サザンオールスターズ

    中学の文化祭で踊った思い出の曲です。
    発売日、雨の中びしょ濡れになりながら買いに行って、何回も聴いて、サビの踊りを覚え
   たのが懐かしいです。
    大好きな曲なのですが、シングルだけで、アルバムには今のところ収録されていません。
    動画がないのは残念ですが、このシングル、よくブックオフなんかでも見るのでおススメ
   ですよ!
d0257690_13451849.jpg

    スイカーマンステッカーは今でも大事にとってあります。
    
    

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2012-08-31 13:47 | ランキング | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE