カテゴリ:国内旅行記( 55 )

 

春の京都・大阪旅行 ⑥ [2日目] (輝かしい金閣寺に京都の抹茶)

春の京都・大阪旅行 ① [準備編]
春の京都・大阪旅行 ② [1日目] (東京駅からのぞみで京都へ)
春の京都・大阪旅行 ③ [1日目] (清水の舞台へ)
春の京都・大阪旅行 ④ [1日目] (祇園から懐かしの銀閣寺へ)
春の京都・大阪旅行 ⑤ [1日目] (京料理の夕食、近鉄でホテルへ)

2日目です。
ホテルは朝食が付かないので、早起きして近くに食べにいこうと考えていたのですが、前日夜更かししすぎて起きれませんでした。
私は夜は強いけど、朝は弱いのです。

朝食が付いているとなったら絶対起きるのですが、そうでないと睡魔にはいつも負けてしまいます(汗)
d0257690_20585138.jpg

10時くらいまで寝て、支度を整え、11時にホテルをチェックアウト。

最低限のホテルでしたが、寝るだけなら問題ありませんでした。
近鉄や京阪の駅からも近くて、京都旅行を安くあげたい方にはお勧めのホテルです。

昨日と同じく桃山御陵前駅から乗車。
偶然やって来た地下鉄直通列車で京都駅へ。
d0257690_20594089.jpg

もう昼食の時間です。

昨日も利用した京都駅のレストラン街にある、京料理のお店に入りました。
ほかの店はどこも行列で1人では入りにくかったので、入りやすい雰囲気だったこのお店に。
d0257690_210956.jpg

漬物セットを注文。
これは美味しい!!

シンプルだから、素材の味が最大限に引き立てられています。
ご飯が進みます。
d0257690_210344.jpg

最後はお茶漬けにして楽しみました!
お茶漬け大好きなんです。

お茶のおかわりも持ってきて頂いて、本当に大満足の昼食でした。
d0257690_211645.jpg

さあ、お腹いっぱいになったところで、京都最後の観光名所へ。
向かうは金閣寺です。

地下鉄で北大路駅へ出て、バスで向かいます。
京都駅からもバスは出ていますが、相変わらずひどい混雑ぶりだったので、地下鉄+バスで向かう作戦にしたのですが、これが大当たり。

このバスはそこまで混んでいなくて、楽に金閣寺まで行けました。
d0257690_212038.jpg

さあ、遂に来ました。

素晴らしき京の世界でも圧倒的な存在感を放つ、金閣寺です!

金閣寺は中学の修学旅行以来、あのときを遥かに上回る感動です。
d0257690_2152246.jpg

まさに北山文化を象徴する建築物。
これは凄い・・・あまりの存在感に言葉も出ません。

外国の方だらけの京都でしたが、やはり1番人気は金閣寺のようで、皆さん写真をパシャパシャ撮っていました。
そんな中、欧米の方から写真を撮って欲しいと頼まれて、快く引き受けたら、次から次へと私に依頼が殺到し、なかなか動けなくなってしまいました(汗)
d0257690_2172994.jpg

絵馬には日本語より外国語のほうが多いような気さえします。

皆さんいろんな願いを込めて一生懸命書いてらっしゃいました。
d0257690_2175728.jpg

金閣寺を堪能した後は、やっぱりソフトクリーム!

京都の抹茶ソフトは本当に美味しい!
d0257690_218347.jpg

バスと地下鉄で京都駅へ戻ります。
d0257690_2112225.jpg

京都駅に着いたら、ここでお土産探し。

やっぱり京都に来たら八つ橋とお茶は買いたいなぁ。
結果、八つ橋とまんじゅう、ほうじ茶を買うことに。

八つ橋は札幌の祖父母宅に送ってもらいました。
d0257690_21132241.jpg

この後は大阪へ向かうのですが、列車まで時間があるので、抹茶を飲んでいくことに。

抹茶の店は京都駅にはたくさんあるだろうと考えていましたが、案外見つからなくて、インフォメーションの方に聞いてようやく発見。
d0257690_2114183.jpg

冷たい抹茶と和菓子のセットです。

こうやって本格的な抹茶を頂くのは久しぶりです。
やはり心が落ち着きます。

こうやって抹茶を飲むと、あぁ自分はやっぱり日本人なんだなぁと実感します。

さあ、いい時間になったので、在来線で大阪に向かいます。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-29 01:06 | 国内旅行記 | Comments(0)

春の京都・大阪旅行 ⑤ [1日目] (京料理の夕食、近鉄でホテルへ)

春の京都・大阪旅行 ① [準備編]
春の京都・大阪旅行 ② [1日目] (東京駅からのぞみで京都へ)
春の京都・大阪旅行 ③ [1日目] (清水の舞台へ)
春の京都・大阪旅行 ④ [1日目] (祇園から懐かしの銀閣寺へ)

d0257690_02196.jpg

市役所前駅から地下鉄で京都駅へと戻って来ました。
昼間よりは人が減ってきたかな?
d0257690_03491.jpg

京都駅前すぐに京都タワーがあります。
中学の修学旅行の班別行動では、何故か京都タワーを上ることになったのです。

ほかの世界遺産を差し置いて、どこにでもあるようなタワーに上るとは、やはり中学生だったなぁと思います。
d0257690_044375.jpg

そろそろお腹が減って来ました。

京都駅のレストラン街がそこまで混雑していないようなので、いい感じだった『田ざと』という京料理のお店に入りました。
d0257690_051457.jpg

「ゆば膳」を注文。
そばときな粉餅が特に美味しかったです!
これは京都に初めて来た外国人の方にも良いかもしれませんね!

店内も非常に良い雰囲気で、お茶の継ぎ足しも頻繁に来てくださいました。
大満足の夕食で、お腹いっぱいです。
d0257690_011021.jpg

さあ、そろそろホテルに向かいます。
本当は観光地のそばのホテルが良かったのですが、花見の時期といことで、全く空き室が無く、少し離れた場所のホテルとなりました。

近鉄で向かいます!
d0257690_011295.jpg

近鉄は意外に初めて乗るので、ワクワク!
関西に住んでたら、絶対乗っているだろうなぁ。
d0257690_0124324.jpg

なかなか渋い列車ですね。
これで桃山御陵前駅へ行きます。
d0257690_0133796.jpg

ここは始発ですが、ドアが開くと椅子取り合戦となり、あっという間に満席に。
10分くらいですが、初めての近鉄列車、とても楽しめました。
d0257690_0141455.jpg

桃山御陵前駅に到着。
ここからホテルまで徒歩8分です。
d0257690_0144110.jpg

途中に京阪電鉄の駅もあって、さすが、京都も都会だなぁと実感させれらます。
ホテルまでは商店街を歩いて行きます。

飲食店も多数あるので、とても便利な立地ですね。

とりあえずここのスーパーでお買い物。
d0257690_0151170.jpg

明るい商店街を抜けたところにホテルはありました。

『アーバーイン伏見』というビジネスホテルで、6,000円ほどで予約出来ました。
d0257690_0154356.jpg

古いホテルのようで、結構年季が入っていて、朝食も付いていませんが、まあ寝るだけと割り切って使えば問題ありません。
d0257690_0194496.jpg

風呂上がりにスーパーで買ったうどんを食べようと思うと、箸が無いことに気づきました・・・。
そっか、やっぱり自分から言わないと入れてくれないものだよなぁ。
ホテルの人に言うのも何だか悪いし、かと言って今からコンビニに行くのも面倒なので、何とか手で食べました。
結構美味しかったです(苦笑)
d0257690_0202578.jpg

天気予報を確認。
明日は金閣寺を見学後、大阪でたこ焼きを食べる予定です!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-28 00:46 | 国内旅行記 | Comments(0)

春の京都・大阪旅行 ④ [1日目] (祇園から懐かしの銀閣寺へ)

春の京都・大阪旅行 ① [準備編]
春の京都・大阪旅行 ② [1日目] (東京駅からのぞみで京都へ)
春の京都・大阪旅行 ③ [1日目] (清水の舞台へ)

清水を満喫した後は祇園へ歩いて行きます。

中・高の修学旅行ではタクシーを貸し切って移動したので、それぞれの観光地の距離感が全くわかっていませんでしたが、こうやって自分で計画を立てて旅行するようになると、本当にいろいろわかってきます。
清水と祇園は意外にも歩いて15分程度でした。
d0257690_21322757.jpg

サザンの「イヤな事だらけの世の中で」の歌詞にも出て来る、花見小路へやって来ました。
素晴らしい雰囲気の通りですね!
着物を来た方がたくさん歩いていて、京の雰囲気満載です。
d0257690_21352365.jpg

それから祇園の代表的スポットである巽橋へ。
ここも京情緒満点だなぁ。

多くの新郎新婦がここでプロのカメラマンに写真を撮ってもらっていました。
やはり有名ポイントだけありますね。
d0257690_21355548.jpg

巽橋奥の通りは、いかにも一見さんお断りというようなお店が立ち並んでいます。

こういったところは私のようなものは外から雰囲気を味わうだけでも十分です。
d0257690_21381449.jpg

桜はまだ6分咲きくらいかな?
満開になるまであと1週間くらいはかかりそうな感じです。

今回は桜を見るのも大きな目的のひとつだったので、来るタイミング間違ったかなと思いましたが、この2日後に大雨が降ったので、結果的にこのタイミングで良かったようです。
d0257690_21392314.jpg

グーグルマップを頼りに最寄りの京都市役所駅へ。
初めての京都地下鉄に乗車。
銀閣寺へ向かいます。

東西線で鳥丸御池まで出て、鳥丸線に乗り換え。
そして今出川で下車。
d0257690_21522833.jpg

今出川駅前から銀閣寺までバスに乗ります。

それにしても、京都は日本屈指の観光地だというのに、地下鉄が2路線だけで路面電車も走っていないのは問題だと今回強く思いました。
バスがあるのだから問題ないと思われがちですが、バスは渋滞に巻き込まれやすいうえに輸送力に限界があります。観光客、とりわけ海外からのお客様には非常にわかりにくいものです。

素晴らしい観光地なのだから、もっと観光地への鉄道を整備してほしいと思いました。
d0257690_21525627.jpg

案の定大渋滞に巻き込まれて、今出川駅前から銀閣寺まで1時間もかかりました。

銀閣寺周辺の桜も美しかったです。
いろいろなお土産屋さんを見ながらゆっくり進んでいきます。

入場券を買って、いよいよ中3以来の銀閣寺とご対面。
d0257690_21541047.jpg

美しくてしばし見入ってしまいました。

まさに東山文化のシンボル。
中学時代から私は金閣寺より何故か銀閣寺に惹かれるものがあって、中学の修学旅行で訪れた際にも相当感動したけど、今回はそれ以上の感動でした。

これは凄い。
歴史の重みを感じます。
d0257690_21543017.jpg

あのときと同じように庭園上部の展望台に上がって、上から銀閣寺を見下ろします。

銀閣寺は金閣寺のように派手ではないけど、いつまでも見ていられる魅力があります。
緑も多くて心地よいなぁ。
d0257690_21552673.jpg

物凄い混雑なのであまり長居は出来なさそうです。

名残惜しいけど、そろそろ銀閣寺とお別れ。
また京都に来たら銀閣寺には必ず来たいと思います。
d0257690_21555955.jpg

やっぱり大好きなソフトクリームは欠かせません。

今度は抹茶だけのソフト。
やっぱり美味しいなぁ!
d0257690_21571947.jpg

大混雑のバスを耐えて、やっとのことで京都駅に戻りました。

夕食を済ませて、ホテルへチェックインします。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-11-26 21:49 | 国内旅行記 | Comments(0)

春の京都・大阪旅行 ③ [1日目] (清水の舞台へ)

春の京都・大阪旅行 ① [準備編]
春の京都・大阪旅行 ② [1日目] (東京駅からのぞみで京都へ)

今年の春に行った京都・大阪旅行記、すっかり遅くなってしまいました。
4月以降は多忙で、この思えばこの旅行を最後に遠出をしていません。

もう半年も前のことなので、いろいろ思い出しながら今日から書いていきます。
d0257690_14431976.jpg

10:05に京都駅に着いて、まず向かうのは清水寺と決めていました。
駅の観光案内所で市バスや地下鉄が2日間乗り放題になる切符を買って、バス乗り場へ。

清水寺までバスで行こうと思ったのですが、バス乗り場は凄まじい行列。
このときは4月のお花見シーズン、混むとは思いましたが、ここまで凄い人だとは・・・。

バスで行くのは諦めて、電車で行くことに。
d0257690_14402884.jpg

面倒だけど、やっぱり電車の方が好きなのでテンションは高まります。
まずはJR奈良線で東福寺まで1駅。

バスはあれだけ混んでいたというのに、電車はガラガラです。
みなさん、バスでしか行けないと思っているのかな?
d0257690_20162663.jpg

東福寺から京阪電鉄に乗り換えます。
意外にも関西の大手私鉄に乗るのはこれが初めてです!

鉄道が好きなのに、今まではJRで満足して京阪や近鉄などに乗らずに来てしまったんです。
やっぱり関西の私鉄は雰囲気が違うなぁ!
久しぶりに鉄道ファンの血が騒ぎます。
d0257690_20174326.jpg

清水五条駅に着いて、ここから徒歩25分程です。
駅を出ると、もう京都の雰囲気がします。

4月に入ったばかりなのに、この日は25度近くて暑い!
d0257690_14452256.jpg

清水に近づくにつれ、人もどんどん増えて行きます。
そして塔が見えてきました!
d0257690_16443768.jpg

良い雰囲気のお茶屋さんがたくさんありました。
ここで休憩しようかとも思ったけど、昼食がまだだったので、ほかの店を探すことに。
d0257690_14464862.jpg

三重塔は桜をまとって良い感じですねぇ。
桜と紅葉の時期にはライトアップもされるようです。

仁王門を見た後、満を持して本堂へ。
d0257690_14493784.jpg

これが清水の舞台です!

高校の修学旅行以来の清水の舞台、あのとき以上の感動が押し寄せてきます。
釘を使わずに18本の柱と139本のケヤキの大木でこの舞台は支えられているとのこと。

いやぁ〜、やっぱり清水の貫禄は凄かった!
圧倒されました。
d0257690_14521044.jpg

少し離れて、遠くのアングルから撮影。

桜と一緒に赤い葉が映り込み、春なのか秋なのかわからない写真だけど、結構気に入っています。
ちょうど気持ちの良い風が吹いてきたので、風に吹かれながらしばし、清水の舞台を見入る素敵な時間・・・
d0257690_14541246.jpg

高校の修学旅行ではここで友人たちと並んで水を飲んだっけ。
懐かしい思い出が蘇って来てシンミリ。
d0257690_14544269.jpg

そろそろ昼食にしましょう。
近くの蕎麦も食べられるお茶屋さんに入りました。

まずは団子とお茶のセット。
京都で飲むお茶はやっぱり特別美味しく感じます。
d0257690_1455234.jpg

続いてざる蕎麦を持って来てもらいました。
ごく普通のざる蕎麦だけど、外の空気を感じながらの食事は気分が良いものですね。

さて、昼食を食べたら散策を再開です。
d0257690_14561726.jpg

近くのお店で抹茶とバニラのミックスソフトクリームを購入。
ソフトクリーム大好きなんです!
やっぱり京都では抹茶にしないとね!

抹茶の香りが堪らない美味しいソフトクリームでした。
d0257690_14565353.jpg

京都らしいお店の風景を切り取って撮影。

こういうお店は自分には敷居が高いから、なかなか1人では入れないけど、憧れます。
やっぱりこういう雰囲気のお店で食べる京料理は違うんだろうなぁ。
d0257690_14574279.jpg

今回は桜の季節ということで、京都を訪れることにしたのですが、桜はまだ6分咲といったところ。
あと1週間遅ければもっと美しい京都を楽しめたんだろうけど、今でこの混雑だから、きっと1週間後は大変なことになるんだろうなぁと考えると、これで良かったのかな。

京都の街にはやっぱり桜が特別似合います。
d0257690_1459473.jpg

それにしても凄い人だ!

やっぱり京都は外国人の方が多いですね。
アジア系の方より欧米系の方が多い印象です。
欧米にはこういう雰囲気の街は無いですから、より感動して頂けるんだろうなぁ。
私がヨーロッパに行った感動の逆と考えると、よくわかるものがあります。
d0257690_18265682.jpg

この通りには八つ橋など試食を出来る店も多数出ていて、私もいちごの八つ橋1箱買ってしまいました。
ここは中学でも高校でも、班別行動で歩いた場所。
当時の友人たちと過ごした楽しい思い出がまた蘇ってきます。

思い出に浸りながら、ゆっくりと祇園の方へと歩いて行きます。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-10-20 18:33 | 国内旅行記 | Comments(0)

春の京都・大阪旅行 ② [1日目] (東京駅からのぞみで京都へ)

春の京都・大阪旅行 ① [準備編]

出発前日の仕事終わり、最寄りの駅の『みどりの窓口』へ。
紙に日程を書いて渡して、空席状況を相談しながら乗る列車を決めて、発券してもらいました。
d0257690_13582157.jpg

そして迎えた当日、4月2日。

4:20に起床して始発で東京へ。
ここ最近は飛行機の旅ばかりだから、スタートは成田か羽田になるんだけど、東京駅がスタートって新鮮でいいですねぇ!
d0257690_140475.jpg

日本の首都に相応しい立派な駅舎です。

そういえば復元されてからの東京駅をじっくり見るのは初めてかも。
レンガ造りの駅舎には古き良き時代の面影が感じられて、本当に素敵です。

この駅から今や九州にも北海道にも列車1本で行けるのだから凄いものですねぇ。
d0257690_1402761.jpg

土曜の朝ということもあってか、丸の内口の人は少ない感じです。
そろそろ改札内に入ることにしましょう。
d0257690_1415637.jpg

改札を入ったところにサンドイッチ店を発見。
持ち帰り専用の店かと思ったら、イートインスペースもある模様。

ここで朝食をとることに。
d0257690_1431688.jpg

サンドイッチとミルクティーの朝食。
なかなか優雅な気分(^^♪

飛行機に乗る前は緊張感から食欲が無くなったりしますが、新幹線はそういったことが無いのも私にとって魅力だったりします。
d0257690_149362.jpg

さあ、ホームへ!

実は東海道新幹線に乗るのは個人では初めて。
中学・高校と修学旅行の際に乗ったものの、友人との会話に夢中で、新幹線はあんまり記憶に残ってないんだよなぁ。
なので、今回は日本の大動脈・東海道新幹線に乗るのも大きな目的の1つ。
d0257690_1494962.jpg

私の乗車する1本前の、のぞみが入線。
やっぱり東京駅のホームに入って来る新幹線は絵になるなぁ!
d0257690_14103060.jpg

待つこと20分。
私の乗るのぞみ301号が入線!
d0257690_1412957.jpg

北陸新幹線や北海道新幹線に比べるとやっぱりシンプルなデザインだけど、洗練されているし、何より青のラインに新幹線の歴史を感じます。
日本の大動脈というだけあって、5分おきくらいに列車は発車していきます。
そろそろ乗車しなくては。
d0257690_14131193.jpg

今回は指定席にしました。
始発だから自由席でも良かったんだけど、やっぱり確実に窓側がいいですしね。

7:47に東京駅を出発!
d0257690_14161175.jpg

新横浜までは在来線が横に見える区間もあります。
在来線を追い抜くときの爽快感は良いものですねぇ(笑)

横浜アリーナに行くときに利用する新横浜駅。
遠いなぁと思っていましたが、新幹線ならあっという間。
今度から余裕があったら新幹線にしようかな?
d0257690_14183395.jpg

東京から1時間少々で名古屋駅。
名古屋は新幹線でも結構遠いなぁという印象です。
この距離を一昨年は高速バスで往復したと思うと、頑張ったなぁと思いますねぇ(笑)

ホームにきしめんの店があるなんて、さすが名古屋。
名古屋はご飯が美味しいからまた来たいと思います。
d0257690_14192099.jpg

新横浜を出てから名古屋まではやたら長く感じるけど、名古屋から京都までは短く感じます。
そういえば在来線で九州に行くとき、やたら静岡が長く感じたのを思い出します。
静岡は横に長いですから、やっぱり新幹線でも時間かかりますよねぇ。

この区間でも猛スピード。
それでもさすがの乗り心地です。
d0257690_14194844.jpg

さあ、京都タワーが見えてきました。
名古屋からあっという間に京都着!
d0257690_14204157.jpg

さあ、高校の修学旅行以来の京都。
どこへ行こうか?

胸が高まります!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-06-04 21:25 | 国内旅行記 | Comments(2)

春の京都・大阪旅行 ① [準備編]

4月2日(土)・3日(日)、1泊2日で京都・大阪旅行へ行って来ました!
d0257690_8164765.jpg

思えば、国内旅行は去年9月の会津若松旅行へ行ったきり。
その後、ロンドン・パリ、香港、台湾と海外旅行が3回も続きました。

これは以前の私なら考えられないことなので喜ぶべきことかもしれませんが、そうなってくると国内も行きたくなってきます。
詳しいことはロンドン・パリ旅行記を読んでいただければわかると思いますが、海外に行って感じる日本の良さってやっぱり大きいのです。

3月に入って、どこに行こうかいろいろ検討している中で、あることに気付くのです。

「あれ?これだけ旅しているのに、まだ京都は個人で行ったこと無いな・・・。」

京都は中学・高校と2回修学旅行で行きました。
中学で初めて行った際は、とても感動しましたが、高校の修学旅行でも行くことになったと決まった際はテンションがかなり下がったのを覚えています。

「また京都かよ。もう行ったし。もっと楽しいところあるだろに。」

高校生の私は生意気にもこんなことを思っていました。

こうやって国内・海外問わずに様々な旅を出来るようになった今だからこそ、京都の素晴らしさを理解出来るようになったものの、まだ幼かった当時の私には、2回目の京都は新鮮味に欠けて退屈なものだったのです。

ここまで「京都に行きたい」という気持ちが高まったのは初めてなので、これは行かないと。
行こうと思ったときが行き時とよく言いますものね。

カレンダーと睨めっこすると、ちょうど桜が満開の頃に行けそう!

まずはホテルをおさえないといけません。
大人気の京都、ましてや桜の季節の土曜日にホテル空いてるのか?と楽天トラベルを見てみると、案の定、どのホテルも満室だらけ。

これはキャンセル待ちを狙うしかないな、と思い、こまめにサイトをチェックすること2週間。
ようやく市内からさほど遠くないエリア(伏見)のホテルの空きが出たので、即予約。

ホテルを確保し、あとは京都ともう1か所どこに行くか?という問題。
私は欲張りなのか、せっかく遠出するなら行けるところは行っておきたいと考えるタイプなので、今回も京都ともう1か所は行きたいなと考えていました。

まず考えたのは奈良。
奈良も中学の修学旅行で1回訪れたことがあったのですが、きちんと自分の足で歩いてみたいなぁと思っていたので、今回行こうか検討はしましたが、奈良の場合は新幹線が停車しないので、若干時間ロスが発生するのがネック。

第2候補となったのが大阪。
大阪は学生時代の就活で何度も訪れていて、新鮮味はないけど、真面目に観光した記憶がありません。
これは良い機会かも。

よし、京都+ちょこっと大阪旅行に決定!

そうなればあとは新幹線の切符。
『ぷらっとこだま』なる格安チケットがあるのは知っていたけど、週末旅なので時間は命。
通常料金で購入することに。

1日目に東京から『のぞみ』に乗り京都入り。
終日京都観光。

2日目は午前中、京都観光。
午後に普通列車で大阪入りして道頓堀へ行き、たこ焼きを食べて、夜の『のぞみ』で東京へ帰る。

京都でどこを回るかは当日の気分に任せることに。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-05-28 08:26 | 国内旅行記 | Comments(2)

会津若松旅行 ④ [2日目] (郡山に寄りつつ帰宅)

会津若松旅行 ① [1日目] (鈍行を乗り継いで会津入り)
会津若松旅行 ② [1日目] (ハイカラさんで七日町へ)
会津若松旅行 ③ [1日目] (鶴ヶ城を見学、喜多方ラーメン食べ歩き)

2日目は7時に起床。
朝風呂は無いので、朝食を食べに行きましょう。
d0257690_17152939.jpg
















ホテルに併設されている中華料理屋さんで、宿泊者全員無料で朝食が食べられます。
なかなか良い感じの店だったので、ここで中華料理を今度は食べたいな。
d0257690_17181335.jpg
















朝食は和食を選択。
それなりに美味しい朝食で満足です。ドリンクバーも付いていています♪
d0257690_17284146.jpg
















支度をして9時半にホテルをチェックアウト。
ここから郡山経由でゆっくり帰って行きます。
d0257690_1731176.jpg

18きっぷに5日目のスタンプを押して貰い出発!
このきっぷのスタンプを見れば、今夏の新潟と福島を訪れた思い出が蘇ります。
やっぱりスタンプっていいですよね。
d0257690_17333436.jpg

会津若松から郡山までは1時間半近くと、意外に遠く感じます。
ガタゴトと列車に揺られているうちに、眠たくなってきて気づいたらもう郡山でした。
寝ていればあっという間ですね。
d0257690_17362848.jpg
















さて、郡山で一旦下車。
郡山はもう何度も来ています。
郡山って結構都会なんですよねぇ。初めて来たときは驚きました。福島駅よりも郡山駅周辺のほうが遥かに栄えています。
d0257690_173963.jpg
















以前にも何度か利用したことのある会津蕎麦と郷土料理の店で昼食に。
ここの店員さんは、列車の時間も気にしてくれて、お茶のおかわりもこまめに持ってきてくれて本当に好印象。日本的なおもてなしが行き届いた店なので、郡山に来たときはよく利用します。
d0257690_17454337.jpg
















親子丼とざるそばのセット。
安定の美味しさです。
最後はそば湯で締めて、満足して店を後にしました。
d0257690_17474953.jpg
















郡山にはタワーレコードもあるんです!
買わなかったけど、ここで30分くらいCDを眺めて、そろそろ列車の時間。
d0257690_1749476.jpg

スタバでホワイトモカを買って、ホームで飲みながら列車を待ちました。
ホワイトモカってこんなに甘かったっけ?もう少し甘さを抑えたほうがいいかも。
余計にのどが渇いてきたので、お茶を買ってから郡山発。
d0257690_1754765.jpg
















新幹線だとあっという間だけど、鈍行だと地味に遠い郡山。
今年だけでも5回くらいは来てますが、また近いうちに来ると思います。
d0257690_17555088.jpg
















黒磯、宇都宮、大宮で乗り換えて、18時には自宅に着きました。
やっぱり宇都宮から大宮までは距離ありますね。黒磯からの湘南新宿ラインのグリーン車に乗ると楽なのは知っていますが、今回は我慢しました。

初めての会津若松、思った以上に楽しめました。
やっぱり喜多方ラーメンの美味しさが1番印象に残っています。
また行きたいなぁ。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-09-20 17:42 | 国内旅行記 | Comments(0)

会津若松旅行 ③ [1日目] (鶴ヶ城を見学、喜多方ラーメン食べ歩き)

会津若松旅行 ① [1日目] (鈍行を乗り継いで会津入り)
会津若松旅行 ② [1日目] (ハイカラさんで七日町へ)

ホテルで一旦お茶を飲んで一息ついたところで荷物を置いて出発。
d0257690_22112643.jpg
















再びハイカラさんに乗って、今度は鶴ヶ城を目指します!
さっき通った七日町もゆっくりと通過し、会津若松駅前から約20分で鶴ヶ城入口バス停に到着。
レトロなバスに揺られての移動は心地よい時間でした。
d0257690_22152698.jpg
















ほとんどの人はこのバス停で下車。
バス停を降りてすぐに目に入る鶴ヶ城会館には、お洒落な飲食店が軒を連ねて良い雰囲気♪
d0257690_2219275.jpg
















5分程歩くと、鶴ヶ城が姿を現しました!
実に立派な城でしばらく見入ってしまいました。
名古屋城、姫路城、熊本城と有名どころは結構見てきましたが、鶴ヶ城は一味違いますねぇ。
東北『会津の城』という雰囲気をヒシヒシと感じられます。
d0257690_22285420.jpg

モードを変更して撮影。
城の貫禄が出ていて良く撮れた!と思ったけど、あとでよく見ると人の頭が入ってしまっていたので残念・・・。
桜の季節はより一層美しい鶴ヶ城になるそうで、それもまた見てみたいなぁ。
d0257690_22333728.jpg
















今回のホテルの宿泊プランに天守閣の入場引換券が付いていたので、窓口で入場券に引き換えてもらい、いざ入場。

展望層に出るまでは撮影禁止ということで、カメラは閉まって、いろんな展示物を眺めながら鶴ヶ城の歴史を感じました。
ここ鶴ヶ城で戦いが繰り広げられたのは幕末のこと。中学の歴史でも習う、戊辰戦争ですね。
戊辰戦争後に政府の命令で天守閣は取り壊されたのですが、市民の願いによって昭和40年に復元されたということです。

案内をされている方々のお話をいろいろ伺いましたが、皆さん本当にこの城を、会津を誇りに思ってらっしゃるなと、感じました。
こういうところでも、地元愛っていいよなぁとつくづく思います。
d0257690_22444675.jpg
















ゆっくりと見学しながら、展望層にたどり着きました。
どんなに涼しい日でも、やっぱり城の上まで上がって来ると、暑くなるものですね。
会津の景色を眺めながら、少々涼みます。
d0257690_22481622.jpg

d0257690_22491817.jpg

やっぱりこうやって高いところから街を見下ろすと、いろんなことが見えてきて本当に面白い!
パリに行ったら絶対凱旋門に登るぞ!と、ここ会津の地で心に誓うのでした(笑)
d0257690_22542080.jpg
















降りてきて、近くの売店でソフトクリームを買いました。
ごく普通のバニラソフトだけど、鶴ヶ城を眺めながら食べるととても美味しい??
食べ終わってから、鶴ヶ城限定の桜味もあったことを知りました。
どんな味なんだろう?食べたかったなぁ。
d0257690_22563067.jpg
















バス停に戻って、バス停で15分程待ちました。
ハイカラさんを待っていたんだけど、あかべいが来たので乗ってしまいました。
あかべいは普通のバスなのでスピードはやっぱりハイカラさんより速いです。
あっという間に会津若松駅に戻って来ました。
d0257690_22584714.jpg
















あかべいもハイカラさんと合わせて利用すれば便利なバスです。
d0257690_232486.jpg
















さて、列車に乗って喜多方に向かいます。
目的は勿論、喜多方ラーメンを食べること!

喜多方ラーメンは、札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで、日本三大ラーメンのひとつ。
関東では食べたことはあるけど、やっぱり現地で食べてみたいと前から思っていたので、行けて良かった!
やっぱりラーメン好きとしては喜多方に来ないわけにはいきません。
d0257690_2352533.jpg
















会津若松から喜多方までは快速列車で約15分。
ちょうど良い距離感です。
こういうときにも、18きっぷって本当に便利です。
d0257690_23769.jpg
















17時半頃に喜多方駅に着きました。
割と小さな駅でした。
ラーメンの食べ歩きマップを貰って、行く店を決めることに。

食べ歩きマップを見てまず驚くのが、店の多さ。
こんなに小さい街にこれだけのラーメン店が密集してるって喜多方だけだと思います。
さすが日本三大ラーメンの街だなぁと思います。
d0257690_23101720.jpg
















まずは有名な『源来軒』に!と思ったのですが、思いのほか混んでいて、おひとりさまは入りにくい状況・・・。
なので諦めて、第2候補の『大安食堂』にやって来ました。
この大安食堂は18時半までの営業ということもあって、もうすでにお客さんは誰も居ない状況で、ゆっくり食べることが出来ました。
d0257690_2314360.jpg

勿論食べるのは王道の醤油ラーメンです。
もう見た目から、ザ・喜多方ラーメンといった感じで、一口麺をすすっただけで大感動!
最高に美味しい!
シンプルだけど奥深いスープにコシのある麺が絶妙に絡み合って、本当に美味しかったです。
最初にこの店を選んで正解でした。
王道の喜多方ラーメンが食べれたという満足感で一杯に。

それでも、せっかく喜多方まで来たので、もう1店に行こうと決めていました。
ラーメン一杯の量はそこまで多くないので、まだ十分食べられます。
d0257690_2319557.jpg
















2店目は『来夢』という駅からはいくらか離れたところにある店にしました。
ここは規模が大きく、カウンター席もあって1人でも気軽に入れるのでお勧めです。
d0257690_23224866.jpg
















今度はチャーシュー麺にしました。
先ほどの店が美味し過ぎたのでハードルは上がり気味でしたが、ここのラーメンもかなり美味しかったです。
やっぱりチャーシューメンはボリュームありますね。
しかも2杯目なので満腹です。
d0257690_23253782.jpg
















満足して駅まで戻ります。
20分くらい歩きますが、食後の運動にはちょうど良い距離でした。
喜多方と別れを告げて会津若松に帰ります。
d0257690_23272922.jpg
















ホテルに戻る前に、無料入浴券を貰った、近くの日帰り温泉施設『富士の湯』でひとっ風呂浴びていきます。
思いのほか広くていろんな種類の温泉がありました。
ただ土曜の夜ということで、やたらと子供が多くて騒がしいのが難点でした(苦笑)
でもホテル宿泊者は無料で入れるなんて実にお得です。
d0257690_2331966.jpg
















さらに湯上りには、ホテルの券を使って、ソフトクリームも無料で貰えました。
このソフトクリームが昼間に鶴ヶ城で食べたものより美味しかったのが驚きでした。
d0257690_23324524.jpg
















ホテルに21時頃に戻って来ました。
ゆっくりとテレビを観て、1時頃に就寝。
明日は、郡山に少し寄って、ゆっくりと帰って行きます。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-09-18 23:00 | 国内旅行記 | Comments(0)

会津若松旅行 ② [1日目] (ハイカラさんで七日町へ)

会津若松旅行 ① [1日目] (鈍行を乗り継いで会津入り)

会津若松旅行の続きです。
先週の今頃は東北本線で黒磯に向かっているところかな。
想像以上に楽しい旅行になったので、楽しみながら振り返っています。
d0257690_1351141.jpg

さて、会津若松駅に到着しました。
ホテルのチェックインまで、まだ2時間ほどあります。
まずは七日町に行ってみることに。
d0257690_13523754.jpg
















駅を出てすぐのところに観光バス案内所があります。
d0257690_13533211.jpg
















ここで市内観光バス『ハイカラさん』、『あかべい』の1日乗車券を500円で購入。
確か1回乗車すると200円なので、3回以上乗るなら買った方がお得です。
d0257690_13561294.jpg

少し待っていると、ハイカラさんが到着!
レトロな車体がなんともいいですねぇ〜。
乗車券を提示して乗り込んで、駅前を出発。
d0257690_13574417.jpg
















車内は割と狭く、全員乗り切れるのかなぁと思ったら、後続にも似たようなバスがくっついて来ていて、どちらに乗っても良いとのことでした。
後ろのバスは普通のバスだったので、せっかくならレトロなこのバスに乗りたいものです。

夏目漱石ゆかりの地、ということで途中下車ももっとしたかったんですが、時間があまり無くて出来ませんでした。
それでも車内から雰囲気の良い通りを楽しめました。
d0257690_1452677.jpg
















20分程で七日町駅に到着。
そうだ!せっかくだから、ここから会津若松駅には列車で戻ろうと思い立ちました。
会津若松行き列車の時刻を確認し、あと50分あるので少々、通りを観光することに。
d0257690_1482236.jpg

駅から少し歩くと、こんな趣のある通りに出ました。
大正浪漫を感じるとっても素敵な風景です。
たくさんの人が思い思いに写真を撮っていましたね。
d0257690_17431383.jpg

こういった店でたくさんお土産買いたいけど、今回は我慢・・・。
本当に素敵なお店がたくさんありました。ここだけで半日は居れますね。
d0257690_1745381.jpg
















無料で入れる墨絵ギャラリーも見学しました。
ここはほかに誰も居なかったので、ゆっくり見学出来ました。
横田新さんの作品を展示したミニ美術館ということで、会津の風景を描いた墨絵の数々を楽しめます。
d0257690_17492985.jpg
















2階にも上がってみました。
階段がミシミシと音を立てて歴史を感じます。
こういう古い建物の木の匂いも堪らなく好きなんです。
d0257690_17505943.jpg
















列車の時間もあるので、駅に戻って来ました。
列車到着まであと15分。
駅にカフェが併設してあることを知っていたので、寄ってみました。
d0257690_1755505.jpg

カフェというよりお土産屋さんがメインな感じがしますが、それも素敵。
会津のお土産がたくさん並んでいて見ているだけで楽しい??
d0257690_17575128.jpg
















私はカフェでアイスミルクティーを注文しました。
あとでここはコーヒーが一押しということを知って、コーヒーを飲めばよかったかな、と思いますが紅茶も美味しかったです。
たくさんのお土産を眺めながら飲む紅茶は家で飲むよりずっと美味しい??
暑かったけど、これを飲んでだいぶ涼みました。
d0257690_1825144.jpg

カフェで休んだところで列車の時間。
無人駅なので、改札をそのまま抜けてホームへ。
やって来たのは、なかなか味のある車両!
1区間だけど、乗りたかった只見線に乗れて良かった!
d0257690_1853733.jpg
















昔ながらの車内は何とも良い雰囲気。
只見線は鉄道ファンの中でも特に人気のあるローカル線。
いつかはゆっくりと只見線だけの途中下車旅もしてみたいな。
d0257690_1871275.jpg
















バスでは20分かかるけど、列車だと5分。
バスと鉄道両方乗れて、何だか凄い得した気分。
あっという間に会津若松に戻って来ました。
d0257690_1892263.jpg
















15時になったのでホテルにチェックインします。
泊まるのは、駅のすぐそばにある『駅前フジグランドホテル』です。
ここにした決め手は、立地の良さと近くのスーパー銭湯が無料で入れるからです。
少し古さも感じましたが、コストパフォーマンスも高く、良いホテルだったと思います。
d0257690_18123232.jpg
















部屋も十分な広さです!
d0257690_18133272.jpg
















6階の角部屋で、窓からの眺めもなかなかでした!
駅前の様子もよく見えて楽しかったし、駅を発着する列車の音も聞こえてきて、風情が感じられて良かったです。

ホテルに荷物を置いて、次は鶴ヶ城、そして喜多方ラーメンを食べに行きます。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-09-13 14:09 | 国内旅行記 | Comments(0)

会津若松旅行 ① [1日目] (鈍行を乗り継いで会津入り)

先週の土日に余った18きっぷを使って旅をしてきました。
今回の行先は、福島県は会津若松!

18きっぷは2日分余っているので、どこに行こうかなと考えること数時間。
まず行きたいと考えたのは仙台だったのですが、何故かホテルがどこも満室・・・イベントでもあったのかな?
南方向だと名古屋にも行きたかったけど、ちょっと1泊2日にしては遠すぎて帰りがしんどくなりそう、ということで却下。

うーん、適度な距離であまり行ったことの無いいいところ無いかなぁ〜?と時刻表の路線図を眺めていると、ある都市が目に入ってきました。
会津若松!!
福島県は郡山や福島市は何度も行ったことがあるけど、会津若松は意外に行ったことが無いところだった。
会津若松だったら観光名所も程よくあるし、喜多方でラーメンも食べれて一石二鳥!ということで行き先が決まりました。

海外旅行の計画で浮足立ってたけど、気分を一旦国内モードに切り替えて楽しんできました。
d0257690_144820.jpg
















一旦大宮に出て(これが面倒)、東北線で北上していきます。
大宮駅のKIOSKで朝食のサンドイッチとカフェオレを買って、ボックス席で食べようと思ったけど、意外に満席。
結局サンドイッチは夜まで食べれませんでした。土曜の宇都宮線は混まないと思ったけど混みますねぇ。グリーン車に乗ればよかった。
d0257690_149085.jpg
















ずっと立ちっぱなしで宇都宮着。
大宮から宇都宮はやっぱり長いです。大宮から高崎くらいあるのかな?
ここからは普段乗らない列車なので、旅モードになるところなんですが、やっぱり列車は大混雑。
18きっぷや東日本・北海道パスを使う旅行者で溢れて、車内はぎゅうぎゅうで旅の風情は全く感じられません。
d0257690_14142193.jpg
















黒磯から郡山までの列車も混みました。結局大宮から郡山までは座れず・・・。
車窓を眺める余裕もないので音楽を聴いて過ごしました。
そうすると意外にあっという間に郡山着。
d0257690_14175740.jpg
















郡山は明日の昼にも寄るので、この日は改札を出ませんでした。
会津若松行き列車の発車まで約10分。
急いで駅弁を買って列車に乗り込みました。
やっぱり磐越西線は空いてますねぇ。18きっぷ旅行者の大半はそのまま東北本線で仙台方面を目指すので、こっちは意外に穴場なんです。
d0257690_14211153.jpg
















無事にボックス席に座ることが出来、列車は会津若松に向けて郡山を出発。
初めて乗る区間なのでワクワクします。
d0257690_1422369.jpg
















さてと、いい時間になってきたのでお昼にしますか!
郡山駅で買った、幕の内弁当です。
シンプルだけど、福島県産の食材がたくさん使われた作った方の愛情が感じられる弁当です。
列車に揺れれながら食べる駅弁は格別に美味しいです!これが列車の旅の醍醐味。
d0257690_14262681.jpg

郡山市内を抜けて、のどかな風景になってきました。
今回は磐梯熱海温泉を通過してしまったけど、今度は行きたいなぁ。
車内から温泉街の様子が少し見えて、かなりいい雰囲気でした。
d0257690_14283385.jpg
















趣のあるホームですね。
弁当も食べ終えて、お茶を飲みながらのんびりとした時間を過ごします。
d0257690_14313782.jpg

前回の新潟旅に引き続き、今夏は久々の鈍行旅となったけど、やっぱり鈍行列車の旅は最高です。
特に夏は日本の原風景を感じることが出来て、鈍行旅にはもってこいの季節だと思います。
最近は飛行機や特急列車での旅行が多くなりがちだけど、たまにこういった旅をすると、私の旅の原点を思い出させてくれます。
d0257690_14372341.jpg
















昼過ぎに会津若松に到着しました。
これから市内観光です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-09-12 14:38 | 国内旅行記 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE