カテゴリ:国内旅行記( 65 )

 

名古屋コンサート旅行 ② [1日目] (日本ガイシホールでライブ観戦)

名古屋コンサート旅行 ① [1日目] (こだまで名古屋へ、ひつまぶしを食しホテルにチェックイン)


2017年4月22日(土)

16:15にホテルを出発。

ライブの開場が17時で開演が18時なので、時間がギリギリです。
d0257690_15101052.jpg

ここ数日暑い日が続いていましたが、この日の名古屋は涼しくて、とても過ごしやすい気温でした。
風呂上がりでも快適に駅まで歩けました。

最寄りの「伏見駅」までは徒歩8分。
d0257690_1514760.jpg

土日限定の地下鉄フリーパスを600円で購入しました。
3回乗れば元が取れます。

ガイシホールの最寄駅はJRの「笠寺駅」で、前回はこの駅を利用したのですが、今回は名鉄の「本笠寺駅」から歩いて行くことに。

名鉄は名古屋から乗れますが、名鉄名古屋駅は人が多いと聞いたので、地下鉄で少し先の「金山駅」まで出ることにしました。
d0257690_1532224.jpg

「上前津駅」で名城線に乗り換えて、「金山駅」に着きました。

この駅はJR、名鉄、地下鉄が乗り入れていて、想像以上に広かったです。
さて、ここから名鉄に乗ります。

名鉄に乗るのは初めてなので、ワクワクしてきました。
d0257690_15332237.jpg

ホームに入ると、さっそく列車がやって来ました。

名鉄って赤い列車が多いんですね。

何となく青のイメージがありました。
d0257690_15371888.jpg

続いて特急列車が来ました。

セントレアと書いてあるので、中部空港行きの列車かな?

昔の成田エクスプレスのようなデザインですね。
d0257690_15435431.jpg

私が乗る列車がやって来ました。

本笠寺は急行などは停まらないようなので、この列車は各駅停車です。

それなのに、席はすぐに埋まってしまいました。
d0257690_1545346.jpg

金山を発車。

本笠寺までは15分程度なので、しばし車窓からの風景を眺めていました。

駅数が多いから最高速度は80キロにも満たなかったかな?
d0257690_15455752.jpg

17:10に「本笠寺駅」に着きました。

とても懐かしい雰囲気の漂う駅で、miwaファンも数名いました!
d0257690_15462821.jpg

なんだか良い風景だなぁ。

名古屋は大都会だけど、少し列車で走るとこういった風景が広がっているところが良いですねぇ。
d0257690_15513118.jpg

「本笠寺駅」からガイシホールまでは徒歩20分。
時間が無いので、駆け足で向かいます。

途中、JRの線路を渡りました。
そうすると、懐かしいJR「笠寺駅」が見えてきました。
d0257690_15534558.jpg

17時半、ようやく日本ガイシホールに到着しました!

ここでブログやTwitterでお世話になっているひがっしーさんに連絡を頂き、初めてお会いすることが出来ました。

終演後にもう1度お会いすることを決めて、ひがっしーさんとは一旦お別れ。
入場して、18時ちょうどに着席して、すぐに開演となりました。

本当にギリギリだった!

miwa / ARENA tour 2017 "SPLASH☆WORLD"@ 日本ガイシホール

とても良いライブでした。
ライブの感想は、上のリンクからご覧下さい。
d0257690_15544422.jpg

終演後、少しグッズ売る場を覗くも、あまり欲しいものが無かったので、今回はスルー。

その後、同じ場所でひがっしーさんと合流。
なんと、ひがっしーさんの車で、食事に連れて行って下さることに。
d0257690_15553036.jpg

金山のイオンの中にある、『すがきや』というラーメン屋さんに連れて行って頂きました。

すがきやは名古屋では有名なラーメンチェーン店だそうです。

私は卵入りラーメンを注文。
d0257690_1601595.jpg

とんこつベースのラーメンだけど、臭みが全くなくて、とても美味しいラーメンでした。

食事をしながら、ライブの遠征のお話などが出来てとても楽しかったです。

それにしても、私の地元のイオンとは比較にならないくらい、大きなイオンでした。
d0257690_1604057.jpg

食事後は金山駅まで送って頂きました。

こうしてライブ遠征先で、現地の方と食事をさせて頂くのは初めての経験で、名古屋まで来て良かったなぁと思います。
d0257690_1614190.jpg

地下鉄で「伏見駅」まで戻って来ました。

ホテル近くの『サークルK』で買い物。
サークルKは名古屋のご当地コンビニのようで、至る所にありました。
d0257690_1622671.jpg

23時にホテルに帰って来ました。

まずは湯船に浸かりたかったので、1階の大浴場へ。
体を洗い、湯船に浸かって「はぁ、良いライブだった〜」と余韻に浸ろうとしたところで、ガラガラと扉が開いて、中学か高校の修学旅行生が10人ほど入って来ました。

もう騒がしいし、湯船でバシャバシャお湯をかけあうし、本当に最悪!
修学旅行のお風呂なら貸し切りにして、ほかのお客さんに迷惑がかからないようにするのが当然だと思います。

別の時間に見に来ても、別のクラスの子たちが入っていて、とてもゆっくりお湯に浸かれる状況では無かったので、今回の入浴は諦めました。
私はクレームを入れることは滅多にしませんが、これは不快だったので、フロントの方にこういう状況だったとお伝えしました。

最後の最後で不快な思いをしましたが、気を取り直して、サークルKで買ったカップの味噌煮込みうどんを食べながら、テレビ鑑賞。

そして2時過ぎにmiwaを聴きながら就寝しました。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-05-17 00:19 | 国内旅行記 | Comments(0)

名古屋コンサート旅行 ① [1日目] (こだまで名古屋へ、ひつまぶしを食しホテルにチェックイン)

4月22日(土)・23日(日)と、名古屋に行って来ました。

目的は、日本ガイシホールで行われるmiwaライブです。

今回のmiwaツアーは、私の住む埼玉で最終日を迎えるので、それは行こうと早くから決めていました。
でも次第にもう1回くらい観ておきたいという気持ちが膨らんで来て、いつものように観光を兼ねて遠征することに。

最初は久しぶりに福岡に行こうと考えましたが、GWの為に航空券が高くて断念。
となると名古屋かぁ。

正直名古屋は近すぎて、旅行してる実感が沸かないので、あまり乗り気にはなれませんでしたが、何といってもツアー初日。
セットリストも何もわからない初日のワクワク感が大好きなので、思い切って初日のチケットを取ってしまいました。

さあ、名古屋まで何で行くか?
前回は往復高速バスの弾丸旅となりましたが、今回は疲れたくないので、新幹線で行きたい。

トラベルコちゃんで検索してみると、日本旅行で23,000円の新幹線と宿泊がセットになったツアーを発見。
安いのでのぞみでは無く、こだまですが、まあいいや。
申し込んで、これで2度目の名古屋コンサート旅行が決定しました。


2017年4月22日(土)

d0257690_17284535.jpg

ツアーは東京駅発なので、東京駅までは自己負担になります。

6時半に自宅を出発し、8時半に東京駅に着きました。

やっぱり新幹線のホームは気分が高まるなぁ。
d0257690_17294829.jpg

9:26発、こだま号名古屋行きに乗車。

こだまに乗るのは初めてです。
私の印象だと、こだまは丸っこい車体をイメージするのですが、もう今はのぞみと同じ車体なのですね。
奥には秋田新幹線が停まっています!
d0257690_1731985.jpg

こだまだから空席だらけだろうな、と思っていたら、ほぼ満席でびっくり。

私のように名古屋まで行くのに、こだまに乗る人は少ないと思いますが、熱海や静岡に行く人はやっぱりこだまを使いますよね。
d0257690_17321442.jpg

東京駅を出発。

朝食は自宅で済ませて来たので、ここではお茶とじゃがりこだけ。
やっぱり新幹線は飛行機のような緊張感が無いから、リラックス出来ていいなぁ。
d0257690_17325131.jpg

新横浜までは、のぞみと同じ。

新横浜を出ると、小田原、熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松、豊橋、三河安城、終点名古屋の順に停車します。
とにかく停車駅が多いですね。

それでも速度は250キロ近く出るので、新幹線に乗っている感じは味わえました。

12:15に名古屋駅に到着しました。
d0257690_17354335.jpg

名古屋と言えば、名古屋めし!

観光名所に乏しい名古屋ですが、食べ物は美味しいものがたくさんあるのです。
前回食べれなかった、ひつまぶしを食べようと決めていました。

名鉄百貨店の中にある、ひつまぶし店が有名だと聞いたので行ってみると、なんと2時間待ち!
いやいや、そんなに待てないよということで、名古屋駅地下街『エスカ』内にある『備長』に来ました。

ここは20分並んで入れました。
d0257690_17451186.jpg

1番シンプルなひつまぶしを注文。
3,300円でした。

もう見るからに美味しそう。
いつも食べているうなぎとは、明らかに輝きが違います。

本格的なひつまぶしを食べるのは初めてなので、店員さんが食べ方を教えてくれました。

まずはしゃもじで4等分。
1杯目はそのまま。
2杯目は薬味を添えて。
3杯目はだし汁をかけてお茶漬けで。
4杯目はその中から1番好きな食べ方で。

とのことです。
d0257690_17453898.jpg

お茶漬けが1番気に入りました。

最高に美味しいひつまぶしです!
今まで食べていたうなぎは何だったんだろう、と思うほどの違いです。

もう最高に幸せ。
わさびのツーンとする感じも良かったなぁ。

大満足の昼食でした!
d0257690_2027745.jpg

ホテルのチェックインは15時からなので、少し時間があります。
前回見なかった、テレビ塔でも見に行ってみましょう。

地下鉄東山線で2駅、「栄駅」へ。
d0257690_20312597.jpg

駅直結の『オアシス21』へ。

急な階段を上りました。
隣にはエレベーターもあるので、足の悪い方も安心です。
d0257690_20323180.jpg

これが名古屋テレビ塔かぁ。

正直お金を払って上るほどの価値は無いなぁと思ったので、ここで眺めただけです。
札幌のテレビ塔に何となく似ている感じもします。
d0257690_20331480.jpg

1周回って、反対側の風景がなかなか綺麗でした。

水の音がなかなか心地良いものですね。
近くにはアジアからの観光客の方がたくさん。
d0257690_2035335.jpg

そろそろホテルへ向かいましょう。

ホテルは「伏見駅」が最寄り駅ですが、オアシスからゆっくり歩いて向かいました。
歩くことで、名古屋の街の規模がわかってきました。

日本3大都市というだけあって、やっぱり名古屋は都会ですねぇ。
d0257690_21221038.jpg

15時ちょうどにホテルに到着しました。

今回泊まるのは『名古屋クラウンホテル』です。
地下鉄「伏見駅」から徒歩5分、名古屋駅からも歩ける距離にあります。

日本旅行のツアーは、同じ値段でいくつかホテルがあった中で、このホテルを選択した理由は大浴場が付いていたからです。
d0257690_21302977.jpg

部屋はまずまずでした。
年季は入っていますが、綺麗に掃除されている感じでした。

すぐに大浴場へ。
チェックイン直後だというのに、大浴場は大混雑。
さっとお湯に沈んで、すぐに出てきました。

ゆっくり出来なかったけど、さっぱり出来ました。
d0257690_2132414.jpg

湯上りに、コンビニで買って来たカフェオレとデザート。

一息ついて、miwaライブが行われる日本ガイシホールに向けて出発です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-05-13 23:49 | 国内旅行記 | Comments(0)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)


2017年2月28日(火)

最終回です。

最後は雪の教会群を見に行きましょう。
五稜郭タワーから電停まではやっぱり結構遠いです(汗)
d0257690_17194884.jpg

「五稜郭公園前電停」から市電に乗車。

この列車はかなり混雑していました。
高校生が多く、どこで降りるのかな?と思ったら、私と同じ「十字街電停」でした。

そういえば、教会の近くに高校があったことを思い出しました。
路面電車で通学出来るなんて、いいなぁと羨ましくなりました。
d0257690_17232099.jpg

「十字街電停」で下車して、教会群へ。

まずは『カトリック元町教会』です。
この教会群の中では1番地味なので、ちょこっと見ただけですが、後から調べると無料で中を見学できることがわかりました。

せっかくなら中も見たかったなぁ。
d0257690_1724016.jpg

市電の走る道路は、ある程度雪が溶けて来ていましたが、ここら辺はもう雪だらけです!

昨日の夜は、気温も低くてツルツル滑りましたが、今は気温も上昇してきて、しっかりと歩けます。
閑散期の平日だからか、人もまばらですねぇ。
d0257690_17252259.jpg

続いては『函館ハリストス正教会』です。

昨夜は豪快に転んでしまいましたが、今日は大丈夫。

夜も夜で良かったけど、雪の美しさがわかるのは、やっぱり昼間ですね。
何だか凄く輝いて見えます!美しい!
d0257690_17505713.jpg

雪の中をザクザク進んでいくと、こんな美しい風景が見れました!

せっかく冬の函館に行くなら、雪景色の街並みを見たいなぁと思っていたので、この景色を見れて感無量です。

さきほど目の前までいった、カトリック元町教会、その先には函館港が見えます。
雲一つない晴天、本当に美しい景色に大満足!
d0257690_17512432.jpg

その写真を撮ったところから振り返ると、こんな感じです。

かなり雪が積もっていて、結構靴が濡れてしまいました。
遠目で見るハリストス正教会、本当に美しいなぁ。

ここで10分くらい教会を眺めていました。
d0257690_1752195.jpg

さあ、続いては『旧函館区公会堂』です。
ハリストス正教会からまっすぐ、10分少々歩きます。

昨夜も来ましたが、ここは「十字街電停」よりも「広末町電停」のほうが近いので、人はほとんどいませんでした。
d0257690_17524635.jpg

前回は外から見るだけでしたが、今回は中に入って見学してみます。

入場料は300円です。
さっそく階段が良い感じ!
d0257690_17533097.jpg

コンサートホールとして使われることもある大広間です。

こんな素敵なホールでのコンサート、いつか参加してみたいなぁ。

中はストーブが焚かれていてポカポカでした。
d0257690_17542341.jpg

バルコニーからは函館港の美しい風景が望める、とまっぷる情報で把握していたので、楽しみにしていたのですが、冬は封鎖されているようです。
残念・・・。
d0257690_1757317.jpg

さあ、最後は有名な八幡坂を見に行きましょう。

やっぱり美しい!
天候に恵まれなかった前回の無念を晴らす、美しい風景でした!

今思い返してみると、市電が来るまで待って、一緒にカメラに収めたかったなぁと少し後悔。
d0257690_17573268.jpg

雪景色の教会群を満喫したところで、駅へと向かいます。

今回最後の市電に乗車。
d0257690_1821450.jpg

今回の旅、初めての函館駅です。

北海道新幹線の開通で、駅舎が変わっているのかなぁと思ったら、そのままでした。
新幹線はこの函館駅ではなくて、新函館北斗駅からなんですよね。

なんで函館駅まで伸ばしてくれないのだろう、不便だなぁと思っていましたが、北海道新幹線の最終目的地は札幌なので、東京〜札幌間を速く結ぼうと考えたら仕方ないのかもしれません。
d0257690_1825367.jpg

本当はここから列車で旅を続けたい気分です。

前回はここから札幌まで移動した弾丸旅でしたが、今回はJR北海道を利用しない旅となりました。
でもゆっくり出来て良かったです。
d0257690_1861512.jpg

駅前のバスターミナルから、空港行きのシャトルバスに乗って、空港へ。

疲れたのでタクシーに乗っちゃおうかなぁと思ったのですが、何とか誘惑に打ち勝ち、バスに乗ることが出来ました!
d0257690_23433489.jpg

しばらく走ると、お世話になった『湯の川プリンスホテル 渚亭』の目の前を通りました!
ありがとうございました!
d0257690_23441049.jpg

ウトウトしていると、あっという間に函館空港に着きました。

やっぱり近いですね。
歩けちゃうくらいですものね。

まずはバニラエアカウンターでチェックイン。
d0257690_23451726.jpg

朝食をたくさん食べた上に、ソフトクリームも食べたので、お腹は減りませんが、昼食にしましょう。
そういえばまだラーメンを食べてなかったということで、空港内の『おんじき』というラーメン屋さんへ。
チェーン店で、市内に数店舗展開しているようです。
d0257690_23461112.jpg

函館と言えば、やっぱり塩ラーメンでしょう!

バターの乗ったものにしました。
函館の塩ラーメンもやっぱり美味しいなぁ!
d0257690_23463982.jpg

土産店でたくさん買い物をしました。

時間が迫ってきたので、保安検査場を通過。
d0257690_2235025.jpg

帰りは14:20発の飛行機です。

1日1便しか飛んでいないので、選べませんが、なかなか使い勝手の良い時間帯だと思います。
座席は満席でした。帰りは通路側を選択。

行き同様、全く揺れることなく、快適なフライトでした。

16時前に成田空港に到着し、東京駅までバス、そこから列車で帰りました。
19時には家に帰って来れました!
d0257690_2293832.jpg

自分用のお土産は、まずキャラメル。
函館土産の定番ですね!

どれも濃厚で美味しかったです。
d0257690_22103040.jpg

そして、こちらも北海道土産の定番、マルセイバターサンドです。

クッキーにレーズンの入ったクリームをサンドした、このバターサンド、大好きなんです!
少しお高いのですが、北海道に行ったら必ず購入します。
d0257690_22162558.jpg

紅茶との相性も抜群です。
カロリーは高そうだけど、美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。

さて、1泊2日の函館・湯の川温泉旅行、本当に素敵な旅となりました。

25歳の誕生日ということで、自分へのプレゼントとなった今回の旅行ですが、いつものような弾丸旅とは少し違い、今回は割とゆったりした旅となりました。

高級温泉宿で、貸し切り温泉に浸かり、日頃の疲れを癒せましたし、念願の函館の雪景色も素晴らしかったです。
天気にも恵まれて、前回の無念を晴らせました。

こういった函館旅行が出来たのも、バニラエアが就航してくれたお陰です。
バニラエアさん、ありがとう!

函館は大好きな街なので、またいつか、違った形で訪れたいと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-28 00:44 | 国内旅行記 | Comments(4)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)


2017年2月28日(火)

2日目、2月28日になりました。

この日は私の誕生日。
25歳になってしまいました。

大好きな街、函館で誕生日を迎えられて幸せです。
d0257690_22481256.jpg

起きたらすぐに、部屋の露天風呂へ!

洗い場に出ると、物凄い寒さ!
備え付けの温度計を見てみると、-10度でした。

シャワーも全然お湯にならないので、とりあえずお湯に浸かることにしましょう。
d0257690_23443872.jpg

あぁ、温かくて最高。

相変わらず、ちょうど良い湯加減で、冷え切った体が温まります。

写真からも、外の寒い空気が伝わるかと思います。
とにかく凄い寒さで、この寒さの中の温泉は本当に最高でした。
d0257690_23451071.jpg

昨日行った函館山の方を覗くと、素晴らしい景色でした!

昨日の昼間も十分美しい景色でしたが、この朝の冷たい空気が、さらに冬の北海道の美しい景色にしてくれました。

今度来たときは、この時間帯に函館山に登ってみたいなと思いました。
d0257690_23453720.jpg

さらにじっくり景色を楽しんでいると、遠くに釣り人を発見しました。

何が釣れんでしょうか?
d0257690_23462259.jpg

さて、温泉で目が覚めたところで、朝食です。

今回は夕食無しのプランだったので、その分、朝食を楽しみにしていました。
朝食会場の1階へ。

部屋の鍵を係りの方に見せると、席まで案内してくれました。
d0257690_23485583.jpg

窓側の席に案内してもらいました!

海を見ながらの食事なんて、初めてですよぉ。
何て優雅なんだろう。
d0257690_17451556.jpg

バイキング形式なので、まずは和食から行きましょう。

和食の目玉が、何といっても新鮮ないくら!
贅沢にいくら丼にしました。

これが美味しくて美味しくて!
本州で食べるいくらとは全然別物、本当に幸せでした。

大好きなイカの塩辛と、明太子も本当に美味しかったです。
d0257690_1746792.jpg

続いて洋食。

洋食の目玉は、目の前で焼いてくれるオムレツです。
中がフワフワで、いかにも高級店のオムレツという感じで美味しかったです。

トースターで焼いたクロワッサンも、サクサクでいくらでも食べられる美味しさでした。

北海道牛乳もやっぱり美味しい!
d0257690_17473282.jpg

最後はデザート!

ケーキにフルーツ、ヨーグルトと盛りだくさん。
朝からケーキが食べれるなんて。

今日の夜は食べれないだろうから、これを誕生日ケーキにして、1人誕生日パーティーにしましょう(寂しいです)。

大満足の朝食でした。
お腹いっぱいです。
d0257690_2339285.jpg

部屋に戻って、最後の温泉に入りましょう。

この素晴らしい貸し切り温泉、出来るならずっと入っていたいです。
名残惜しくて仕方ありません。
d0257690_23393196.jpg

この景色も見納めかぁ。

最後は1時間近く、ゆっくり浸かっていました。
外が寒く、お湯も熱すぎないので、長湯するには最高の状況でした。

9時に温泉を出て、荷物をまとめて、9時半にチャックアウト。
d0257690_2341385.jpg

『湯の川プリンスホテル 渚亭』、素晴らしいホテルでした。

部屋も温泉も食事も、従業員の方の対応も、全てが最高でした。
どのホテルにしようか悩みましたが、このホテルにして本当に良かったです。

最高の誕生日プレゼントになりました。
d0257690_23481610.jpg

温泉で温まったので、電停までの道中もポカポカでした。

まずは市電で「五稜郭公園前電停」まで行きます。
車内はすぐに超満員。

函館市電はほとんどが1両編成なので、これから観光客が増えて来ると、2両編成の車両を増やすか、ダイヤを改正しないといけないかもしれませんね。
d0257690_2349757.jpg

「五稜郭公園前」という割には、電停から公園までは距離があります。

徒歩15分くらいです。
ちなみにJRの「五稜郭駅」からはさらに距離があるので、利用するならこちらになりますね。
d0257690_23563147.jpg

五稜郭タワーが見えてきました!

やっぱりこういったタワーは目立つし、街のランドマークになるし、大事ですね!
前回も来たけど、今回は雪景色を見れそうだから、楽しみです。
d0257690_18105898.jpg

展望チケットは840円です。
購入の際に、出身都道府県を尋ねられましたが、観光客を呼び寄せるためのデータを集めているのでしょうか?

エレベーターで一気に最上階へ。
d0257690_18113062.jpg

おぉ〜!
一面銀世界!!

素晴らしい!
これが見たかったんです。
d0257690_1812957.jpg

売店でメロンソフトクリームを買いました。

雪景色を眺めながらのソフトクリームは格別です。
ゆっくりこの景色を楽しんで、次は教会群へ向かいます。

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-14 00:11 | 国内旅行記 | Comments(0)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)


2017年2月27日(月)

念願の回転寿司でお腹いっぱいです。

この後、本当はカフェに行こうと考えていて、調べていたお店があったのですが、満腹なのでやめることにしました。

でもホテルに帰る前に、夜の教会を見て行くことにしましょう。
d0257690_17462898.jpg

『まるかつ水産』から教会群までは1本道ですが、市電を挟んでそこそこ距離があります。
寒かったので、遠く感じました。

まずは1番遠い、『旧函館区公会堂』です。
ここは明日、中に入ってみようと思います。

「十字街電停」から遠いとあって、人がほとんど通らず、若干不気味ですが、それがまたいいのです。
d0257690_20203274.jpg

十字街方面へ戻って行きます。

途中、八幡坂を通りました。
明日の昼間に、ここへまた来るのが楽しみだなぁ。
d0257690_20212523.jpg

続いて『函館ハリストス正教会』です。

この教会群で1番好きなのが、このハリストス正教会です!
夜も美しいなぁ。

ここは階段を上ってこの位置まで来るのですが、その階段に積もった雪がツルツルに凍っていて、気づかず歩こうとしたら、ズトンと思いっきり転んでしまいました(汗)
恥ずかしい・・・

誰も居なくて良かった。
d0257690_20285962.jpg

最後は『カトリック元町教会』です。
ハリストス正教会からすぐです。

ここが1番地味かな?
d0257690_20392723.jpg

寒いし疲れたので、ホテルに帰りましょう。

「十字街電停」に戻って来ました。

列車は行ってしまったばかりのようです。
d0257690_20401557.jpg

この電停で「どつく前」行きと「谷地頭」行きが分岐するので、線路がこのように分かれています。
観光客はほとんどこの電停で降りてしまうので、ここから先へは行きませんよね。

今度来たときは、終点まで乗ってみたいです。
d0257690_20404525.jpg

10分弱で列車がやって来ました。

ご覧のとおり、電停は人で埋め尽くされています。
その半分くらいは台湾の方で、コカ・コーラの車両を見て喜んでおられました!可愛い(^^♪
d0257690_20411631.jpg

1番先頭に並んでいたので、何とか座れました。
車内は超満員。

「函館駅前電停」では降りる人より乗って来る人のほうが多く、次の「松風町電停」で台湾の皆さんは降りて行かれました。
見渡すと、大型のホテルが多く、海外からツアーで来られた方の多くは、この辺りで泊まるようです。
d0257690_20415199.jpg

「湯の川温泉電停」に戻って来ました。

ここで全員下車して、運転士さんだけ終点の「湯の川電停」へ。
コンビニで買い物をして、ホテルへ向かいます。
d0257690_2044716.jpg

この電停からホテルまでの道中が寒くて、寒くて、参ってしまいました。

本州では寒さの質が全然違いますね。
体の芯から冷えてしまい、風邪を引いてしまいそうです。

フロントの方が「おかえりなさいませ」と笑顔で出迎えてくれて、ホッとしました。
d0257690_20444437.jpg

部屋に戻ると、布団が敷いてありました。
ありがとうございます!
やっぱり日本人なので、ベッドより布団が落ち着きますね。

体が冷えて仕方ないので、すぐに1階の大浴場へ。
1時間くらいゆっくり温まりました。
d0257690_20452495.jpg

部屋に戻って、テレビを付けて、ホッと一息。

明日の函館は最低気温が-7°。
最高気温が4°とのことです・・・寒いですね。

でも今日は日中でも氷点下だったので、今日よりは暖かいのかな?
d0257690_20464574.jpg

コンビニで買ったカツゲンと、1階の売店で買ったプリンの夜食です。

カツゲンは北海道民のソウルドリンクで、ヤクルトのような味です。
これを飲むと、北海道に帰って来た~!という感じがします。

プリンも濃厚でなかなか美味しかったです。
d0257690_20475633.jpg

11:58からは「月曜から夜ふかし」を観て、それから今度は部屋の露天風呂に入りました。

好きなときに入れて、本当に最高です!
常に新しいお湯が足されるので、いつ入ってもポカポカです。

湯上りにまたカツゲンを飲みながら、函館新聞を読む、至福のひと時。
旅先の新聞を読むのが大好きなんです。

そうして2時過ぎに就寝しました。

明日は早くも帰る日かぁ。
帰りたくないなぁ。

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-05 20:27 | 国内旅行記 | Comments(0)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)


2017年2月27日(月)

素晴らしい温泉で、ついつい長湯し過ぎた為、だいぶ遅くなってしまいました。

17時半にホテルを出発です。
「いってらっしゃいませ」と、にこやかに送って頂きました。

日も傾き始め、さっきよりだいぶ気温が下がったようですが、温泉で温まったので、寒くはありません!
d0257690_21413696.jpg

電停に着いて、5分くらいで列車が来ました。

「電車は前の電停を出ました。どうぞご利用下さい。」というチャイムが何とも可愛らしくて、ホッコリしました。

函館市電には2系統ありますが、この区間は2系統とも同じなので、本数も多くて、5分少し待てば列車はやって来るので便利です。
d0257690_21424591.jpg

「湯の川温泉電停」で乗ったときは空いていましたが、「五稜郭公園前電停」辺りからは満席に。

景色を楽しもうと思ったけど、湯上りでガタゴト列車に揺られていると心地よくて、ついつい寝てしまいました。

気づくと函館駅前を通過していました。
d0257690_16445687.jpg

「十字街電停」に着きました。

「湯の川温泉電停」からは約40分と、結構かかりました。

函館山に教会群と観光スポット満載エリアとあって、ほとんどの人がこの電停で下車しました。
乗って来た列車を見送って出発。
d0257690_16472924.jpg

電停からロープウェイの山麓駅までは徒歩10分です。
雪の積もった急な坂道を上るのは、なかなか大変でした。

山麓駅の前には、大型の観光バスがたくさん停まっていました。
多分そのほとんどが海外からのお客様のようで、山麓駅は一気に多国籍な雰囲気に。

いろんな国の方が居ましたが、やっぱり台湾の方が1番多かったです!
d0257690_16521232.jpg

窓口でロープウェイの往復搭乗券を買います。
1,280円とややお高め。

夜のロープウェイは大混雑だと思ったので、少し遅い時間にずらしてみたものの、やはり大混雑でした。
でもそれ以上に、下って来るロープウェイからは、物凄い数の人が降りて来ました!

やっぱり時間を少しずらして正解だったかも。
d0257690_16524341.jpg

30分くらい並んでようやくロープウェイに乗れました。

運良く1番後ろに乗れてラッキー。
ゴンドラ内は人・人・人。

乗れるだけ乗ったら、山頂に向けて出発です。
d0257690_16531366.jpg

動き出しました。

このロープウェイ、大型の割にはなかなかのスピードです。
d0257690_1655992.jpg

山麓駅があっという間に小さくなってしまいました。
これは綺麗な夜景が見えそうな予感!

ちなみに2年半前、函館山ロープウェイに乗ったときはこんな感じでした。

弾丸!函館・札幌旅行 ③ [1日目] (元町散策、雨の函館山)

このときは厚い雲に覆われて、何にも見えなくて残念な思いをしたので、今回はそのときのリベンジです。
d0257690_16553949.jpg

函館の形が見えてきました。

有名な夜景までもう少しです。
d0257690_16561010.jpg

おぉ〜!
遂に見えてきました!

ゴンドラ内は大歓声に包まれました。
そのほとんどが台湾の方だったので、何だか凄い嬉しい気持ちに。
d0257690_16585699.jpg

山頂駅に到着して、展望台へと急ぎます。

早く夜景を見たい!
でも展望台はたくさんの人で溢れていて、なかなか柵の前に立てません。

待つこと20分、ようやくベストポジションに。
d0257690_1735516.jpg

素晴らしい夜景!!

これぞまさに、100万ドルの夜景!

余りの美しさに感激して、胸が一杯になりました。
前回悔しい想いをしているだけに、今回はこんなに素晴らしい夜景を見れて感無量です。
d0257690_1713315.jpg

写真手前には教会群、中央には函館駅、その奥には五稜郭が見えます。

さらに右上には、先ほどまで居た、湯の川温泉の夜景も見えます。

まさに函館市内を一望できる、素晴らしい夜景スポットですね。
同じく”100万ドルの夜景”と言われる香港の夜景も見ましたが、比較にならないほど函館の方が美しいです!

やっぱり函館は空気が澄んでいるから、より光が美しく見えるんですね。

いつまでも見ていられる、本当に素晴らしい夜景に大満足!
まだまだ見ていたかったですが、寒さで耳が痛くなってきたので、そろそろ中に入りましょう。
d0257690_17155763.jpg

前回は何も見えなかったので、ここでコーヒー牛乳だけ飲んで下山した思い出があります。
リベンジに成功して本当に良かった!

ここで職場へのお土産を購入しました。
定番の白い恋人やマルセイバターサンドは空港で買うとして、ここでしか買えない限定のチョコレートを買いました。
d0257690_17164565.jpg

夕食の時間が近いというのに、我慢出来なくなって、ソフトクリームを買ってしまいました。
500円という、なかなか強気な価格設定です。

でもこのソフトクリームが物凄く美味しくて、ビックリしてしまいました。
私はバニラのソフトクリームが大好きで、いろんな観光地で食べてきましたが、ここのはベスト3に入る美味しさでした。

普通のソフトクリームとは少し違って、生クリームの味が強く、とっても濃厚です。
これは500円出してでも食べたほうが良い味です!

クッキーで出来たコーンも美味しかったです。
d0257690_17195744.jpg

美味しいソフトクリームに満足したところで、下山しました。

帰りのロープウェイはそこまで混雑しなくて、すんなり乗れました。
この時間の上りのロープウェイはさすがにガラガラで、意外に穴場の時間帯なのかなぁと思いました。
d0257690_17211483.jpg

もう7時になって、夕食の時間です。

今回のホテルは夕食付きのプランもあったけど、どうしても函館の回転寿司を体験したかったので、夕食無しのプランにしたのです。

美味しい海の幸が揃う函館には、たくさんの回転寿司がありますが、中でも有名なのがこの『まるかつ水産』です。

「十字街電停」から徒歩5分、ロープウェイ山麓駅からは15分です。
寒かったので、この道のりが結構長く感じました。

ひとりなので、すぐにカウンターに案内してもらえました。
専用のタブレットで注文するシステムで、声掛けをしなくても良いのが便利ですねぇ。
d0257690_17324131.jpg

まずは、いくら!

我が埼玉県は海なし県なので、鮮度の良いいくらは出回っていませんが、ここのいくらは鮮度抜群。
口に入れた瞬間に、違いがハッキリわかります。

やっぱり北海道のいくらは違うなぁ。美味しい!
d0257690_1733418.jpg

続いてさんま。

さんまはすぐに悪くなってしまうので、なかなか刺身に出来ない魚でもあるのです。
なので北海道に来たら、必ずさんまを食べます。
うーん!美味しい!
d0257690_17341663.jpg

カニ汁を注文しました。

カニのダシが出ていて、最高でした!
これは今まで飲んだカニ汁で1番美味しかったです。
d0257690_17344747.jpg

海老も大好きなんです。

値段を気にしてしまって、1番安い甘海老にしましたが、十分でした。
d0257690_17353418.jpg

それから北海道と言えば、ニシンです!

本州の方は知らない方が多いかもしれませんが、ニシンは北海道ではメジャーなお魚なんです。
この刺身がまた美味しいこと!

北海道に来たら必ず食べます!

ここまでで写真を撮るのをやめてしまいましたが、13皿食べて、3,500円でした。
満足、満足!

お腹も一杯になったところで、夜の教会を見に行くとしましょう。

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-03-22 21:25 | 国内旅行記 | Comments(2)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)


2017年2月27日(月)

さあ、函館空港に着きました!

ここから徒歩と市電でホテルへ向かうわけですが、昼食がまだです。
昼食はご当地バーガーとして有名な、『ラッキーピエロ』でとることを決めていました。

ホテルまでの道中に店舗が無いか調べると、戸倉店がちょうど良い場所にありました。
なのでここに寄って昼食を食べつつ、ホテルに向かうことにしました。
d0257690_2065233.jpg

函館空港は市内に近いことも有名で、弾丸旅行にはありがたいです。
ここまで近いなら、市電を空港まで延長したら、もっと便利になるのになと思います。

空港から函館市内、湯の川温泉まではバスが充実しているので、私のように歩いて行く人なんてほとんど居ないでしょう(汗)
その為か、空港から一般道に出るまでの歩道が整備されていなくて、車をよけて歩くのは大変でした。
d0257690_2074447.jpg

ようやく歩道に出ました。
ここら辺にレンタカー屋さんがたくさんあり、空港からここまで送迎バスで送ってもらうようです。

「せっかく冬の函館に行くのだから、雪が積もっていたらいいな」と思っていましたが、希望通りちょうど良い積雪でした!
今冬はまだ1度も雪を見ていなかったので、大好きな雪に気分が高まります。

やっぱり北海道の雪は、本州の雪とは違って、サラサラしています。
d0257690_2091634.jpg

空港から30分近く歩いて、到着しました。
『ラッキーピエロ 戸倉店』です。

まっぷるには空港から車で5分と書いてありましたが、歩くと30分もかかるんですね。
遠くて少し疲れました。
d0257690_2013545.jpg

お洒落な店内ですね!

ラッキーピエロは函館のみに店舗を構える、地域密着のレストランです。
バーガーが有名ですが、オムライスやカレー、店舗によってはラーメンまであり、市民の皆さんに愛されています。

意外に今回が初めてのラッキーピエロなので、ワクワクして来ました。

席に着く前に注文して、出来上がったら席まで届けてくれるシステムです。
d0257690_20332258.jpg

初めてなので、1番人気のメニューにしました。

「チャイニーズチキンバーガー」と「ラキポテ」、「自家製ウーロン茶のセット」です。
凄いボリューム、これで650円です!
d0257690_2385055.jpg

「チキンバーガー」が本当にジューシーで、やみつきになる美味しさでした!
これは1番人気なのが納得です。

「ラキポテ」はポテトにミートソースと粉チーズのようなものがかかっていて、これまたボリューミー。
こだわりのウーロン茶も美味しかったです。

おなかいっぱい、大満足です!
地元にこんなお店があったら毎週のように通ってしまうと思います。

普段食べているマックとは比べ物にならない、美味しさのバーガーでした。
d0257690_2035196.jpg

店を出ようとすると、プレスリーさんが居ました!
アメリカンですねぇ。

店舗によって内装も様々なようなので、今度はほかの店舗にも行ってみたいです。
d0257690_20354991.jpg

ラッキーピエロを後にして、ホテルへ向かいます。

店の隣にはセイコーマートが!
北海道のコンビニと言えばセイコーマートですね!

買うものは無かったのですが、嬉しくて少し店内を見させてもらいました。
d0257690_20362483.jpg

ラッキーピエロから歩くこと更に30分。
ようやく函館市電の「湯の川電停」にたどり着きました。

結構遠かったですが、歩くことによって距離を実感出来て、とても楽しかったです。

時間がある方は、空港からこのように徒歩で電停に向かうのもお勧めです!
d0257690_20404055.jpg

少しして、列車がゆっくりと入って来ました!
レトロなタイプの車両です!

可愛いなぁ(^^♪
d0257690_20414680.jpg

車内も凄いレトロです!
床も木で出来ていますね!

ここから1つ先の「湯の川温泉」電停まで乗りました。

これくらい歩ける距離ですが、私はこの市電に乗るのが大きな楽しみだったので、この1区間でも有意義な時間でした!

降りる際に運転手さんに行って、市電の1日乗車券を600円で購入。
3回乗れば元が取れます。
d0257690_20421987.jpg

「湯の川温泉」電停を降りるとすぐに足湯を発見。

たくさんの人が入っていたので、私は利用しませんでしたが、温泉街に来たって感じですねぇ。
d0257690_20424634.jpg

電停から私が泊まるホテルまで南下して行きます。

途中には、有力な候補だった『ホテル万惣』の前を通りました。

このホテルは去年リニューアルしたばかりで、美味しい料理と温泉、安さが魅力で、最後の最後まで泊まろうか迷いました。

またいつか機会があれば、お世話になりたいなぁと思います。
d0257690_2045284.jpg

ここら辺は日が当たらないから、雪が溶けずに凍っています。

ツルツル滑って危ない危ない(汗)

北海道の人は雪に慣れているので滅多に転びませんが、雪を忘れつつある関東住まいの私は転びそうになりました。
d0257690_20455486.jpg

電停から15分くらいで、今宵の宿に到着。

『湯の川プリンスホテル 渚亭』です!

このときはちょうど改装中とのことで、トラックが数台ありました。
d0257690_2046147.jpg

数ある湯の川温泉のホテルでも、トップ3に入る高級ホテルです。

白い外観が上品で素敵!
まさかこんな高級ホテルに1人で泊まれる日が来るとは。

今回は誕生日なので奮発しました!

改装中なので入口がわからずウロウロしていたら、中からホテルの方が出て来て、笑顔で「こんにちは!ご案内いたします。」と誘導してくれました!

そして中に入り、フロントでチェックイン。

別の方が、部屋まで案内して下さりました。
改装中なので、迷路のような館内をエレベーターを乗り継いで4階の部屋に到着。
d0257690_20464695.jpg

おぉ〜!素晴らしい和室だぁ!

ひとり人旅で和室に泊まるのは初めて!
やっぱり畳は落ち着きます。

案内の方は、私の来ていた上着をハンガーにかけて下さり、「ごゆっくりお寛ぎ下さいませ。」と笑顔で戻って行きました。

なんて気持ちの良い接客なのでしょう!素晴らしい!
d0257690_2050791.jpg

で、何といっても、この宿にした決め手は個室露天風呂!

早速入りましょう!

シャワーはこのように露天風呂とは壁で仕切られていましが、外の空気が入って来て寒い寒い!
d0257690_2053979.jpg

これが夢にまで見た、個室露天風呂です!
オーシャンビュー!

目の前の海は津軽海峡です!
なんて贅沢な空間だろう!
d0257690_2054744.jpg

誰にも邪魔されず、温泉を思う存分楽しめます!

泉質はなめらかで、凄く体が温まります。
温度もちょうど良く、これなら長湯が出来そうです!

こんな素晴らしい景色を独り占め出来るなんて・・・
贅沢過ぎるなぁ・・・
d0257690_20542564.jpg

天気が良いので、青森もしっかり見えますね!

さっき飛行機でこの上を飛んでいたのが嘘のようです。
d0257690_20545127.jpg

横に乗り出してみると、この後行く、函館山が見えました!

こうやって見ると、結構距離があることがわかりますねぇ。

雲も低い位置には無いので、これなら綺麗な夜景が期待出来そうです!
d0257690_20551439.jpg

個室露天風呂が素晴らし過ぎたので、もっと長湯したかったのですが、大浴場にも行ってみましょう。

大浴場の男湯は1階にあります。
d0257690_20585272.jpg

早い時間に来たので誰も居ないということで、許可を得て、2枚だけ撮らせて頂きました。

洗い場はたくさんあります。
温泉とは階段を隔てているので、これならゆっくり出来そうですね。

内風呂で温まって、早々と露天風呂へ。
d0257690_20591755.jpg

いやぁ〜、これまた素晴らしい!

先ほどの個室露天風呂が4階で、この露天風呂は1階、ほぼ同じ位置にあると思われます。

さっきより海が近いです!
波音が心地良いなぁ。


ゆったりしていたら、急に砂浜に人が現れてビックリ。
そこまで多くはありませんが、ときどき釣り人がここの前を通るようです。

後で部屋の案内本を読んでみると、砂浜に入らないように看板は建てているものの、強制力は無い為に、入って来る釣り人の方が居るそうなのです。

まあ、おじさんに見られる分には恥ずかしくもありませんが、少しビックリしました。
女性風呂は2階なので、多分そういった心配は無いと思われます。
d0257690_2101293.jpg

部屋に戻って、お茶で水分補給。

湯上りに、海を眺めるのは最高です。

そろそろ日も傾き始める頃。
今回は夕食無しのプランなので、夜景を観た後に、回転寿司に行こうと思います!

冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-03-19 23:41 | 国内旅行記 | Comments(4)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]


2017年2月27日(月)

今回もあっという間に、旅行当日を迎えました。

旅行が決まったときは、まだまだだなぁと思っていても、すぐに当日になってしまうんですよねぇ。
この間の計画を練る時間が1番楽しいんです!

成田11:55発の飛行機なので、今回はいつもよりゆったりと、7時半に自宅を出ました。
d0257690_20305421.jpg

でも誘惑に負けて、またスカイライナーに乗ってしまいました。
高いけど、速いし、快適なのでつい乗ってしまうんですよねぇ。

もう少し安くならないものでしょうか?

函館に行くのに、私が住んでいる埼玉県なら、大宮まで出れば新幹線1本で行けるのですが、わざわざ千葉まで行くのは遠回りした気分です。

まあバニラはその分安かったので仕方ないですね。
d0257690_2033087.jpg

10時過ぎに成田空港に着きました。
今回も第3ターミナルまで歩いて来ましたよ。

預け荷物は無いので、自動チェックイン機でチェックイン。
すぐに保安検査を通過。

国内線は久しぶりだったので、出国審査が必要ないのは楽だなぁと感じました。
d0257690_20332731.jpg

搭乗口に着いたのは10:30。
まだガラガラでしたが、次第に人が増えて来ました。

気づけば周りは中国人だらけ。
なんで中国人がこんなに居るの?と思ったら、春秋航空の搭乗口も近くにあったからでした。

春秋航空は武漢や重慶といった中国のマイナー都市に安く行けるので、ちょっと利用してみたい気もします。
d0257690_20515062.jpg

さて、11:30に搭乗開始。
やはりバスで機体の前まで移動しました。

今回で3度目のバニラエアです。
今日は無風でフライト時間も短いので、気持ちがずいぶん楽です。
d0257690_20361912.jpg

前よりの窓側の席にしました。

函館行きなので、席は埋まらないだろうと思っていましたが、案外満席でした!

就航したばかりの函館便ですが、この満席状態が続くと良いですね。
d0257690_20364845.jpg

離陸!

今日は全国的に晴れの予報ですが、何故か成田上空だけ曇り空。

そのため、雲を抜けるまでは、揺れないか少しヒヤヒヤしました。
d0257690_217310.jpg

雲を抜けて、安定飛行に入りました。
これで一安心。

今日は一段と空が綺麗です!

ここで機長さんからのご挨拶。
バニラの機長さんの挨拶は本当に丁寧で、感動します。

揺れても全く心配ないということを、しっかり説明して下さるので、揺れが苦手な私は本当に安心出来ます。
d0257690_22183938.jpg

機内販売が回って来ました。
昼食は函館で食べると決めていたので、ここはおやつ程度に。

香港に行ったときに食べて美味しかったクリームパンと、ホットココアを買いました。
d0257690_2025215.jpg

このクリームパンがとっても美味しいのです!

濃厚で冷たくて最高!
溢れんばかりのクリームが入っています。

バニラエア限定のクリームパンなので、バニラを利用する際はまた食べたいです。
d0257690_21222290.jpg

LCCなので当然モニターもありません。

今回は天気が良く、低空飛行だったので、スマホのグーグルマップで現在地がわかりました。

秋田上空を飛んでいるようです。
やっぱり、どこを飛んでいるかわかると、さらに空の旅が楽しくなります。
d0257690_20271851.jpg

青森上空に来ました!
雪山が美しくて、窓側にして良かったと心から思いました。

やっぱり私は雪が大好き!
雪を見るとテンションが上がります。
d0257690_22194915.jpg

下北半島がしっかり確認出来ました。

ここで本州とはお別れ。

津軽海峡を渡れば、もう北海道です!
d0257690_20284043.jpg

前回の函館旅行は列車だったので、津軽海峡(青函トンネル)を渡るには25分かかりました。
でも飛行機はさすがに速くて、たった1分でした。

愛しき北海道の大地が見えてきました!
d0257690_2029547.jpg

と思ったら、もう着陸態勢!

おぉ!雪がたくさん!

やっぱり本州より大地が広く感じます。
d0257690_20294027.jpg

着陸!
定刻より少し早い、13:40に函館空港に到着しました。

函館空港は初めてでしたが、思ったよりも大きかったです。

空港のインフォメーションで市電の1日乗車券を買おうと思っていましたが、大行列だったのでやめました。
あとで運転手さんから買うことにしましょう。
d0257690_20301315.jpg

外に出ると物凄く寒い!

なんと-4°のようです。
でもこの寒さが、北海道に来たって気分を高めてくれるのです。

空気もやっぱり美味しいです。

ここからホテルのある湯の川温泉まで徒歩と市電で向かいます。

冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-03-15 22:23 | 国内旅行記 | Comments(2)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]

2月27日(月)・28日(火)と1泊2日、
大好きな街、函館へ行って来ました!
d0257690_19403975.jpg

国内旅行は去年の春に行った京都・大阪旅行以来なので、かなり久しぶりです。

2月28日は私の25歳の誕生日なので、自分へのプレゼント旅行へ行こうと、1月中旬に思いつきました。

となれば大好きな台湾へ!と思って航空券を調べてみたのですが、高くてビックリしました!
1番安いタイガーエアでも往復で40,000円近くしました。
最近どんどん台湾が高くなってきていますね(汗)

韓国はどうかな?と調べると、釜山往復が大韓航空で22,000円となかなかお得!
よし、ソウルに続いて釜山に行ってみるか!と決めかかった頃・・・

たまたまバニラエアのホームページを覗いてみると、成田〜函館のセールをやっているではありませんか!
なんと片道2,980円です!
往復手数料込で8,000円で函館に行けてしまうのです!

2月19日に就航するバニラの函館便、いつか乗ってみたいと思っていたけど、これは運命だと思って即決して買ってしまいました。

台湾と釜山は次の機会にしましょう。

それにしても、ここまで安く函館に行ける日が来るとは思いませんでした。
もう行く前から満足感でいっぱい。

次に函館に行くときは北海道新幹線で行きたいと本当は思っていたけど、ここまで値段に差があると新幹線に乗る気になりませんでした。

新幹線だと函館まで片道22,000円、往復44,000円と海外旅行並みの金額です。
バニラで行けば新幹線の5/1の値段で行けるのです!
いやぁ〜凄い時代になりました。

前回函館に行ったのは2014年の6月でした。

弾丸!函館・札幌旅行 ① [準備編]

このときは超弾丸な上に、天気にも恵まれず、函館山からは雲しか見えませんでした・・・
いつかリベンジしたいと思っていたので、今回こそ綺麗な夜景を見るぞ!

それから函館市内にあり、市電で行ける『湯の川温泉』にも行ってみたいと前から思っていたので、この際、湯の川温泉に泊まることにしました。

良さそうなホテルがたくさんありましたが、今回は奮発して、部屋に露天風呂の付いている『湯の川プリンスホテル 渚亭』に泊まることにしました。
楽天トラベルから2週間前に予約。

今回もやや弾丸なので、行きたいところを事前にピックアップして、綿密に計画を立てて当日を迎えました。

冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-03-07 20:10 | 国内旅行記 | Comments(4)

春の京都・大阪旅行 ⑦ [2日目] (弾丸大阪でたこ焼き食べて帰京)

春の京都・大阪旅行 ① [準備編]
春の京都・大阪旅行 ② [1日目] (東京駅からのぞみで京都へ)
春の京都・大阪旅行 ③ [1日目] (清水の舞台へ)
春の京都・大阪旅行 ④ [1日目] (祇園から懐かしの銀閣寺へ)
春の京都・大阪旅行 ⑤ [1日目] (京料理の夕食、近鉄でホテルへ)
春の京都・大阪旅行 ⑥ [2日目] (輝かしい金閣寺に京都の抹茶)


2016年04月03日(日)

これから弾丸で大阪へ行き、たこ焼きを食べて東京に帰りたいと思います。

大阪は高校の修学旅行で訪れたのが初めてでした。
あのときは市内観光などしないで、1日中USJで班別行動という私からすれば謎のスケジュール。

その次に大阪の地に踏んだのは大学時代。
就活で何度も訪れた辛い思い出です。

そのこともあって、大阪には良い思い出が無かったので、今回は少しだけでも楽しく観光出来ればと思ったのです。
d0257690_22235331.jpg

京都と大阪って案外近いのに驚き。
関東の人間からすれば、もっと離れているイメージですが、東京と横浜くらいの距離なのかな?

1番手っ取り早く、JRの在来線でまずは新大阪へ向かいます。
d0257690_2224319.jpg

新快速の姫路行きです。

数年前に九州まで鈍行旅したときにも乗ったような気がします。
この列車が物凄い速さで、ビックリ。

関東の列車はここまでのスピードは出しません!
d0257690_22251125.jpg

あっという間に新大阪着。
本当に京都と大阪って近いな。

今年受験した『国内旅行業務取扱管理者試験』で勉強したのですが、乗り継ぎ割引において、新大阪駅と大阪駅は同一の駅とみなして割引を適用するようなのです。

この頃は勉強の最中だったので、早速知識が役に立ったと、嬉しい気持ちになりました。
d0257690_22254964.jpg

あまり時間が無いので、急いで地下鉄に乗り込みます。

意外に大阪の地下鉄に乗るのは初めてです!
d0257690_22261615.jpg

地下鉄といっても結構地上を走ります。

京都ほどでは無いけど、やっぱり大阪の地下鉄も外国の方で一杯です。

d0257690_22264532.jpg

なんば駅で下車。

外に出て肌寒かったのでびっくり。
京都は暑いくらいだったのに、大阪とでこんなに違うものなんだ。
d0257690_22304091.jpg

大阪と言ったらやっぱり、このグリコのある風景ですね!

大学以来なので、もう5年ぶり。
大阪はやっぱりいつ来ても賑やかですねぇ。

皆さん思い思いに写真を撮っておられました。
d0257690_2231896.jpg

かに道楽も有名ですね。

でも北海道育ちの私は、カニと言ったら、北海道という感じがします。
d0257690_2234966.jpg

早速行列の出来ている、美味しそうなたこ焼き屋さんを発見!

たこ焼きは大好きで、この為にお腹を空かせて来たのでテンションが上がります。
その行列に並ぶお客さんを見ると、半分以上が外国の方でした。

タイの方が美味しそうにたこ焼きをほおばる姿を目にして、こちらまで幸せな気分に。
d0257690_22344195.jpg

いろんな種類がありましたが、やはりここはスタンダードなソースとマヨネーズ。

やっぱり本場で食べるたこ焼きは特別に美味しかったです!
うーん!幸せ!
d0257690_2311014.jpg

まだまだ食べれるということで、別のたこ焼き屋さんを探していると、いい感じのラーメン屋さんを発見。
大阪のラーメンってイメージが沸かないけど、ラーメンも食べたくなってきたので入ってみました。
d0257690_2314681.jpg

1番人気のチャーシューメンを注文。
これも美味しい!

クセの強いとんこつ系が苦手な私ですが、このラーメンは鶏ガラであっさりしていて、箸が止まらない美味しさでした。

たこ焼きとラーメンで、かなりの満腹です。
この後カフェに行こうと思っていたけど、もう入らない感じなので帰りましょうか。
d0257690_2322086.jpg

日が暮れて来ました。
グリコの看板がいつライトアップされるかと、しばらく待っていましたが、一向に変化が無いので、諦めることに。
d0257690_2351347.jpg

地下鉄で新大阪へ戻って、新幹線で東京に帰ります。

大阪はあっという間でしたが、思いのほか楽しい思い出が出来て良かったです。
d0257690_2354427.jpg

帰りも新大阪始発の、のぞみに乗車。

最近は飛行機での旅行が多くなったので、飛行機嫌いな私は緊張の連続ですが、新幹線にはそういった緊張感が無いので、本当にリラックス出来ます。
d0257690_237258.jpg

車内販売でお茶とアイスクリームを購入。
去年乗った北陸新幹線のアイスと同じものでした。

帰りの車内ではサザンの「イヤなことだらけの世の中で」を繰り返し聴きました。
まさにこの旅のハイライト的曲です。
d0257690_23105965.jpg

東京着。
埼玉の自宅まではゆっくり在来線で、自宅には日付が変わる頃に、帰宅しました。
d0257690_23113190.jpg

家族へのお土産は『八重』というおまんじゅう。
なかなかお洒落な箱に入っております。
d0257690_2313947.jpg

あんこが好みの味で、美味しかったです。
d0257690_23133540.jpg

自分用に京都のほうじ茶を買いました。
このほうじ茶は本当に美味しくて、食後にぴったりなお茶でした。

遅くなってしまいましたが、春の京都・大阪旅行、楽しい思い出が出来ました。
久々の国内旅行でしたが、たまにはゆっくり国内も良いものですね。

次は奈良もじっくり見て回りたいなぁと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-30 23:58 | 国内旅行記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE