カテゴリ:国内旅行記( 57 )

 

長崎コンサート旅行 ② [1日目] (特急かもめで長崎入り、ライブへ)

長崎コンサート旅行 ① [1日目] (旅の経緯、ジェットスターで福岡へ)


2015年5月2日(土)

定刻通りに福岡空港に着きました。

福岡空港に来るのは2回目。
前回は夕食の為に寄っただけで、ここから飛行機を乗り降りするのは初めてです。
d0257690_20282490.jpg

やはり大きな空港ですね。
千歳空港と同じくらいの規模かな?

外に出た瞬間から、熱気がモアッとして暑い!

この日は、全国的に季節外れの暑さになった模様。
d0257690_2033034.jpg

まずは空港から地下鉄で博多駅へ向かいます。

ここ、福岡空港は福岡市街地にある為、博多駅まで地下鉄でわずか5分という、素晴らしいアクセスの良さが自慢です。
おそらくアクセスの良さでは日本一の空港でしょう。

これだけアクセスが良いから、LCCで東京から日帰り旅行だって可能となります。
d0257690_20382642.jpg

ただ博多まで260円と少し高いです。

何往復もする場合は、1日乗車券を利用したほうがお得です。
d0257690_20413660.jpg

そういえば空港に地下鉄が直結しているのも、日本では福岡空港だけなんだよな。

海外では割と当たり前なんだけど、住宅やビルが密集している日本の都市はおのずと、空港も郊外になるから、地下鉄は難しいんだろうなぁ。
d0257690_20474383.jpg

ホームに列車が入線してきました。

この昼間の時間帯は10分に1本間隔で列車はやってきます。

博多、天神経由の姪浜行きで、列車によってはJRに接続して西唐津まで行きます。
d0257690_20523632.jpg

茶色がメインの落ち着いた感じの車内も、九州って感じがしますね。

地下鉄好きなので、本当は1日乗車券を買っていろいろと乗り降りしたいのですが、あくまで今日は長崎メインなので、博多までの5分間を楽しみました。
d0257690_20594980.jpg

そして博多駅着!

九州はこれで4度目ですが、福岡(博多)だけは必ず来ています。

やはり九州の中心ですから、どこへ行くにもまずはここですもんね。
4回も来ているので、博多にはだいぶ愛着があり、かなり好きな街です。

一昨年初めて18きっぷで来たときは若干のアウェー感があったものの、今では完全にホームといった感じです。

相変わらず駅周辺は賑わっていて、関東から来ても都会だなぁと思います。
d0257690_2155081.jpg

列車まで1時間半あるので、駅ビルで昼食に。

博多といえば、とんこつラーメンにもつ鍋、明太子、水炊き・・・などなど名物はたくさんあります。

明太子や水炊きは大好きなのですが、とんこつラーメンともつ鍋、特に九州のとんこつラーメンは私の口に合わないということを一昨年身を持って体験したので(九州の皆さん、ごめんなさい。)、今回もラーメンを食べる気はなく、隠れた福岡名物のうどんを食べようと思っていました。
d0257690_2113674.jpg

YUIも大好きだという『Shin Shin(しんしん)』という博多ラーメンの店を外から見学。

YUIファンとしてはここで食べたいところだけど、ちょっと勇気が出ませんでした。

いつか、とんこつラーメンを美味しく食べれる日が来たら、入ってみたいと思います。
d0257690_21182753.jpg

同じビル内にある『能古うどん』という店をリサーチしていたので、ここで昼食に。

店内は活気はあるけど落ち着ける良い雰囲気。
福岡ってラーメンに隠れてあまり知られていないけど、うどんも名物なんですよね。

前回の九州旅でも福岡空港でうどんを食べて美味しかったので、またうどんを選択。
d0257690_21264326.jpg

とは言っても、やはり明太子は食べたいので、うどんとセットになった、「明太子かけご飯セット」を注文。

温泉卵も付いてきますが、ご飯には明太子があるし、うどんは本来の味を楽しみたいので、温泉卵はそのまま食べました。
こうして明太子を食べると福岡に来たって感じがします。

うどんもコシがあってあっさりしていて食べやすくて美味しかった!
暑かったので冷たいうどんで結構涼めました。
d0257690_21344448.jpg

食べ終えて、駅構内へと戻ります。

博多12:55発の特急かもめで長崎へ向かうのですが、GW期間ということもあり、行きの指定席は満席だと数日前にJR九州の予約サイトで知りました。

自由席だけど、博多は始発駅だから30分くらい前から並んでいれば座れるだろうと、暑い中並ぶこ
とに。
d0257690_21385635.jpg

その前に少しだけホームでいろいろな列車を楽しむことに。

博多駅は九州一のターミナル駅ですから、様々な列車を見て楽しむことが出来ます。

まずはJR九州の特急を代表する顔の黒いかもめ。
私が乗車する1本前のかもめでした。
d0257690_2141382.jpg

前回乗った大分からのソニック。

またこれに乗って別府に行きたくなってきます!
d0257690_21442699.jpg

そして本州は門司港と繋ぐ普通列車。

18きっぷで九州入りしたときに乗った列車なので、懐かしく感じます。
d0257690_2146498.jpg

こちらはハウステンボス行きの特急。

ハウステンボスは綺麗なテーマパークだなぁと思いますが、それだったら本当にオランダに行きたいなぁと思ってしまうので、あまり魅力を感じません。
d0257690_214959.jpg

ホームのKIOSKで車内でのお菓子と飲み物を買ってから、並びました。

30分前から並び始めましたが、かなり人が多かったので座れるのか不安になりましたが、何とか座れたので良かった。
d0257690_21514023.jpg

長崎まで約2時間の列車旅。

途中、地元の学生が乗ってきて賑やかになったりして、凄く雰囲気を楽しめました。
関東とは明らかに違うイントネーションの喋りだから、九州の人の会話に耳を傾けるのも楽しい時間。

しかし何でかもめでは、車内販売を行わないのかなぁ。
車内販売は、列車旅の大きな魅力のひとつなのに。
d0257690_21561757.jpg

なのでKIOSKで事前に買いました。

博多の銘菓である『通りもん』。
このお菓子が好きなんです。
d0257690_21595535.jpg

佐賀を通過して、南国の九州らしい景色になってきました。

福岡県ではずっとYUIを聴いていましたが、佐賀を通過して長崎に入ると完全にmiwaモードに切り替わりました。
d0257690_2222643.jpg

14:48長崎着。

この時点でだいぶ疲れが・・・
やっぱり長崎は遠いなぁ。
d0257690_2235230.jpg

博多では撮れませんでしたが、乗ってきた白いかもめです。
若干新幹線のようでカッコいい!

乗り心地も、ソニックのような揺れもなく快適でした。
d0257690_2265777.jpg

さあ、miwaがライブを行う長崎に着きました。

長崎は大好きな街なので、ここでmiwaのライブを観れるなんて気持ちも高まって来ます。

まずは観光案内所で市電の1日乗車券を買って、ホテルにチェックインしてからライブ会場へと向かいます。
d0257690_22123091.jpg

至る所で九州新幹線の長崎ルートをPRする看板を目にしました。

出来れば便利になるだろうけど、長崎の場合、ここから更に延伸は考えられないから、どうなんだろう?
北陸新幹線や、来年開業の北海道新幹線に比べるとあまり報じられていない印象も受けます。
d0257690_22164428.jpg

橋を渡ると路面電車が見えてきました!

長崎と言えば路面電車!
これにまた乗りたくて、この風景を見たくて、堪らなかったのです。
d0257690_22185850.jpg

長崎の街並みには、路面電車が良く合います。

ここから市電に乗って、ホテルの最寄である「市民病院前電停」まで行きます。
ライブ会場のブリックホールと逆方向なのが残念ではありますが、仕方ない。

車内はだいぶ混み合っていて、撮影どころではありませんでした。
やはり長崎は人気観光地ですから、外国の方もかなり多かったです。
d0257690_22251291.jpg

築町で乗り換えて「市民病院前電停」まで10分少々。

私は1日乗車券があるので関係なかったのですが、普通に料金を払われる方は築町で乗り継ぎ券を貰ってください。

そうしないと、倍の料金が必要になるのでご注意を。
d0257690_22351090.jpg

市民病院前電停から徒歩3分で、予約していた『ホテルニュータンダ』に到着。

オランダ坂がすぐそばにあり、観光に何かと便利な立地です。
d0257690_22375161.jpg

GW期間なのでなかなか長崎市内のホテルが取れない中、たまたまキャンセルが出て取れたのがこのホテル。

想像以上に広くて綺麗な部屋に驚きました!
d0257690_22392571.jpg

窓からはオランダ坂付近の、異国情緒溢れる景色が楽しめて大満足。

ホテル自体は古いようですが、古さを感じさせない造りで清潔感に溢れていて、このホテルにして良かったと思いました。
d0257690_22445144.jpg

一息ついたら荷物を置いて、ブリックホールへと出発。

今度は『大浦海岸通り電停』から乗ることに。
d0257690_22463098.jpg

比較的人が少なくゆっくり路面電車の旅を楽しみます。

路面電車って遅くてなかなか進まないってイメージですが、長崎の路面電車は結構なスピードでビックリ!
築町で乗り換えて、そこから長崎駅前を通過して、茂里町へと向かいます。
d0257690_22515266.jpg

大浦海岸通りから約20分で茂里町へ。
この距離だとさすがに歩くのはキツイでしょうね。

やっぱり長崎の路面電車は絵になるなぁ!
素晴らしい!

ここまで来ると辺りはmiwaのツアーTシャツを着た人がチラホラ。
心を躍らせて会場へ歩いて行きます。
d0257690_22525688.jpg

16:50、長崎ブリックホール着!

ようやく着いた!
遠かったぁ!

ライブの感想はこちらをご覧下さい。
miwa / concert tour 2015 "ONENESS" @長崎ブリックホール

ライブの参戦記でも書いた通り、本当に素晴らしいライブで大大大満足!
埼玉から来た甲斐が十分ありました。

満足感で満ち溢れて、会場を後にするのが名残惜しく、離れたくない気持ちでしたが、夕食をとらなくてはならないので、出発。

市電はmiwaファンで埋め尽くされていました。
先頭に座れて、長崎駅まで景色を存分に楽しめました。
d0257690_2315133.jpg

長崎駅と戻り、夕食はアミュプラザ内のレストランで。

ここのレストランは23時まで営業しているので本当に助かりました。

勿論食べるのはちゃんぽんなので、中華料理の店へ。
d0257690_234371.jpg

注文したのは特製ちゃんぽん。

もう最高!
素晴らしく美味しかった!

エビ、イカ、ホタテ、アサリ・・・と非常に具だくさんで、スープも深みがあって絶妙!
やっぱり本場で食べるちゃんぱんは違います!

スープも全て飲み干してしまいました!
d0257690_2313295.jpg

デザートに杏仁豆腐。

これでかなり満腹になりました。
ちゃんぽん美味しかったなぁ。
d0257690_23154196.jpg

大浦海岸通りに戻って、少しだけライブの余韻に浸りながら歩いてみました。

さっきまであれだけ沢山の人と同じ時間を共有したというのに、ここには誰もいなくて一人ぼっち。

なんだか切ない気持ちになってきたので、明るい道の方へと戻ることにしました。
d0257690_23183042.jpg

しばらく散歩して23時頃にホテルへと戻りました。
d0257690_23192657.jpg

楽しかったライブを思い出しながら、故郷から遠く離れた地で就寝。
この日は良い夢が見れました。

素晴らしい1日でした。

翌日は少し市内を観光して、また福岡経由で帰ります。

長崎コンサート旅行 ③ [2日目] (長崎市内観光、福岡経由で帰京)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-14 20:56 | 国内旅行記 | Comments(0)

長崎コンサート旅行 ① [1日目] (旅の経緯、ジェットスターで福岡へ)

今月2日(土)と3(日)、miwaのライブを観に長崎まで行って来ました。
先週の今頃は福岡空港で夕食を食べている頃だなぁと、思い出しながら書いています。

なぜ今回、わざわざ長崎までmiwaのライブを観に行くことになったのかというと、関東では横浜アリーナの1公演しか行われないからです。

昨年末に横浜アリーナのライブに参戦しましたが、やはり地味に遠くてだいぶ疲れました。
日帰りで行くには遠く、かと言って泊まりで行くほどでもない、埼玉北部から行くには中途半端な位置にあるのが横浜なんですよね。

それに横浜はもう何度も行っているので、観光を兼ねてといっても新鮮味が無いし、どうせなら遠くへ旅行を兼ねてmiwaを観に行こうという考えに至ったのです。

それでまず思い浮かぶのは北海道。

北海道は札幌公演だけで、もうこの思い立った時点で数日しかなく、ちょっと計画を立てる時間が確保できないなぁと判断。

札幌でmiwaのライブを観れたらどんなに良いだろうと思いますが、ちょうどサザンの札幌ドームチケットが取れたので、また札幌には行けるしmiwaはほかのところで観ようという気持ちになりました。

北海道の次の候補はやはり九州。

九州は福岡2公演と長崎1公演の計3公演あり、まだいくらか計画を立てる時間も残っている!
GW期間なのがネックではありましたが、ここしかないと調整を重ね、仕事の休みの関係で長崎行きを決定しました。

ライブのチケットは簡単に取れたのですが、GW期間なので航空券を取るのに割と苦労しました。
羽田から長崎へ直で向かうソラシドはやはり満席。
そうなるとLCCで福岡へ飛んで、そこから電車で長崎入りというプランになりました。

ジェットスターなら少々値は張るものの、成田〜福岡往復チケットの空きを発見。こういうものは迷っているうちに売り切れてしまうということを何度も体験しているので、このときは即決で購入しました。
長崎市内のホテルもなんとかキャンセル待ちに成功し、出発の1週間前にプランが固まりました。


2015年5月2日(土)

d0257690_1795650.jpg

そして迎えた当日。

成田8:50発の飛行機なので始発で出発。LCCは時間に厳しいので余裕を持って向かわないとね。
ホームについてウォークマンで『ONENESS』を聴き始めます。

赤羽乗り換えで京浜東北線へ。
ここまでで『ONENESS』を聴き終えて、ほかにライブでやりそうな曲達も聴き始めました。
d0257690_1719829.jpg

日暮里到着。

今回も時間が無いので、奮発してスカイライナーに乗ります。
上野から乗ろうかなとも考えましたが、上野発だと一本遅くなってしまうので日暮里から乗ることに。LCCは時間が大事ですからね。

京成なんて成田行く以外で乗ることが無いですから、ここからは音楽を聴くのをやめて、非日常モードに突入。
d0257690_17402285.jpg

日暮里6:35発のスカイライナーに乗車。

成田空港へは東京駅から1000円でバスが出ていますが、やっぱりバスより鉄道のほうが旅情を掻き立てられるんだなぁ。

それにしてもスカイライナーはちょっと高すぎる。
2,470円って・・・
d0257690_17492028.jpg

空港第2ビル駅に到着。

前回までならここから直結している第2ターミナルへ向かったのですが、先月LCC専用の第3ターミナルものがオープンしたんです。

勿論ジェットスターもLCCなのでこれからは第3ターミナルへ歩かなければなりません。

第3ターミナル開業により、早めの時間からスタンバイしている人にはフードコートも出来たり良いことばかりですが、時間に余裕が無いとバタバタしちゃいそうですね。
d0257690_1854417.jpg

一応連絡バスもあるみたいですが、今回は歩くことに。

このように陸上トラックのように、色分けされた道を歩いていきます。

コスト削減に努めるLCCなので、動く歩道はありません。
d0257690_18563444.jpg

テクテク。

壁には世界各国の都市の写真が飾られてあり、なかなか楽しめます。
d0257690_1857295.jpg

歩くこと約10分、第3ターミナルに着きました。
思ったより距離がありましたね。

これは急いでいる人にはきついかも。やっぱり時間に余裕を持って来ないと駄目ですね。
d0257690_18595422.jpg

やっぱりGWなので第3ターミナルもかなり人が多いです。

こういったいろんな航空会社がある中でも、ジェットスターのオレンジは目立ちますね。
遠くからでもすぐわかります。
d0257690_192490.jpg

一応事前にネットでチェックインしていたので、荷物が無ければそのまま搭乗出来るのですが、なかなか荷物を1つにまとめるってことが出来なくて・・・。

荷物を預けるのに並び、40分くらい待ちました。
早めに到着して良かった。
d0257690_19525558.jpg

本当はフードコートで朝食をとりたかったのですが、予想外に時間がかかってしまい、無理でした。

朝食は近くの売店でサンドイッチを買って、機内で食べました。
d0257690_19563085.jpg

8:35搭乗。

やはりボーディングブリッジは無く、簡易な柵での誘導のみでした。

これもこれでLCCらしくて、いいんじゃないでしょうか。
d0257690_19584250.jpg

今年初めての飛行機・・・。嫌だなぁ(汗)

何度乗っても飛行機が苦手なのは治りません。

それでも幸いこの日は全国的に快晴で風も弱いので、揺れる心配はそこまで無く、いつもよりは安心して乗れました。
d0257690_202197.jpg

定刻通り、8:50離陸。

揺れることなく、上空まで来て安定飛行に入り一安心。

今回は前方の左の窓側の席を指定。
d0257690_206391.jpg

サンドイッチを食べて、ミルクティで一息つけました。
d0257690_2065067.jpg

そしてしばらくすると富士山が見えてきました!

こうやって飛行機から富士山見るのは初めて。綺麗だなぁ!
左の窓側を選んで良かった!

東京から南西へ向かう皆さん、富士山を見るなら左側です!
d0257690_20111510.jpg

飛行機は苦手だけど、この風景は飛行機に乗らないと見れないものですから、乗って良かったなぁと思います。
d0257690_201311.jpg

それから1時間程で九州が見えてきました!

九州ももう4度目なので、そこまで新鮮味はないですが、でも上空からこうやって地上の景色が露わになる瞬間って好きなんです。
d0257690_20153591.jpg

福岡市上空。

福岡は市街地の中に空港がありますから、結構スリリングです。
d0257690_20162985.jpg

無事に福岡空港に着陸しました。

定刻より10分程早かったと思います。
成田から千歳に行くのとほとんど同じ時間でした!
d0257690_20175853.jpg

さあ、荷物を受け取ってから地下鉄でまずは博多駅へ向かいます。

続きはまた今度。

長崎コンサート旅行 ② [1日目] (特急かもめで長崎入り、ライブへ)
長崎コンサート旅行 ③ [2日目] (長崎市内観光、福岡経由で帰京)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-10 16:45 | 国内旅行記 | Comments(2)

北陸新幹線 開通記念の旅!④[2日目] (世界遺産・白川郷へ)

北陸新幹線 開通記念の旅!①[1日目] (北陸新幹線で富山へ)
北陸新幹線 開通記念の旅!②[2日目] (富山から金沢へ)
北陸新幹線 開通記念の旅!③[2日目] (金沢市内観光)


2015年3月18日(水)

さて、今回で最終回です。

駆け足でしたが金沢市内観光を終えて、時間があまりないので急いで戻って来ました。
d0257690_2172369.jpg

ポートで自転車を返却。
自転車で走ってきて、駅が見えたときの存在感といったら凄いものがありました。

吹き抜けでとても明るい造り。
いいですねぇ。
d0257690_21115677.jpg

たくさんの人が写真を撮っていました。

やっぱり県を代表する駅は立派なほうがいいですね。
大宮駅ももっと立派にならないかな。(隣のさいたま新都心は立派なのに。)

さあ、ここから高速バスで世界遺産の白川郷へと向かいます。

チケットは事前予約が必要で、私は電話で予約をして、前日に富山のセブンで発券しました。
d0257690_21185589.jpg

近くのスタバでバニラクリームフラペチーノを買って、バスへ乗り込みます。

外は暑いくらいだったので、フラペチーノの美味しいこと。
白いフラペチーノを見ていると、白川郷での雪に期待が高まってきます。
d0257690_21255255.jpg

それにしてもバスの中は外国人が多かったなぁ。
乗務員さんも対応に苦労されているようでした。

今まで東京から白川郷へ行くとなると、東海道新幹線で名古屋経由が一般的でしたが、北陸新幹線開通によって金沢経由でも行けるようになり、大幅に時間短縮されました。

関東圏の人にも白川郷がより身近な観光地になっていくのでしょうね。

疲れて少し寝て起きると、辺りは雪景色。
雪が降らない国から来ている人達はみんな嬉しそうに写真を撮っていて、微笑ましい光景でした。
d0257690_2127506.jpg

それから程なくして白川郷に到着。
金沢駅から1時間少々なので早いものです。

ここから帰りのバスまで約4時間のフリータイム。
4時間もあるので、五箇山も行こうか悩んだのですが、ここは白川郷だけゆっくりと見て回ることに。

やっぱり雪を見るとテンションが上がります!
暑かった金沢とは打って変わって涼しくて気持ちいい!
d0257690_21385190.jpg

まずは白川郷全体が見渡せるという展望台を目指してゆっくり歩くことに。

このスリリングな橋を渡らなくてはいけません。

この橋が結構揺れるので、高所恐怖症の人は厳しいかも。
d0257690_2143130.jpg

多くの人が展望台行きのバス停まで歩いていくので、流れに付いていけば迷うことも無いと思います。

そんな中私は時間があるので歩いていきましたが・・・
d0257690_223287.jpg

さっそく合掌造りの家屋が目に入ります。

展望台に着くまではなるべく見ないようにとは思っていたけど、見てしまいました。
これはレストランのようで、合掌造りのレストランだなんて素敵だなぁ。

展望台行きのバス停をスルーして、ここからの上り坂を自力で上がっていきます。
d0257690_2294718.jpg

結構急な上り坂で、歩いて上る人はごく僅か。

でもたまには良い運動になります。

それに涼しくて空気も綺麗だし苦にはなりません。
d0257690_22125391.jpg

高くなればなるほど雪深くなっていき、望んでいた雪景色を満喫できました。

約30分歩いてようやく展望台に到着!
d0257690_22173832.jpg

そこには素晴らしい日本の原風景が広がっていました!

金沢観光の時間を削ってでも来た甲斐がありました。
本当に素晴らしい!

合掌造りの家屋に雪は本当に合いますね。
雪が溶ける前に来れて良かった。

次は夏にも来てみたいな。
d0257690_22201868.jpg

これからどんなに近代化が進んでも、ここはきっとこのままの景色が続いていくんだろうな。

私たちがこの素晴らしい景色を守っていかなければいけませんね。
d0257690_2226354.jpg

この展望台にはタイの観光客で溢れていました。

タイも雪は降りませんし、この景色にみんな喜んでくれていました。
日本人として嬉しいし、誇らしい気持ちに。

それにしてもタイの人は台湾の人と同じように、いつも感じ良くニコニコしていてきちんとマナーも守るし、どこかの大陸の国とは大違い。

こういった国からたくさんの人が来てもらって、日本の良さをたくさん知ってもらえれば嬉しいですね。
d0257690_2238178.jpg

下りはすぐにバスが来たので乗ってしまいました。

確か200円だったかな。

30分かけて歩いた道のりもバスだと5分少々。
d0257690_2241543.jpg

まだまだ時間があるので、事前に調べておいた日帰り温泉『白川郷の湯』へ。

http://www.shirakawagou-onsen.jp/
d0257690_22451422.jpg

中心部から少し離れていることもあってか、ここは混んでいなくてゆっくり温まれました。

雪見露天もなかなか。

ここで、18きっぷで旅をしているという同い年の子に会い、自分も18きっぷで九州まで行ったことがあるとか、いろいろ盛り上がりました。
その子は新潟県から四国へ向かう途中で、ここ白川郷へ寄ったようで、この日は名古屋で泊まり、翌日四国入りするとのこと。

やっぱり共通の趣味があるとわかると話をしてて楽しい!
いい出会いがあって良かったな。
d0257690_2335379.jpg

さて、彼と別れを告げて、ゆっくりとバス乗り場へ戻ります。
ゆっくりと温まったので、疲れもだいぶ取れました。

またスリリングな橋を渡って元の場所へ。
バスの時間まで30分くらい、日も暮れてきて、寒いくらいになってきました。
d0257690_2383235.jpg

17:30発のバスで金沢駅へ戻ります。
席に座った途端に疲れがどっと出て、駅に着くまで爆睡でした。

18:55に金沢駅に戻って来ました。
21:00発のかがやきで帰るので、あと2時間。

夕食は金沢カレーを食べると決めていました。
しかし金沢カレーの店は全て駅から離れているので、またレンタサイクルを借りて、近江町方面へ。
d0257690_23185049.jpg

近江町にはたくさんの金沢カレーの店があるようですが、19時過ぎのこの段階でもう閉まっている店が多すぎて焦りました。

そんな中でもやっと空いている店を見つけました。

近江町の地下街にある金沢カレーの店『ゴールドカレー』に入りました。
d0257690_2320423.jpg

カツカレーを注文。

美味しかったなぁ。
銀の皿に入っていて気分が高まる!

Mサイズにしたけど、これならもっと食べれたかな。
d0257690_23264920.jpg

自転車を返却して再び駅へ。

職場へのお土産を買ってから、一息つくカフェを探したのですが、どこも20時には閉まってしまったみたい・・・

やっぱりここは東京の感覚でいたら駄目だな。
カフェは諦めて改札内へ。
d0257690_23333613.jpg

21:00発の東京行きのかがやきに乗車します。

熊谷は勿論、高崎にも停車しないので、大宮まで出ることにはなってしまいます。
d0257690_23363138.jpg

じゃあね金沢!
また来るよ。
d0257690_23391647.jpg

職場の人へ買ったお土産のまんじゅう。
1個だけ自分用に買いました。

あとから抹茶の香りがふわーっと突き抜ける、不思議な感覚でした。
d0257690_23432074.jpg

富山を過ぎたあたりで車内販売がやってきました。
帰りはホットコーヒーとアイスクリーム。

音楽を聴いてあっという間に大宮到着。
北陸、近くなったなぁ、とつくづく実感出来ます。

熊谷を通過したときは「あぁ、ここで降ろしておくれ。」なんて思いますがそうはいかず。
d0257690_23473897.jpg

Maxたにがわで熊谷へ。

日付が変わる頃に帰宅出来ました。
ふぅ、仕事終わりからの北陸旅行はなかなかハードだったなぁ。

翌日の仕事も少ししんどかったです。

それでも新幹線開業に沸く北陸へ行けて良かったと思います。
美味しいものもたくさん食べられたし、素晴らしい景色もたくさん見れたので大満足です。

まあ、ちょっと詰め込みすぎた感はあるけど(笑)
北陸、今度は時間をたっぷり取って行きたいな。

さあ、仕事が落ち着いてきたら台湾旅行記も再開しようかな。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-04-18 21:43 | 国内旅行記 | Comments(2)

北陸新幹線 開通記念の旅!③[2日目] (金沢市内観光)

北陸新幹線 開通記念の旅!①[1日目] (北陸新幹線で富山へ)
北陸新幹線 開通記念の旅!②[2日目] (富山から金沢へ)


2015年3月18日(水)

北陸旅行からもう1か月・・・

台湾旅行記も途中になってるし、早く書かなければ!
d0257690_21133212.jpg

金沢に9時頃、到着。

12:45発のバスで白川郷へ向かうので、3時間45分で金沢を一通り観光しなくてはなりません。
時間との戦いでもあります。
d0257690_21185827.jpg

そこで選んだ移動手段は自転車!
レンタサイクルです!

金沢は都会なのに地下鉄はおろか、路面電車も走っていません。

バス路線は充実していますが、あんまりバスが好きではない私は自由気ままに移動できるレンタサイクルを選びました。
d0257690_21215857.jpg

金沢観光では有名なレンタサイクル(まちのり)。

クレジットカードで基本料金200円を支払い、市内に何か所もあるポートで30分以内に乗り継げば200円だけで乗り放題という夢のような移動手段。

最初はシステムがわからず戸惑っていましたが、係員の方が丁寧に教えてくれて助かりました。
金沢駅Aポートで借りて、サイクリングスタート!
d0257690_21262141.jpg

金沢駅の正面に来ました。

いやぁ〜、近未来的な立派な駅舎だ!
d0257690_21281738.jpg

旅先でレンタサイクルなんて何年ぶりだろう?

レンタカーより直に風を感じて走れるので、この時期は最高に気持ち良いです。

近江町を通過して、まずは兼六園へと向かいます。
d0257690_21373110.jpg

この自転車が信じられないくらいスピードが出て快適!
ペダルが軽いんですよね。

スイスイ走れて最高でした。

中央公園の文化交流館を通過。
ここまで15分くらい、実に順調でした。
d0257690_2138869.jpg

ただ、兼六園へ行くには急な坂を上がらなければいけません。

さすがに降りて転がして上がりました。
このあたりから日差しが強くなってきて暑いくらいに。

厚着してきたので、暑くて暑くて大変でした。
d0257690_21435087.jpg

兼六園に着いた!と思ったのですが、ここには駐輪場がありません。

受付の人に聞いて、近くのポートまで向かいます。
d0257690_2145378.jpg

5分程走ったところに、兼六園ポートがありました。

ここに停めて入場券を買って、兼六園観光の開始。
d0257690_214712.jpg

まずは兼六園を代表する景色、霞ヶ池で記念撮影。

テレビでは何度も見たことある景色ですが、自分の目で見るとやっぱり特別です。
ただ時期としては中途半端だったかな。

雪化粧した兼六園、桜吹雪の舞う兼六園、素敵だろうなぁ。
d0257690_22345088.jpg

言わずと知れた日本三大名園である兼六園に来るのは初めて。

前回初めて金沢に来た時はまだまだ子供だったので、庭園になど興味は無く食べ物ばかりに夢中でした。
この年になって来るからこそ、いろんなことが感じられるのです。
d0257690_22394646.jpg

外国の方もたくさんいらっしゃいましたね。

日本人の私でも初めて来たのに、数ある日本の観光地を差し置いて、兼六園とは。
通だなぁと思いますねぇ。
d0257690_22414794.jpg

和の雰囲気に癒されます。

駅から自転車で約30分。
上り坂もあり暑かったですが、ゆっくり園内を歩いて涼んできました。
d0257690_22441069.jpg

日本最古と言われているのがこの噴水。
何とも涼しげで良いですね。

お店もあって、ここでゆっくりお茶なんてしたら最高だと思いますが、時間が無いので今回はパス。

次回はゆっくり時間をとって必ず!
d0257690_22531920.jpg

椅子に座って、まっぷるやスマホで情報収集。

ポートに戻って、自転車で金沢駅へと戻ります。
兼六園の陰に隠れつつある金沢城は少し見えました。
d0257690_2257454.jpg

本当はここから直で東茶屋街に行こうと考えていたのですが、恥ずかしながら道に迷いまして(笑)、とりあえず駅に戻ることに。

駅のポートに自転車を返却して、東茶屋街まで何で行こうか考えます。
バス停に行ってみると、新幹線効果なのか、大行列でこれは駄目だと思い、タクシーに乗ることに。

そしたらその選択が大正解!
タクシーのドライバーさんが本当に良い人で、東茶屋街の見どころや、そこから近江町への時間、さらには白川郷の雪情報などいろいろ解説してくれました。

道に迷って良かったぁ(笑)
d0257690_2393915.jpg

ドライバーさんにお礼を言ってタクシーを降りると、そこはもうテレビでよく見る茶屋街。

江戸時代の雰囲気が色濃く残る東茶屋街も今回が初めて。

なんて素晴らしい風情のある茶屋街なんだろう。
やっぱりテレビや雑誌で見るのとは全然違います。

江戸時代にタイムスリップしたような感覚になれるのは、実際に訪れてこそ。
d0257690_23145943.jpg

タクシーの運転手さんから、一見さんお断りの店も多いと聞いたので、さすがに1人では入れませんが、素敵な感じの店がたくさんありました。

人も思ったほど多くなくて、割とゆったり散策出来ました。
d0257690_2317398.jpg

こういった裏路地にも魅力があります。

ここも何度訪れても飽きないと思うなぁ。
d0257690_232181.jpg

金沢に住んでいたらきっと月に1回は来るだろうな。

名残惜しいですが、そろそろ茶屋街とはお別れ。
d0257690_23232551.jpg

タクシーの運転手さんに教えてもらった通り、近くのポートから再び自転車で、近江町へ向かいます。
d0257690_23245838.jpg

東茶屋街から近江町まで自転車で5分くらい。
歩いたら20分くらいですかね。

『福井』とか書いてある案内板を見ると、遠くへ来たもんだなぁと思います。
d0257690_23304478.jpg

武蔵ポートに返却して3分歩いて近江町へ。

近江町いちば館は2階が飲食店のフロアになっているので、そこでお昼を食べるといいとタクシーの運転手さんからアドバイスをもらいました。
d0257690_094970.jpg

兼六園、東茶屋街、近江町市場と金沢3大観光スポットを制覇!

時間に追われて大変だったけど、良かった。
あとはここで昼を食べて駅へ戻らないと。

活気ある市場で眺めているだけでも十分楽しめます。
でも次回はエビかカニを食べたいな。
d0257690_0104921.jpg

昼時になって人も多くなってきたので、入りやすそうな店にサッと入ってしまいました。

私が入店してから5分も経たないうちに、大混雑となったのでラッキーでした。
d0257690_0125286.jpg

やっぱり金沢に来たら海鮮丼は食べないとね!

1,950円と少々奮発しましたが、美味しくて満足。
北海道の海鮮丼とはまた一味違っていて面白い。

それから抹茶入りのお茶も美味しかったなぁ。

さて、お腹も満たされたところで駅へ戻って、高速バスで白川郷へと向かいます。
次回が最終回かな。なるべく早めに更新したいと思います。

北陸新幹線 開通記念の旅!④[2日目] (世界遺産・白川郷へ)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-04-14 21:51 | 国内旅行記 | Comments(0)

北陸新幹線 開通記念の旅!②[2日目] (富山から金沢へ)

北陸新幹線 開通記念の旅!①[1日目] (北陸新幹線で富山へ)


2015年3月18日(水)

2日目、6時に目覚ましをかけたものの、5時半には目を覚ましました。
お茶を飲みながらニュースを観ているとすぐに朝食の時間に。

6時半ちょうどに10階の朝食会場へ。
d0257690_19172874.jpg

チェックイン時に貰った朝食券を渡して、楽しみにしていた朝食バイキングの開始!

バイキングの種類が豊富で、こんなに豪華な朝食になりました!
北陸産の食材にこだわっているようで、ご飯が進むおかずばかりです。

食べたかったホタルイカの沖漬けが特に美味しかったなぁ(^^♪
d0257690_19212739.jpg

食後はコーヒーとヨーグルト。

もう満腹。

いやぁ〜美味しかったぁ!
美味しくて食べすぎちゃった。

大満足です。

部屋に戻って少し時間を空けてから朝風呂へ。
朝風呂なんて普段入らないから、旅行のときくらい。

いいもんですねぇ。
d0257690_19255065.jpg

支度を整えて8時にチェックアウト。

朝食に大浴場と大満足のホテルでした。
富山に来たらまた利用したいと思います。

ホテルを出るとすぐ市電が走っているのも味があっていいですねぇ。
d0257690_19311890.jpg

路面電車大好き!

もっと路面電車が走る街が増えればいいのにな。

南富山の方へもこれに乗って行きたかったけど、時間が無いのでまた次回に行くとしましょう。
桜橋電停で、しばし列車が来るまで待ちます。
d0257690_1938387.jpg

するとやってきたのは、かなりレトロな車両!

『地鉄の高速バスで行こう!』とはどういう事だろう?

北陸新幹線に対抗しているのかな!?
d0257690_19405824.jpg

ガタンゴトンと歴史を感じる列車に揺られて、富山駅まであっという間。

こういった古い車両も、これからも残していって欲しいものです。
d0257690_19433018.jpg

朝の富山駅。

まだ工事中なので、見栄えは良くありません。

路面電車も駅構内に乗り入れたようですし、これからもどんどん発達しそうな予感。
d0257690_19451710.jpg

さて、ここから金沢に向かいます。

当初は『あいの風とやま鉄道』に乗っていく予定でした。
それでも今回の旅は行きたいところが多すぎて、スケジュールがパンパン。

少しでも移動時間を短縮したいと考え、お金はかかりますが新幹線で向かうことにしました。
d0257690_19483710.jpg

あいの風とやま鉄道乗るのは楽しみにしていたので残念だけど、今度は時間をたっぷり確保して乗りたいと思います。

クレジットで金沢までの乗車券+特急券を購入して改札を通過。
d0257690_19514344.jpg

乗るのは富山から金沢間だけ運行の『つるぎ』。

在来線でも1時間かからない距離にある両駅間をどれだけこの新幹線を利用する人がいるのかと思いましたが、結構な利用者がいました。

富山の地元紙を読んでいても、金沢がグッと近くなって朝余裕を持って家を出れる、など歓迎の声が大きいなと感じました。
d0257690_195723.jpg

富山駅を発車。

さっき乗った市電も見えます。
またね富山。
d0257690_2123756.jpg

金沢までは約20分。
速いなぁ。

これだけ近いなら、両方いかないと損ですね。
d0257690_21251048.jpg

あっという間に金沢に到着!

この後は兼六園・東茶屋街・近江町市場など市内観光をしてから、バスで白川郷へ行きます。
今振り返るといろいろ詰め込みすぎたなぁと思いますが、これもこれでよい思い出。

あと2つか3つの記事にわけて、順に更新していこうと思います。
今回はここまで。

北陸新幹線 開通記念の旅!③[2日目] (金沢市内観光)
北陸新幹線 開通記念の旅!④[2日目] (世界遺産・白川郷へ)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-04-04 19:57 | 国内旅行記 | Comments(0)

北陸新幹線 開通記念の旅!①[1日目] (北陸新幹線で富山へ)

テレビは北陸新幹線一色ですね。

待ちに待った北陸新幹線の開業。
埼玉県北部に住む私にとって、富山・石川はかなり行きにくい場所で、それぞれ1回ゼミ旅行で行っただけ。

それが新幹線の開通によって、1回の乗り換えで行けるようになるのです。

1年以上前から、新幹線が開通したら行こうと決めていた旅。
満を持して行ってきました。


2015年3月17日(火)

d0257690_2031042.jpg

18時に仕事を終えて、そのまま熊谷駅へ。
荷物をコインロッカーに預けて、事前に購入した切符で新幹線ホームへ。

熊谷から新幹線に乗るなんてなかなか無いことだから、新鮮な気持ちです。
d0257690_20351958.jpg

熊谷には北陸新幹線が停まりません。

まずは大宮か高崎に出る必要があります。

なのでまずは、18:55発のMaxたにがわ・越後湯沢行でまずは高崎へ。
d0257690_2039875.jpg

2階建て車両は全て自由席ですが、熊谷では空きが見当たりません。

次の本庄早稲田で空いたので、1区間ですが座りました。

普段は高崎まで行くのに絶対に新幹線は使わないけど、今回は18時まで仕事で、少しでも速く移動したいので新幹線にしました。
私は庶民なので、新幹線に乗るとリッチな気分になります。

それにしても、新幹線は飛行機に乗る前のような緊張感は無く、リラックスして乗れるのでやっぱりいいです!
d0257690_20522625.jpg

約15分で高崎に到着。やっぱり新幹線は速い!
ここでホームを降りて夕食場所を探します。

高崎名物、だるまがお出迎え。
d0257690_20552093.jpg

どうやら改札は出れない切符だったようで(汗)、改札内にあるそば屋で夕食に。

かき揚げ丼と温かいそばのセット。
うーん。あんまり美味しくなかったな。

山田うどんのかき揚げ丼セットのほうが、ずっと美味しいな。
d0257690_2057972.jpg

ホームに戻ると、さっき乗ったMaxたにがわの別の車両がやってきました。
同じ2階建て車両だけど、さっき乗ったのはアヒルみたいなデザインであんまり好きではありません(苦笑)

こっちの車両のほうがデザイン的にはいいと思います。
ちなみにこの写真、Maxの隣を高速で通過しているのは北陸新幹線・かがやきです。
d0257690_2165556.jpg

私が乗るのは19:13発はくたか・金沢行き。

11番線でしばらく待ちます。
遂に北陸新幹線に乗れるんだと思うと、ドキドキしてきました。
d0257690_21372667.jpg

そして、遂に北陸新幹線がやってきました!
か・・・かっこいいぃぃ!!!

本当に見惚れてしまうカッコよさです。
鮮やかなブルーに金沢の金色のラインが入っていて、洒落てますよね。

素晴らしい!
d0257690_21452943.jpg

始発ではないので、写真を撮ったら素早く乗車。

グランクラスはおろか、グリーン車にも手が出ないので普通の指定席に乗車。
シックなデザインで落ち着いた空間でした。

定刻通りに高崎を出発。
静かに動き出して徐々に速度を上げてゆき、トップスピードに。

乗り心地はかなり良かったです。
ほとんど揺れません。
d0257690_21512293.jpg

機内誌はJR西日本のもの。

そうか。長野から先はJR西日本の管轄になるんだった!
JRも東日本以外に乗るとなると、なんだかワクワクしてきます。
d0257690_2156267.jpg

車内販売も楽しみの1つ。

ここで飲むコーヒーが楽しみだったので、高崎駅ではあえて食後にカフェをしませんでした。
ずっとワゴンがまわって来るのを待っていたのですが、なかなか来ません。
d0257690_2202949.jpg

あっという間に軽井沢を通過。

軽井沢ってこんなに近かったっけ!?
本当に軽井沢まですぐでした。
d0257690_2215985.jpg

そうそう、北陸新幹線は全席にコンセントが付いているんですよね。
スマホを充電。これは便利だ!

全く暇を持て余すことなく、長野到着。

ここからはJR西日本の管轄となり、乗務員の方も東日本から西日本の方へと交代となります。
結局東日本管内では車内販売は1度も来なくて、飯山辺りでようやく来てくれました。
d0257690_2272736.jpg

北陸新幹線のオリジナルコーヒーとスイーツのセット400円。

これは美味しいコーヒーで、スイーツによく合います。
北陸新幹線の乗車記念にもってこいのメニューですね。
d0257690_22114223.jpg

列車は新潟県糸魚川を通過して富山県に突入。

北陸気分も高まってきます。
黒部宇奈月温泉駅では結構な人が降りていきました。

ここの温泉街は駅から大分離れているようで、タクシー利用になるのかな?
いつか来てみたいな。
d0257690_2215575.jpg

そして高崎を出てから2時間後の21:30に富山駅に到着!

あっという間の新幹線旅だったなぁ。
遠かった北陸がここまで近くなるとは、感動します。

金沢まで行く列車を「明日行くからね〜」と見送ります。
d0257690_22255730.jpg

階段でホームを降ります。

やっぱり富山で降りる人はそんなに居なくて、みんな金沢まで行くようでした。
富山もいいところなのにな・・・。

切符は窓口で言えば無効印を押して貰うことも出来ます。
私は必ず貰って、日誌に貼り付けるようにしています。そうすることによって、より旅の記憶が鮮明に蘇るのです。
d0257690_22393072.jpg

さて、改札を出てどうするか。

そのまますぐホテルへ向かうのは勿体ないので、少し散策します。
d0257690_22414482.jpg

改札を出るとすぐ目に飛び込んできたのは路面電車!

今月から富山駅にも乗り入れるようになったそうで、これは便利でいいなぁ。
雨の日も濡れないで済むし。
d0257690_22434765.jpg

富山の路面電車というと、新型車両をイメージしますが、こういった懐かしい電車もたくさんあって、見ていて楽しいです。

もう少しぶらぶらするので、この列車には乗りません。
d0257690_2249172.jpg

しばらくぶらぶらして、富山地方鉄道のほうへ。

大学のゼミ旅行で富山地方鉄道を利用したので、ここのドトールも見覚えがあって、懐かしい思いに浸れました。
d0257690_2251185.jpg

また機会があれば、これに乗って黒部ダムに行きたいなぁ。
改札もローカル線らしい雰囲気が漂って素敵。

それから、ローソンで夜食と新聞、翌日のバスのチケットを購入。
d0257690_22545224.jpg

少し時間があったので、駅2階を見てみました。

ちょっとした休憩所になっているようです。

こういう落ち着ける空間って大事ですよね。
d0257690_22564851.jpg

ゆったりと市電を眺めつつ、この列車が発車するのを見届けてから、次の列車をゆっくり待ちます。

そうすると、地元のサラリーマンの方達に話しかけられて、「北陸、楽しんでね!」と言って頂きました。
こういう触れ合いがあるから旅はやめられないんです。
d0257690_22592563.jpg

やってきたのはイメージしていた新型車両!

これに乗車して、ホテル近くの『桜橋』まで行きます。

料金は200円均一。
d0257690_20564992.jpg

綺麗な車内。

昔ながらの路面電車が好きだけど、こちのほうがバリアフリー化されていて、これからは重宝されるんだろうなぁ。
d0257690_2102133.jpg

富山駅を出発。

出発したものの、信号に何回も引っかかって、なかなか進みません。
これなら歩いたほうが速いかも(笑)

でも、そのゆったり感が路面電車の良いところでもあります。
d0257690_2133536.jpg

富山駅から約8分、桜橋電停で下車。

その桜橋電停のすぐ目の前にあるのが、今回お世話になる『富山マンテンホテル』。
このホテルを選んだ理由は朝食と、路面電車に少し乗っていくにはちょうど良い距離感だということ。
駅前にもたくさんホテルはあるけど、少し離れてるくらいのほうが自分は好き。

フロントでチェックイン。
おしぼりを出してくれてとても気持ちの良い接客で、6階の部屋へ。
d0257690_217335.jpg

思ったより大きなホテルでした。

フロアも広々していて、とっても綺麗です!
d0257690_2181180.jpg

部屋は広くはないけど、清潔感があってゆったり寛げました。

やっぱりホテルの部屋は、広さより、どれだけ家のように寛げる雰囲気か、が重要だと思います。
その点、この部屋はとても居心地が良かったので、十分満足でした!
d0257690_21105762.jpg

まずは小腹が減ったので、ローソンで買ったおにぎりで夜食にします。

北陸新幹線開通記念のおにぎりで、美味しかったなぁ。
d0257690_21133079.jpg

当たり前だけど天気予報も北陸中心で、関東は東京だけ隅っこに表示。

こういう事でも、遠くに来たんだっていう旅の気分が高まります。
d0257690_2117272.jpg

一息ついたら11階の大浴場へ。

想像以上に広くて、露天風呂もあって気持ち良かったぁ!
仕事からの旅、疲れが吹っ飛びました。

ゆっくり温まって出てきました。
d0257690_21215195.jpg

風呂上がりにビンのコーヒー牛乳が売って売りのもポイントが高いです。

なかなかビジネスホテルの大浴場では見ないですもんね。
やっぱり湯上りにはこれに限ります。
d0257690_2124723.jpg

部屋に戻って、日誌を書きつつ、ローソンで買った富山新聞をゆっくり読みます。

旅に出ると、その土地の新聞を買って読むのが好きなんです。
富山新聞の一面記事はやはり北陸新幹線の話題でした!
d0257690_21294497.jpg

ゆったりと過ごして、夜も更けてきたので、そろそろ就寝。
旅先での夜は楽しいなぁ。

仕事が18時に終わって、ここで寝るまでが6時間少々。
かなり充実した6時間でした。

翌日は金沢、白川郷へと向かいます。

北陸新幹線 開通記念の旅!②[2日目] (富山から金沢へ)
北陸新幹線 開通記念の旅!③[2日目] (金沢市内観光)
北陸新幹線 開通記念の旅!④[2日目] (世界遺産・白川郷へ)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-03-23 23:28 | 国内旅行記 | Comments(0)

弾丸!名古屋コンサート旅行


2014年12月10日(水)

miwaのライブ観戦に、名古屋まで遠征してきました。

せっかく名古屋まで行くんだし、多少観光もしないと勿体無い、ということで少し観光もしてきました。
d0257690_14411650.jpg

自宅を5時に出て、新宿に7時前着。

バス乗り場までここから歩いても行けるのですが、最寄の都庁前まで大江戸線に乗ってみることに。
大江戸線は意外に乗るの始めてかも。

新宿から都庁前まで1区間なので3分程度。
なかなかいい感じの車内でした。
d0257690_14481952.jpg

駅を出ると立派な東京都庁が。
バスターミナルはこのすぐそばにあります。

8時出発のバスなので、30分ほど待合室で待って、7:45から乗車開始。
d0257690_14531185.jpg

行きはここ新宿から、名古屋南ささしまライブまで、『Willer Express』に乗って行きます。

楽天トラベルで予約をしていて、名前を伝えるだけで乗車出来ました。
d0257690_14552683.jpg

東名高速をひたすら走り続けます。

車内は4列座席ですが、そこまで窮屈な感じではなくて割りと快適でした。
休憩は海老名と掛川で2回あると事前に予告されます。

新宿出発から約1時間で1回目の休憩所、海老名SAに到着。
休憩時間は30分と長くて暇でした。
d0257690_1561012.jpg

よく晴れていたので富士山も見えました!

さて、海老名を出て約2時間さらに走ります。
d0257690_15111651.jpg

2回目の休憩は静岡は掛川SAです。

時刻は11時過ぎ。
ここでも30分あるので、昼食にしましょうか。
d0257690_15144038.jpg

フードコートの『OK牧場』という店で醤油ラーメンを食べたんですが、美味しくなかった・・・。
販売機でコーヒーを買ってバスに戻ります。

ここからまた約2時間。
d0257690_15193569.jpg

13:50に名古屋南ささしまライブに到着しました。

久しぶりの名古屋!
この時点ではそこまで疲労感はなく、ライブまで名古屋を楽しもうと心していたのでした。
d0257690_15214424.jpg

バスを降りて、名古屋駅まで15分程度歩きます。

三大都市圏だけあって、名古屋はやはり大都会ですね。

観光といってもライブまでそこまで時間がありません。
d0257690_15263023.jpg

とりあえず名古屋城だけは行こうと考え、地下鉄を乗り継いで向かうことに。

桜通線で久屋大通へ、名城線に乗り換えて市役所まで行きます。
d0257690_153094.jpg

市役所駅に到着。

駅を出るとすぐに名古屋城が見えます。

南門から入場券を500円で買って入場。
d0257690_20432648.jpg

正直、城にはそんなに興味があるわけでは無いのですが、見とれてしまいました。

さすが、日本を代表する城とだけあって、かなり立派です!
松本城を見たときと同じくらい、ときめきました。
d0257690_20453344.jpg

勿論、中にも入れますよ。

うーん、立派だ!

やっぱり金のシャチホコは、とりわけ外国人観光客に人気のようでした。
d0257690_20572299.jpg

日本人なら誰でも知っている、家康、秀吉、信長。
この3人も外国人から人気のようでした。

そして、階段を上がっていきます。
なかなか急な階段で、厚着だったので暑い暑い!
d0257690_2124425.jpg

スッキリとした晴れだったので、綺麗な名古屋の街を望めました。

やっぱり高いところは気持ちが良いですねぇ。

高いと言えば、テレビ塔も行けばよかったなぁ。
d0257690_21111479.jpg

さて、名古屋駅へと戻ります。
d0257690_21135136.jpg

JRの駅舎の外観。
近代的ですねぇ。

やはり名古屋駅は栄えてます。
都会の駅は歩いて回るだけで楽しいものです。
d0257690_21163384.jpg

名古屋駅周辺は想像通り、いろんな店があって1日中遊べそう。

名鉄も乗りたかったなぁ。
あと近鉄も。
d0257690_21195430.jpg

さて、ライブ会場に向かう前に、夕食を済ませなければなりません。
名古屋と言えば美味しいごはんですよね!

まだ16時と早いですが、とりあえずはエスカ内にある、名古屋名物のきしめんの店に。
d0257690_21213424.jpg

1番スタンダードなきしめんを注文。

きしめんは初めて食べました。

思ったよりずっとあっさりしていて、なかなか好みの味でした!
d0257690_21233292.jpg

続いて味噌煮込みうどんの店へ。

これはなかなか癖があって、好き嫌いが分かれる味かも。
でも自分は嫌いじゃないな。

きしめんと味噌煮込みうどん、名古屋めしを食せて満足です。
d0257690_2131421.jpg

さて、名古屋観光を終えて、日本ガイシホールへと向かいます。

ガイシホールは地下鉄では行けないようで、JRで行きます。

ここまでバスで来たので、いきなり名古屋でJRに乗るのは不思議な感じがします。
d0257690_21324984.jpg

豊橋行きの快速列車、今日は笠寺に臨時停車するということで乗車。

10分程度でガイシホールの最寄り駅、笠寺に到着。
d0257690_2134289.jpg

電車の中はmiwa会場に向かうmiwaファンで一杯。

ここからは観光モードからライブモードへ切り替えて、ライブを楽しみました。
詳しくはこちらをご覧下さい。

miwa 39アリーナライブ @ 日本ガイシホール

d0257690_21382953.jpg

ライブが終わって名古屋駅に戻ってきて、新幹線口のドトールで一息つきます。

チョコバナナケーキとロイヤルミルクティー。

ここで少しライブの余韻に浸ることが出来ました。
d0257690_21394220.jpg

そしてバスの待合所へ。

VIPラウンジといって、なかなかしっかりとした待合所でした。
d0257690_21404693.jpg

23時名古屋発、埼玉志木行き『VIPライナー』に乗車。

発車と同時に消灯し、全ての座席がフルにリクライニング。
夜行バスの中では広いほうなんだろうけど、あんまり寝れなかったなぁ。

秋葉原、東京駅を経て、6時半頃さいたま新都心に到着しました。
d0257690_21434589.jpg

新都心からは熊谷まで乗り換え無しで済みます。

一旦帰宅して、支度を整えて出勤。
ライブの疲れや寝れなかったこともあって、昨日の仕事は地獄でした。
もうこういうハードなスケジュールを組むのはやめようかな。

それでも名古屋の街を楽しめたし、大好きなmiwaのライブにも参加出来て満足でした。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2014-12-12 15:31 | 国内旅行記 | Comments(0)

弾丸!大分・熊本旅行 ④ [3日目] (市電と熊本城、阿蘇をドライブ)

弾丸!大分・熊本旅行 ① [準備編&1日目]
弾丸!大分・熊本旅行 ② [2日目] (ジェットスターで大分へ、友人と別府をドライブ)
弾丸!大分・熊本旅行 ③ [2日目] (大分から博多経由で熊本へ)

大分・熊本旅行記の最終回、すっかり遅くなってしまいました。
もう2ヶ月くらい前のことになりますが、最終回です。


2014年10月9日(木)

最終日は市電と熊本城をカメラに収めて、ホテルの朝食で熊本名物を堪能。

チェックアウトして駅前でレンタカーを借りて、阿蘇をドライブ。

そのまま熊本空港で返却して、ソラシドエアで羽田へ。
そこから武道館のボストンライブに参戦、というなかなかハードなスケジュールです。

やることがたくさんあるので5時前には起床。
結構寝不足です。

5時半に荷物を置いて身軽にホテルを出発。
最寄の慶徳校前電停へ歩きます。
d0257690_1694760.jpg

市電はすぐにやってきました。
なかなか混んでいて車内の写真は取れませんでしたが、目的の通町筋までは5分少々。

通町筋は去年も少し来たわけですが、いろんな商業施設が充実していて、もっと時間があればいろいろ見て回りたかったなと思います。
d0257690_16173958.jpg

通町筋電停は、熊本城と市電を一緒に撮影するには、もってこいの電停です。

前回もここで撮影したかったのに、時間が無くて出来なかったのです。
市電と熊本城の2ショット写真。

ここからは撮った写真を羅列していきますよ。
d0257690_16201493.jpg

熊本駅方面のホームのほうが、撮影には適していますね。

この白い車両が、レトロで1番好きです。
d0257690_16212972.jpg

この水色の車両も良いですねぇ〜!

それにしても次から次へと電車がやって来ます!
本数が多いです。
d0257690_16222749.jpg

いやぁ~!
いろんなラッピングのカラフルな電車を見ていると、本当に楽しい!

路面電車の走る街、最高!
d0257690_16251567.jpg

満足して慶徳校前に戻ってきました。
車内は通勤・通学客でラッシュでした。

ホテルへ戻ります。
d0257690_1628354.jpg

そんなに時間は無いけど、朝食前に朝風呂に入りました。

たまに入る朝風呂は良いものですねぇ。
いい湯で気持ち良かった!
d0257690_1630383.jpg

そして9階のレストランで朝食です!
このホテルにした決め手が、熊本の食材を味わえるこの朝食だったので、楽しみです。

眺めの良い会場で、バイキング形式。
d0257690_16313165.jpg

「馬肉味噌」に「辛子れんこん」、「たいぴーえん」・・・
熊本の郷土料理が満載!

バイキングの品数も豊富で本当に美味しかったです!

たいぴーえんの後は「だんご汁」も食べました。
d0257690_16394459.jpg

そして最後はヨーグルトと紅茶。
大満足の朝食でした!

さて支度を整えて8時半にはホテルをチェックアウト。

市電で熊本駅前へ。
d0257690_16415974.jpg

最後は新型車両に乗れました。

新型車両は2両編成で、車掌さんも乗務していました。
熊本の市電は乗車率が高いので、2両がちょうど良いかもしれませんね。
d0257690_16451134.jpg

熊本駅前に到着。

明るい時間に熊本駅に来るのは初めて。
白い駅舎だったんだぁ。

さて、駅前のニッポンレンタカーで車を借りて阿蘇へ向かいます。
ここからは運転するのでまた写真の数は一気に減ります。
d0257690_16482196.jpg

時間の関係で、今回は草千里ヶ浜は諦めて、大観峰にだけ行くことに。

市街地から離れて、だんだん山景色になっていくのが楽しい。
d0257690_16512734.jpg

熊本駅から1時間半くらいで大観峰に到着しました。

指定したわけではないのに、車は前日と同じ日産ノート。
しかも色も同じシルバー。
d0257690_1656492.jpg

車を停めて、頂上までは歩いて5分程。
風がとっても心地良かったです。

そして頂上に到着。
関東から遥々1人でやってきたんだと思うと、いろいろ思うところがありますねぇ。
d0257690_16585624.jpg

美しい風景に心が洗われました。

先日の噴火が信じられないなぁ。
自然は生き物なんですねぇ。
d0257690_1711865.jpg

目の前に広がっていたのは、非日常そのもの。

テレビでは良く見る風景ですが、やっぱり自分の目で体で感じる自然は最高です。
来た道を引き返し、車へと戻ります。
d0257690_1751473.jpg

駐車場からの景色も絶景です。

ここに雪が積もった景色も綺麗なんだろうなぁ。
いつか見てみたい。
d0257690_1763226.jpg

名残惜しいですが、時間も無いので空港へと向かいます。

車では勿論、数時間後に生で観るボストンをずっと流していました。
ボストンはドライブにぴったり!

途中ファミマに寄って休憩しつつ、空港へ。
d0257690_1793359.jpg

空港営業所でレンタカーを返却して、空港まで送迎バスで1分程。
13時過ぎに熊本空港に到着しました。

チェックインを済ませてから昼食に。
d0257690_17121855.jpg

適当に入ったレストランでビーフカレーを食べました。

なかなか美味しかったです。
d0257690_17131056.jpg

それから阿蘇で食べ損ねた、ソフトクリームも食べました。
阿蘇へ行ったら絶対食べたいと思っていた、ソフトクリームを食べ忘れるなんて・・・

これも濃厚で美味しかった!
d0257690_17145634.jpg

外で涼んでから、保安検査場を通過。

熊本空港は北海道で言うと、旭川空港くらいの大きさかな?
飛行機の便数は多くない感じでしたが、ほのぼのとした雰囲気でした。
d0257690_17163840.jpg

帰りは3度目のソラシドエア!

初めて利用してから大好きな航空会社です。
熊本空港からもジェットスターが出ていましたが、ソラシドにも乗りたくなったのです。

料金もそこまで変わりませんしねぇ。
d0257690_17172837.jpg

さすが、ジェットスターを利用した後だとレガシーはやっぱり広く感じますねぇ。

機体も大きいので、やっぱり安心感があります。
それから乗務員さんもとても感じ良いのです!
d0257690_1719949.jpg

席は翼付近の窓側。

揺れもほとんど無くて快適なフライトでした。
d0257690_1720474.jpg

サービスのドリンクはホットコーヒーにしました。
ソラシド限定のアゴダシスープもお勧めです。

飛行機は定刻どおり16:20に羽田空港に着陸。
d0257690_17214732.jpg

ANA、エアドゥ、ソラシドエア。
国内の3大好きな航空会社が共演を果たしました。

前から思っていましたが、ソラシドエアって、九州のエアドゥって感じがします。
d0257690_17234263.jpg

ここから武道館の九段下へ向かうわけです。

開業50周年を迎えた東京モノレールで浜松町へ。
d0257690_17251462.jpg

最近は成田空港ばかりだったので、モノレールも久しぶりです。

やっぱり東京モノレールは良いですねぇ。
スピード感が堪りません。
d0257690_17253678.jpg

銀座線、東西線を乗り継いで、18時には九段下、武道館に到着しました。
ライブについてはこちらをご覧下さい。

BOSTON 日本武道館ライブ

21時半にはライブが終わって、日が変わる頃に帰宅。
ハードなスケジュールでかなりの疲労感でしたが、旅行にライブに楽しめました!

3度目の九州、良い思い出になりました。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2014-12-03 19:26 | 国内旅行記 | Comments(2)

弾丸!大分・熊本旅行 ③ [2日目] (大分から博多経由で熊本へ)

弾丸!大分・熊本旅行 ① [準備編&1日目]
弾丸!大分・熊本旅行 ② [2日目] (ジェットスターで大分へ、友人と別府をドライブ)


2014年10月8日(水)

さあ、レンタカー営業所から徒歩数分。
大分駅へやって来ました。
d0257690_1711881.jpg

この大分駅、前回来たときは大規模な工事中でした。

あれから約1年ぶりに来て、だいぶ出来上がってきた感じです。(写真の反対口はまだまだ工事中でした。)

もう日も傾き始め。
d0257690_1762882.jpg

各種切符はJR九州のホームページで予約済み。

券売機でクレジットカード番号と予約番号を入力して発券。
改札を通り、ここから列車旅の始まりです。
d0257690_1782542.jpg

駅構内も近代的で、かなり綺麗になりましたね。

大分は別府ばかりに注目しがちですが、思えば大分市が県庁所在地ですもんね。
d0257690_17112541.jpg

この広告は至るところで見かけました。

大分と鹿児島、どっちかを取るかなんて酷だよなぁ。
九州は魅力的な県ばかり。
d0257690_17155828.jpg

ホームにはすでに乗車する特急ソニックが入線済み。
この列車でまずは博多へ向かいます。

ソニックは昔から電車でGOで運転したりしていて、ずっと乗りたかったんです。
d0257690_17183167.jpg

長距離なので指定席にしました。
JR九州はデザイン、やっぱり凝ってるなぁ~!

時間にあまり余裕はありませんでした。
大分駅に着いたのが16:50で、17:10大分駅発。
d0257690_17292087.jpg

特急列車から見る普通列車。

普段は圧倒的に普通列車に乗ることが多く、普通列車の旅も大好きですが、こうやって見るとちょっとした優越感に浸れます。
d0257690_17331643.jpg

列車は車で来た道を戻っていきます。

あっという間に、数時間前まで居た別府駅周辺。
d0257690_17333340.jpg

別府タワーを見えました。

また来るよ、別府!
d0257690_17374440.jpg

別府を過ぎて夕暮れ時。

列車の旅ってやっぱり安心します。
車の旅もいいんだけど、やっぱり私は列車旅が好き。

安心して疲れがどっど出て眠くなってきました。
杵築を通過する辺りで、ワゴンサービスが回ってきました。
d0257690_17441398.jpg

温かいお茶(100円)を購入。

関東の列車に比べるとだいぶ揺れるので、少し酔ってきていたので、お茶は酔い止めになりました。
d0257690_17474340.jpg

いつの間にか眠っていて、気づいたら小倉でした。

小倉では進行方向が変わるのです。
ワゴンサービスの係りの方が教えてくれて、椅子を回転させます。

寝ている間に福岡に入ってしまったので、すぐにウォークマンを出してYUIを聴き始めます。
やっぱり福岡といったら自分の中ではYUI。



福岡で聴くYUIは特別です。
初めて福岡に来たときのことなど、福岡の景色を眺めていろいろ思い出しながらYUIを聴くのでした。
d0257690_1893229.jpg

19:29博多到着。

いやぁ~結構疲れました。
結構列車酔いしてしまったようで、とりあえず外に出て風に当たることに。

3回目の博多。
博多はやっぱり都会ですね!
博多の街の雰囲気が大好き。

街の規模にしても何となく札幌に似ているような気がします。
d0257690_18191233.jpg

今回は福岡空港で夕食にすると決めていました。

福岡空港は博多駅から地下鉄で2駅という利便性の良さが売りでもあります。
地下鉄にも乗りたかったし、福岡空港にも行きたかったので一石二鳥。
d0257690_1972519.jpg

清潔感があって、どこか落ち着く色合いの車内はグッド!

福岡空港まではあっという間でした。

日本でここまで市の中心部から近い空港も珍しいですよね。
これなら東京からでもLCCを使って日帰り旅行も十分可能だと実感しました。
d0257690_19121434.jpg

初めての福岡空港に興味津々。

ぶらぶらしたとことで、夕食をとる店を探すことに。

前々回で博多ラーメンには懲りているので、ラーメン以外で、明太子でも食べたいなと考えていました。
d0257690_19144367.jpg

やはり博多ラーメンの店はたくさんありました。

食べれないので外から雰囲気だけ味わいます。
d0257690_19165697.jpg

写真の博多ラーメン店の隣にあった博多うどんの店。
実は福岡はうどんも有名だって最近テレビで知りました。

もう8時近くになっていて飲食店はどんどん閉店になっていくので、ここに決めました。
d0257690_1919501.jpg

それでも明太子はやっぱり食べたいので、これにしました。
明太うどん!!

あっさりダシに柔らかめの麺、そして明太子が良いスパイスになって美味しかった!
やっぱり、その土地の名産を食べるのが旅の醍醐味ですね。

満足、満足!
d0257690_1927765.jpg

お土産を見てから博多に戻ります。

この時間帯、空港から博多までの地下鉄は空いていました。
d0257690_19314436.jpg

20:40には博多駅に戻って来ました。

ここから新幹線で熊本まで向かいます。
列車は21:22発。

切符は大分駅で発券済みなので、駅ビルなど少し見て歩きました。
これがとても楽しい時間。
d0257690_19382152.jpg

いい時間になったので改札を通過。

大分駅が近代的になったと言いましたが、博多駅はその比ではありませんでした。
d0257690_19393635.jpg

「鹿児島中央」、「福山」、「新大阪」・・・
行き先を見ているだけで。いろんな想像が出来て楽しいものです。

博多はどこへ行くにも便利な場所にありますね。
d0257690_19461414.jpg

ホームに上がろうとしたところで、『珈琲館』を発見。
何か甘いものを飲みたくなってしまったので、抹茶オレをさっと飲み干してからホームへ。

在来線、地下鉄ともまた違った新幹線のホームの雰囲気も好きです。
d0257690_19532567.jpg

そして私が乗車するつばめが入線。
この列車は博多〜鹿児島中央のみの運行、純粋な九州新幹線と言えそうです。

九州で新幹線に乗れる日が来るなんて、ちょっと感動!
d0257690_19571530.jpg

車内がこれまた素晴らしい!
高級感がありますねぇ。

乗り心地も最高でした。
JR九州はやはり素晴らしかったです。
d0257690_2003472.jpg

博多駅在来線のホームを見渡しながら出発。
ありがとう、博多、福岡!

ここでもずっとYUIを聴いていました。
「Why Me」、「Last Train」、「Get Back Home」・・・・・

聴いていろんなことに思いを馳せているうちに熊本に到着。
d0257690_20123427.jpg

2度目の熊本。
前回は本当に短い時間だったから今回は熊本を堪能するぞ。

降り立ったホームがまた幻想的。
d0257690_20161397.jpg

駅のすぐ前に市電乗り場があります。

前回はこの市電にちょこっと乗って熊本観光は終了したのです。
d0257690_20191914.jpg

10分程待って市電がやってきました!

ホテルの最寄の慶徳校前まで約10分。
車内は結構込み合っていて、改めて市電は市民の重要な足なんだなと実感しました。
d0257690_20213022.jpg

慶徳校前電停から徒歩5分。

予約していた、『ホテル法華クラブ熊本』に到着。
スムーズにチェックインして部屋に。
d0257690_2023664.jpg

なかなか広くて良い部屋でした!

疲れたなぁ~。
ベッドにゴロンとして熊本放送を観る、至福の時間。
d0257690_2025897.jpg

しばらく休んでから大浴場へ。
ゆっくりと足を伸ばして寛げました。

いやぁ~長い1日でした。
疲れたけど充実感に満ちていました。

12時過ぎに就寝。

弾丸!大分・熊本旅行 ④ [3日目] (市電と熊本城、阿蘇をドライブ)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2014-11-05 18:55 | 国内旅行記 | Comments(2)

弾丸!大分・熊本旅行 ② [2日目] (ジェットスターで大分へ、友人と別府をドライブ)

弾丸!大分・熊本旅行 ① [準備編&1日目]


2014年10月8日(水)

2日目は5:45に起床。

6:15から朝食開始なので、5分前から並びました。
やはり空港近くのホテルなので結構混みます。
d0257690_2145299.jpg

番茶を飲みたかったので和食にしました。
可もなく不可もなくといった感じかな。

部屋に戻って急いで支度をして6:50にはチェックアウト。
初めてアパホテルを利用してみて、部屋は狭かったけど結構満足しています。

また成田早朝便に乗るときは利用してもいいかなと思うホテルでした。
d0257690_21503846.jpg

徒歩1分で京成成田駅へ。
ホテルから空港まで送迎バスもありますが、やっぱり空港には列車で入ったほうが気分が高まるのです。

列車を待つ朝のホーム・・・この雰囲気が好き。
d0257690_21543733.jpg

あっという間に成田空港第2ターミナルへ到着。

海外に行く訳ではないのに、成田空港の入り口では身分証を提示しなければなりません。
理由は成田空港の建設に反対した人達を警戒しているからなんだとか。
d0257690_21591549.jpg

LCCターミナルは端っこです。
ジェットスターチェックインカウンターでチェックイン。

国内LCCは今回のジェットスターが初めて。
チェックインもANAなどとは若干異なりますが、なんなく出来ました。
d0257690_2223255.jpg

待合所は結構混みあってました。

自販機でお茶を買って、20分くらい待って搭乗時刻に。
飛行機の前まではバスで行きます。

飛行機にはボーディング・ブリッジで乗るのが当たり前のようになっていましたが、これもまた新鮮。
d0257690_2244374.jpg

バスを降りて速やかに飛行機に乗り込みます。

こうやって間近で飛行機を見るのは初めてかも。

飛行機が苦手な私、計画段階ではわくわくしているんですが、乗る直前になるといつも緊張してしまいます。
d0257690_2294044.jpg

当然分かっていたことだけど、やっぱり狭い!

何というか、圧迫感が凄いです。
これがLCCなんですね・・・。

前のほうが揺れが小さいので2列目を選択。
d0257690_221347.jpg

機内誌を読んで心を落ち着けます。

そしてしばらくすると離陸体制に。
この離陸するまでの時間が苦手なんです。

案外スムーズに離陸してくれました。
d0257690_22172872.jpg

飛行が安定してシートベルトサインも消えたので空を撮影。

美しい空の写真が撮れました。
写真は富士山上空。私は右側の席だったのでよく見えませんでしたが、左側の席に座っている人は綺麗に見えたようです。

富士山見たかったなぁ。
d0257690_2221104.jpg

飛行機というのは速い。
あっという間に九州上空へ。

よく晴れていたので、四国から九州に入る様子がわかって楽しかったです。
d0257690_22231365.jpg

定刻より若干早く、大分空港に着陸。

初めてのジェットスターでしたが、想像していた通りでした。
席は狭いので沖縄くらいになってくると少しキツイかなぁといった感じ。

まあ1時間半くらいのフライトなら何とか我慢出来ます。
ただ正規の値段で買うと、荷物やら手数料やら、なんだかんだで9,000円くらいにはなってしまい、そこまで安さは感じないですよね。

ソラシドエアでも1ヶ月前に予約すれば10,000円程度ですから。
そうなるとやっぱりセールを狙って乗らないとお得感は無いなぁとも感じました。
d0257690_22413952.jpg

大分の地に降り立ちました。

大分空港は去年の春以来。
d0257690_22422059.jpg

乗ってきたジェットスター機。
降りるときはボーディング・ブリッジでした。

荷物を受け取って出口へ。
d0257690_22444436.jpg

可愛らしいキャラクター!
こういう表記を見ると大分に来た実感がどんどん沸いてきます。

さて、予約していたニッポンレンタカーのカウンターへ。
送迎バスで1、2分で近くの営業所まで運んでもらいます。

ニッポンレンタカーには何度かお世話になっているので手続きはスムーズ。
他にもたくさんお客さんがいるのでゆっくり写真を撮っている暇がありませんでした。

とりあえず別府方面に向けて出発!

地元以外で車を運転するのは初めてなのでワクワクでした!
窓を開けて大分の風を感じながら、大分空港道路へ入っていきます。

当たり前ですが、車を運転していると写真が撮れません。
今までずっと車を運転しない旅しかしてこなかったので、自分で運転すると、こういったデメリットがあるんだなと気づきました。

飲み物を買いたくなったので、日田インターで降りてコンビニに寄ることに。
d0257690_22541173.jpg

インターを降りてすぐセブンを発見。

ここでお茶を買って、別府で会う友人に連絡。
d0257690_22555698.jpg

今回借りた、日産ノートです。
とても運転しやすい車でした。

FM大分を聴きながら、そのまま別府方面へ向かいます。
どんどん見覚えのある景色になっていき、12時前に別府駅周辺に到着。

前回の九州旅行で、四国からフェリーで早朝に大分入りして歩いた道や、朝食をとったパン屋さんも途中に見えて嬉しくなってきました。

何度も来るとこういった楽しみも出てくるのも旅の醍醐味です。
d0257690_2315238.jpg

別府駅西口パーキングに駐車。

駅へと歩いて行きます。
d0257690_2343323.jpg

いやぁ~!到着しました、久しぶりの別府駅!
もう3回も来ると、故郷に帰ってきたような感じになりますね。

別府はもうホームタウンです。
d0257690_2374525.jpg

例のおじさんも一緒に撮影。

確か前回来たときは、サンタの格好してたような。
d0257690_2311638.jpg

友人にまた連絡を入れて、駅の売店で、同僚に頼まれたお土産を買いました。

『ざびえる』という大分のお菓子、少し分けてもらったのですが美味しかったです。
自分の分も買えばよかったと後悔するほど。

さあ、12時半頃、この改札で友人と無事に合流。
車に戻って、いろいろ会話を弾ませながら亀川のほうの『ジョイフル』に行き、昼食に。
d0257690_23164929.jpg

ジョイフルのご当地メニューは、とり天定食しかありません。
とり天と言えば、大分名物ですよね。

去年の3月に来たときもこれを食べたんですが、やっぱり美味しい。
d0257690_23182334.jpg

食後はコーヒーを飲みながら、なかなか遠くて会えない友人といろいろと旅を忘れて盛り上がったのでした。
ゆっくりと別府駅方面に戻って行き、友人宅まで行きました。

名残惜しいですが、友人と別れを告げて、ここからはまた1人旅。
大分駅前の営業所でレンタカーを返却して、列車で博多へ向かうわけです。

それでもどこも寄らずに駅に向かうのも寂しいということで、また行きました!
d0257690_2321506.jpg

かっぱ温泉!
訪れるのは3回目です。

本当は鉄輪温泉に行きたかったんですが、17:10大分発の列車に乗らなくてはならず、時間に余裕が無いので、妥協してまたかっぱ温泉となりました。

ゆったりと湯に使って旅の疲れを癒します。
d0257690_2327328.jpg

風呂上りはやっぱりビンに入った飲み物が1番。
フルーツ牛乳、美味しかった!

さて、時間に余裕が無いのですぐに出発。
大分方面に向かって順調に走って行きます。
d0257690_2329577.jpg

途中、あまりにも海が美しかったので、寄り道してしまいました。

車を停めて外に出ると、絶景が広がっていました。
d0257690_23312753.jpg

海を間近で見るのは、久々だなぁ!
天気も良くて最高です!

やっぱり海はいいなぁ。
たくさんの人が車を停めて散歩していました。
d0257690_23333346.jpg

埼玉は海が無いので、やっぱり海に対する憧れがあるんです。

こんな綺麗な海を見れるなんて思ってもいませんでした。

大分駅でレンタカーを返却するという選択をしてなければ、この海を見れなかったわけなので、そうしてよかったなと心から思いました。

10分程度ですが、海を楽しめました。
d0257690_2338202.jpg

返却前に、近くの『エブリワン』という見たことないコンビニに入って、美味しそうだったのでミニミニソフトクリームを買って、車の中で食べました。
濃厚で美味しかった!

帰ってから調べたら『エブリワン』というのは九州の地域密着型のコンビニだそうで、様々な商品を取り扱っていて、大人気なんだとか。
北海道で言う『セイコーマート』ってとこかな?

いい時間になったので、スタンドでガソリンを満タンにして、大分駅前の営業所でレンタカーを返却。
大分駅まで徒歩5分。そこから博多へ向かいます。

続きは次回。

弾丸!大分・熊本旅行 ③ [2日目] (大分から博多経由で熊本へ)
弾丸!大分・熊本旅行 ④ [3日目] (市電と熊本城、阿蘇をドライブ)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2014-10-28 22:35 | 国内旅行記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE