カテゴリ:海外旅行記( 63 )

 

弾丸!バンコク旅行 ⑤ [1日目] (フードコートで夕食、タイのセブン)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]
弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)
弾丸!バンコク旅行 ③ [1日目] (タクシーでホテルへ、暑さでダウン)
弾丸!バンコク旅行 ④ [1日目] (BTSでショッピングセンターへ)


2017年06月28日(水)

d0257690_2225332.jpg

「MBKセンター」という、巨大ショッピングセンターにやって来ました。

「地球の歩き方」によると、ここのフードコートは外国人旅行者にも人気があるとのこと。
なので事前にここのフードコートで夕食にしようと決めていました。
(本当は屋台でも食べてみたいけど、お腹を壊すのが心配で、やっぱり清潔なフードコートなら安心です。)
「サナーム・キラー・ヘン・チャート駅」から直結なので、迷うこともありません。
d0257690_22262145.jpg

いやぁ〜、大きく立派なショッピングセンターですねぇ!

1階、2階は洋服や雑貨、電気製品の店がたくさんあって、見ているだけでも楽しかったです。
日本製のスマホやゲーム機がたくさん売られていました。

ボウリング場や映画館もあり、日本の東急デパートも直結していました!
d0257690_22265485.jpg

そして去年10月に亡くなられた、プミポン国王の写真が1番目立つところに飾られていました。

タイの皆さんに愛されたプミポン国王。
日本の皇室とも古くから親密な関係を築かれてきたそうです。

1年間、タイの方は喪に服されているとのことで、このときまだ1年経っていなかったので、どんな感じなのだろうと思っていましたが、皆さん徐々に国王の死を受け入れて、希望を持って前に進んでいるような感じを受けました。
d0257690_22274884.jpg

さて、フードコートのある6階へ。

まさかの「かつや」を発見!
中を覗いてみると、日本の方も結構いらっしゃいました。
見た感じ、仕事でバンコクに駐在している方のようですね。

こういった日本のチェーン店があると、安心するんでしょうねぇ。
台湾にも日本のチェーン店が多いけど、タイにもたくさんありそうです。
d0257690_22465138.jpg

バンコクにはたくさんのフードコートがあるようですが、大体のところは、このようなカウンターで、まずICカードを購入します。

そのカードに好きな額をチャージしてもらい、それを各店で出して支払い。
最後にこのカウンターに戻って来て、カードをデポジットするという流れです。

私は200バーツチャージしましたが、多すぎで、100バーツで十分でした。
d0257690_22482641.jpg

人はたくさん居ましたが、何しろ広くて席もたくさんあるので、座れないということはなさそうです。
(この写真はほんの一部で、奥にもっとたくさん席があります。)

美味しそうな店がたくさんあって、3周くらいグルグル周って、ようやく決めました。
d0257690_2249346.jpg

ひき肉となすが乗った、カレーのようなものです。
(何という料理でしょう?)
これはピリ辛だったけど、美味しかったなぁ。

日本でも同じような料理があるけど、こっちのほうがスパイシーな香りがして、タイらしさを感じます!

別の店で買ったマンゴージュースは、注文してからミキサーにかけて作ってくれたので、とてもフレッシュで美味しかったです。
ジュースも屋台の物だと心配で飲めませんが、フードコートなら清潔で安心ですね。

結構なボリュームがあり、これだけで満腹になりました。
カードをデポジットして、ゆっくりホテルへ戻ります。
d0257690_2375566.jpg

ショッピングセンターを出ると、国王の大きな肖像画が。

行き交う人たちが、立ち止まって、手を合わせています。
この光景に胸が熱くなってしまいました。
d0257690_2382445.jpg

駅の入り口にも、国王の肖像画がありました。

私も手を合わさせて頂きました。
タイの皆さんに幸せが訪れますように。
d0257690_23103489.jpg

さて、ラビットカードをかざして、改札内へ。

台湾の改札と全く同じなのがビックリです。
d0257690_23121316.jpg

始発ですが、列車は車庫からやって来て、すぐ発車するので慌ただしい感じです。
通勤時間は過ぎたようですが、座れはしませんでした。

このBTSのドア窓は特徴的な形ですね。
d0257690_23154759.jpg

3駅で「サラデーン駅」に到着。

行き程混んでいなかったので、短い区間でしたが、BTSを楽しめました。
d0257690_23173460.jpg

列車内は寒いくらいですが、一歩外に出ると、この時間でもモアッとした暑さ。

日本の熱帯夜よりずっと強烈な暑さです。
東南アジアに居るんだなぁと実感させられますね。

ホテルまでの道中、たくさんの屋台の前を通りました。
美味しそうなものがたくさんありましたが、こんな暑さの中、生ものが売っていて、絶対食べたらお腹壊すだろうなと思ってしまいました(汗)

タイに免疫が付いてきたら、いつかこういった屋台にもチャレンジしてみたいです。
d0257690_23191928.jpg

ホテル前のセブンイレブンで夜食を買い物して行きます!

タイでコンビニといえば、そのほとんどがセブンイレブン!
でも売られているのは日本では見かけないものばかりで、本当に楽しいです。

カラフルな飲み物は、見ているだけでもワクワクするなぁ。
d0257690_2320812.jpg

美味しそうなスイーツ・パンもたくさんあります!

これはセブンだけで何でも揃っちゃいそうだなぁ。
d0257690_23263391.jpg

このドリンクマシーンはセルフなのかな?

気になりましたが、システムがわからず、使えませんでした。
d0257690_232837.jpg

そして、レジとは別に、コーヒーなど注文カウンターがあります。

帰ってから、ここのカフェラテがとっても美味しいと知り、飲まなかったことを後悔しています。

日本のセブンでも専用のコーヒーやカフェラテはあるけど、ここまでメニューは多くないし、しかもここは専門のスタッフさんが入れてくれるのが良いですねぇ。
d0257690_2335166.jpg

21時頃にホテルに戻って来ました。
フロントの方が明るく出迎えて下さり、ホッとしました。

まずはシャワーでさっぱりして、ベットでゴロン!
部屋は涼しくて気持ち良いです!
d0257690_23355045.jpg

テレビを観ながら、セブンで買った夜食を食べます。

何といっても驚いたのが、台湾でお馴染みの統一のパパイヤミルクが置いてあったことです!
テンションが上がり過ぎて、「おぉ!」と声を上げてしまいました。

このパパイヤミルクが大好きで、この味が恋しかったので、久しぶりに飲めて嬉しかったなぁ。
まさかタイで飲めるなんて思ってもいませんでした。

それから、このスイーツがフワフワで、美味しいのなんの!
ミルク感たっぷりで、もう1個買っておけば良かったと思うくらい美味しかったです。
タイのコンビニスイーツはレベルが高いなぁ。

スイカミルクも想像通り美味しかったです。
d0257690_23361022.jpg

こちらはタイのポテトチップス。
適度にスパイシーで、美味しく一気に食べてしまいました。

お腹いっぱい!
満足です。

こうしてテレビを観ながら、日が変わる頃に就寝しました。
明日は市内を観光後、ツアーでアユタヤに行って、夜の便で早くも帰国です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-17 23:04 | 海外旅行記 | Comments(3)

弾丸!バンコク旅行 ④ [1日目] (BTSでショッピングセンターへ)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]
弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)
弾丸!バンコク旅行 ③ [1日目] (タクシーでホテルへ、暑さでダウン)


2017年06月28日(水)

北海道の旅行記の優先的に更新していたら、バンコク旅行記が遅くなってしまいました。
見て下さっている方がいらっしゃいましたら、遅くなって申し訳ございませんでした。
またボチボチ更新していきますね。
d0257690_1537336.jpg

17時近くになったので、そろそろ夕食を食べに出かけましょう。

外に出た瞬間、モアッとした暑い空気に包まれます。
日も傾き始めたというのに、物凄い暑さです。

湿度が異様に高くて、東南アジアに来たんだと実感させられます。

そしてホテル目の前には、セブンイレブンがありました。
これは便利。

帰りにここで夜食を買おう!
d0257690_15381157.jpg

最寄駅に向かって歩きます。

見ての通り、交通量が凄まじいです。
バイクやトゥクトゥクが多いなぁ。

これは台北以上にカオスな街並みですね。
街の熱気と喧騒が凄まじくて、これがタイの首都・バンコクなんだぁと感動しました。

ただ、この異様な暑さだけはシャレになりません。
d0257690_15385839.jpg

最寄り駅のBTS「サラデーン駅」に着きました。

ホテルから徒歩5分少々、1本道で分かりやすかったです。
このすぐ近くにはMRTの「シーロム駅」もあり、どこに行くにも便利な立地ですね。

ちなみにMRTとは地下鉄のことで、BTSとはスカイトレイン(高架鉄道)のことです。
台湾や香港の地下鉄もMRTと呼びますよね。

バンコクに、このBTSやMRTが出来たのはここ十数年のことで、この都市鉄道によって観光客には格段に便利になりました。
やっぱりバスよりもレールの敷かれた鉄道の方がわかりやすいし、定時性も保たれますから、ほかの大都市も積極的に都市鉄道を導入してほしい、というのが私の考えです。
d0257690_1539351.jpg

高架鉄道なので、駅は上にあります。
エスカレーターで上昇。

毎回、海外に来るとエスカレーターの速さにビックリするのですが、日本が遅すぎるだけなのかな?
d0257690_15405532.jpg

振り返ると、いい感じの風景!

さすが乗り換え駅だけあって、駅前も栄えているなぁ。
良く見るとピザハットがあります!
d0257690_1542629.jpg

さあ、駅構内に来ました。

台北のイージーカード、香港のオクトパスカードのようなICカードがバンコクにもあるのか調べると、『ラビットカード』というものがあるようです。

ここの窓口で簡単に買いました。
d0257690_17112756.jpg

1枚200バーツで買え、最大4,000バーツまでチャージ出来るようです。

ただこのカード、BTSでしか使えないとのこと。
MRTや路線バスでは使えないのは不便ですね。
d0257690_15424234.jpg

さあ、改札内へ入場です。

台湾MRTの改札と全く同じだったのでビックリ。
カードをピッとかざすだけでOKです。
d0257690_15432093.jpg

そしてホームに行くには、さらにエスカレーターで上がります!

ずいぶん高いところにホームあるんだなぁ。
d0257690_1551960.jpg

何気ないビルとビルの間の風景も、何だか絵になるなぁ。

異国の地では、何もかもが新鮮に感じます。
d0257690_17124237.jpg

ホームに着くと、前の電車がちょうど発車したところでした。

にもかかわらず、もうすでにこれだけの人が並んでいます。
BTSは10分間隔でやって来るようなので、ゆっくり待つことに。

きちんとホームドアも整備されていますね。
d0257690_17121361.jpg

10分後、列車がやって来ました。

車内は超満員で、日本の通勤ラッシュと何ら変わりない状況。
スリに細心の注意を払いつつ、何とかしのぎました。
d0257690_17174181.jpg

「サラデーン駅」から2駅目の「サヤーム駅」でほとんどの人が降りて、ガラガラに。
私は次の終点まで乗ります。

この「サヤーム駅」はBTSスクムウィット線との乗り換え駅なので、みんなここで降りてしまうんですね。
d0257690_1718923.jpg

そして終点の「サナーム・キラー・ヘン・チャート駅」に到着しました。

終点なので、しばらく降りずにゆっくりしようと思ったら、駅員さんが入って来て、降りるように言われました。
どうやら折り返し運転ではなくて、そのまま車庫に入るようです。
d0257690_17191687.jpg

タイ語の表記を見て、あぁ今タイに居るんだと実感させられます。
当たり前ですが、タイ語は全然わかりませんし、見当もつきません。

今は英語表記があるから良いけど、ひと昔前までは英語表記など無かったということです。
そんな時代に旅された方は凄いなぁと思います。
d0257690_17195852.jpg

ホームから外を見渡すと、サッカーの練習場が!

タイにサッカーのイメージが無かったので驚きました。
でもそういえば、アジア最終予選で日本はタイとも対戦しましたよね。
d0257690_17214544.jpg

改札を出て、券売機を見学。
私のようにラビットカードを買わない方は、この券売機で乗車券を購入します。

さて、この駅に来た理由は、駅併設の大型ショッピングセンターのフードコートで夕食を取る為です。
ゆっくり向かってみましょう。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-10-15 22:28 | 海外旅行記 | Comments(0)

弾丸!バンコク旅行 ③ [1日目] (タクシーでホテルへ、暑さでダウン)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]
弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)


2017年06月28日(水)

さて、タイに入国しました!
初めての東南アジア、テンションが上がるはずが、なんか体調がよろしくありません。

苦手な飛行機に6時間以上乗って、着いたと思ったらムシ暑い中で入国審査の大混雑。
なんだか頭がクラクラします。

ドンムアン空港から市内へ行くには、バスでBTS(高架鉄道)の「モーチット駅」まで出て、そこからBTSで最寄りの駅まで行くのが一般的なようです。
当初は私もこの方法で行こうと考えてしました。

でも体調が悪いし、なんだか難しそう。
d0257690_22104186.jpg

ということで、思い切ってタクシーでホテルに直行することにしました。
(タイのタクシーは安いですしね!)

タイのタクシーはぼったくりが多いそうなので、空港ならメータータクシーのカウンターを通して乗るのがベストです。
カウンターの列に並び、順番が来たら、受付の人に行き先を告げます。

私は事前に印刷しておいたホテルのバウチャーを見せました。
少しして、運転手さんが迎えに来て、一緒に車に向かって、乗車→出発という流れです。
d0257690_22112558.jpg

事前にカウンターで行き先を告げてあるので、乗ったらすぐ出発でとても楽でした。

出発して少しして高速道路に入ります。
そのときに高速料金を運転手さんに渡します。

そう、高速料金は先払いなんです。
これは事前に知らないと、少し慌ててしまいますよね。
d0257690_22123012.jpg

ドンムアン空港から高速道路を利用して市内まで、渋滞を考慮すると1時間程度でしょうか。
高速はスムーズに進みましたが、下道はバンコク名物の渋滞に巻き込まれました。

そして、車内は冷房が効いているのですが、バンコクの強烈な直射日光が私の顔を直撃。
顔がずっと熱い状態が降りるまで続きました。

乗る前から体調不良でしたし、それに加えて車にも酔ってしまい、もう最悪に気分が悪くなってしまいました(汗)
d0257690_22185264.jpg

何とか1時間耐えて、予約していた『ル・サイアムホテル』に到着。

タクシーが敷地に入ると、ホテルの方が出迎えてくれました。

ストリートビューで何度も確認してきたホテル、遂に来ました。
d0257690_22201091.jpg

すぐさまチェックイン。

フロントの方はとても笑顔が素敵で、微笑みの国タイに来たという気分にさせられます。
基本英語で案内してくれ、日本語で「ありがとうございます」と言ってくれました。

そして最後にウェルカムドリンクを頂きました。
写真は撮れませんでしたが、砂糖の入った不思議な飲み物だったなぁ。
d0257690_2221559.jpg

部屋は6階でした。

私の部屋の前に行くと、ホテルの方が部屋を掃除中・・・。
来るのが早かったのかな?

なので近くをブラブラ。
このホテルには中庭にプールもあるようですね。

戻ってみると掃除は終わっていて、掃除係の方がニコっと笑って、挨拶をしてくれました。
皆さん感じが良い!
d0257690_22225341.jpg

さて、部屋へ。

広くていい感じの部屋ですね!

ネットのレビュー通り、とても広いです!
日記を書くので、机が大きいのも嬉しいです。
d0257690_22241160.jpg

年季の入った造りですが、清潔感があって、とてもいい感じです。

これは今まで泊まった海外のホテルでは、香港のホテル並みに良い部屋でした。
でも香港のホテルはこのホテルの倍以上の価格なので、コストパフォーマンスは断然こちらでしょう。
d0257690_222502.jpg

バスタブは付いている部屋と付いていない部屋があるとのことですが、この部屋は付いていない部屋でした。

でも暑いバンコクですから、シャワーで十分ですよね。
d0257690_22261196.jpg

冷蔵庫はミニバーになっていて、とりあえず喉が渇いていたのでコーラをゴクり。
冷えていて美味しい!

これを飲んで、室内を冷やし1時間くらい横になっていたら、頭の痛みも治まってきました。

あぁ良かった。
せっかくバンコクに来て、ずっと体調不良ではやりきれないですよね。
d0257690_22265194.jpg

空港で両替したバーツ。
それぞれ色違いで、デザインは一緒です。

1番大きいのが1,000バーツ。
旅行中良く使ったのが100バーツでした。

1,000バーツが1万円札。
100バーツが千円札といったイメージかな。

ちなみに1バーツが約3.1円なので、台湾と同じで3倍にすれば良いだけで、計算が楽です。

さて、体調も良くなって来たので、夕食を食べに出かけましょう。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-08-10 23:23 | 海外旅行記 | Comments(0)

弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]


2017年06月28日(水)

あっという間に当日の朝になりました。
前日は21時に布団に入ったのですが、1時くらいまで寝付けませんでした。

3時半には起きたので、完全に寝不足です(汗)
d0257690_1894211.jpg

最寄り駅に4時半に着きました。
始発列車まで時間があるので、駅前の松屋で朝食。

ただ、朝食メニューは5時からのようで、仕方なくカレーを食べました。
(松屋のカレーは味噌汁が付いてくるのが好きなんです。)
d0257690_203046.jpg

5時過ぎの始発列車で出発。
今回もグリーン車に乗ってしまいました。

これから6時間のフライトが控えているので、ここでケチって疲れるなら、グリーン車で快適に向かいましょう。
d0257690_20303389.jpg

そして東京駅からいつもの『THEアクセス成田』で成田空港へ。

八重洲南口から直結で乗れるので、本当に楽です。
私は事前予約しましたが、予約なしでも乗れるようです。

1,000円という安さですが、とても快適に成田空港へ行けます。
d0257690_20344068.jpg

7:40に成田空港に到着しました。
今回は第2ターミナルからの出発です。

やっぱりこの電光掲示板は大好きだなぁ。
行き先を眺めているだけでワクワクして来ます。

今回は現地に着いてから両替することに決めていたので、まずは予約していたWifiの受け取り。
今回も「イモトのWifi」です。
d0257690_20364318.jpg

それからスクートのカウンターでチェックイン。

私の初めての海外旅行は台湾だったのですが、そのとき使ったのがスクート。
スクートはそれ以来なので、あのときのワクワク感が蘇って来ました。

すぐに保安検査と出国審査を通過。
スクートの搭乗口は相変わらず遠くて、本当に端っこです。
d0257690_20395042.jpg

久しぶりにお世話になるスクートの機体です!

LCCなのに機体が大きいのが特徴。
スクートは超一流会社『シンガポール航空』の子会社なので、そのおさがりの機体を使えるのです。

この便はバンコク経由のシンガポール行き。
前回スクートで台北に行った時も、台北は経由地で、最終目的地はシンガポールでした。

充電エリアでスマホの充電を終えて、8:45に搭乗開始。
d0257690_20404881.jpg

有料ですが、行きは座席指定をしました。
5列目の通路側です。

前の3列が「スクートビズ」といういわゆる「ビジネスクラス」なのですが、離陸する前にカーテンで仕切られます。
でも思いのほか座席も広いし、圧迫感も無くて、いつも乗っているLCCより快適です。

「スクートビズ」には空きがあるようで、料金を払えば今からでも移動頂けますという旨の案内もありました。

定刻通り、9:15に成田空港を離陸。
d0257690_20464888.jpg

シートベルトサインが消えると、有料の機内食タイム。

私は事前にスクートのホームページから予約をしていたので、優先的に機内食が運ばれてきました。

キノコのラザニアで、確か1,200円くらいだったと思います。
チョコレートとドリンクも付いてきます。

ラザニアは熱々でなかなか美味しかったです。
ドリンクのお茶は砂糖入りでした(汗)
d0257690_2047362.jpg

私の隣は空席で、窓側には日本人の方が座られていました。
その方がトイレに行かれたので、その間外の景色を眺めました。

バンコクまでは約6時間。

LCCなのでモニターもなく、ひたすら音楽を聴いて過ごしました。
いくらいつものLCCよりは広いとはいえ、苦手な飛行機に6時間はなかなかの苦痛です。
(こんな飛行機が苦手なのに、よくパリまで12時間も乗っていたなと、つくづく思います。)

スクートはシンガポールの会社なので、英語案内が主なのですが、日本人乗務員も必ず1人は居て、定期的に日本語案内もしてくれるので安心です。
乗務員の皆さん、とてもフレンドリーで感じが良く、さすがシンガポール航空の子会社だなと思いました。
d0257690_2049226.jpg

長いフライトに耐えて、14時にバンコクのドンムアン空港に到着しました!
日本とタイの時差は2時間で、タイの方が遅れています。

機内から出た瞬間、モアッとした熱気を感じ、初めての匂い、そしてタイ語の案内板が。
タイに来たって感じがして、テンションが上がって来ました!

ただ、ここから入国審査を通過するまでが長かった!

入国審査場はとにかく人だらけ。
その半分以上が中国人。
彼らは並ぶということを知らない民族なので、どんどん割り込んでくるのです。

そのせいで全然前に進まず、しかも中国人がとにかく大声で話しうるさいし、人だらけで暑いので、イライラしてしまいました。

結局入国審査を終えるまで1時間半近くかかり、もうヘロヘロです。
d0257690_20502459.jpg

何はともあれ、タイに入国しました!

すぐに2万円を両替して、ここからホテルへ向かいます。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-07-30 23:45 | 海外旅行記 | Comments(0)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]

夏が来る前に、近場の海外に行きたいなぁと、3月頃からぼんやり考えていたのですが、まさかまさかのバンコクへ!
6月28日(水)〜30日(金)で、タイ・バンコク旅行に行って来ました!
d0257690_2238328.jpg

近場の海外に行きたいということで、どこに行こうかと、ガイドブックを眺める日々。

去年12月に行ったソウルが思いのほか楽しかったので、次は釜山に行こうかと考えましたが、次第に半島情勢が緊迫化(4月・5月の段階です)。
これにより今回は韓国を除外。

なら久しぶりに香港が良いかな?と思い、スカイスキャナーで航空券を検索してみると、結構安いのです。
よし、香港で決まりだな!と思ったところで、偶然目にした台湾の旅番組。

これによって無性に台湾に行きたくなってしまいました。
台湾の場合はすでにもう4回行っているので、海外旅行というよりは、第2の故郷に帰るような感覚なのです。
次第に、台湾のパパイヤミルクとスイカジュースが飲みたくて、仕方なくなってきました。

完全に台湾気分となり、最近発売された台湾のガイドブックを何冊も購入してしまいました。
そのガイドブックを眺めてどこへ行こうか2週間くらい考えました。
この時間がまた幸せなんです。(旅好きの皆さんにはわかって頂けますよね!?)

考えた結果、台北in・台北outの1泊2日で、行ったことの無い東部の花蓮へ、鉄道で行くことに決めました。
かなり弾丸のようにも思えますが、日本を早朝に出て、遅くに帰って来る便を選べば、24時間は花蓮に滞在出来ることがわかりました。

さて、航空券を予約しよう。
台北行きの航空券はどれも高くて、バニラエアでも4万円少々しました(汗)
最近、台湾行きの航空券は高くなってしまいましたよね。
香港や韓国の航空券はあんなに安いのに、やっぱり台湾人気高まりの現れなんでしょうか?

高いけど仕方ない、台湾に行きたいし、これで予約しよう・・・

でもその前に、ほかの国の航空券もチェックしてみようか。

そう思い立って、スカイスキャナーで目的地を決めずに、安い順に航空券を検索。

すると、スクートのバンコク行きが25,000円という驚異的な安さで売り出されていました!
台湾に行くより全然安いじゃん!!

往路は成田10:00発、バンコク・ドンムアン13:50着。
復路はドンムアン0:45発、成田8:50着。

1泊3日の弾丸で行けるのが魅力です。

タイは昔から行きたかった国のひとつ。
でも遠いし、航空券も台湾などに比べたら当然高くつくと思っていたので、なかなか行く決断が出来ないでいました。

そんな中で、私の目の前に飛び込んできた格安航空券。
悩んでいるうちに売り切れてしまうと思い、ええい!と買ってしまいました。

購入手続きが完了すると、若干後悔が・・・。
ここに来て、さらに台湾に行きたい気持ちが強くなってきてしまったのです。
パパイヤミルクとスイカジュースが頭から離れません(苦笑)

泊まるホテルまで決めて、いろいろ検討していたので、それはそうなりますよね(汗)

でも台湾は近いし、またすぐに行けると自分に言い聞かせ、バンコクモードに切り替えなくては。
d0257690_0113079.jpg

すぐにバンコクの『地球の歩き方』を買って来ました。

まずはホテル選び。
この日程だと、本来ホテルは1泊だけで良いのですが、2日目に汗をかいてシャワーを浴びれないまま、空港に向かうのは嫌だと思い、思い切って2泊で予約することにしました。

バンコクの地理は詳しくないので、とりあえずBTS(高架鉄道)の駅が近いホテルにしよう!
歩き方にも載っていた『ル・サイアム・ホテル(旧スイス・ロッジ)』がエクスペディアのセールで2泊12,000円だったので、すぐに予約。

ここならBTSの「サラデーン駅」とMRTの「シーロム駅」がすぐなので、どこに行くにも便利そうです!

1日目は無理せず、夕食を食べに行くくらいにし、問題は2日目。
バンコクに行くからには、世界遺産のアユタヤにも絶対行きたかったのです。

もう1日あれば、ゆっくり鉄道でアユタヤへ行けるのですが、今回は時間が無いのです。
なので、午後バンコク市内を出発する半日ツアーでアユタヤに行くことにしました。

『VELTRA』という会社のツアーで、日本語ガイド付き、4,500円でした。
13時にバンコク市内を出発してアユタヤへ。
18:30にはバンコクに帰って来れるので、そこからホテルへ戻り、シャワーを浴びてゆっくり空港に向かえば、0:45発の飛行機にも余裕で間に合います。

これなら午前中にバンコク市内も観光出来る!

ツアーを予約して、出発の1か月前に、だいたいのプランが固まりました。
この頃には完全にバンコクモードになって、旅行当日を迎えるのでした。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-07-19 00:34 | 海外旅行記 | Comments(2)

弾丸!ソウル旅行 ⑦ [2日目] (空港鉄道で仁川空港へ、帰国)

弾丸!ソウル旅行 ① [準備編]
弾丸!ソウル旅行 ② [1日目] (大韓航空で初韓国へ!)
弾丸!ソウル旅行 ③ [1日目] (空港鉄道で市内へ)
弾丸!ソウル旅行 ④ [1日目] (地下鉄でホテルへ、ソウルの夜)
弾丸!ソウル旅行 ⑤ [2日目] (遅めのチェックアウト、世界遺産の昌徳宮へ)
弾丸!ソウル旅行 ⑥ [2日目] (景徳宮、フードコートで昼食)


2016年12月9日(金)

d0257690_15314366.jpg

昼食が済んだところで、そろそろ仁川空港に向かいましょう。

駅構内のロッテリア前にはたくさんの報道陣が。
大統領関連の動きがあるのでしょうか?

韓国に来たからにはロッテリアに入ってみたかったのですが、人が多いので空港で探すことにします。
d0257690_15322359.jpg

行きと同じように、空港鉄道で仁川空港へ向かいます。

4号車の窓側の指定席に着席。

とても快適な車内。
慌ただしかった旅ももうすぐ終わりかぁ、と余韻に浸っていると・・・
d0257690_15325020.jpg

車内のモニターが切り替わって、「独島(竹島)は韓国の領土である」と、宣伝映像が流され始めました。
これには相当驚きました。
海外からの観光客にもわかるように英語表記付きです。

こんなこと、やっていいわけないです。
そもそも大前提として、竹島が日本領なのは歴史的にも明確なわけですが、それは置いておいても、こんなアピールの仕方ってありますか?

日本人の感覚では考えれませんね。
最後の最後でガッカリしました。

このことは旅行記に中で書こうか悩んだのですが、事実として書いておくことにしました。
d0257690_16104481.jpg

そんなこともあり、何とも言えぬ気分で仁川空港に到着。

やっぱりアジア有数のハブ空港とだけあって、大きな空港だなぁ。
d0257690_16115053.jpg

外に出てみるとやはり寒い。

タクシーやバスがたくさん行き来していて、いかにも国際空港という感じがします。

チェックインはカウンターでは無く、セルフで済ませました。
ここでもボタン1つで日本語表記に切り替えられるので、安心です。
d0257690_16131646.jpg

順調に手荷物検査、出国審査を通過しました。

私の乗る東京行きの大韓航空の搭乗口はかなり遠かったです。
自国のレガシーキャリアなので、搭乗口は近いと思っていましたが、やはり大きな空港なので遠くなってしまうんですかね。

搭乗口を確認したら、近くにあったロッテリアで休憩にします。
d0257690_16141860.jpg

飲みたかったシェイクが品切れだったので、炭酸とポテトを頼みました。

韓国のロッテのポテトはケチャップが付いてくるんですね!
ホクホクして美味しかったです。

私は昔からマクドナルドよりロッテリアが好きだったので、最後に本場のロッテリアに来れて良かったです。
d0257690_16154675.jpg

その後はお土産を物色。

職場と自分用の韓国のりを買いました。
お店の方は日本語がペラペラで、次から次へと商品をお勧めしてきて、とても商売上手な感じでした。

買い物も済んで、搭乗口の前にやって来ました。

東京行きの大韓航空機。
やっぱり大きいですね。
d0257690_16181941.jpg

16:50に搭乗開始です。

ちょうど日も傾きかけてきました。
d0257690_161984.jpg

席は翼付近の通路側でした。

行き飛行機は空席だらけでしたが、帰りは満席。

それでも窮屈感が無いのが、レガシーキャリアの良さですね。
d0257690_1620976.jpg

さようなら、韓国。

定刻通り、17:20に仁川空港を離陸しました。

揺れることなく安定飛行に入って、シートベルトサインが消えました。
d0257690_16211583.jpg

お楽しみの機内食!

カレーに大根キムチ、チョコに韓国のりが出ました!
最後に韓国らしい食事が出来て良かった!

大根キムチがご飯に良く合って、美味しかったです。
d0257690_16231456.jpg

食後はコーヒーかお茶が貰えます。
私はお茶を入れてもらいました。

やっぱりお茶がホッとする!(^^)!

機内食タイムが終わり、程なくして機体は高度を下げ始めました。
もう着陸態勢とは、やっぱり韓国は近いですねぇ。
d0257690_1624141.jpg

帰りは少し揺れましたが、何とか大丈夫でした。

19時前に成田空港に到着しました。

韓国とは時差が無いので、時間調整が無いのが楽で良いですよね。
d0257690_16295364.jpg

帰りは時間を気にする必要がないので、wifiを返却したら、いつもの京成バスで東京駅へ。

すると東京駅のホームで、運良く、『サンライズ出雲』を見ることが出来ました!
憧れの列車のひとつなので、テンションが上がります!

いつかこれに乗って、出雲大社に行きたいなぁ。

そして22時過ぎに帰宅出来ました。

帰宅してテレビを付けると、朴大統領の弾劾案が可決されたというニュースで持ち切りのようでした。
さっきまでこの国に居たのが、信じられない気持ちになりました。
凄いときに行ってたんだなぁ。
d0257690_1631555.jpg

今回のお土産、韓国のりです。

値段はハッキリとは覚えていないのですが、結構高かったと思います。
空港で買うと高いので、市内のスーパーなどで買った方が良いかもしれませんね。

でも味は素晴らしく美味しかったです!
いろんな味があって、ツーンと突き抜けるわさび味が1番気に入りました。


さて、初めての韓国・ソウルの弾丸旅。
もう半年以上前の話となってしまいました。

滞在時間は24時間も無くて、ちょこっと地下鉄で観光地を見ただけの旅でしたが、とても新鮮で楽しい旅でした。
機会があればまた行ってみたいと思っています。

①で述べたように、私は韓国という国は正直好きではないのですが、実際に足を運んでみて、わかることもありました。
基本韓国の皆さんはフレンドリーで、日本人の旅行者には優しく接してくれます。

嬉しかったのは、街中に日本語表記が多かったこと。
鉄道などの切符を買うときも、日本語表記に切り替えられるので、安心でしたし、ありがたいことだなぁと思いました。

ソウルは想像以上に、日本人が観光しやすい街だと感じました。

ただ、どうしてもひとりだと、食事場所で困ってしまうので(フードコートは良かったです!)、次回は友人を引き連れて、釜山に行ってみたいなぁと考えたりしています。

次回はバンコク旅行記に入ります!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-07-09 22:08 | 海外旅行記 | Comments(6)

弾丸!ソウル旅行 ⑥ [2日目] (景徳宮、フードコートで昼食)

弾丸!ソウル旅行 ① [準備編]
弾丸!ソウル旅行 ② [1日目] (大韓航空で初韓国へ!)
弾丸!ソウル旅行 ③ [1日目] (空港鉄道で市内へ)
弾丸!ソウル旅行 ④ [1日目] (地下鉄でホテルへ、ソウルの夜)
弾丸!ソウル旅行 ⑤ [2日目] (遅めのチェックアウト、世界遺産の昌徳宮へ)


2016年12月9日(金)

d0257690_23221657.jpg

次は『景徳宮』を見に行きます。

昌徳宮から歩けないこともないですが、一旦「安国駅」へ戻って地下鉄で行きました。

たった1駅で「景徳宮駅」に到着。
d0257690_1584239.jpg

昌徳宮は駅から少し歩きましたが、景徳宮は駅を出るとすぐありました!

それにしても良い天気で、空気が澄んでいます。
寒い!

入場券売り場に向かって歩いていると、韓国のテレビ局からインタビューをされてしまいました。
「日本人です!」と言うと、日本語でいろいろ聞いてきました。

何のインタビューかと思ったら、パク大統領(当時)の一連のスキャンダルについて、日本ではどれくらい注目されているのか?ということでした。

外国でインタビューされるなんて、初めてのことだったので驚きました。
d0257690_15183459.jpg

さて、入場券を買いましょう。

こちらも入場料は3,000ウォンでした。
いざ入場。

何とも神々しい雰囲気です。
d0257690_1517057.jpg

これが今回の旅のハイライト写真です。
素晴らしい写真が撮れました!

着物姿の方がちょうど歩いて来てくれたお陰で、とても韓国らしさが出たと思います。

何だか、天空の城の雰囲気ですね。
d0257690_1520231.jpg

景徳宮はソウルに数ある王宮の中でも最初期のものなんだとか。

創建されてから豊臣秀吉による文禄の役で焼失するまで、約200年間正宮として使用されたとのことです(歩き方情報)。
d0257690_15261298.jpg

この壁が韓国を感じさせますよねぇ。

やっぱり韓国ドラマや時代劇に出て来るイメージがあるんだよなぁ。

もう少し見ていたかったけど、もう12時半を過ぎてしまいました。
昼食を食べて空港に向かわないといけないので、慌ただしく出発です。
d0257690_153132100.jpg

今回最後の地下鉄でソウル駅へ向かいます。

行きと同じように「鐘路3街駅」で1号線に乗り換えてソウル駅へ。
今回は1号線と3号線しか乗れませんでした。

9号線まであるソウルの地下鉄。
次回はもっといろんな路線に乗って、ディープなソウルを見てみたいなぁと思います。
d0257690_15334024.jpg

ソウル駅に着きました。

昨日は外から見ていませんでしたが、さすがに大きいですね!

東京駅や台北駅がレトロな造りなのに対し、ソウル駅は近代的な造りですねぇ。
d0257690_16413124.jpg

乗るのは空港鉄道ですが、韓国鉄道のホームもちょこっと覗いてみました。

ここから釜山まで繋がっていると思うと、ワクワクして来ます。

いつかソウルー大邱ー釜山を列車で周遊してみたいなぁ。
d0257690_1643597.jpg

空港に向かう前に昼食にしましょう。

韓国はひとりで食事を取るのが難しいと聞いていましたが、フードコートがあると知って一安心。

調べてみるとソウル駅に大きなフードコートがあることがわかったので、行ってみました。
d0257690_16475482.jpg

メニューの一部です。

日本語表記がなくて、理解するのに苦戦しました(汗)
d0257690_1772362.jpg

総合のカウンターがあって、ここでメニューを伝えて、お金を支払います。

私は持参していたメモ用紙に、メニューボードからハングルを書き写して、係りの方に伝えました。
ついでにオレンジジュースも注文。
d0257690_1775783.jpg

総合カウンターでお金を支払うと、紙を貰えるので、それを各カウンターに持って行き、料理を受け取るシステムです。

私の注文した料理は人気のようで、たくさん作り置きしてあって、紙を渡すと同時に出てきました。
d0257690_1713370.jpg

広いフードコートなので、人は多いけど座れないほどではありませんでした。

ひとりで食べやすそうな窓側の席を発見!
よし、ここで食べよう。
d0257690_1720165.jpg

窓からの景色もなかなか!

ソウル駅前を行き交う人々を眺めながら食事を取れるなんて、なんかいい感じだなぁ。
d0257690_1647117.jpg

適当に注文した料理です。

韓国料理に詳しくないので、何という料理なのかわかりませんが、メインは野菜の下にお肉や卵が入っていて、とっても美味しかったです。

スープも美味しかったし、本場のキムチを食べることが出来たのも良かったなぁ。
日本のキムチより酸味がある感じがしました。

韓国らしいものが食べれたので大満足です。
お腹が一杯になったので、そろそろ仁川空港に向かいましょう。

弾丸!ソウル旅行 ⑦ [2日目] (空港鉄道で仁川空港へ、帰国)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-06-21 23:11 | 海外旅行記 | Comments(2)

弾丸!ソウル旅行 ⑤ [2日目] (遅めのチェックアウト、世界遺産の昌徳宮へ)

弾丸!ソウル旅行 ① [準備編]
弾丸!ソウル旅行 ② [1日目] (大韓航空で初韓国へ!)
弾丸!ソウル旅行 ③ [1日目] (空港鉄道で市内へ)
弾丸!ソウル旅行 ④ [1日目] (地下鉄でホテルへ、ソウルの夜)

去年12月のソウル旅行記がまだ途中でした。

というのも、半島情勢が緊迫化していたので、少し様子を見ていたのですが、落ち着いて来たので再開しようと思います。

特にソウルは北朝鮮との国境に近いので、旅行の際は有事のことを考えながら行動することが大事だと改めて思いました。
旅行の際は、最低限の危機管理を自分でしなければいけませんね。

******************************



2016年12月9日(金)

d0257690_0143746.jpg

前日は夜ふかししてしまったので、7時に起きるはずが、8時になってしまいました。
弾丸旅行だというのに、朝が遅いって・・・。
やっぱり朝早いのは苦手なんですよねぇ。

今日は17:20発の飛行機で帰ります。

まずは地下の朝食会場へ。
d0257690_0152526.jpg

シンプルですが、とても美味しい朝食でした。

野菜とウインナーは優しそうなお母様が焼いてくれました!
日本語は通じませんでしたが、とても優しく接してくれたので、私も笑顔で「チャルモゴッスムニダ(ごちそうさまでした)」と言ったら、笑顔で見送ってくれました。

とても素敵な朝食時間でした!
d0257690_0155491.jpg

その後部屋に戻って、ベッドにゴロン。
何だか体が重いので、予定を変更してもう少しゆっくり出発することにしました。

テレビを付けると、パク・クネ大統領(当時になってしまいましたね)の弾劾案可決のニュースばかり。
何だか凄いときに韓国に来てしまったようです。

テレビを観ながらゴロンとしていると、眠くなってきて、また1時間くらい寝てしまいました。

そうして10時半にチェックアウト。
なぜかフロントには誰も居なくて、いくらベルを鳴らしても来ないので、鍵を置いて出て来ました。
d0257690_036593.jpg

奥の白い建物が今回泊まった『デウインホテル』です。
奥まった場所にあるので、初めての方は事前に確認しておかないと迷ってしまうかもしれません。

今回は格安で泊まれましたが、大満足のホテルでした。
ホテルの方も感じが良くて居心地が良かったので、またソウルに来る機会があればお世話になりたいと思います。
d0257690_038528.jpg

ホテルの目の前にはセブンイレブンがあります。

私は利用しませんでしたが、目の前なので本当に便利ですねぇ。
ただ深夜はこの店のBGMが少しうるさかったです(汗)
d0257690_0384952.jpg

韓国国旗を至る所で目にして、あぁここは韓国なんだぁと実感します。

なんだろう?ソウルはハングルの看板以外は東京の街並みと似ている感じがして、海外に居るっていう感じがあまりしないんです。

異国情緒漂う台北とは対照的だなぁと感じました。
d0257690_040545.jpg

うわぁ〜!なんかすごく立派な建物だなぁ!

1日少々ソウルの街を歩いただけでも、こういった近代的な建物をたくさん目にしました。
やっぱりソウルは大都会だなぁと感じます。

それにしても寒くて寒くて、写真を撮る手がかじかみます。
d0257690_043196.jpg

昨日ソウル駅で寄ったこのコンビニ。
セブン以上に至る所にあります。

ここでSuica・PASMOのようなICカード、『T-miney』を購入しました。
このカードは駅では買えないようで、コンビニで買うのが主流のようです。

デザインはいろいろあったので、選ぶのも楽しいです!
d0257690_17544735.jpg

さて、最寄りの「市庁駅」へ。

ホテルから近いし、ソウル駅からも1駅だし、駅周辺にはスーパー、コンビニ、何でもありそうな便利な駅です。
d0257690_17561785.jpg

券売機でT-mineyにチャージをします。

日本語ボタンを押せば、全て日本語に切り替わるので、本当に簡単にチャージ出来ました。
ありがたい!
d0257690_18105587.jpg

さあ、改札にピッとかざして入場。

地下鉄で第1の目的地『昌徳宮(チャンドックン)』へ向かいましょう。
d0257690_18245924.jpg

1号線で「鐘路3街駅」まで出て、3号線に乗り換え。

乗り換えもわかりやすくて、とてもスムーズでした。
ソウルの地下鉄は路線図を見ると複雑だけど、案外簡単に乗りこなせました。

日本語表記もあるので、東京の地下鉄に慣れている方は、そんなに心配いらないと思います。

車内も日本の地下鉄とほとんど変わりませんね。
d0257690_18253465.jpg

「安国駅」で下車。

このように駅には番号が付いていますし、漢字表記もあるので、間違える心配なしです。
d0257690_18304189.jpg

3番出口を出て、10分少々歩きます。

何故かグーグルマップが使えないので、歩き方の地図を見ながら!

こうやって地図を見ながら歩くと、観光客と丸わかりになってしまい、スリのターゲットになるので、治安の良くない都市ではやらないほうが良いかもしれません。
d0257690_18405399.jpg

迷わず到着しました。

入場券を3,000ウォンで購入。
売り場に並んでいたのは、ほとんど中国からの観光客だったように思います。
d0257690_18424971.jpg

さあ、入場です。

橋を橋を渡って行きます。
うぅ、寒い!
d0257690_18451234.jpg

何だか良い雰囲気ですねぇ!

これは写真をパシャパシャ撮りたくなるのも納得の風景です。

たまに目にする韓国ドラマに出て来そうな場所ですよねぇ。
d0257690_1949660.jpg

これが世界遺産に登録されている『昌徳宮』の正殿の「仁政殿」です。

これは凄い!
圧倒されてしまいました。

正直、韓国の歴史には関心が無かったので、この昌徳宮も今回初めて知ったのですが、来て大正解でした。

ソウルの街並みは東京と変わらないと、先ほど書きましたが、こういった歴史遺産は日本とはまた違いますねぇ。
d0257690_19532258.jpg

ただ、遅くまでゆっくりし過ぎたせいで、時間がありません。

もう1か所『景福宮』にも行きたいので、そろそろここを出発しなくては。
最後にもう1回悔いの無いよう見納めし、駅へと戻りました。

弾丸!ソウル旅行 ⑥ [2日目] (景徳宮、フードコートで昼食)
弾丸!ソウル旅行 ⑦ [2日目] (空港鉄道で仁川空港へ、帰国)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-06-13 00:09 | 海外旅行記 | Comments(0)

弾丸!ソウル旅行 ④ [1日目] (地下鉄でホテルへ、ソウルの夜)

弾丸!ソウル旅行 ① [準備編]
弾丸!ソウル旅行 ② [1日目] (大韓航空で初韓国へ!)
弾丸!ソウル旅行 ③ [1日目] (空港鉄道で市内へ)


2016年12月8日(木)

空港鉄道でソウル駅に着きました。
d0257690_19564741.jpg

ホテルは地下鉄「市庁駅」から、徒歩8分のところにあります。

市庁駅はソウル駅から1駅なので、歩こうと思えば歩ける距離ですが、ソウルの地下鉄に乗ってみたかったので地下鉄を待つことに。
d0257690_19572481.jpg

ソウル地下鉄は日本のSuica・PASMOのようなICカード『T-miney』を使うのが一般的なようです。
でもこのカードは券売機では売っていなくて、コンビニなどで買う必要があるとのこと。

近くにコンビニが見当たらなかったので、とりあえずは1回券を購入。
これがデポジット料金が必要なので、なかなか面倒なのです。

やはりT-moneyを買わないと不便ですね。
ICカードはコレクションしていますし、明日には買うことにしましょう。
d0257690_19575814.jpg

改札内へ。
改札口は台北に似ています。

日本とは違った感じがします。
d0257690_19585198.jpg

改札を入ると、すぐにコンビニがありました!
よく見ると、改札外からも入れるようになっていたので、ここでT-moneyを買っておけば良かったです。

この『GS25』というコンビニ、滞在中にたくさん見かけました。
韓国のチェーン店なのでしょうか?
d0257690_19592483.jpg

ここで夜食を買っていきます!
日本の飲み物もたくさん置いてある台湾とは違い、韓国に日本の商品はあまり無いので、とっても新鮮です。

可愛らしいパッケージの飲み物がたくさん!
海外のコンビニは楽しいなぁ(^^♪
d0257690_2052057.jpg

おにぎりやキンパがたくさん置いてあります!

よし!夜食はこれに決めた!
いろいろ種類があって、迷ってしまいました。

初めての韓国での買い物。
少し緊張しました。

レジは若いアルバイトの方で、レジ袋が必要か、英語で聞かれました。
日本では当たり前のように貰えるレジ袋ですが、海外では有料になるんですよね。

とても感じの良い店員さんで、笑顔で「サンキュー」と言って見送ってくれました。
d0257690_2062782.jpg

さて、地下鉄1号線に乗って、市庁駅へ向かいます。

ソウルの地下鉄だから、すぐに列車はやって来るかと思ったら、何故か30分くらい待ちました。
遅れていたのかな?

列車の外観も車内の様子も、日本とほとんど変わらない感じでした。
d0257690_2081290.jpg

1駅なので、あっという間に市庁駅に到着。

なかなか大きな駅で、降りる人もたくさん。
駅構内には日本同様、出店があったりして面白かったです。
d0257690_2014391.jpg

韓国に入国して、初めて外に出ました!
これが韓国の空気かぁ!

雨は弱まって来て、傘をさすほどでは無いけど、凍える寒さです。
意外ですが、ソウルは秋田と同じくらいの緯度に位置する都市なのです。
それは寒いわけですよね。
d0257690_201545.jpg

クリスマスツリーがありました!
寒さに凍えながら、写真撮影。

路面に落ちた雨水が反射して、とても美しい夜景です!

ここからホテルへ歩いて来ます。
このホテルが分かりにくい場所にあるので、事前にグーグルのストリートビューで調べようと思ったのですが・・・

韓国ってグーグルマップがほとんど使えないのですね!ビックリ!
なので、このホテルに行った方がユーチューブにアップして下さった動画を、事前に観ておきました。
d0257690_20161824.jpg

そのおかげで、迷わず着くことが出来ました。

今回泊まるのは、市庁駅から徒歩8分程のところにある『デウインホテル』です。

エクスペディアで4,000円ほどで見つけました!
朝食も付いて、フロントの方が日本語を話せて、レビューも高評価だったのでここに決めました。

フロントの方に「アニョハセヨー」と言ってパスポートを見せたら、「こんばんはー!」と日本語で返してくれました。
スムーズにチェックインが出来て、一安心。
d0257690_20165388.jpg

3階の部屋へ。
かなり良い感じの部屋でした!

部屋はすでに暖まっていて、外の寒さに凍えていたのでホっとしました。
とても4,000円とは思えません。
d0257690_20172390.jpg

広い部屋ではないけど、どこか落ち着く雰囲気を持っていて、このホテルにして良かった!と早くも感じました。

ただ、時間が経つにつれて少し暑くなって来ました。
どうやら床暖房が入っているらしく、リモコンは操作出来ないようになっていました。

なので、温度調整は窓を開けて行うしかありません。
d0257690_2018165.jpg

窓の外を見ると、セブンイレブンがありました。

窓を開けると、冷たい風が入って来て、室内はちょうど良い温度になりました。
でもホテル前は大音量のBGMが流れて、かなり騒がしいのが難点でした。
d0257690_20184629.jpg

このホテルの客室にはバスタブが無いので、シャワーを浴びました。
シャワーだと冬場は寒いですが、安いので仕方ないですね。

さっぱりしたところで、先ほどコンビニで買った飲み物を飲みました。
これはパッケージに惹かれて買ったのですが、麦茶にチョコレートを入れたような、独特な飲み物でした。
日本には無い味です!
d0257690_2021252.jpg

さて、テレビを観ましょう。

日本のNHKにあたる、KBSのニュースがやっていました。
伝えられていたのは、やはりこのニュースでした。
d0257690_20213223.jpg

パク・クネ大統領の、一連のスキャンダルです。

日本でも連日大きく伝えられていましたが、韓国はもうほとんどこのニュースばかりでした。(当然ですね)
連日、大統領辞任を求めるデモが行われているということで、今回の旅行に影響が無いか少し不安でしたが、そこまで影響はありませんでした。
むしろ、歴史的なこのときに、現地の空気を感じられたのは良かったと思います。
d0257690_20244811.jpg

お腹が減ったので、コンビニで買ったキンパを食べましょう。

キンパとは、韓国風海苔巻きのことで、韓国ではメジャーな食べ物のようです。
焼き肉味とキムチ味を買いました!
d0257690_20251421.jpg

これがとっても美味しかったです!
日本でも似たような海苔巻きがコンビニで売っているけど、比べ物にならないほどの美味しさでした!
これはちょっと感動ものです。

1本がかなり大きく、2本も食べると満腹になりました。
カットしてあるので、とても食べやすいです。

キンパが大好きになりました。
d0257690_20254771.jpg

パク・クネ大統領のニュースが一旦終わり、鉄道のニュースが!

ソウルと釜山を結ぶ鉄道のニュースですね!
いつかこの高速鉄道にも乗ってみたいなぁ。
d0257690_20292896.jpg

韓国の天気予報。

韓国は北海道と同じくらいの大きさなので、日本のように地域ごとに分けて伝えることはしないようです。
ソウルと釜山の気温が大分違いますね。

それから地図に九州の一部が写っているのも、日本と韓国の近さを感じさせます。
d0257690_20303353.jpg

お腹いっぱいですが、まだ買った物があるのです。

ブルーベリーのパンケーキと、イチゴオレです。
パンケーキは意外にあっさりしていて、軽く食べてしまいました。

スヌーピーのイラストが可愛いイチゴオレも美味しかった!
d0257690_2031166.jpg

それからこれは、「チョコミルク」と書いてありますが、ココアのことでしょうか?
美味しいけど、少し甘すぎました。

お腹が空いているときに飲んだら、もっと美味しく感じたかもしれません。
d0257690_2033387.jpg

両替した韓国のお金「ウォン」です。
デザインが美しいですねぇ。

上から1000ウォン、5000ウォン、10000ウォンで、50000ウォンの紙幣もあるようです。

美味しい食べ物に、興味深いテレビに、とても楽しいソウルの夜が過ごせました。
このホテルもとても居心地が良くて、自分の部屋のように寛げました。

気が付くと、もう2時を過ぎていました。
韓国は時差が無いので、もう寝ないと!

慌ただしい1日目が終了しました。

弾丸!ソウル旅行 ⑤ [2日目] (遅めのチェックアウト、世界遺産の昌徳宮へ)
弾丸!ソウル旅行 ⑥ [2日目] (景徳宮、フードコートで昼食)
弾丸!ソウル旅行 ⑦ [2日目] (空港鉄道で仁川空港へ、帰国)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-02-26 00:52 | 海外旅行記 | Comments(2)

弾丸!ソウル旅行 ③ [1日目] (空港鉄道で市内へ)

弾丸!ソウル旅行 ① [準備編]
弾丸!ソウル旅行 ② [1日目] (大韓航空で初韓国へ!)


2016年12月8日(木)

20:30に韓国入国!
d0257690_20322768.jpg

当たり前ですが、ハングルの案内板だらけで、韓国に来たんだぁと実感させられます。

台湾なら漢字だからなんとなく理解できるけど、韓国はハングルが全く読めないので不安でした。
でも、有り難いことに日本語の表記もしっかり整備されているので安心しました。

インチョン空港からソウル市内は結構離れているようで、鉄道とバスが出ているようです。
鉄道好きの私は勿論空港鉄道でソウル市内へ向かうことにします。
d0257690_20332453.jpg

ひとまずベンチに座って、Wifi設定。

今回は今までにないくらい、スムーズに接続が出来ました!
これは、韓国だから繋がりやすいのか、イモトのWifiが進化したのかはわかりません。

行き交う韓国の人を眺めていると、日本人とはやはり少し違う感じを受けました。
d0257690_2033509.jpg

空港鉄道の乗り場へは、意外と距離がありました。
10分くらいかかったかな?

でも案内表示がしっかりしてあるので、迷うことはありません。
それにしても、このインチョン空港は大きいなぁ。

さすがアジアを代表するハブ空港ですね。
d0257690_2036532.jpg

この券売機で乗車券を買ってみます。

窓口でも買えるようですが、ガイドブックには券売機は簡単と書いてあったのでやってみます。
d0257690_20351680.jpg

右下の日本語ボタンを押せば、全て日本語に切り替わってくれます!
これは有り難い!

すぐ台湾との比較になってしまうのですが、台湾の券売機で切符を買うのは意外に難しいんです。
行き先は漢字で読めるんだけど、途中の手続きで難しい漢字が出てきて、わからなくなってしまうのです。

ハングルは全く読めないけど、こうやって日本語で表示してくれれば絶対に買うことが出来ます。
入国して1時間も経っていないけど、韓国の人に感謝の気持ちが芽生えた瞬間でした。
d0257690_20363895.jpg

空港鉄道は、各駅停車とソウル駅までノンストップの快速があるようです。
私は快速に乗車します。

各駅停車と快速では、改札口が異なるので注意が必要です。
d0257690_1722066.jpg

エスカレーターでホームへ降りて行きます。
ホームに着くと、案内係のお姉さんがニコッと笑顔で、乗り場を案内してくれました。

10分くらい待って、列車が入ってきました。
ホームドアがあるので、車体の撮影が出来なかったのが残念です。
d0257690_17224469.jpg

車内は広くて、とても清潔な感じです。
全席指定なので、指定された席に窓側の席に座りました。

「はぁ~これで落ち着ける」と思ったら、私の隣と前の席に、数名の日本人観光客が来ました。
この人達が「ワー」とか「キャー」とか、もの凄い声で騒いで、前の席をバンバン蹴とばすのです(怒)

落ち着けないのは勿論ですが、同じ日本人として恥ずかしくなりました。

最低限のマナーが守れない人は、日本から出ないで下さい(怒)!!
d0257690_172322100.jpg

乗車券は2枚ありました。

レシートのような紙に、列車番号や座席番号が書いてあります。
カードは改札を通る際にピッとタッチします。

列車はインチョン空港駅を出発。
暗いので外の様子はわかりませんが、結構な速度を出していました。
d0257690_17242269.jpg

日本語の案内もありました!
アナウンスもとても丁寧な日本語でした。
d0257690_17251058.jpg

空港では激しい雨が降っていましたが、ソウルに近づくにつれて、雨は弱まってきました。

約45分で、ソウル駅に到着しました!
これから夜食を買い込んで、地下鉄でホテルへ向かいます。

次回は1番楽しかった、ソウルの夜の思い出を書いていきます。

弾丸!ソウル旅行 ④ [1日目] (地下鉄でホテルへ、ソウルの夜)
弾丸!ソウル旅行 ⑤ [2日目] (遅めのチェックアウト、世界遺産の昌徳宮へ)
弾丸!ソウル旅行 ⑥ [2日目] (景徳宮、フードコートで昼食)
弾丸!ソウル旅行 ⑦ [2日目] (空港鉄道で仁川空港へ、帰国)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-02-20 20:48 | 海外旅行記 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE