カテゴリ:音楽の話題( 97 )

 

miwaベスト

先日デビュー7周年を迎えたmiwa。
アルバムも5枚になったし、そろそろベストアルバムを出すかもしれません。

でもそれまで待てないので、自分でベストアルバムを作ってしまおうと、とりあえず大好きな曲だけを挙げてみると、何と30曲越え。

思い入れのある曲が多すぎて、CD2枚にまとめるのは無理がありました(汗)
なので、その曲でプレイリストを作って、最近は毎日聴いています。

d0257690_2133541.jpg


**********************
Wake Up, Break Out!
リトルガール
あなたがいないと世界はこんなにつまらない
そばにいたいから
オトシモノ
chAngE
you can do it!
春になったら
friend 〜君が笑えば〜
めぐろ川
僕らの未来
つよくなりたい
441
chasing hearts
FRiDAY-MA-MAGiC
片想い
クレアデルネ
いくつになっても
Take@chance
ヒカリへ
カラ*フル
ミラクル
スマイル
Delight
サヨナラ
キットカナウ
It's you!
君に出会えたから
希望の環(WA)
360°
ONENESS
恋の予感
夜空。feat.ハジ→
始まりは終わりじゃない 〜ON MY WAY ver 〜
結 -ゆい-
SPLASH
変わらぬ想い
泣恋
**********************

全38曲、これなら3枚組のベストが出来そうです。
でもCDにするなら、デビュー曲の「don't cry anymore」を入れないとおかしいし、もっとアルバム曲やカップリング曲を減らすべきかもしれません。

最近はこのプレイリストを聴いて、miwaモードになって来ました!

今度のツアーは初日の名古屋と、最終日のさいたまに行けることになり、とっても楽しみです!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-03-14 21:20 | 音楽の話題 | Comments(0)

Superflyのファン投票ベスト

今年デビュー10周年のSuperfly。

10周年を記念して、ファン投票のベストアルバムが4月4日に発売されます!
先日、ファン投票の結果が発表され、収録曲も決定しました。



Disc LOVE
01. 愛をこめて花束を
02. 輝く月のように
03. 愛に抱かれて
04. Oh My Precious Time
05. 愛と感謝
06. See You
07. 恋する瞳は美しい
08. 愛をからだに吹き込んで
09. 凛
10. 春のまぼろし
11. Last Love Song
12. やさしい気持ちで
13. On Your Side

Disc PEACE
01. Beautiful
02. ハロー・ハロー
03. Wildflower
04. Good-bye
05. My Best Of My Life
06. You & Me
07. 1969
08. Hi-Five
09. 919
10. 愛をくらえ
11. スタンディングオベーション
12. The Bird Without Wings
13. Starting Over

Disc FIRE
01. タマシイレボリューション
02. Alright!!
03. 99
04. 黒い雫
05. Bi-Li-Li Emotion
06. Force
07. 心の鎧
08. 誕生
09. White Light
10. マニフェスト
11. How Do I Survive?
12. I Remember
13. Rollin' Days


全39曲。
さすがファン投票というだけあって、アルバム曲やカップリング曲からも、満遍なく選曲されていますね!

大好きな「Always」と「いつか私は歌をうたう」が入っていないのが残念だけど、1stの隠れた名曲「Oh My Precious Time」が入っているのは嬉しいです!

数年前にもベストは出たけど、こちらの方がよりボリュームがあって、聴きごたえがありそう!
発売が楽しみです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-02-17 17:52 | 音楽の話題 | Comments(0)

クイーン+アダム、北米ツアー決定!

遅くなりましたが、クイーン+アダムの北米ツアーが決定しました!

*************************************
6月23日 アリゾナ州フェニックス -ヒラ・リヴァー・アリーナ
6月24日 ネバダ州ラスベガス - T-モバイル・アリーナ
6月26日 カリフォルニア州ロサンゼルス - ハリウッド・ボウル
6月29日 カリフォルニア州サンノゼ - SAP センター
7月1日 ワシントン州シアトル - キー・アリーナ
7月2日 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー(カナダ) - ペプシ・ライヴ・アット・ロジャース・アリーナ
7月4日 アルバータ州エドモントン(カナダ)- ロジャース・プレイス
7月6日 コロラド州デンバー - ペプシ・センター・アリーナ
7月8日 ネブラスカ州オマハ - センチュリーリンク・センター
7月9日 ミズーリ州カンザスシティー - スプリント・センター
7月13日 イリノイ州シカゴ - ユナイテッド・センター
7月14日 ミネソタ州セントポール - エクセル・エナジー・センター
7月17日 ケベック州モントリオール(カナダ)- ベル・センター
7月18日 オンタリオ州トロント(カナダ) - エア・カナダ・センター
7月20日 ミシガン州デトロイト - ザ・パレス・オブ・オーバーンヒルズ
7月21日 オハイオ州クリーブランド - クイックン・ローンズ・アリーナ
7月23日 コネチカット州アンカスビル - モヘガンサン・アリーナ
7月25日 マサチューセッツ州ボストン - TD ガーデン
7月26日 ニュージャージー州ニューアーク - プルデンシャル・センター
7月28日 ニューヨーク州ニューヨーク - バークレイズ・センター
7月30日 ペンシルバニア州フィラデルフィア - ウェルズ・ファーゴ・センター
7月31日 ワシントン D.C. - ベライゾン・センター
8月2日 テネシー州ナッシュビル - ブリヂストン・アリーナ
8月4日 テキサス州ダラス - アメリカン・エアラインズ・センター
8月5日 テキサス州ヒューストン - トヨタ・センター
*************************************

d0257690_19175220.jpg

去年のアジアツアー後にブライアンが体調を崩し、ケリーちゃんとのイギリスツアーがキャンセルとなっていたので、今年はクイーン+アダムの活動は無いものと思っていました!

アメリカ・カナダの25都市でのライブ!
凄い規模のツアーです。
クイーン+アダムの北米ツアー2014年以来ですね。

行くのは厳しいだろうけど、クイーン思い出の地、モントリオールでのライブを観てみたいなぁ。

それで気になるのは、このツアーが終わった後です。

何となくですが、また日本に来てくれるような気がするのです。
去年のアジアツアーの中での、武道館3日連続公演。

当初は2日だけの予定でしたが、チケットを取れない人がたくさんいるのを知ったメンバーが、無理にもう1日追加してくれたのです。

多分ここまでしてくれるのは日本だけだと思います。
クイーンと日本は特別な関係!

シンガポールでの特別インタビューでも、「今回は地方の都市に行けなくて申し訳ない」とロジャーが言ってくれていましたし、もしかしたら近いうちに日本でツアーをやってくれるのでは?と密かに期待をしています。

もはや彼らは億万長者なので、今更お金を稼ごうなんて考えてはいないはず。
クイーンの曲をアダムと奏でるのが楽しいから、こうやって世界を周っているのだと思います。

そんな中で、昔からのファンも大勢いる日本でやることによって、フレディやジョンが居た頃の、楽しい記憶が蘇ってくるはず!
今度はゆったりとしたスケジュールで、メンバーがじっくり日本を観光出来る時間も取れるといいなぁと、勝手にいろいろ想像する毎日です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-02-10 19:36 | 音楽の話題 | Comments(0)

ガンズの来日公演

アクセルとスラッシュの揃ったガンズの来日公演。
明日から関東上陸ですね!

私はギリギリまで行けるように調整してきたのですが、予算の関係で今回は断念することになりました。

洋楽ファン初期から好きなバンドなので、行けないのは非常に残念で悔しいですが、メンバーはまだまだ若いのでこれからも来日してくれると信じるとしましょう!



大好きな「Sweet Child O' Mine」を大音量で聴いています。
何度聴いてもギターソロに痺れます!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-01-24 20:13 | 音楽の話題 | Comments(0)

ジョージ・・・

悲しいです。
ジョージ・マイケルが53歳の若さで突然、天国へ旅立ってしまいました。
d0257690_20194661.jpg

私がジョージを知ったのは中1のとき。
英語の授業で「Last Christmas」を聴いて感動し、ワム!のベストアルバムを買いに行ったのを最近のことのように思い出します。

それから高校でクイーンのファンになり、あのフレディ追悼コンサートのことを知り、ジョージの素晴らしきステージを観るのです。



ジョージの歌う「Somebody To Love」、初めて観たときはもう何にも言葉が出てこないくらい、感動しました。
ジョージのフレディに対する溢れんばかりの愛情が詰め込まれた、素晴らしいステージ。
去りゆくジョージを見つめるブライアンの表情が、その素晴らしさを物語っています。

本当にフレディ亡き後のクイーンファンにとっても、ジョージの存在はとてつもなく大きなものだったのです。

このステージでジョージ・マイケルという人物も好きになり、ソロのアルバムも集め出し、今では全て揃って、先日のクリスマス・イブにもジョージの歌声を聴いていたところに、この訃報が飛び込んできました。

まだまだ若いのに、残念でなりません。
天国でフレディと再会出来ることを祈っています。
ご冥福をお祈り致します。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-27 20:34 | 音楽の話題 | Comments(0)

25年の月日が流れ・・・

今も世界中の人々から愛されるクイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリー
今日はフレディの25回目の命日です。
d0257690_20355043.png

25年というと、四半世紀になりますね。

それだけの時が流れても、今なお絶大な影響力を持つフレディの歌声。
これが本当のロックスターなんだと思います。

私はまだ24歳なので、生まれた時にはフレディは居なかったけど、それでも今やクイーンの大ファンです。

フレディの歌声に、今までどれだけの夢や希望をもらって来たことでしょう・・・。
貴方の歌に出会って、私の人生も大きく変わりました。

去年、貴方の住んでいた家を訪れたときは、本当に感激しました。
そのとき「ブライアンとロジャーをまた日本に連れて来て下さい。勿論フレディ、貴方とジョンの魂も一緒に・・・」とお願いしましたよね。

今年その夢が叶ったのは、アダムは勿論ですが、天国の貴方のお陰だと私は思っています。

フレディ、本当にありがとう。
貴方の残した素晴らしい歌は、これからも永遠に聴き継がれることでしょう。
d0257690_20511862.jpg

今宵は天国のフレディに乾杯!!

またステージに降りて来て下さい!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-11-24 20:54 | 音楽の話題 | Comments(0)

「君への手紙」MV公開

桑田さんの新曲「君への手紙」のMVがフルで公開されました!
台湾のホテルで寝る前に観て、感動。
感動のあまり、なかなか寝付けなくなりました(汗)



ラジオで聴いて素晴らしい曲だとは思っていたけど、MVもまた素晴らしい!
曲も映像も美しいなぁ。
これは名曲揃いの桑田さんソロ作品の中でもトップ3に入るくらい、気に入りました。

発売が楽しみです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-11-09 23:53 | 音楽の話題 | Comments(0)

ブライアン、ツアーをキャンセル

我らが愛しのブライアン。
体調不良で12月のケリーちゃんとの英国ツアーをキャンセルすることが発表されました。

d0257690_2145693.jpg

http://top.tsite.jp/news/celebrity/o/31641551/

本当に心配です。

武道館公演では元気いっぱいなプレイを見せてくれて、体調が悪い感じなんて全くしませんでした。

でも、シンガポールで食あたりを起こして、羽田到着の際も、あの優しいブライアンが出迎えるファンの前に姿を現さないといったこともありました。

今振り返れば、ブライアン体調良くなかったのかなぁ?
それで武道館3日間連続なんて、きつかっただろうな・・・。



ブライアンはファンの為に精一杯のパフォーマンスを魅せてくれました。
今はゆっくり心と体を休めて下さい。
また元気になったブライアンを観れるように祈ります。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-10-31 21:35 | 音楽の話題 | Comments(0)

クイーン+アダム、日本独占インタビュー

先日BSフジで放送されたクイーン+アダムの特集番組。
番組クルーがメンバー滞在中のシンガポールまで行って、独占インタビューをしてくれました。

これは本当に日本限定の特別なインタビューです。
観れなかった方もいらっしゃるようなので、全文書き写してみました。

(この記事はPCサイトでご覧下さい)

d0257690_2051297.jpg

Q:初めてのシンガポールはいかがですか?

ブライアン:とても気に入っている
       晴らしい草木で溢れている
       緑が多くて 暖かくて 歓迎されている
       みんなとても良くしてくれる
       アダムは以前ここに来たことがあるので 素晴らしいと教えてくれた

アダム  :戻って来れて嬉しいよ


Q:日本についてはいかかですか?

ロジャー :日本は常にとてもエキサイティングだった
      クイーンを本当に理解してくれた最初の国だった
      僕たちの何たるかを コスチュームや複雑な音楽をね
      初めて日本に到着したときの反応は素晴らしかった
      ベストだった 新しい感覚だった
      新鮮だったのでとてもよく覚えている
      僕たちの歴史上とても重要なことだ

ブライアン:そして今後もね
      何度も行っているから 旧友のようだよ
      日本とは絶えず交流がある
d0257690_2082537.jpg
      


Q:クイーンは初期から日本で人気があったことをアダムは知っていましたか?

アダム  :もちろん素晴らしいエピソードをたくさん聞いているよ
      日本のオーディエンスはとても情熱的で
      感情がすごく伝わって来た
      心のつながりが感じられた
      他の国とは違う
      とてもスペシャルであることを感じたよ

ブライアン:一昨年サマーソニックに出たけど
      そのライブDVDが出る
      素晴らしい出来だ
      最初は全員が難しいギグになると思っていた
      オーディエンスは素晴らしかったが猛暑で
      湿度が高く とてもプレイがしづらかった
      だからそんなに良くないだろうと思っていたけど
      ビデオを観たら「いや!素晴らしい!」と思った
      ファンとの絡みも素晴らしかったし
      それが記録されている
      サマーソニックでのクイーンをDVDで観られるよ

ロジャー :オーディエンスの反応は素晴らしかった
      しかも日本でプレイしてあんなに
      若いオーディエンスがいたことにかなり驚いた
      こんなに長年日本に来ているのに

ブライアン:(アダムを指して)彼のおかげさ

ロジャー :そうだな 全てアダムのおかげだ

アダム  :(照れながら)
      日本を含む全世界でクイーンが素晴らしいのは
      世代を問わないことだ
      最初に聴いていた人たちが
      それを家族に引き継いでいった
      子供たちは家でそれを聴いて
      1つの世代に限ったものではないんだ
      日本のオーディエンスを見るとそれがわかる


Q:若い世代から幅広いファンに未だに
 多くの支持を得ているのはなぜでしょう?

ブライアン:わからない 謎だね
      僕たちもライブをやっていて
      感傷的なものを感じる
      歴史があるのにとても間近でもある
      そういう感情がよぎる
      そういう感情が心をよぎる
      とても嬉しかった
      インプロヴァイズしたからだ
      普段はやらない「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」もやった
      ビデオで振り返ってみると 素晴らしい出来だ
      すごく新鮮かつ危険だからだ
      アダムは素晴らしい
      オーディエンスのところに行って絡んでいる
      これだけ年月が経ってもいまだに
      新しい境地が開けて嬉しかった
      みんなもそう感じているはずだ
      歴史の一部でもあり今の一部でもある
      
アダム  :本番前の2日間がリハーサルだった
      パフォーマンスがすごく新鮮だったね
      エキサイティングだったよ
      
ロジャー :全く妥協しなかった

ブライアン:ミスもなかった


Q:アダムがクイーンのステージで
 心がけていることは何ですか?

アダム  :まず第一に フレディの代わりはいないということ
      比較など出来ない
      彼は憧れの存在だった
      そのことは最初からみんなわかっていたし
      毎回パフォーマンスする際にオーディエンスに
      わかってもらえるよう心がけている
      クイーンの曲や遺産を讃えている
      気持ちや物語は全く新しいけど
      そっちに専念するよう心がけている
      自分のやっていることに以降するのは正しくない
      敬意を表すことが正しいんだ
      それが重要なんだ
      僕にとってもオーディエンスにとっても
      だから彼らと心が通い合っている
      彼らはかわってくれている
      僕はこれに参加出来てとても光栄だ
      レジェンドたちと同じステージに立てるなんて

ブライアン:よしてくれよ(苦笑)

アダム  :衝撃的なんだ 本当だよ
      毎回「これってクレイジーだ!」と思っている
      そんな奇跡をオーディエンスも僕も
      みんな経験しているんだ

ロジャー :アダムに全幅の信頼を置いているのは
      とても大事なことだ
      彼の能力や声が素晴らしいからで
      そのおかげで楽しめる
      とても楽しい
      楽しむのはとても大事なことだ
      ステージからオーディエンスに伝わるものだから

ブライアン:奇跡的な気分だ
      実際奇跡だよ
      神からの贈り物だ
      彼がフレディである必要はない
      一瞬でもフレディである必要はない
      ただ自分らしくすればいいんだ
      実際そうしているし
      それでうまく行っている
      しっくり溶け込んでいる
      聞いた通りあの声だ
      並外れた声だ カリスマ性がある
      立ち姿もしっくりくる
      楽しませてくれる
    
ロジャー :おふざけも出来る

ブライアン:他に何を望む?

アダム  :靴がたくさんある

ロジャー :そう 彼の衣裳部屋は靴でいっぱいなんだ

アダム  :とても大事なことだ

ロジャー :すごい衣裳部屋だよ

ブライアン:予測不能でもある(笑)
      ギターを弾いていると「彼はフレディと
      同じことをするのかな?」などとは考えずに
      「何をするつもりなんだろう?
      そうか そうか!」と思う
      とてもライブっぽい
      演出されていなくても
      とても楽に絡めるんだ

アダム  :新鮮さを保てるよね
      ステージでのお気に入りは・・・
      このバンドをやりだした頃は
      まずオーディエンスに認められるだろうか
      彼らがどう感じるだろうかと思ったけど
      何よりブライアンとロジャーが僕が
      歌うことをどう思うかだった
      「こうだったからこうしなくてはいけない」
      とかたくなに言われたとしても
      僕はそれでもかまわなかった
      彼らなんだからね
      でも驚いたことに僕にとって有利に働いて
      「どうしたい?」と言われたんだ
      常に自由で開放的な気持ちになれた
      そのおかげでステージでマジックが多々生まれたんだ

ロジャー :あとかなりリラックスしている
      ある意味 オールドファッションなんだ
      いまどきのバンドの大半はハード・ディスクや
      クリックを使っているが僕たちは使わない
      アルバムより若干速くなったり
      遅くなったりするかもしれないが
      感覚を大事にしている
      それがよりオーガニックな感覚を
      パフォーマンスにもたらすんだ

ブライアン:いまどき珍しいことだ
      みんなが観ているものは全てリアルだ
      どれだけの人が気づいているか知らないが
      いまどきのライブではあらかじめ
      録音されたものが流れることが多い
      でも僕たちのは全てその場で起こっている
      危険だしミスだって犯す
      ミスではなく 違うことも起こりえる

ロジャー :おまえはミスを犯すよ

一同爆笑

ブライアン:でもリアルなんだ
      以前起こらなかったことが起こっていることを
      オーディエンスは知っている

アダム  :危険だけど安全な部分もある
      がっちり固められたものをやっていると
      何か間違いが起こったら大参事になるけど
      みんなの心が通じ合っていてそれだけが頼みの綱だと
      伸縮したり収縮したり出来る
      自由な感じ 開放感もある
      限定されないんだ

ブライアン:ライブで起こることで恥ずかしいことは何もない

ロジャー :僕もない

アダム  :多少はある(苦笑)

ブライアン:リアルだし 別の境地になるし
      みんな大人なんだから笑って
      「こういうこともあるんだからやれるさ」と言える


Q:日本武道館でのパフォーマンスについて

ブライアン:また武道館でやれることになって嬉しいよ
      あそこが大好きなんだ
      何度もプレイした
      何回だったかな
      10回以上はやったよね?

ロジャー :わからない

ブライアン:何度もやったよ 素敵なところだ
      だから選んだんだ
      武道館はかなり大きいから圧倒されるけど
      コントロール出来ないほどじゃない
      人を包み込むにはとても素敵な環境だから
      観に来てくれた人はいい音で聴ける
      だから3日間あればばっちりだ
      (アダムに)そうだろう?

アダム  :そうだね!

ロジャー :初来日の初日が武道館だったと思う
      素晴らしかった
      みんながグレイトと言ってくれたんで
      別の都市で更にやることになったのを覚えているよ
      そして「武道館でもう1回やらないか?」と
      言われたんで結局最後にもう1回やった
      素敵な思い出だ

ブライアン:初来日は忘れられないよ
      「日本のオーディエンスに対して過剰な期待はするな」
      「拍手はするけど とても静かだから
      心配するな」と言われた
      実際はとんでもなかった
      渦巻くようだった
      あまりの熱狂ぶりにフレディは「怪我人が出ないように
      あとなしくしてくれ」と言わないといけなかった
      素晴らしい体験だった

アダム  :そうだね 楽しみだよ
      早く行きたくて仕方がない
      このバンドにとって歴史のある場所に
      戻れるのはエキサイティングだ
      
ロジャー :武道館は世界中で知られている
      多くの有名なコンサートが武道館で行われてきた
      旧友のチープ・トリックやその他大勢によってね
      だから武道館はある意味グローバルな場なんだ
      ウェンブリーのように


Q:クイーンがこれほど長く評価され
 人気を得て来た理由はなんでしょう?

ブライアン:ちょっとクレイジーだったからじゃないかな?
      常に常軌を逸した夢を抱いていた
      趣味のようなもので これまで誰もやったことがないことの
      なかったことをやるのが大好きなんだ
      例えば 今は仮想現実にハマっている
      空飛ぶ3D仮想現実機器を使って
      コンサートを録画したけど
      これをやった人はこれまでいなかった
      じきに買えるようになるんで
      仮想現実ヘッドホンをつければ
      まるでバルセロナのオーディエンスの
      上を飛んでいるように感じられる
      そういう新しいことだよ
      もちろん音も特別な方法でミキシングするから
      頭の向きを変えると音も聞こえる
      新世紀のクイーンだから そういうことを
      試してみるのは素晴らしいことだ

ロジャー :70年代には夢にも思わなかった
      そこまで先のことは考えなかった
      来週のこと 来月のことしか考えなかった
      来年のことすら考えなかったから夢などなかった
      でも長年のうちに大成功すると
      突如自分が何者であるかに気づく
      自分のしていることで
      自分が明確になって行く
      フレディが逝ったときブライアンと僕は
      全ておしまいだと思った
      ところが嬉しい偶然が重なってバンドは続いた
      すると突然「これが僕たちなんだ
      これが僕たちのやるべきことなんだ」
      ということに気づいたんで
      いまだにやっているんだ
      大好きだもの

ブライアン:彼の言った通りだ
      人を楽しませているし
      様々な時期を経て来た
      最近の僕は自分のこと僕たちのことを
      もっと意識するようになった
      ロジャーが言ったようにフレディが逝くと
      もうおしまいだとみんな確信していた
      「それでもかまわない やるべきことはやったんだから
      これからは別のことをやろう」と思った
      でも僕たちが築いて来たクイーン
      という手の込んだ組織はまだそこにあった
      みんなまだ聴きたがった
      フレディの後任を探しはしなかったけど
      今は僕たちがやっていることを
      一緒にやってくれる人がいるんだから
      もう一度出て行ってやらない手はない
      すごいよ 以前とは考え方が変わった
      僕たちが作ったクイーンは永遠なんだ
      しかもフレディはまだその一員なんだ
      そこが素敵なところなんだよ
      フレディがいないのにもうやりたくなどなかった
      でも実はフレディは一緒にいる
      ライブでは彼が観られる
      曲を通じてパフォーマンスを通じて
      フレディを体験出来るんだ

ロジャー :でも偶然アダムを見つけなかったら
      やっていなかった

ブライアン:もちろん

ロジャー :うまく行かなかっただろう
      完璧にうまく行った
      彼は素晴らしい
      とてつもないケミストリーがある
      うまく行っているから とても嬉しいよ
      でも そうでなかったらやっていなかった

ブライアン:彼は これまで迎えたシンガーの中で
      ベストの部類に入る

アダム  :そんな・・・(照)

ブライアン:ごめん(笑) あんまりいいユーモアの
      センスじゃなかったね(笑)

↓       ↓

続きはこちらから

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-10-12 20:20 | 音楽の話題 | Comments(0)

桑田さんの新曲が素晴らしい

桑田さんの新曲2曲が素晴らし過ぎる!

シングルで発売される「君への手紙」と、DVDに収録される「悪戯されて」、どちらも異なるタイプの曲だけど、心の琴線に触れまくり!



桑田さんの才能は全く衰えを知らないですね。
「大河の一滴」と「百万本の赤い薔薇」に続いて、こんな名曲を立て続けに放たれるとは・・・。
行く気は無かったけど、横浜アリーナライブに行きたくなってきました。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-10-10 01:39 | 音楽の話題 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE