<   2015年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

2度目の訪問!台湾旅行記 ⑤ [2日目] (台南観光)

2度目の訪問!台湾旅行記 ① [準備編&0日目]
2度目の訪問!台湾旅行記 ② [1日目] (台湾入国、ホテルにチェックイン)
2度目の訪問!台湾旅行記 ③ [1日目] (MRTで淡水へ、夜の西門町)
2度目の訪問!台湾旅行記 ④ [2日目] (高速鉄道で台南へ)

台湾旅行記、かなり間が空いてしまいました。
見て下さっている方々、申し訳ありません。

更新が遅れた理由として、北陸・長崎と旅行が重なったこともありますが、1番は早く終わらせるのは勿体ないなぁと思っているからです。

それだけ台湾という地に思い入れがあって、ゆっくり思い出に浸りながら書いていきたいなと思っていたら、これだけ遅くなってしまいました。

来週の今頃は北海道に行くので、この次の旅行記は北海道になると思いますが、そちらが終わり次第、台湾旅行記も続けたいと思います。

さて、ここでは台南観光編。


2014年12月18日(木)

d0257690_21822100.jpg

台鉄に乗って、台南に到着しました!

テレビでもよく映る白を基調とした有名な駅舎!
趣がありますねぇ。
d0257690_21173350.jpg

ここ台南は、かつてオランダ統治時代には政府が置かれた、政治の中枢でした。

日本統治時代に首都は台北に移転しましたが、今でもその当時の面影を残していて、古都・台南として有名な観光地でもあります。

前回は来れなかったところだから、2度目となる今回は必ず来ると決めていました。
d0257690_21182743.jpg

駅のロータリーを抜けるともうこんな感じ。

台北も初めて行ったときは大分カルチャーショックを受けたけど、台南は更に凄いですね。
台北以上にカオスな世界!
d0257690_12443943.jpg

アジアだなぁって感じがします。
まあ、日本もアジアなんですが・・・

そういう意味では日本は綺麗に整備され過ぎていて、少し面白みに欠けるかなぁと、海外に来て感じることもありました。
d0257690_124694.jpg

放置なのか、ちゃんと停めてあるのかはわかりませんが、バイクと自転車がたくさん。

まずは歩いて北方向に向かったのですが、100メートルの行かないうちに歩道が無くなって、車道を歩かなければいけなくなりました。

日本だったら、路側帯もあるし特に問題は無いんですが、ここは台湾。
バイクも多いし、路側帯も無く、危ないなぁと感じたので、駅に戻ってタクシーで目的地まで向かうことに。
d0257690_12493286.jpg

駅前のこの地下道を通って、反対側の道路に出ます。

この地下道がまた独特な匂いがするんです。
地元の子供たちが書いた絵なども飾ってあり、こういうところは日本と同じなんだなとほのぼのとした気分に。
d0257690_12512315.jpg

反対側の道路に出て、改めて駅舎を眺めます。

南国感が出ていて素敵ですねぇ〜!
d0257690_1494023.jpg

道路脇にはたくさんのタクシーが客待ちをしています。

台南は地下鉄(MRT)が通っていないので、移動はバスかタクシーが主になります。
観光客にバスは少しハードルが高いので、やはりタクシーが便利でしょう。

運転手さんに地球の歩き方の『孔子廟』を指さして、会話帳も駆使して何とか行先を告げることに成功。
海外ではタクシーに乗るだけでドキドキです。
d0257690_14145595.jpg

約5分で到着しました。

80元と安い!
運転手さんはニコッと笑って「アリガトウ、サヨウナラ」と日本語で言って去って行きました。
d0257690_1417820.jpg

第1の目的地『孔子廟』に着きました。

1665年に孔子を祀り、「全台首学」の額を門に掲げた、台湾最古の最高学府として知られています。
初めての台南観光では外せない定番の観光スポットでもあります。
d0257690_14584098.jpg

孔子廟のある一角は公園になっていて、地元の学生やお年寄りの憩いの場になっていて良い雰囲気でした。
d0257690_1582178.jpg

本堂には拝観料が必要ですが、こちらは誰でも見学出来ます。

もうすでに見入ってしまいます。

本当に”古都”っていう感じだなぁ。
d0257690_1511151.jpg

こちらは『文昌閣』という三重の塔。

梯子がかかっているのは、ちょうど施設の方が木の枝を切っていたから。
こうやって管理してくれる方がいるから、我々は楽しく観光出来ているんだなぁと思います。
d0257690_15163548.jpg

さて、25元支払って本堂の『大成殿』へ。

いやぁ〜立派だ!歴史を感じるなぁ。
素晴らしい!
d0257690_15221815.jpg

ほかのツアー観光客の皆さんの見様見真似で、手を合わせました。

清朝歴代皇帝と中華民国歴代総統の額が、飾られています。
d0257690_15245113.jpg

心から来て良かったと思いました。

日本に来る外国人観光客の方が、金閣寺や清水寺に行ったときのような気分を味わえたんだと思います。
台湾は日本でいう京都のような都市だとよく言われますが、わかるような気がします。

でも日本の京都には無い違った魅力も、たくさん感じることが出来ました。
d0257690_15352813.jpg

ゆっくり楽しんで孔子廟を後にしました。

外から見る文昌閣も美しい!

このときは12月だから暑いってことは無かったけど、台南はもう3月くらいから暑くなるみたい。
そんなときにこういう木々の生い茂った中の孔子廟を目にしたら、涼しい気持ちになるんだろうなぁと思います。
d0257690_15365477.jpg

一旦買い物をする為、駅へ戻りました。

行きのタクシーで道は覚えたので、帰りは歩きで。

バイクの専用道があって、驚き。
これも台湾ならでは。
d0257690_15392321.jpg

レンガ造りの警察署。

風情があっていいですねぇ。
d0257690_15411160.jpg

国立台湾文学館の前も通りました。

カフェも併設されていて、とてもお洒落な雰囲気。
ヤシの木で南国気分も高まりますなぁ。
d0257690_16201559.jpg

ここ『民生緑園』のように台南には駅から離れたところにも、たくさんのロータリーが存在します。
ここを目印にして歩けば、迷ったときには良いかもしれません。

そしてそこを通るのは車よりバイクの方が多いのです。
d0257690_16232959.jpg

信号待ちのバイク。
バイクの多さに驚くばかりです。

それから台南駅のほうに戻り、近くの商店街でしばしショッピング。
物価が安いからいろんな物を買えました。

財布や帽子など、良い記念になって良かった!

日も暮れてきたので次の目的地へまたタクシーで向かいます。
d0257690_16295411.jpg

第2の目的地『赤崁樓』に到着。

もうこの時点で結構暗くなってしまいました。
赤崁樓は先ほどの孔子廟よりも12年古く、1653年にオランダ人により建造されました。

赤レンガ造りの台南最古の建築物として有名です。
50元支払って入場します。
d0257690_16355716.jpg

入場すると売店を発見!

そういえば新幹線の中でお茶を飲んで以来何も飲んでなかったな。

喉が渇いていたので、1番人気だというこの飲み物を買いました。
d0257690_16381794.jpg

グレープフルーツジュース!
ウマっっ!!!

驚きました。

これは台北で飲んだスイカジュースに匹敵する美味しさでした。
グレープフルーツの果肉もたっぷり入っていて、喉が渇いているときに飲んだらこれは堪らないね!

美味しかった!
これを飲んで体力もかなり回復しました。
d0257690_16505946.jpg

まずは『文昌閣』へ。

回りが塀になっているのが好きだなぁ。

レンガで出来た城門と基台は、オランダ統治時代のもです。
d0257690_16581663.jpg

かなり急な階段の上がって2階へ。

隣の『海神廟』を『文昌閣』から見る・・・
良い気分です。
d0257690_1781372.jpg

続いて『海神廟』にも!
夕暮れ時の日差しが差し込んで美しい。

今度は『文昌閣』から見る『海神廟』。
d0257690_17113394.jpg

神聖な雰囲気が漂って、身の引き締まる想いがします。

この文昌閣と海神廟は日本統治時代で一部取り壊れるなど、台湾の波乱の歴史を生き抜いてきた、というのは地球の歩き方情報です。
d0257690_17142624.jpg

鯉の泳ぐ池はライトアップされて、また綺麗。

出来ればずっとここに居たいと思うほど、素敵な場所でした。
d0257690_17301567.jpg

さて、台南駅へと戻ります。

歩道がいかにも台湾です!
夕暮れ時の雰囲気がまた好きだなぁ。

台南駅までちょっと寄り道をしていたら、道に迷ってしまいました。
全く土地勘が無い異国の地での迷子には若干焦りましたが、バス停と現在地を照らし合わせて、なんとかなりました。
d0257690_17403959.jpg

17時半に台南駅へと戻って来ました。

もうすっかり日は暮れてしまいました。
ここから高雄に向かって夕食をとって、新幹線で台北に帰ります。

続きはまた今度。
多分、北海道旅行記の後になると思いますが、出来れば6月中にやりたいなぁ。
d0257690_1752635.jpg

(写真は孔子廟と赤崁樓の入場券)

2度目の訪問!台湾旅行記 ⑥ [2日目] (特急で高雄へ、夕食後に台北ホテルに帰宅)

2度目の訪問!台湾旅行記 ⑦ [3日目] (ゆっくりと帰国&旅の総括)

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-31 15:21 | 海外旅行記 | Comments(0)

『REFLECTION』、トレーラー公開

4日後に迫ったミスチルのニューアルバム、『REFLECTION』のトレーラーが公開されました!



期待が高まるばかり!
{Naked}は欲しいけど、予算の関係で無理かなぁ。{Drip}買って未収録曲は後々ダウンロードしようと考えています。
水曜にライブ会場で買おうかな。
来週は仕事も大変だけど、ミスチルとサザンにライブを心待ちに頑張るとするか。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-30 20:58 | 音楽の話題 | Comments(0)

マックでミルクティー

d0257690_2052818.jpg

マックでミルクティー。
Lサイズにしたら大きすぎました。
業績悪化が懸念されるマックですが、なんだかんだ言って安くてそこそこ美味しいので、重宝する存在。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-30 20:54 | Cafe | Comments(0)

WHITE

Superflyの5thアルバムを買ってきました。
d0257690_21181641.jpg

うーん、これはあんまり好きになれないかも・・
いい曲は結構あるんだけど、中間でだれちゃう感じ。
Superflyと言えば多保さんっていう感じがあるから、今回はそこのイメージを打破しようという意図があるんだろけど、それが裏目に出たような。

前作『Force』はSuperflyの最高傑作だと思っているのですが、今回はだいぶ路線を変えてきた印象で、素晴らしいといえるバラードも最後の「いつか私は歌をうたう」くらいかなぁ。Superflyはバラードが好きなのに。
自分の好きなSuperflyではないなぁ。

それでもせっかく買ったんだし、何回も聴いていれば印象も変わるかもしれないので、しばらくリピートしたいと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-28 21:31 | 購入CD | Comments(0)

Whiskey In The Jar

今でこそアイルランドのバンドと言えばU2ですが、シン・リジーもアイルランドの英雄バンドです。



アイルランドの感じが出ていて、好きだなぁ。
アメリカの若手にも多大な影響を与えたハードロックバンドですからねぇ。
久しぶりにいろいろ聴き返してみようかな。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-26 22:56 | 聴いた曲 | Comments(2)

好きなMr.Childrenの曲ベスト30 10位→1位

好きなMr.Childrenの曲ベスト30 30位→21位
好きなMr.Childrenの曲ベスト30 20位→11位

ライブまで10日。そろそろチケットが届いても良い頃なんだけどまだ届きません。
待ちきれないので少しずつやっていきます。

私が好きなMr.Childrenの曲ベスト30
最後に10位から1位までの発表です。

************************************


10位 Sign / Single(2004)


高校の入学式の頃に毎日のように聴いていた曲。
ドラマ『オレンジデイズ』の主題歌として作られ、ミスチルはこの曲で、2度目のレコード大賞も受賞しました。
今でこそ、この2年後に発売された同じく壮大なラブバラードの「しるし」の陰に隠れている感があるけど、私はこの曲の方が大好きです。
『残された時間が僕らにはあるから・・・』大サビの歌詞がいつまでも頭に残る名曲です。


9位 / SENSE(2010)

『SENSE』の中でもひときわ美しくも悲しく、それでも温かく・・・
理想と現実は違うという事はわかっているけど、現実を思い知らせれ、葛藤しながら生きていく主人公が曲を聴いていて浮かんできます。
中盤の口笛があまりにも美しくて感動します。
この曲の後に「fanfare」が始まるのも深い意味があるように思います。
これは本当に隠れた名曲です。


8位 深海 / 深海(1996)

アルバム1曲目の「シーラカンス」と対になっているこの曲。
「シーラカンス」で始まり、この「深海」で終わるアルバムですが、この曲は間違いなくアルバムのハイライトでしょう。
『これから君はどこへ行くんだい?』と自分自身に問いかけ、心の深海から必死に抜け出そうとする主人公。
それを後押しするようなギターソロで曲は終了します。まさに圧巻の一言。


7位 花の匂い / SUPERMARKET FANTASY(2008)


映画「私は貝になりたい」の主題歌として作られた曲で、桜井さんの想う家族の大切さ、命の大切さを歌った曲。
大サビ前の歌詞が何とも心に沁み、これは日本人だからこそ歌える歌なんだなぁと感じます。
終盤のピアノが美しくて本当に聴き入ってしまいます。


6位 くるみ / 掌 C/W(2003)


何度も何度も明日生きていく力をもらっている、本当に大事な曲です。
メロディーを聴くだけで胸が一杯になって泣きそうになるのに、歌詞がまた優しくて希望に満ちていて、憂鬱な夜にこの曲を聴くと、明日も仕事頑張ろうと思えてきます。
1番のサビ、2番のサビと歌詞もどんどん深くなってゆき、曲に感情移入していきます。


5位 車の中でかくれてキスをしよう / Kind of Love(1992)


まだブレイクする前の初々しさを感じる『Kind of Love』から、秘密の恋の様子を歌った極上のラブソング。
静かな曲の中にも、熱い思いを感じます。
『君は泣いているの?それとも笑っているの?』のところが特に好き!
誰にも知られたくない恋って感じで、胸がキュンとする名曲ですね。
前曲「Distance」も大好きで、そこからの流れも素晴らしい!


4位 365日 / SENSE(2010)


この曲で歌われているのは、溢れんばかりの愛。
もう大好きで!特にクリスマスに聴くと本当に人恋しくなります。
2回目のAメロからバックの演奏が華やかになるところも大好きで、2番のサビの歌詞も桜井さんならではで素晴らしい。
ベストアルバムでは最後に収録されている曲なので、たっぷり余韻に浸るも良し、『SENSE』で「I'm talking about Lovin'」からの絶妙な流れで聴くのも良し、シングル曲にならなかったのが不思議なくらい素晴らしい名曲です。


3位 Tomorrow never knows / Single(1994)


ミスチルの代表曲なのは勿論、日本のポップス史に燦然と輝く名曲中の名曲。
「innocent world」から立て続けに放たれたこの曲の大ヒットで、Mr.Childrenは国民的バンドとなったのです。
友人に借りたベストアルバムで、初めて聴いたときの稲妻が走ったような衝撃と言ったら、一生忘れないでしょう。
この曲は前回のポップサウルスで聴けなかったので、今回は聴きたいなぁ。


2位 祈り〜涙の軌道 / Single(2012)


2012年は1番辛い年だったかもしれません。
学校を卒業して、これからどこに進んでいけば良いのかわからず、苦悩する中でこの曲を手にしました。
メロディーが優しくて、本当に毎日何回も何回も聴いていました。
『見慣れた場所が違う顔して見えるのも 本当は僕の目線が変わってきたから・・・』という歌詞には今だからうなずける部分もあって、この曲は聴くたびに自分の成長を確かられる、大事な曲です。


1位 抱きしめたい / Single(1992)


ファンにはなじみ深い、不朽のラブソングを1位に選びました。
ミスチルを好きになったときからずっと大好きだった曲ですが、ここ数年で更に特別な曲になりました。
サビで転調するところや、2番Aメロの『キャンドルを灯すように・・・』からの一連の盛り上がり方も大好き!

************************************

以上好きなMr.Childrenの曲ベスト30でした!
いかがでしたでしょうか?
トップ10は少しバラードが多くなってしまったような気がしますが、ミスチルはいろんな曲がありますので、聴く楽しみは尽きません。

それと、先ほどチケットが届きました!
今回のライブは未発表曲中心だから、このランキングの中から何曲やってくれるかわからないけど、ライブが待ちきれません!
d0257690_14192910.jpg

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-24 15:08 | ランキング | Comments(2)

チケット到着!

先ほど、ミスチルとサザンのチケットがまさかの同時に届きました!
d0257690_1573814.jpg

ミスチルは注釈付指定席なので、ステージの真横で見えにくいと思われますが、ミスチルのチケットなんてなかなか取れるものじゃないですし、同じ空間を共有出来るだけで十分ですよね!
席は通路側だったので、ゆっくり鑑賞できそう。

サザンは引換券なので当日まで席はわかりませんが、私が行く札幌ドーム2日目はまだ余っているみたい。ということは、良い席を期待できるかも。
サザンのチケットをほかの都市で取れなかった皆さん、まだ札幌2日目余ってますので是非!

今はミスチルのライブで頭が一杯って感じだけど、ミスチルが終わってすぐにサザンモードに切り替わるかがちょっと心配です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-24 14:04 | 日記 | Comments(0)

ベックスのケーキセット

親孝行うどんで夕食後、ショッピングモールを見てから、駅入り口のベックスコーヒーへやって来ました。
d0257690_21173615.jpg

プレミアムチーズケーキとミルクティーのセット。
本来ケーキセットは650円なんだけど、ミルクティーは+100円で750円。
美味しいけど、ちょっと高いなぁ。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-23 21:20 | Cafe | Comments(0)

定番のおろしぶっかけうどん

今日の夜は3か月ぶりに親孝行うどんへ。
d0257690_21135739.jpg

やっぱり定番のおろしぶっかけうどん!
エビのかき揚げとから揚げを付けて大盛りで500円。
安くて美味しくてお腹いっぱいに食べれて、親孝行は若者の味方です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-23 21:16 | 食事 | Comments(0)

長崎コンサート旅行 ③ [2日目] (長崎市内観光、福岡経由で帰京)

長崎コンサート旅行 ① [1日目] (旅の経緯、ジェットスターで福岡へ)
長崎コンサート旅行 ② [1日目] (特急かもめで長崎入り、ライブへ)

2日目にして最終日。
当初の予定では2日目はすぐに福岡に戻って、西鉄に乗って太宰府へ行く計画でした。
でも前日の疲れも抜け切らず、次の日も仕事なので、ぎりぎりまで長崎でゆっくりして帰ることにしました。
福岡空港19:35発の飛行機なので、逆算すると長崎15:20発の特急に乗れば間に合う。
それまでは長崎市内をぶらっと観光することにします。
d0257690_2110048.jpg

そういうわけで8時までたっぷり寝て、1階の朝食会場へ。
今回は素泊まりのプランでしたが、チェックインの際に朝食割引券をもらったので、ホテルで食べることに。
ちょっとお高めですが、かなりいい感じの朝食バイキングでした。
朝食会場の窓からはオランダ坂も少し見えて、なんとも良い雰囲気。
スクランブルエッグもふわふわで美味しかったなぁ。
d0257690_21245324.jpg
















ゆっくりテレビや新聞を見て10時にチェックアウト。
ギリギリで予約したホテルでしたが、とても良いホテルでした。
長崎を訪れたらまたお世話になりたいと思います。
d0257690_21285647.jpg
















大浦海岸通から市電に乗って一旦長崎駅へ向かいます。
荷物をコインロッカーに預けて、観光案内所で今日も市電の1日乗車券を購入。
d0257690_21324674.jpg
















そして再び市電へ。
まずは前回行けなかった眼鏡橋へ行くことにします。
長崎駅前から眼鏡橋最寄り電停の公会堂前に行くには、築町で乗り換えるよりも諏訪神社前で乗り換えたほうが速そうなので初めて蛍茶屋行きに乗りました。
d0257690_21542947.jpg
















公会堂前着。
ここで降りる人は半分以上、眼鏡橋に行く観光客のような感じでした。
d0257690_21555189.jpg
















長崎市民公会堂。
そういえば昨日、miwaもこの公会堂の話をしていたっけ。
「修学旅行でも来たんですよぉ〜」という思い出にほのぼのしたなぁ〜。
長崎ではブリックホールに次ぐ規模の客席数のホールなんだとか。
d0257690_2215854.jpg
















電停から徒歩3分で眼鏡橋が見えてきました!
やっぱり有名な観光地が見えてくるとテンションが上がりますね。
d0257690_2231967.jpg

反対側の有名なアングルで撮影。
この眼鏡橋は1634年に架設された日本最古のアーチ型石橋で、国の重要文化財にも指定されています。
やっぱり絵になりますねぇ〜!長崎の街に溶け込んでいて素敵です。
欧米からの観光客の皆さんも見入っていました。
d0257690_2225862.jpg
















歩いて隣の賑橋電停へ。
そろそろ昼食の時間。
昨日の夜に続いてまたちゃんぽんを食べることは決めていました。
昨日は駅近くで食べたので今日は駅から離れたところで食べたいなぁといろいろ検索していると、思案橋電停近くに福山雅治御用達の人気店があると知りました。
よし、ここで昼食にしようと決めて思案橋に向かうことに。
d0257690_22303376.jpg
















ここで雨が強まって来ました。
昨日は快晴で、天気予報でも今日も晴れと言っていたのに雨。
長崎の雨を体験したいという願いが叶いました。
d0257690_2231867.jpg
















雨の中走る市電を眺めること5分。
賑橋電停に列車がやって来ました。
d0257690_22363483.jpg
















正覚寺下行きの列車は空いていました。
天主堂や原爆ドーム方面は混むけど、やっぱりこちらは空いていて、ゆっくり路面電車の旅を楽しめます。
d0257690_22385439.jpg
















運転間隔が短いので、このように後ろから列車が迫って来る現象もしばしば起こります。
d0257690_22441934.jpg
















思案橋に到着。
お目当ての思案橋ラーメンは徒歩すぐでしたが・・・
d0257690_2245164.jpg
















この行列!!
私は並ぶのは嫌いでは無いですが、今日は並ぶ時間が惜しいのでここはキャンセルにしました。
人気店で食べたかったなぁ。さすが福山雅治人気、恐るべし!
d0257690_22475966.jpg




























さて、どこで食べようかと歩いていると裏路地発見!
こういう路地に隠れた名店があったりするんだよなぁ。
d0257690_22493564.jpg
















そして路地を進んでいくと、すぐにラーメン屋を発見!
なんという偶然!
しかも店は程よくお客が入っていて、活気もあっていい感じ!
この店に決めました。

2階席に案内されて、注文して景色を眺めながら楽しみに待ちます。
d0257690_22524142.jpg

注文したのは特製ちゃんぽんと焼き餃子。
いやぁ〜!このちゃんぽんも具だくさんの濃厚スープで美味しかったなぁ〜!
昨日のちゃんぽんが有名店の味なら、こっちのちゃんぽんは下町の味って感じ。
さっきの店に並ばずに、この店に入って良かったと心から思えました。
でも卵はちょっと合わないかな(苦笑)
d0257690_12445931.jpg
















お腹が満たされたところで思案橋を離れ、観光へと戻ります。
d0257690_1246179.jpg
















市民病院前で降りてオランダ坂へ向かおうとすると、いきなり物凄い本降りの雨に。
傘を差してもびしょ濡れになってしまうくらいなので、一旦ホテルニュータンダに避難。
d0257690_12493487.jpg
















非常に心温まる、ありがたいホテルです。
お言葉に甘えて、少し雨が弱まるまで待機させてもらいました。
d0257690_12515669.jpg
















少し経って、先ほどよりは雨は弱まってきたものの、まだ本降り。
でも時間が無いので、仕方なく出発しました。
雨水が流れる中、坂を上っていきます。
d0257690_12534055.jpg
















ここでまた雨が強まって来ました。
滝のように坂の上から雨水が流れてきて、靴も濡れてしまいました。テンション下がるぅ・・・
もっとじっくりオランダ坂を堪能したかったけど、雨が強すぎるので、ここまでとしました。
d0257690_1353665.jpg
















この後はどうしようか考え、まだ駅に戻るには早いし、前回も行ったグラバー園に行くことに。
オランダ坂からなら市電に乗らなくても歩いて行ける距離なので、歩いて行きました。
d0257690_1394142.jpg
















大浦天主堂電停を通過して、この通りにやってきました。
なんだか前回の思い出も蘇ってきて懐かしい気持ちに。
d0257690_13115763.jpg
















天主堂が見えてきました!
d0257690_13123797.jpg

グラバー園に続いて長崎観光ハイライトのひとつ、大浦天主堂。
現存する最古の木造ゴシック様式教会です。
入館料300円で中へ入れるのですが、かなり混んでいたのでやめました。
長崎と教会はやっぱり合うなぁ!
d0257690_13233836.jpg
















グラバー園に到着。
入園料600円を受付で支払って、入場します。
d0257690_13262864.jpg
















エスカレーターで上へ。
d0257690_1443767.jpg
















前回来たときは晴れだったんですよねぇ。
それまでずっと雨だったのに、長崎に入った途端嘘のような快晴に。
そのおかげで、ここグラバー園でも素晴らしい景色を眺めることが出来たので、晴れた日の様子を知りたい方は是非過去の旅行記をご覧下さい。
晴れた日のほうが歩きやすいし、海は綺麗に見えますが、雨の景色だってなかなかいいものです。
傘だっていい絵になるし。
d0257690_1410501.jpg

和洋折衷の建築様式で造られた、旧ウォーカー住宅。
親日家としてもしられるウォーカー氏のこの家は中は時間がゆっくり流れているような感じがします。
なんともノスタルジックな気分にさせてくれます。
d0257690_14173047.jpg

それから、世界遺産候補になっている旧グラバー住宅。
私が帰った2日後くらいだったでしょうか?世界遺産候補になったというニュースが流れたのは。
このときは全く知らなかったので、勿論見学したけれど、きちんとカメラに収めるのを忘れてしまいました。
次に来るときには、きっと世界遺産に登録されていて、さらに人も増えているはず。
この世界遺産登録について、韓国が反発しているようですが、全くおかしな話です。
d0257690_14282448.jpg
















雨に濡れた花がまた綺麗なこと。
心が洗われるなぁ。
d0257690_14311839.jpg
















さて、そろそろ駅へと戻りますか。
時間があれば、ここでいくらでも過ごせると思います。
それくらい素晴らしい雰囲気だし、長崎ならではの観光名所だなぁと改めて思います。
d0257690_14334889.jpg
















グラバー通りにはお土産屋さんがたくさんあって、カステラなど試食もさせてもらいました。
本当はカステラとミルセーキもゆっくりと楽しみたかったけど、それは次回に回しましょう。
d0257690_1435316.jpg

帰りの市電は1番後ろに座れ、窓の景色を独占出来ました。
d0257690_143847.jpg

長崎駅前に帰って来ました。
これでしばし長崎の路面電車ともお別れ。
名残惜しいなぁ。また必ず乗りに来たいと思います。
d0257690_14484984.jpg
















まずは博多までの乗車券と特急券を買ってから、アミュプラザ内でお土産を買ったり、タワーレコードを見たりもして、そろそろいい時間。
d0257690_14512982.jpg
















アミュプザのレストラン街にあるカフェでミルセーキを食べようと考えていたのですが、物凄い混雑で諦めざるを得ませんでした。
なのでミルセーキは残念だけど諦めて、改札近くの観光案内所に併設されているカフェで列車が到着するまで待つことに。
d0257690_1454149.jpg

ミルクティーとクリームスコーンのセット。
美味しかった!カウンター席からはホームの様子も伺えるので、列車の待ち時間には最適なカフェです。
d0257690_1456392.jpg

さあ、帰りも白いつばめです。これで博多へと戻ります。
行きはテンションも上がっていたから良かったけど、帰りはちょっとしんどかったです。
これから2時間もかけて博多に戻らなくちゃいけないんだぁと・・・
やはり帰りはどこも経由せずに直で帰るべきですね。
d0257690_14591122.jpg
















今回もmiwaのライブを筆頭に素晴らしい思い出が出来ました。
ありがとう長崎!

帰りは指定席が取れて、博多まで良く寝れました。
白いつばめは乗り心地が最高です。
d0257690_1522750.jpg
















17:13博多着。
疲れているので、どこにも寄らずに直で地下鉄で空港へと向かいました。
d0257690_1541432.jpg
















17:30福岡空港着。
2時間前に着けたので、これが理想です。
行きの成田のように並ぶことなく、スムーズに荷物を預けて、ゆっくりと夕食の店探し。
d0257690_156558.jpg
















ジェットスターが乗り入れる第1ターミナルにはレストランが少ないので、第2ターミナルに移動して探しました。
明太子とうどんは昨日食べたので、今日は鯛茶漬けで旅を締めたいなと思い、この店に決定。
d0257690_1510456.jpg
















久々の本格的なお茶漬け。
それに鯛茶漬けは初めてです。
これがまた美味しかった!わさびのツーンとくる感じもダシで緩和されて最高の状態。
番茶も美味しかったし、旅の締めに相応しい食事だったと思います。
d0257690_15154157.jpg
















19:35発のジェットスター512便で帰京。
d0257690_15175176.jpg
















スカイライナーで日暮里、常磐線で上野、なんとか最終の高崎線に間に合いました。
帰宅したのは深夜1時過ぎ。だいぶ疲れました。

長崎でmiwaの素晴らしいライブが観れたし、美味しいちゃんぽんも食べれたので、今回の旅も満足。
ただ、やっぱり福岡経由は疲れるというのは身をもって体験しました。
長崎にもLCCが就航するといいな。
というわけで、長崎コンサート旅行記はこれで終了。

次回は台湾旅行記の再開か、サザンライブで行く北海道旅行記のどちらを先にしようかな。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-05-22 21:16 | 国内旅行記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE