<   2015年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

オペラ座の夜

イギリスを代表するバンド・クイーンの、ロック史に名を残す不朽の名曲「Bohemian Rhapsody」。
今日で発売からちょうど40年です。

そしてその「Bohemian Rhapsody」が収録された大名盤『オペラ座の夜』も来月で40周年を迎えます。

クイーンの代表作であるのは勿論、ロック史に残る名盤と名高いこのアルバムを、これを機に全曲解説したいと思います。
d0257690_15433224.jpg

私は『JEWELS』というベストアルバムでクイーンを好きになって、それからオリジナルアルバムを集め始めました。
15枚もあるオリジナルアルバム、どれから買うか。
『クイーンⅡ』がクイーンの最高傑作という人が多かったのでどうしようかと思ったんですが、最初は1番の代表作からということで『オペラ座の夜』を買ったのでした。

ワクワクドキドキしながらコンポの前で正座して聴いたのを覚えています。
CDを入れて再生ボタンを押して、音楽が流れ始めました。

*****************************

「Death On Two Legs(Dedicated to......)」
作詞・作曲 / フレディ・マーキュリー

『オペラ座の夜』というタイトルから連想していた通りの世界観の曲でアルバムはスタート。
一気にアルバムの世界観に引き込まれます。
当時給料が安すぎるということでマネジメント会社と揉めていた様子を歌にしたというエピソードも残っています。

「うつろな日曜日」
作詞・作曲 / フレディ・マーキュリー

前曲の重く暗い雰囲気から一転、明るく軽快で飛び切りポップなナンバー。
とぼけた感じのフレディのボーカルにも度肝を抜かれました。
1分07秒というかなり短い曲ですが、物凄い濃密でクイーンの凄さを序盤からまざまざと見せつけられる曲です。
終盤のブライアンの絢爛豪華なギター・オーケストレーションも素晴らしく良い。

「I'm In Love With My Car」
作詞・作曲 / ロジャー・テイラー

前曲から間髪入れずに始まるロジャーボーカルのハードなナンバー。
この曲で初めてロジャーのボーカルを聴くことになったのですが、フレディと全く違うハスキーボイスに驚きましたね。こんなボーカリストが普段はコーラスに回っているんだから、クイーンのコーラスは凄いわけだ。
ライブでも大盛り上がりのロジャー初期の傑作。

「You're My Best Friend」
作詞・作曲 / ジョン・ディーコン

この曲でジョンの才能は開花しました。
すぐに口ずさめるメロディーですね。
ベストにも収録されていたので、このアルバムを聴く前から知っていましたが、やっぱりアルバムの流れで聴くほうがいいですね。
ジョンの作る曲は歌詞が優しくて、ほか3人の強烈な個性の中にあると、何だかとても心地よい存在なのです。

「’39」
作詞・作曲 / ブライアン・メイ

当初から大好きなブライアンボーカルの曲。
ファンにもかなり人気の曲で、ライブでもかなりの頻度で演奏され、フレディが歌うバージョンもあります。
どこまでも続く広い草原をイメージさせるメロディに、優しいブライアンのボーカルとアコースティックギターの音色、ロジャーのコーラスとどれをとっても本当に素晴らしい。
イギリスに行ったらまずこの曲を聴きたいとずっと思っています。

「Sweet Lady」
作詞・作曲 / ブライアン・メイ

ギターリフと激しいドラムが印象的な曲。
クイーンてある意味独特すぎて、ブリティッシュなイメージはそこまで強くないけど、この曲を聴いていると、あぁクイーンてイギリスのバンドなんだなぁ。しっかりブリティッシュロックの流れを汲んでいるんだなぁということがわかります。

「Seaside Randezvous」
作詞・作曲 / フレディ・マーキュリー

2曲目の「うつろな日曜日」と並ぶ、ミュージカル調の楽しさが一杯詰まった名曲です。
曲中盤のフレディとロジャーによる声のオーケストラが1番の聴きどころ。
何度聴いても本当に楽しい気持ちになります!
前曲のロックなナンバー、そしてドラマチックな次の曲の間にあるこの曲の存在意義は非常に大きなものです。

「預言者の唄」
作詞・作曲 / ブライアン・メイ

LPではここからがB面。
『クイーンⅡ』の「父より子へ」に並ぶ、ブライアンの大作です。
最初はフレディの作った曲だと思ったけど、ブライアンが作ったんですね。
ブライアンも懐が深いなぁと聴いていて改めて思います。
実にドラマチックな曲展開、こんな曲はクイーンにしか絶対出来ないでしょう。
この後に続く、あの名曲への大事な橋渡し的な役割も、この曲は担っています。

「Love Of My Life」
作詞・作曲 / フレディ・マーキュリー

多くのファンの涙を誘う、フレディの名曲中の名曲。
前曲からの絶妙な流れも堪りません。
なんて美しくて泣ける曲なんだろう。
ライブでのアコースティックギターバージョンも良いし、このピアノバージョンもどちらも素晴らしい。
終盤に泣きのギターが入っているのも堪らないし、数多くあるクイーンの隠れた名曲の中でも一際輝く名曲です。

「Good Company」
作詞・作曲 / ブライアン・メイ

ブライアンボーカル曲。
このアルバムの中では1番目立たない曲かな。
それもそのはず、あの歴史的名曲が次に控えているんだから・・・。
ほのぼのとしたこの曲の雰囲気がとっても好きです。

「Bohemian Rhapsody」
作詞・作曲 / フレディ・マーキュリー

クイーンの代表曲であり、20世紀のポピュラー音楽を代表する1曲。
今更解説不要なほど知れ渡った曲ですが、「Bohemian Rhapsody」はこのアルバムの流れで聴くのが1番しっくりきます。
まるでパズルのピースがピタッとハマったような、快感を感じさせてくれる曲の配置。本当に計算しつくされています。
何度聴いても本当に素晴らしいクイーンの代表曲です。



「God Save The Queen」

最後をイギリス国歌で締めくくるというには、クイーンならでは。
ブライアンのギターオーケストレーションが壮大に鳴り響き、英国バンドとしての誇りを主張するようなクライマックス。
ロック=反体制という概念すら吹き飛ばす、壮大なクライマックスに胸が熱くなります。

*****************************

聴き始めるとあっという間の42分。
聴き終えたときには、まるで1本の映画を観たような充実感に包まれること間違いありません。
ロック、オペラ、クラシック、ジャズ、ボードビル、フォークといったさまざまな音楽的要素を含んだ楽曲達が収録され、それらが終盤の「Bohemian Rhapsody」に向けて収束していくという、芸術的すぎる構成がなされ、聴くものを唯一無二の世界に誘ってくれます。

改めてこうやって聴くと、これぞ名盤中の名盤ですね。
これからも繰り返し聴いていこうと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-31 16:37 | 聴いたアルバム | Comments(2)

小橋vsみのる

ノアのグローバル・リーグ戦も終盤に差し掛かって来ました。
連勝続きのみのるを止められるのはベンジャミンか飯塚の鈴木軍だけというのも皮肉なものです。

ここで10年前の小橋vsみのるを観てみました。



私はこの会場に居たんですが、本当に見入ってしまう試合でした。
絶対的ベビーフェイスの小橋VS絶対的ヒールの鈴木みのる。
試合開始前から、どんな展開になるのかゾクゾクするような組み合わせです。今のノアには正直無いものですね。
またこんな時代がノアにも、全日本にも来ないかなぁ。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-30 21:55 | プロレス | Comments(0)

北海道新幹線開通が待ち遠しい

来年3月に遂に開通する北海道新幹線。
北海道新幹線開通は、かねてから北海道民の夢でした。
開通したらすぐに乗りたいと思っています。
今年の北陸新幹線に続いて胸が高まるニュースですね。
d0257690_219721.jpg

とりあえずは函館までということで、来年は函館に観光客が殺到するんだろうなぁ。
将来は札幌まで伸びるそうですが、まだまだかかるとのこと。
札幌まで繋がれば、仙台辺りに住んでいる人は飛行機じゃなくて新幹線も選択肢に加わるし、とっても便利になりますね。夢は膨らみます。
当初は旭川まで、という計画だったそうですが、旭川の現状を考えると厳しいかな。
何はともあれ楽しみです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-29 21:16 | 鉄道 | Comments(2)

あな抱き、MV公開

miwaの新曲、「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」のMVが公開されました。
略して「あな抱き」と言うらしいですよ(笑)



とってもいい曲ですね!
ドラマは観ていないのでわかりませんが、命の物語を歌っているようで、それがしっかり伝わって来ます。
発売が楽しみ!
発売日は・・・11月11日。

ヨーロッパに行く日だ・・・。
初回盤、帰ってきてからだと売り切れちゃうかな?

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-27 21:06 | 音楽の話題 | Comments(0)

ついにアメリカ、動き出す

南シナ海の埋め立てを続ける中国にしびれを切らしたアメリカ、ようやく動き出しました。
米海軍が南沙諸島の人工島から12カイリ以内にイージス駆逐艦を派遣するすると発表。

http://www.news24.jp/articles/2015/10/27/10313234.html


中国がまともな国じゃないのは昔からわかっていたけど、ここ数年はいつにもまして周辺国に対して挑発的な行動を繰り返してきました。
南シナ海の安全と秩序を守るためにも、ここでやっとアメリカが入ってきてくれて良かった。

ここ最近は東南アジアのことばかり報道されていますが、東アジアの日本や台湾にとっても中国の暴走は大問題ですからね。
日米同盟は中国にとって最大の抑止力。日米同盟無くして日本の防衛は成り立たないし、これからも維持し続けなければいけません。
日本でもようやく安保法制の議論が深まって来ましたが、憲法改正まではもう少し時間がかかりそうなので、やっぱりアメリカの助けは必要です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-27 20:57 | 社会 | Comments(0)

悲しみのバラード

憧れのヨーロッパ旅行と共にエルトン来日も近づいてきたので、ベストアルバムを一通り聴いています。
今までそこまで印象に残っていなかった「Sorry Seems To Be The Hardest Word(悲しみのバラード)」が物凄い胸に沁みます。



久しぶりに聴いたらこんないい曲だったんだ!と感動しました。
ベストアルバムではDisc1最後の曲なので、じっくり余韻を含んでDisc2に移れるのも素晴らしいです。
この曲が入った「蒼い肖像」もそろそろ聴かないとかな。

エルトンライブ、無事に行けるといいな。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-25 22:10 | 聴いた曲 | Comments(0)

REFLECTION{Live&Film}リリース決定!!

ミスチル、REFLECTIONツアーDVD&Blu-rayの発売が決まりました。

http://www.mrchildren.jp/news/

さいたまスーパーアリーナライブの映像と去年のドキュメント映画がセットになっているようです。
これはクリスマスプレゼントにピッタリですね!
スーパーアリーナライブは行って、WOWOWでも観たので買おうか迷っていましたが、ドキュメント映画もセットなら買うしかないです。



これも楽しみだけど、未完ツアーも映像化されないかなぁ。
あのライブは更に最高でした!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-24 21:49 | 音楽の話題 | Comments(0)

超旅行法

仕事帰りにブックオフを散策していると面白そうな本を発見。
100円だったので買ってみました。
d0257690_22433047.jpg

一見、海外旅行上級者向けの本かと思いきや、そうでもなく、初心者にも役立つ情報が満載。
楽しみに旅行の計画を立てるのに、旅行が近づくにつれ行きたくなくなるというのは自分だけではなかったんだ!と驚きました。
この表紙のスーツケースのように、シールをたくさん貼ったら旅人って感じがしてカッコいいんだろうけど、その分スリに狙われやすくなるんじゃないかなぁとか、いろいろ考えすぎてしまいます。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-23 22:47 | | Comments(0)

君がくれた夏

あんまりピンとこなかったので買わなかった家入レオの「君がくれた夏」。
今更CD買うのもなぁと思って、昨日レコチョクでダウンロードしてじっくり聴いてみました。



思ったよりもずっといい曲だなぁ。
彼女の透き通った声はやっぱり心地よいし、ドラマと相まってヒットした理由もわかりました。

でも、やっぱり1st、2ndの頃のような攻めた曲をもっと聴きたいなぁ。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-22 22:12 | 聴いた曲 | Comments(2)

ドリーの試合は奥深い!

昔の全日のビデオを取り出して、じっくり観ています。
最近のプロレスも大好きだけど、昭和の(特に全日)プロレスは更にゆったりとした気分で観られるからいいんです。



ドリー・ファンク・ジュニアVS鶴田さんの試合。
やっぱりドリーはプロレスが上手い!
テリーよりドリーが好きな私は少数派なのかなぁ?

こういった試合は夜寝る前にも最適です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2015-10-20 20:58 | プロレス | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE