家入レオ / 5th Anniversary Live @日本武道館

4月30日(日)、家入レオ武道館ライブに行って来ました!

この武道館ライブが決まったのは、去年の12月のツアーファイナルでした。
今年のデビュー5周年を祝う初の武道館ライブ、絶対行くぞ!と思っていました。

そんな中、今年の元旦、ポール・マッカートニーの来日公演が決定。
喜んだのもつかの間、なんと最終日がレオちゃんの武道館と同じ日ではないですか・・・。

レオちゃんもポールも同じくらい大好きなので、両方行きたい!
ポールは初日か2日目に行こうと考え、結局初日のチケットを取りました。

ところが、来日公演2週間前に、仕事のスケジュールが変更になり、初日にどうしても行けなくなってしまいました。
チケットはポールファンの友人に譲りました。

この時点で、初日と2日目は仕事で行くことは出来ず、ポール武道館の日は休みだけど高すぎて手が出ないので、どうしても行くとなったら最終日なのですが、レオちゃんの武道館がある・・・
当日券が出ることは予想できたので、本当にポールが見たいなら、買うことも出来たのですが・・・

レオちゃんとポール、どちらを取るか、悩みに悩みました。
ポールは2回観ているとはいえ、世界のポールですし、もう高齢なので、今観ておきたい気持ちもあります。
でもレオちゃんだって、これが記念すべき初武道館だし、1夜限りの特別ライブです。

1週間前に結論が出ました。
レオちゃんの武道館に行く!
でもポールがいる東京ドームの雰囲気も確かめに行こう!と。
d0257690_23485529.jpg

当日は池袋経由で地下鉄に乗って、後楽園駅で下車。
ドーム周辺はもうポールファンで凄い盛り上がり。

この方達と一緒にライブを観れないのかぁと思うと、何だか切なくなってきました。

そんな中、ポールライブに参加されるカフェブリュさんと、急遽お会いすることが出来て、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました!

カフェブリュさんとお別れして、武道館へ歩いて行きます。
東京ドームと武道館て結構離れていると思っていたけど、徒歩20分くらいの距離なんですね。ビックリ!

途中、九段下駅の近くにある『どんぶりキッチン』というお店で早めの夕食。
ここは去年発見したお店なのですが、リーズナブルな価格でご飯もおかわり出来て、味も美味しく、店員さんの感じも良いのでお気に入りのお店です。

お腹いっぱいになって武道館へ。
d0257690_0403347.jpg

開演30分前の17時、日本武道館に到着しました。
去年のクイーン+アダムライブ以来の武道館です。

時間が無いので、グッズは最後に買うとして入場。
席は2階正面後方の通路側、やっぱり武道館はどこでも見やすいですね。

席に着いて、17:30。
さあ始まるか、と思ったら、ビートルズの「Let It Be」が流れ始めました。
場内に歓声が沸き上がります。

響き渡る美しきポールの歌声。
泣きそうになりました。
レオちゃんも幼き頃からビートルズが大好きで、前回の来日公演も行かれたそうです。
だから、偶然同じ日に武道館でライブをすることに運命を感じたのでしょう。
この演出に、とても感動しました。

2番が終わったところで、急に場内が暗転し、パッとレオちゃんが登場!
場内大歓声!

そうして記念すべき武道館ライブが始まりました。

セットリストです。

************************
僕たちの未来
Shine
太陽の女神
miss you
君に届け
Silly
チョコレート
君がくれた夏
Message
Hello
I promise you
Free
Too many
Lady Mary
恍惚
Bless You
For You
a boy
純情
Party Girl
Hello To The World
サブリナ
~~~~~~~~~~~~~~
Linda
それぞれの明日へ
~~~~~~~~~~~~~~
Last Song
************************

「僕たちの未来」で華々しくライブはスタート。
珍しくスカート姿のレオちゃん、何とも美しかったです。
武道館にしては、かなり音が良くて、それでレオちゃん声も美しいこと。
最後の「Oh Oh Oh Oh Oh〜!」の終わり方は鳥肌が立つカッコよさでした。

「Shine」は、CD音源と少し違ったアレンジで、これも良かった。
生演奏って感じが好印象でした。

「太陽の女神」は大好きなピアノイントロが完璧に再現されて、サビでの盛り上がりも良かったなぁ。
「miss you」はシングル曲にしては地味かもしれないけど、大好きな曲。
2番からのドラムにゾクゾクしました。

「君に届け」「Silly」はシャウトが圧巻で、「チョコレート」「君がくれた夏」でしっとりとした感じに。

「Message」はあの多感な頃のレオちゃんをイメージする曲なので、今の大人になったレオちゃんが歌うと少し違った、新鮮な感じがしました。

1stアルバムから大好きな「Hello」をやってくれたのが嬉しかった!初めて生で聴けました。
どうしてもこの曲を武道館でやりたかったんだそうです。
サビをみんなで大合唱。素敵な光景でした。

デビュー前に作られ、この前のベスト盤のボーナストラックに収録された「I promise you」は弾き語りで披露されました。
シンプルだけど、本当に心に響く曲だなぁ。
孤独に耐えながら前に向かって行こうとする歌詞もいいんだよなぁ。
ギター1本と歌だけなので、この日1番レオちゃんの歌声を堪能出来ました。

「Free」「Too many」「Lady Mary」はメドレー形式でした。

メドレーが終わって、まさかの大好きな4thアルバムから「恍惚」をやってくれました。
これは去年のツアーでも聴きましたが、この日の衣装だからか、色気が凄くて、狂ったように歌うパフォーマンスが圧巻でした。

流れるように「Bless You」、モニターに大迫力の歌詞が映し出されて、とにかく凄かったです。

「For You」は最初にカップリング曲として聴いたときは地味だなぁと思っていたけど、アルバムで聴いて結構好きな曲になり、こうしてライブで聴くと本当に美しい曲だなぁと思うようになりました。
続けて2ndアルバムの表題曲「a boy」をやってきれました。
2014年の初ライブで最後に披露された思い出深い曲なので、この記念すべき武道館ライブで聴けて感慨深い想いでした。
やっぱり美しいBメロから流れるように、伸びやかなサビが始まるのが素晴らしいなぁ。

「純情」ではステージの端から端まで全速力で走り回り、「Party Girl」でみんながノリノリに。この曲も大好きなんです。
そして「Hello To The World」で盛り上がりは最高潮に。

曲が終わるとレオちゃんがバタンと倒れ、「みんなの声が無いと起き上がれないよぉ〜」と言って、みんなが「レオちゃーん」と叫ぶ微笑ましい光景!

本編最後はデビュー曲の「サブリナ」でした。

大レオコールの中、メンバーが戻って来てアンコール突入。
アコースティックな「Linda」はなかなか味があって良かったなぁ。

そして「最後の曲です」と言って始まったのは、ベストアルバム収録の新曲「それぞれの明日へ」でした。
前向きな歌詞と、温かいメロディが何とも良い感じで、メンバーがお辞儀をして去って行き、レオちゃんも去ってしまうのかと思ったら、「もう1曲だけやっても良いですか?」と言って、帰ろうとした人たちも慌てて戻って来ました。

何と、3rdアルバムの名曲「Last Song」でした!
本当に大好きな曲で、もう生で聴けないんじゃないかと思っていたので、こうして武道館のラストに聴けて大感激です。
もう本当に美しかった!

レオちゃんは隅々まで回って頭を下げて、手を振り、去って行きました。

場内が明るくなると、スクリーンには、9月のZeepツアーのスケジュールが映し出されて、歓声が起こりました。
これも絶対行きたい!

帰りにアニバーサリーブックを購入。

これが本当に良い本で、美しい写真さることながら、今までのシングル、アルバムのセルフライナーノーツや、ライブ記録も網羅されていて、買って良かったです。

地下鉄で上野まで出て、スムーズに乗り換えて、23時には帰宅することが出来ました。

ボリューム感たっぷりの、本当に素晴らしいライブでした。
ベストライブとあって、シングル曲が中心ではあったけど、大好きなアルバム曲もたくさんやってくれて、本当に大満足。
d0257690_15540100.jpg

レオちゃんはデビューから見ているから、本当に美しい大人になったなぁと感激しました。
デビュー時はトゲトゲした感じが彼女の大きな魅力で、最近では丸くなってしまったのかなぁとも思っていたけど、MCでは本当にしっかりとした自分の考えをわかりやすく私達に話してくれて、とても22歳には思えないなぁと感心させられました。

そのしっかりした感じとは対照的な、お茶目で可愛らしい一面も、ライブではたくさん見せてくれるので、そこにもキュンとしてしまいます。

それから声も本当に美しかった!!
いつまでも聴いていられる美しい声です。
ライブで聴く彼女の声はCD以上です。

ライブが始まるまでは、ポールのことで何だか切ない想いだったけど、今となってはこのライブに参加できた喜びでいっぱいです。
本当に素晴らしいライブでした。

今からDVDが出るのが楽しみです。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-05-04 02:02 | ライブ | Comments(0)

今月の本 2017年4月

4月に借りた本です。
d0257690_23234523.jpg

スーツケースの半分は

本当に素晴らしい本に出会えました。
タイトルと表紙に惹かれて、借りてみたのですが、少し読みだすと止まらなくなってしまって、返却期間ギリギリまで何度も読み返しました。
1つの青いスーツケースが繋ぐ、連作短編集です。
それぞれの話は独立しているのですが、どこかで繋がっていて、1冊読み終えた時には点と点が線になって、何とも言えぬ感動が押し寄せてきます。
どの話も本当に素敵なのですが、特に第2話の「三泊四日のシンデレラ」が今私が置かれている状況とリンクして、読んでいて涙が止まらなくなってしまいました。
世の中、言いたくても言えないことってあると思うんです。
1番弱い部分を掴まれているからこそ、言ってしまったときに、それをどうにかされるんじゃないかという恐怖。
その私の言いたくても言えない本心を、この話の中で代弁してもらった感じがして、涙が出てきました。
ニューヨーク、香港、アブダビ、パリ、シュトゥットガルト、そして日本を舞台に繰り広げられる様様な人間ドラマがこの本には詰まっています。
旅が好きな方には本当にお勧めの本です。

d0257690_23241498.jpg

ひとり日和

2006年の芥川賞受賞作品とのことです。
1冊目の『スーツケースの半分は』にあまりにも感動して、少し読むのに時間がかかりましたが、この本もとても良かったです。
最初の30ページくらいは情報量が多くて、「なかなか読みにくいなぁ。これが芥川賞作品なのかぁ」と思ったのですが、話が進むにつれて、そういった読みにくさは無くなっていきました。
吟子さんという老人の家に居候することになった主人公。
働きながら恋をし、恋に破れ、最後には吟子さんの元を去って行くのですが、吟子さんが最後に言った「この世界には外も中も無いのよ」という言葉に凄い深みを感じました。
それから大都会・東京に生きる人間の切なさだったり、ちょっとした喜びだったりを随所に感じることが出来たのも素敵でした。

d0257690_23314886.jpg

香港バリケード -若者はなぜ立ち上がったのか-

イギリスから中国に返還されて以降、どんどん言論の自由が規制されつつある香港。
そんな中で民主主義を守ろうと、勇敢に立ち上がった若者の運動の様子を中心に描かれています。
今の香港を知る上ではとても勉強になる本ですが、ところどころで関係のない日本批判など、著者の政治思想が組み込まれていたのが少し不快でした。
”一つの中国”(台湾問題)を核心的利益とする中国、最終的には台湾を中国のものにしようとしているとんでもない国ですが、台湾の前に香港のことで動いてくるのでしょうね。恐ろしくなります。
d0257690_23321352.jpg

池上彰のそこが知りたい!ロシア

池上さんの解説はとてもわかりやすいので、高校生の頃から勉強させて頂いているのですが、今回はロシアの本を借りてきました。
ソ連崩壊からプーチン政権の誕生、クリミア併合、北方領土問題まで、くわしくわかりやすい解説がされています。
ロシアは日本から遠い国というイメージがありますが、実は極東ロシアなら東京から飛行機でたった3時間なんですよね。
ロシア側から見る、日本と中を深めることで得るメリットには、そういった近さが関係していたのですね。

*******************************

今月はこの4冊を借りました。

『スーツケースの半分は』という素晴らしい本を出会えて本当に良かったです。
この本はいずれ買って手元に置いて、繰り返し読めるようにしたいと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-05-03 21:40 | | Comments(0)

サブリナ

日付が変わって、
今日は家入レオ武道館ライブに行って来ます!

去年から本当に楽しみにしていたので、ワクワクしてなかなか寝付けません。



久しぶりに「サブリナ」をじっくり聴いていますが、改めて凄い曲だなぁと思います。
このテイクはまだ15歳のものだそうで、驚愕ですよね。

デビュー時のトゲトゲした感じもまた好きだったのですが、最近は彼女も大人になって、新たな魅力が出て来て、さらに大ファンに。

今では彼女の歌は勿論、人柄も本当に大好きです。
今日は武道館でデビュー5周年をしっかりお祝いして来ようと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-30 00:51 | 聴いた曲 | Comments(2)

クイーン+アダム、ヨーロッパツアー決定!

また少し遅くなりましたが、クイーン+アダムのヨーロッパツアーが決定しました!
d0257690_014173.jpg

******************************

EUROPE
Wed 1 November – O2 Arena, Prague, Czech Republic
Thu 2 November – Olympiahalle, Munich, Germany
Sat 4 November – Sportarena, Budapest, Hungary
Mon 6 November – Atlas Arena, Lodz, Poland
Wed 8 November – Stadhalle, Vienna, Austria
Fri 10 November – Unipol Arena, Bologna, Italy
Sun 12 November – Amneville Galaxie, Luxembourg
Mon 13 November – Ziggo Dome, Amsterdam, Netherlands
Fri 17 November – Zalgiris Arena, Kaunas, Lithuania

UK & IRELAND
Sat 25 November – 3 Arena, Dublin
Sun 26 November – SSE Arena, Belfast
Tue 28 November – Echo Arena, Liverpool
Thu 30 November – Barclaycard Arena, Birmingham
Fri 1 December – Metro Radio Arena, Newcastle
Sun 3 December – The SSE Hydro, Glasgow
Tue 5 December – Motorpoint Arena, Nottingham
Wed 6 December – First Direct Arena, Leeds
Fri 8 December – Motorpoint Arena, Sheffield
Sat 9 December – Arena, Manchester
Tue 12 December – O2 Arena, London
Fri 15 December – The SSE Arena, Wembley, London

******************************

ヨーロッパ各国を回った後、最後に本国イギリスでやるんですね!
北欧でも追加公演があるとの噂も耳にしましたが、どうなのでしょうか?

このヨーロッパツアーの前には、大規模な北米ツアーもあるので、ブライアンとロジャーの体調が心配でもあります。
それから、これだけハードなスケジュールだと、しばらくは来日は難しいかなぁ?
ちょっと残念です。

このヨーロッパツアーは、今までのツアーとはガラリと変わったセットリストになるようです。
今までやらなかったようなアルバム曲が披露されるかも?と想像したら、無性に行きたくなってしまいます。

最終日は、クイーンの聖地とも言っていい、ウェンブリーです。
旅行も兼ねて、行けたら最高だろうなぁ。

可能性は低いだろうけど、諦めずに検討してみようと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-30 00:23 | 音楽の話題 | Comments(2)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)


2017年2月28日(火)

最終回です。

最後は雪の教会群を見に行きましょう。
五稜郭タワーから電停まではやっぱり結構遠いです(汗)
d0257690_17194884.jpg

「五稜郭公園前電停」から市電に乗車。

この列車はかなり混雑していました。
高校生が多く、どこで降りるのかな?と思ったら、私と同じ「十字街電停」でした。

そういえば、教会の近くに高校があったことを思い出しました。
路面電車で通学出来るなんて、いいなぁと羨ましくなりました。
d0257690_17232099.jpg

「十字街電停」で下車して、教会群へ。

まずは『カトリック元町教会』です。
この教会群の中では1番地味なので、ちょこっと見ただけですが、後から調べると無料で中を見学できることがわかりました。

せっかくなら中も見たかったなぁ。
d0257690_1724016.jpg

市電の走る道路は、ある程度雪が溶けて来ていましたが、ここら辺はもう雪だらけです!

昨日の夜は、気温も低くてツルツル滑りましたが、今は気温も上昇してきて、しっかりと歩けます。
閑散期の平日だからか、人もまばらですねぇ。
d0257690_17252259.jpg

続いては『函館ハリストス正教会』です。

昨夜は豪快に転んでしまいましたが、今日は大丈夫。

夜も夜で良かったけど、雪の美しさがわかるのは、やっぱり昼間ですね。
何だか凄く輝いて見えます!美しい!
d0257690_17505713.jpg

雪の中をザクザク進んでいくと、こんな美しい風景が見れました!

せっかく冬の函館に行くなら、雪景色の街並みを見たいなぁと思っていたので、この景色を見れて感無量です。

さきほど目の前までいった、カトリック元町教会、その先には函館港が見えます。
雲一つない晴天、本当に美しい景色に大満足!
d0257690_17512432.jpg

その写真を撮ったところから振り返ると、こんな感じです。

かなり雪が積もっていて、結構靴が濡れてしまいました。
遠目で見るハリストス正教会、本当に美しいなぁ。

ここで10分くらい教会を眺めていました。
d0257690_1752195.jpg

さあ、続いては『旧函館区公会堂』です。
ハリストス正教会からまっすぐ、10分少々歩きます。

昨夜も来ましたが、ここは「十字街電停」よりも「広末町電停」のほうが近いので、人はほとんどいませんでした。
d0257690_17524635.jpg

前回は外から見るだけでしたが、今回は中に入って見学してみます。

入場料は300円です。
さっそく階段が良い感じ!
d0257690_17533097.jpg

コンサートホールとして使われることもある大広間です。

こんな素敵なホールでのコンサート、いつか参加してみたいなぁ。

中はストーブが焚かれていてポカポカでした。
d0257690_17542341.jpg

バルコニーからは函館港の美しい風景が望める、とまっぷる情報で把握していたので、楽しみにしていたのですが、冬は封鎖されているようです。
残念・・・。
d0257690_1757317.jpg

さあ、最後は有名な八幡坂を見に行きましょう。

やっぱり美しい!
天候に恵まれなかった前回の無念を晴らす、美しい風景でした!

今思い返してみると、市電が来るまで待って、一緒にカメラに収めたかったなぁと少し後悔。
d0257690_17573268.jpg

雪景色の教会群を満喫したところで、駅へと向かいます。

今回最後の市電に乗車。
d0257690_1821450.jpg

今回の旅、初めての函館駅です。

北海道新幹線の開通で、駅舎が変わっているのかなぁと思ったら、そのままでした。
新幹線はこの函館駅ではなくて、新函館北斗駅からなんですよね。

なんで函館駅まで伸ばしてくれないのだろう、不便だなぁと思っていましたが、北海道新幹線の最終目的地は札幌なので、東京〜札幌間を速く結ぼうと考えたら仕方ないのかもしれません。
d0257690_1825367.jpg

本当はここから列車で旅を続けたい気分です。

前回はここから札幌まで移動した弾丸旅でしたが、今回はJR北海道を利用しない旅となりました。
でもゆっくり出来て良かったです。
d0257690_1861512.jpg

駅前のバスターミナルから、空港行きのシャトルバスに乗って、空港へ。

疲れたのでタクシーに乗っちゃおうかなぁと思ったのですが、何とか誘惑に打ち勝ち、バスに乗ることが出来ました!
d0257690_23433489.jpg

しばらく走ると、お世話になった『湯の川プリンスホテル 渚亭』の目の前を通りました!
ありがとうございました!
d0257690_23441049.jpg

ウトウトしていると、あっという間に函館空港に着きました。

やっぱり近いですね。
歩けちゃうくらいですものね。

まずはバニラエアカウンターでチェックイン。
d0257690_23451726.jpg

朝食をたくさん食べた上に、ソフトクリームも食べたので、お腹は減りませんが、昼食にしましょう。
そういえばまだラーメンを食べてなかったということで、空港内の『おんじき』というラーメン屋さんへ。
チェーン店で、市内に数店舗展開しているようです。
d0257690_23461112.jpg

函館と言えば、やっぱり塩ラーメンでしょう!

バターの乗ったものにしました。
函館の塩ラーメンもやっぱり美味しいなぁ!
d0257690_23463982.jpg

土産店でたくさん買い物をしました。

時間が迫ってきたので、保安検査場を通過。
d0257690_2235025.jpg

帰りは14:20発の飛行機です。

1日1便しか飛んでいないので、選べませんが、なかなか使い勝手の良い時間帯だと思います。
座席は満席でした。帰りは通路側を選択。

行き同様、全く揺れることなく、快適なフライトでした。

16時前に成田空港に到着し、東京駅までバス、そこから列車で帰りました。
19時には家に帰って来れました!
d0257690_2293832.jpg

自分用のお土産は、まずキャラメル。
函館土産の定番ですね!

どれも濃厚で美味しかったです。
d0257690_22103040.jpg

そして、こちらも北海道土産の定番、マルセイバターサンドです。

クッキーにレーズンの入ったクリームをサンドした、このバターサンド、大好きなんです!
少しお高いのですが、北海道に行ったら必ず購入します。
d0257690_22162558.jpg

紅茶との相性も抜群です。
カロリーは高そうだけど、美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。

さて、1泊2日の函館・湯の川温泉旅行、本当に素敵な旅となりました。

25歳の誕生日ということで、自分へのプレゼントとなった今回の旅行ですが、いつものような弾丸旅とは少し違い、今回は割とゆったりした旅となりました。

高級温泉宿で、貸し切り温泉に浸かり、日頃の疲れを癒せましたし、念願の函館の雪景色も素晴らしかったです。
天気にも恵まれて、前回の無念を晴らせました。

こういった函館旅行が出来たのも、バニラエアが就航してくれたお陰です。
バニラエアさん、ありがとう!

函館は大好きな街なので、またいつか、違った形で訪れたいと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-28 00:44 | 国内旅行記 | Comments(4)

miwa / ARENA tour 2017 "SPLASH☆WORLD"@ 日本ガイシホール

※ネタバレしますので、これから行かれる方はご注意下さい。内容を知りたくない方は、見ないで下さい※


4月22日(土)、miwaアリーナツアーの初日、名古屋まで行って来ました!
1年3か月ぶりのmiwaライブです。

今回のツアーは、私の住む埼玉でファイナルを迎えるということで、最終日は絶対行こうと決めていました。
でもそのうち、もう1公演くらい観光を含めて行けないかな?と思うようになり、初日の名古屋にも行くことにしたのです。

ライブ前後の行動についての詳細は、後日旅行記に書こうと思います。
d0257690_2144239.jpg

17時過ぎに名鉄の本笠寺駅に到着。
そこから20分くらい歩いて、17時半頃に日本ガイシホールに着きました。

ここでTwitterやブログでお世話になっているひがっしーさんと初めてお会いすることが出来ました!
時間がギリギリだったので、このときはご挨拶と軽く雑談、そして終演後の食事に誘って頂き、一旦お別れして、1人で入場。

さて、この日本ガイシホールは2014年以来、2度目となります。

miwa / -39 live ARENA tour- "miwanissimo2014" @日本ガイシホール

あのときは弾丸スケジュールでしたが、良い思い出となったので、またここに来れて感慨深いです。

席はスタンドの真ん中あたり。
なかなか見やすい席でした。
18時ちょうどに場内が暗転して、ライブ開始!

セットリストです。

************************
泣恋
シャンランラン
Princess
君に出会えたから
変わらぬ想い with Scott & Rivers
コットンの季節
Chasing hearts
めぐろ川
サヨナラ
夜空。
アイオクリ
君と100回目の恋
ATTENTION
Faith
B.O.Y
ヒカリへ
SPLASH
あなたがここにいて抱きしめることができるなら
~~~~~~~~~~~~~~
360°
ストレスフリー
結-ゆい-
************************

「ポチャ」という水が落ちる音がして、”大粒の涙が溢れた”とmiwaの歌声が!
そしてメンバー、最後にmiwaが登場。

ライブは今までにないくらい、静かな形で始まりました。
1曲目は絶対「SPLASH」で、ラストにこの「泣恋」だと予想していたので、ビックリしました。
初日だからこそ味わえる、この感動!
アルバムで1番好きな曲なので、じっくり聴き入りました。

そこから流れるように「シャンランラン」「Princess」
この2曲はシングルで聴いたときの印象は悪くて、このブログでも批判的なことを書いたと思うのですが、今回のアルバムの流れで聴くと、悪くないなと思うようになったのです。
そして、このライブで聴いて、かなり好きな曲になってしまいました。

「シャンランラン」のときに流れる映像がとにかく可愛らしくて、もうノリノリに。
で「Princess」のサビは、まゆみっくすのダンスが可愛かった!

今回のツアーも、いつも通りのmiwaバンドメンバーでした。
もう11回も来ていると、メンバーにも相当愛着が沸いてきますね。

「君に出会えたから」はタオルを振り回して、いつものように盛り上がりました。

ここでMCがあって、メンバーが会場中央の別ステージに移動。
この別ステージは緑に包まれていて、終始水が循環していて何とも神秘的な雰囲気です。

「ここで、スペシャルゲストに来ていただいています!」とmiwaが言うと、近くの女子が凄まじい盛り上がり方をしていました。
坂口君が来ると思ったのかな?

やって来たのはScott & Riversで、miwaが紹介するまではみんな誰だかわからないような感じでした。
勿論歌うのは「変わらぬ想い」
Scott & Riversがメインで歌って、miwaがハモる感じでした。

2人が去った後は、久々の「コットンの季節」に、miwaライブの定番「Chasing hearts」とアコースティックなパフォーマンス。

それから私にとっても大切な曲「めぐろ川」を演奏してくれて涙。
大サビの歌詞は何度聴いても泣けてきます。

そしてDedightツアー以来の披露となる「サヨナラ」は、地味に大好きで思い出深い曲なので、ここで聴けて嬉しかったです。

そうしてメンバーは客席付近を通って、本ステージへと戻って行きます。
その際、miwaを間近で目にした人が「小っちゃ!」と言ったらしく、miwaが「小っちゃって、149センチだって公表しとるやん(笑)、身長詐称しとらんよ!」と何故か関西弁(笑)

本ステージ1曲目は「夜空。」で、今回もハジ→パートはオバタさんが歌いました。
「アイオクリ」の坂口君パートもオバタさん。

「君と100回目の恋」は特別感情がこもっているような歌い方だったなぁ。
やっぱり特別な曲なんだろうな。

ここでスクリーンに、デビュー時からを振り返る映像が流れて、ロックなコーナーへ。

「ATTENTION」はアルバムの中でも結構好きな曲ですが、ライブ栄えしますねぇ!
手を叩くところがいい感じだったなぁ。

久々の「Faith」の後、不思議なゲームミュージックのようなメロディが鳴り出したので、「Delight」か?!と期待したのですが、始まったのは「B.O.Y」でした!

そこから流れるように代表曲「ヒカリへ」が始まり、この日1番の大歓声!
やっぱりこの曲も良いですねぇ。

そしてここに来て、満を持して、アルバムを象徴する「SPLASH」が来ました。
やっぱりこの曲のライブでの盛り上がりは凄かった!
まさにこのライブのハイライト。

本編最後は「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」で終了。

大miwaコールをすること5分、バンドメンバーとmiwaが再びステージへ。

アンコール1曲目が何と「360°」でした!
個人的にはこの日1番テンションが上がりました!

なぜなら2014年のここのライブで、初披露された思い出深き曲だからです。
バンドメンバーを残して、miwaは乗り物に乗って会場を1周。
かなり近くまで来ました!

続く「ストレスフリー」の盛り上がりも凄まじくて、miwaは歌い終えると息が上がってしばらく話せない状態でした!

一息ついてから、「思いを込めて最後に歌います」と「結-ゆい」が始まりました。
最後には会場全員で大合唱、素敵な光景だったなぁ!

2014年のラストも「希望の環(WA)」の大合唱で幕を閉じ、それが感動的だったので、今回また同じ会場で曲は違えど、みんなで大合唱出来て、感動しました。

そんな感動の中、ライブは終了。
miwaは深々とお辞儀をして、隅々まで手を振って去って行きました。

少し余韻を楽しんでから、会場の外へ。
d0257690_23232563.jpg

今回グッズは何も買いませんでした。

開演前に約束した場所で、ひがっしーさんと合流。
そのままひがっしーさんの車で、金山のイオンに連れて行って頂き、中のある『すがきや』というラーメン屋で一緒に食事をしました。

その後、金山駅まで送って頂き、ひがっしーさんと解散。
いろいろお話が出来て、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
本当にありがとうございました。

そのまま、地下鉄に乗って、ホテルへ。
詳しいことは旅行記に書きます。

さて、11回目をなるmiwaライブ、今回も素晴らしいライブでした!
見事にアルバムの世界観を再現していたと思います。

このライブを通して、さらにこの『SPLASH☆WORLD』というアルバムが好きになりました。
わざわざ名古屋まで行った甲斐がありました。

やっぱり初日のワクワク感は良いものですね。

次は最終日のさいたまスーパーアリーナに参戦します。
今から楽しみです。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-24 23:32 | ライブ | Comments(4)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)


2017年2月28日(火)

2日目、2月28日になりました。

この日は私の誕生日。
25歳になってしまいました。

大好きな街、函館で誕生日を迎えられて幸せです。
d0257690_22481256.jpg

起きたらすぐに、部屋の露天風呂へ!

洗い場に出ると、物凄い寒さ!
備え付けの温度計を見てみると、-10度でした。

シャワーも全然お湯にならないので、とりあえずお湯に浸かることにしましょう。
d0257690_23443872.jpg

あぁ、温かくて最高。

相変わらず、ちょうど良い湯加減で、冷え切った体が温まります。

写真からも、外の寒い空気が伝わるかと思います。
とにかく凄い寒さで、この寒さの中の温泉は本当に最高でした。
d0257690_23451071.jpg

昨日行った函館山の方を覗くと、素晴らしい景色でした!

昨日の昼間も十分美しい景色でしたが、この朝の冷たい空気が、さらに冬の北海道の美しい景色にしてくれました。

今度来たときは、この時間帯に函館山に登ってみたいなと思いました。
d0257690_23453720.jpg

さらにじっくり景色を楽しんでいると、遠くに釣り人を発見しました。

何が釣れんでしょうか?
d0257690_23462259.jpg

さて、温泉で目が覚めたところで、朝食です。

今回は夕食無しのプランだったので、その分、朝食を楽しみにしていました。
朝食会場の1階へ。

部屋の鍵を係りの方に見せると、席まで案内してくれました。
d0257690_23485583.jpg

窓側の席に案内してもらいました!

海を見ながらの食事なんて、初めてですよぉ。
何て優雅なんだろう。
d0257690_17451556.jpg

バイキング形式なので、まずは和食から行きましょう。

和食の目玉が、何といっても新鮮ないくら!
贅沢にいくら丼にしました。

これが美味しくて美味しくて!
本州で食べるいくらとは全然別物、本当に幸せでした。

大好きなイカの塩辛と、明太子も本当に美味しかったです。
d0257690_1746792.jpg

続いて洋食。

洋食の目玉は、目の前で焼いてくれるオムレツです。
中がフワフワで、いかにも高級店のオムレツという感じで美味しかったです。

トースターで焼いたクロワッサンも、サクサクでいくらでも食べられる美味しさでした。

北海道牛乳もやっぱり美味しい!
d0257690_17473282.jpg

最後はデザート!

ケーキにフルーツ、ヨーグルトと盛りだくさん。
朝からケーキが食べれるなんて。

今日の夜は食べれないだろうから、これを誕生日ケーキにして、1人誕生日パーティーにしましょう(寂しいです)。

大満足の朝食でした。
お腹いっぱいです。
d0257690_2339285.jpg

部屋に戻って、最後の温泉に入りましょう。

この素晴らしい貸し切り温泉、出来るならずっと入っていたいです。
名残惜しくて仕方ありません。
d0257690_23393196.jpg

この景色も見納めかぁ。

最後は1時間近く、ゆっくり浸かっていました。
外が寒く、お湯も熱すぎないので、長湯するには最高の状況でした。

9時に温泉を出て、荷物をまとめて、9時半にチャックアウト。
d0257690_2341385.jpg

『湯の川プリンスホテル 渚亭』、素晴らしいホテルでした。

部屋も温泉も食事も、従業員の方の対応も、全てが最高でした。
どのホテルにしようか悩みましたが、このホテルにして本当に良かったです。

最高の誕生日プレゼントになりました。
d0257690_23481610.jpg

温泉で温まったので、電停までの道中もポカポカでした。

まずは市電で「五稜郭公園前電停」まで行きます。
車内はすぐに超満員。

函館市電はほとんどが1両編成なので、これから観光客が増えて来ると、2両編成の車両を増やすか、ダイヤを改正しないといけないかもしれませんね。
d0257690_2349757.jpg

「五稜郭公園前」という割には、電停から公園までは距離があります。

徒歩15分くらいです。
ちなみにJRの「五稜郭駅」からはさらに距離があるので、利用するならこちらになりますね。
d0257690_23563147.jpg

五稜郭タワーが見えてきました!

やっぱりこういったタワーは目立つし、街のランドマークになるし、大事ですね!
前回も来たけど、今回は雪景色を見れそうだから、楽しみです。
d0257690_18105898.jpg

展望チケットは840円です。
購入の際に、出身都道府県を尋ねられましたが、観光客を呼び寄せるためのデータを集めているのでしょうか?

エレベーターで一気に最上階へ。
d0257690_18113062.jpg

おぉ〜!
一面銀世界!!

素晴らしい!
これが見たかったんです。
d0257690_1812957.jpg

売店でメロンソフトクリームを買いました。

雪景色を眺めながらのソフトクリームは格別です。
ゆっくりこの景色を楽しんで、次は教会群へ向かいます。

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-14 00:11 | 国内旅行記 | Comments(0)

Superfly 10th Anniversary Greatest Hits "LOVE,PEACE&FIRE"

4月4日、Superflyはデビュー10周年を迎えました。

それを記念した、オールタイムベストを買って来ました!
d0257690_1727861.jpg

ファン投票によって選ばれた39曲が収録された完全ベストです。

2013年にもベストは出たけど、そのときはシングル曲中心だったから、そこまで面白みは無かったけど、今回はカップリング曲やアルバム曲の隠れた名曲がたくさん入っています。

ラブソングが中心の”Disc LOVE"、人生の応援歌が中心の”Disc PEACE"、ロックナンバーを集めた”Disc FIRE"と、3枚に分かれたベストになっています。

個人的にはとにかく”Disc LOVE"と”Disc PEACE"が素晴らしく、毎日聴いています!

特に”Disc LOVE"は名曲のオンパレードで、代表曲の「愛をこめて花束を」に始まり、ファン投票でも3位になった「愛に抱かれて」、ファンになったときから大好きな「Oh My Precious Time」、先日の私のランキングで1位にした「凛」、壮大なメロディが素晴らしい「やさしい気持ちで」といった素晴らしい曲たちが、これまた素晴らしい曲順で収録されていて感動!

”Disc PEACE"も「Beautiful」「My Best Of My Life」といったSuperfyの素晴らしさが凝縮された曲のほかに、ライブで盛り上がる「919」や、東日本大震災の直後に配信された「You&Me」など充実した内容です!

「タマシイレボリューション」で始まる”Disc FIRE"はそこまで聴いていませんが、一般の方がイメージするSuperflyのイメージ通りの曲が集まったDiscだと思います。



ボリュームたっぷりの、素晴らしいベストでした!
もう大満足です!

Superfyって素晴らしいなぁと改めて思わせてくれる作品でした。
これからSuperflyを聴こうと考えている方に、自信を持って勧められるベストです!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-12 18:02 | 購入CD | Comments(0)

Jump Back -The Best Of Rolling Stones

ストーンズは最近まで興味が無くて、これからも聴くことはないだろうと思っていました。

ところが数年前、友人から『メインストリートのならず者』というアルバムを借りて聴いてみると、なかなかカッコいいな!となり、いつかちゃんと聴いてみようと思いました。

それで今回、ベストアルバムを買ってみるか!と思い調べてみると、数年前に出た3枚組のベストアルバムが初心者には最適だと知ったのですが、アマゾンで6,000円近くもしました。

ストーンズにそこまでお金は出せないよ・・・

ブックオフに安く出回ってないかなと、地元のブックオフを覗いてみると、その3枚組のベストは無かったけど、昔のベストが500円で置いてありました!
d0257690_23115587.jpg

よくわからないけど、500円なら!と喜んで買いました。

それから何回か聴いているのですが、正直あまり好きになれる曲がありませんでした。
何というか、聴くのが苦痛というか・・・

もともと黒っぽい音楽が好きではないので、やっぱり自分にはストーンズが合わないのかなぁ?

でも無理に好きになろうとしなくても良いのかも。

少し距離を置いて、またいつか聴いてみると印象が変わるかもしれないので、また気が向いたら聴いてみようかと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-09 23:19 | 購入CD | Comments(2)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑤ [1日目] (夜の教会群、ホテルへ)

冬の函館・湯の川温泉旅行 ① [準備編]
冬の函館・湯の川温泉旅行 ② [1日目] (バニラエアで函館へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ③ [1日目] (ラッキーピエロ、湯の川プリンスホテル渚亭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ④ [1日目] (函館山からの夜景、ひとり回転寿司)


2017年2月27日(月)

念願の回転寿司でお腹いっぱいです。

この後、本当はカフェに行こうと考えていて、調べていたお店があったのですが、満腹なのでやめることにしました。

でもホテルに帰る前に、夜の教会を見て行くことにしましょう。
d0257690_17462898.jpg

『まるかつ水産』から教会群までは1本道ですが、市電を挟んでそこそこ距離があります。
寒かったので、遠く感じました。

まずは1番遠い、『旧函館区公会堂』です。
ここは明日、中に入ってみようと思います。

「十字街電停」から遠いとあって、人がほとんど通らず、若干不気味ですが、それがまたいいのです。
d0257690_20203274.jpg

十字街方面へ戻って行きます。

途中、八幡坂を通りました。
明日の昼間に、ここへまた来るのが楽しみだなぁ。
d0257690_20212523.jpg

続いて『函館ハリストス正教会』です。

この教会群で1番好きなのが、このハリストス正教会です!
夜も美しいなぁ。

ここは階段を上ってこの位置まで来るのですが、その階段に積もった雪がツルツルに凍っていて、気づかず歩こうとしたら、ズトンと思いっきり転んでしまいました(汗)
恥ずかしい・・・

誰も居なくて良かった。
d0257690_20285962.jpg

最後は『カトリック元町教会』です。
ハリストス正教会からすぐです。

ここが1番地味かな?
d0257690_20392723.jpg

寒いし疲れたので、ホテルに帰りましょう。

「十字街電停」に戻って来ました。

列車は行ってしまったばかりのようです。
d0257690_20401557.jpg

この電停で「どつく前」行きと「谷地頭」行きが分岐するので、線路がこのように分かれています。
観光客はほとんどこの電停で降りてしまうので、ここから先へは行きませんよね。

今度来たときは、終点まで乗ってみたいです。
d0257690_20404525.jpg

10分弱で列車がやって来ました。

ご覧のとおり、電停は人で埋め尽くされています。
その半分くらいは台湾の方で、コカ・コーラの車両を見て喜んでおられました!可愛い(^^♪
d0257690_20411631.jpg

1番先頭に並んでいたので、何とか座れました。
車内は超満員。

「函館駅前電停」では降りる人より乗って来る人のほうが多く、次の「松風町電停」で台湾の皆さんは降りて行かれました。
見渡すと、大型のホテルが多く、海外からツアーで来られた方の多くは、この辺りで泊まるようです。
d0257690_20415199.jpg

「湯の川温泉電停」に戻って来ました。

ここで全員下車して、運転士さんだけ終点の「湯の川電停」へ。
コンビニで買い物をして、ホテルへ向かいます。
d0257690_2044716.jpg

この電停からホテルまでの道中が寒くて、寒くて、参ってしまいました。

本州では寒さの質が全然違いますね。
体の芯から冷えてしまい、風邪を引いてしまいそうです。

フロントの方が「おかえりなさいませ」と笑顔で出迎えてくれて、ホッとしました。
d0257690_20444437.jpg

部屋に戻ると、布団が敷いてありました。
ありがとうございます!
やっぱり日本人なので、ベッドより布団が落ち着きますね。

体が冷えて仕方ないので、すぐに1階の大浴場へ。
1時間くらいゆっくり温まりました。
d0257690_20452495.jpg

部屋に戻って、テレビを付けて、ホッと一息。

明日の函館は最低気温が-7°。
最高気温が4°とのことです・・・寒いですね。

でも今日は日中でも氷点下だったので、今日よりは暖かいのかな?
d0257690_20464574.jpg

コンビニで買ったカツゲンと、1階の売店で買ったプリンの夜食です。

カツゲンは北海道民のソウルドリンクで、ヤクルトのような味です。
これを飲むと、北海道に帰って来た~!という感じがします。

プリンも濃厚でなかなか美味しかったです。
d0257690_20475633.jpg

11:58からは「月曜から夜ふかし」を観て、それから今度は部屋の露天風呂に入りました。

好きなときに入れて、本当に最高です!
常に新しいお湯が足されるので、いつ入ってもポカポカです。

湯上りにまたカツゲンを飲みながら、函館新聞を読む、至福のひと時。
旅先の新聞を読むのが大好きなんです。

そうして2時過ぎに就寝しました。

明日は早くも帰る日かぁ。
帰りたくないなぁ。

冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑥ [2日目] (朝食バイキング、五稜郭へ)
冬の函館・湯の川温泉旅行 ⑦ [2日目] (雪の教会群、帰京)

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-05 20:27 | 国内旅行記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE