君の名は。

今日は休みだけど早起き。
大ヒット中の「君の名は。」を観てきました。

これから観に行くという方は見ないでくださいね。
d0257690_18454867.jpg

これだけ社会現象になっていて、期待値もかなり高い状態で観ましたが、とても感動しました。

まず映像の美しさに感動。
岐阜が綺麗に描かれているのは想像していたけど、見慣れた東京があそこまで美しく描かれていたのが凄かった・・・。
新宿駅前の人が行き交う様子や、列車の音まで忠実に再現されていて、これを観た海外の方も、「東京ってこんな素敵な街なんだ」と想像が膨らむと思います。

ストーリーは、東京の男子高校生・瀧君と岐阜の女子高生・三葉ちゃんの体が入れ替わるところから始まります。
これを観る前にどこかで耳にしたときは、ありがちなストーリーだなぁと思っていたけど、実際に観てみると完全に世界に引き込まれて、あっという間にラストを迎えていました。

序盤は10代の恋愛ということで、私も高校時代を思い出しながらキュンキュンしながら観てしまいました。
中盤以降は、街の人達の命を救おうと動く瀧君に、感情移入。

ポイントとして、2人は同じ時間軸で入れ替わっているのではなく、3年のずれがあるところです。
三葉ちゃんが瀧君に会いに東京まで出て来て、電車で一緒になるけど、「おまえ誰?」と言われてしまったところは、切なくて涙しました。

それでもラストで電車で2人が近づくシーンは鳥肌ものでした。
東京の電車に良く乗る方ならあの感覚はわかるはず。
あの感じで知っている人と出会うって、まさに奇跡に近いことですね。

そのあと無事2人は再開。
もうあれから数年の時が流れ、三葉ちゃんも東京に慣れた感じだったのが寂しい気持ちにもなりましたが、とても感動のラストでした。

私は基本流行りに流されたくないと思っているので、今回も観に行こうか結構悩みましたが、観に行って本当に良かったです。

場内を見渡すとやはり10代・20代の方が圧倒的に多かったですが、ちらほら年配の方もいらっしゃいました。
これはやはり若者向けの映画だなと観て思いましたが、40代・50代の方達がどんな感想を持つのかも興味深いところです。



素晴らしい映画と出会えました。
時間があればもう1度くらいは観に行きたいなと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-23 19:41 | 映画 | Comments(0)

Café Bleu

スタイル・カウンシルというバンドのアルバムを買って来ました。
まずは1stアルバム『Café Bleu』から聴きました。
d0257690_21275874.jpg

いつもブログなどでお世話になっているカフェブリュさんがお好きなバンドということで、前々から興味はあったものの、なかなかじっくり聴く機会に恵まれず。
それが今年の夏にユーチューブでこのアルバム曲が偶然アップされていたので試曲。
そうするととってもいい感じで、これは買いたい!と思い、先日池袋のディスクユニオンで紙ジャケがあったので購入。
これでようやくスタイル・カウンシルの音楽に浸れる!(通称スタカンと呼ぶようですね)

もう10回くらいは聴きましたが、とっても心地よい、私好みの素晴らしいアルバムでした!
Café Bleuというのもフランス語だし、ブックレットのカフェも恐らくパリなのでは?と思います。
音楽も歌詞は英語だけど、どことなくフレンチっぽさを感じます。

フランス大好きな私にとっては堪りません。
これはカフェで聴いたらさらに最高だろうなぁ。

全体的に前半の1曲目から6曲目までが特に好きです。
ポール・ウェーラーは名前しかしらない人だったけど、声がとても好み!

「The Whole Point Of No Return」「My Ever Changing Moods」でのボーカルがとっても癒されます。
「The Paris Match」でいきなり女性ボーカルになったのには面食らったけど、10回聴いたら慣れてきました。

1番気に入ったのは「Blue Café」です。
これは素晴らしい。パリのカフェの情景が浮かんでくる名曲!
この曲だけは曲単位で毎晩寝る前に聴いています。

後半に少し違ったタイプの曲が入るけど、これは名盤と言われるもの納得です。
もうしばらくこのアルバムを聴いて、2ndアルバムを聴き始めようと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-19 21:41 | 購入CD | Comments(2)

久しぶりに写真プリント

このブログを始めてから、旅行記もここで書くようになったので、写真の見方が大幅に変わりました。
ブログを始める前は、撮影したデータは必ずプリントして、アルバムにまとめて、時間を見つけては見返すのが楽しみでした。

でもブログで旅行記を書いていくと、好きなときに見返せるし、意外に画質も良くて、自分のコメントと共に思い出が辿れるので、わざわざプリントすることも少なくなってしまいました。

そんな中、今日は久しぶりにカメラ屋に行ったので、数枚だけですが写真プリントをして来ました。
d0257690_17532773.jpg

久しぶりに紙の写真を手にして、あの頃の、カメラを始めた頃の楽しかった思い出が蘇って来ました。
やっぱりこうやってプリントして、アルバムに整理するのも非常に楽しい作業です。
これを機に、過去のアルバムをゆっくり見返してみようかなと思いました。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-18 17:58 | 日記 | Comments(0)

プーチン大統領、来日

ロシアのプーチン大統領が来日。
安倍首相の地元である山口と、東京での会談は、大変良い雰囲気で行われたようです。
d0257690_2353689.jpg

北方領土の問題を始め、経済や防衛など、世界の多岐にわたる問題をじっくり話し合うことが出来たそうです。
やはり日本人として、元北海道民として1番気になるのは北方領土の問題だけど、これはこの短期間で一気に解決出来るほど簡単な問題ではないのです。

どこかの党の代表が批判しているけど、批判するのは簡単です。

安倍さんは本気でこの問題に取り組んでいます。
その上で首脳同士の信頼関係の構築は絶対条件。
今回の来日でさらに安倍さんとプーチンさんの距離が縮まったのなら、それも成果だと思います。

安倍さんも昨夜のテレビ出演で仰っていましたが、元島民の方々が、自由にお墓参りが出来るように、島で日の出を見られるように、これから更に前進していくことを期待します。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-17 23:50 | 社会 | Comments(0)

ヨーロッパの今後は・・・

フランスのオランド大統領が、来年の大統領選挙に出馬されないことを明言されました。

オランド大統領の就任後、フランスでは大規模なテロが相次いで、支持率が低迷したことが原因と思われます。
d0257690_23314968.jpg

今年に入って世界では様々なことが起こっていますね。

イギリスのEU離脱に始まり、先日のアメリカ大統領選挙ではトランプ氏が勝利。

今度はオーストリアで選挙があります。
そして来年にはオランダ、フランス、ドイツでも選挙があります。

それぞれどんな政権が出来るのでしょうか?
イギリスに続いてEU離脱を目指す政権が誕生するのでしょうか?
そこが私は最大の注目点だと思います。

実に複雑な歴史を辿って来たヨーロッパ。
EUの誕生によって、大国同士の目に見える戦争は無くなりました(良い意味でも悪い意味でも)。

それがEUを脱退する国が増えて行くとなると・・・。
ヨーロッパは、世界は、どうなるのか案じてしまいます。

来年以降、また世界は大きく変わるかもしれません。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-02 23:43 | 社会 | Comments(0)

君への手紙

桑田さんのニューシングル『君への手紙』を1週間前に購入。
繰り返し聴いています。
d0257690_22541417.jpg

桑田さんからの長文手紙も入っていて、かなりの読み応えでした。
来年に向けて、期待が高まって来る内容です。
桑田さんの文字は綺麗ですね。

4曲収録されていますが、それぞれが異なるタイプの曲で、どれも素晴らしい!

やっぱり1番のお気に入りは「君への手紙」かなぁ。
なんといっても歌詞に泣けてきます。
こんな素敵なメロディに、深くて温かみのある歌詞を乗せられる桑田さんは本当に凄い。

本当に名曲です!



昭和歌謡ムード満点の「悪戯されて」も実に素晴らしい!
桑田さんが歌う歌謡曲が大好きなので、この感じの曲は本当に堪りません。

先日も音楽番組で歌われていましたが、えらく感動してしまいました。
ここまで美しい曲の後に歌うアーティストが気の毒になるほど、圧倒的なステージでした。
これも「君への手紙」に引けを取らない名曲です。

「あなたの夢を見ています」はジワジワ好きになって来るタイプの曲。
サザンの「バラ色の人生」に近い感じかな。

おふざけ曲と思われた「メンチカツ・ブルース」も、じっくり聴いてみるとなかなか良いではありませんか。
渋い桑田さんの声が堪能出来ます。

これは圧倒的な出来のシングルでした。
全て異なるタイプの曲なので、桑田ファンは必ず買うべきシングルだと思います。
必ず好みの曲が見つかると思います。

来年の桑田さんに期待大です!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-12-02 23:19 | 購入CD | Comments(0)

春の京都・大阪旅行 ④ [1日目] (祇園から懐かしの銀閣寺へ)

春の京都・大阪旅行 ① [準備編]
春の京都・大阪旅行 ② [1日目] (東京駅からのぞみで京都へ)
春の京都・大阪旅行 ③ [1日目] (清水の舞台へ)

清水を満喫した後は祇園へ歩いて行きます。

中・高の修学旅行ではタクシーを貸し切って移動したので、それぞれの観光地の距離感が全くわかっていませんでしたが、こうやって自分で計画を立てて旅行するようになると、本当にいろいろわかってきます。
清水と祇園は意外にも歩いて15分程度でした。
d0257690_21322757.jpg

サザンの「イヤな事だらけの世の中で」の歌詞にも出て来る、花見小路へやって来ました。
素晴らしい雰囲気の通りですね!
着物を来た方がたくさん歩いていて、京の雰囲気満載です。
d0257690_21352365.jpg

それから祇園の代表的スポットである巽橋へ。
ここも京情緒満点だなぁ。

多くの新郎新婦がここでプロのカメラマンに写真を撮ってもらっていました。
やはり有名ポイントだけありますね。
d0257690_21355548.jpg

巽橋奥の通りは、いかにも一見さんお断りというようなお店が立ち並んでいます。

こういったところは私のようなものは外から雰囲気を味わうだけでも十分です。
d0257690_21381449.jpg

桜はまだ6分咲きくらいかな?
満開になるまであと1週間くらいはかかりそうな感じです。

今回は桜を見るのも大きな目的のひとつだったので、来るタイミング間違ったかなと思いましたが、この2日後に大雨が降ったので、結果的にこのタイミングで良かったようです。
d0257690_21392314.jpg

グーグルマップを頼りに最寄りの京都市役所駅へ。
初めての京都地下鉄に乗車。
銀閣寺へ向かいます。

東西線で鳥丸御池まで出て、鳥丸線に乗り換え。
そして今出川で下車。
d0257690_21522833.jpg

今出川駅前から銀閣寺までバスに乗ります。

それにしても、京都は日本屈指の観光地だというのに、地下鉄が2路線だけで路面電車も走っていないのは問題だと今回強く思いました。
バスがあるのだから問題ないと思われがちですが、バスは渋滞に巻き込まれやすいうえに輸送力に限界があります。観光客、とりわけ海外からのお客様には非常にわかりにくいものです。

素晴らしい観光地なのだから、もっと観光地への鉄道を整備してほしいと思いました。
d0257690_21525627.jpg

案の定大渋滞に巻き込まれて、今出川駅前から銀閣寺まで1時間もかかりました。

銀閣寺周辺の桜も美しかったです。
いろいろなお土産屋さんを見ながらゆっくり進んでいきます。

入場券を買って、いよいよ中3以来の銀閣寺とご対面。
d0257690_21541047.jpg

美しくてしばし見入ってしまいました。

まさに東山文化のシンボル。
中学時代から私は金閣寺より何故か銀閣寺に惹かれるものがあって、中学の修学旅行で訪れた際にも相当感動したけど、今回はそれ以上の感動でした。

これは凄い。
歴史の重みを感じます。
d0257690_21543017.jpg

あのときと同じように庭園上部の展望台に上がって、上から銀閣寺を見下ろします。

銀閣寺は金閣寺のように派手ではないけど、いつまでも見ていられる魅力があります。
緑も多くて心地よいなぁ。
d0257690_21552673.jpg

物凄い混雑なのであまり長居は出来なさそうです。

名残惜しいけど、そろそろ銀閣寺とお別れ。
また京都に来たら銀閣寺には必ず来たいと思います。
d0257690_21555955.jpg

やっぱり大好きなソフトクリームは欠かせません。

今度は抹茶だけのソフト。
やっぱり美味しいなぁ!
d0257690_21571947.jpg

大混雑のバスを耐えて、やっとのことで京都駅に戻りました。

夕食を済ませて、ホテルへチェックインします。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-11-26 21:49 | 国内旅行記 | Comments(0)

25年の月日が流れ・・・

今も世界中の人々から愛されるクイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリー
今日はフレディの25回目の命日です。
d0257690_20355043.png

25年というと、四半世紀になりますね。

それだけの時が流れても、今なお絶大な影響力を持つフレディの歌声。
これが本当のロックスターなんだと思います。

私はまだ24歳なので、生まれた時にはフレディは居なかったけど、それでも今やクイーンの大ファンです。

フレディの歌声に、今までどれだけの夢や希望をもらって来たことでしょう・・・。
貴方の歌に出会って、私の人生も大きく変わりました。

去年、貴方の住んでいた家を訪れたときは、本当に感激しました。
そのとき「ブライアンとロジャーをまた日本に連れて来て下さい。勿論フレディ、貴方とジョンの魂も一緒に・・・」とお願いしましたよね。

今年その夢が叶ったのは、アダムは勿論ですが、天国の貴方のお陰だと私は思っています。

フレディ、本当にありがとう。
貴方の残した素晴らしい歌は、これからも永遠に聴き継がれることでしょう。
d0257690_20511862.jpg

今宵は天国のフレディに乾杯!!

またステージに降りて来て下さい!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-11-24 20:54 | 音楽の話題 | Comments(0)

秋の長瀞へ

たまにはリアルタイムで更新してみます!
今日は(日付は変わって昨日は)我が埼玉県を代表する観光地、長瀞へ行って来ました。

目的は勿論、岩畳の紅葉です!

本当は今日1日休みだったので朝から出かける予定でしたが、午前中に仕事が入ってしまい、午後からの小旅行に。
d0257690_22552967.jpg

13:10に熊谷駅着。
秩父線に乗るのは久しぶりです。

高校時代は毎日通学で利用していた秩父線、ホームの雰囲気がいつ来ても懐かしいです。
d0257690_22591554.jpg

残念なのが、私の高校時代に主力だった1000系がいつの間にか引退してしまっていたことです。
秩父線といったら1000系というイメージで、あのバタンとしまるドアにも本当に愛着があったのですが、今はこの新型車両が主力になっているそうです。
d0257690_2334075.jpg

乗り心地は1000系に比べると物凄く良いです。
英語アナウンスも加わって、首都圏を走る鉄道という感じです。

13:27熊谷発の影森行きで長瀞へ向かいます。
d0257690_2373475.jpg

今日は平日でしたが、紅葉期間ということでフリー切符が売れれていました。
この値段なら単純に熊谷→長瀞間を往復するだけでも元が取れるのでお得ですね!

学生時代はこのフリー切符を使って、秩父線沿線に毎週遊びに行ったものです。
あの頃の思い出が蘇って来ます。
d0257690_23111666.jpg

40分程で長瀞駅に到着。

長瀞はさぞかし寒いだろうと思ったら、熊谷とそこまで変わりませんでした。
でも空気は明らかに長瀞の方が綺麗で気持ちがいい!
d0257690_2312571.jpg

長瀞駅は『関東の駅100選』にも選ばれている駅。
さすがに風格がありますねぇ。

それで駅前に出ると、観光客の多さにびっくり。
しかも外国人の皆さんも大勢いらっしゃいました。

マイナーな埼玉県でも、やはり長瀞の紅葉は有名なのでしょうか?
こうやって埼玉県も観光客の皆さんが増えるといいなぁと思います。
d0257690_23172733.jpg

まずは大好きな蕎麦を食べようと考えていたら、駅前にさっそく立ち食い蕎麦屋を発見。
値段も安めだし、ここで昼食をとることにします。
d0257690_231968.jpg

山菜そば、450円です。
やっぱり外で食べる蕎麦は最高です!

周辺の店で同じような蕎麦を食べると1,000円近くするだろうし、ここで食べて良かったです。
d0257690_23205759.jpg

蕎麦を食べたら、岩畳へと向かいます。
本当は宝登山に登る予定でしたが、午後からになってしまったので泣く泣く宝登山はキャンセルに。

この岩畳へ向かう商店街もなかなか賑わっていていい感じです。
d0257690_23272837.jpg

さあ、そして岩畳へとやって来ました!

いやぁ〜、綺麗です!
紅葉もまずまず見頃を迎えていました。
d0257690_23293857.jpg

写真から伝わるか微妙ですが、かなりの断崖絶壁です。
足を滑らさないか怖いけど、川の風が何とも心地よいのです。
駅前はかなり暖かかったけど、ここは寒いくらいです。

ライン下りもいつか体験してみたいなぁ。
d0257690_23322889.jpg

途中にはベンチもあるので、座ってゆっくりとした時間が過ごせます。
ここで少しお茶を飲んで一息着いたら再出発。

多くの皆さんはここら辺で留まるようですが、私はこのまま上長瀞駅方面へ歩くことにしました。
d0257690_23364792.jpg

なかなか険しい道のりだ・・・
これは運動靴で来て正解です。
d0257690_23374045.jpg

改めて、埼玉にもこんな素晴らしい自然があったんだと感動させられます。
大地の鼓動を感じますね。

ここで少し下へ降りてみましょう。
d0257690_23532942.jpg

ちょうど良いタイミングでライン下りが来ました!
ほのぼのする風景ですが、乗っている方達にとっては大迫力のようですね。

ここまで下って川に近づくと、凍える寒さになってきました。
美味しい空気を十分に頂いて、再び上へ登って行きます。
d0257690_23571014.jpg

ようやく上に出る道を見つけてひと安心。
こういった道を1人で歩いていると、熊でも出ないか心配になります。
d0257690_23592441.jpg

上の道へ出て、上長瀞駅方面へ歩いて行くと、たくさんの人が集まる場所に出ました。
紅葉の名所なのでしょうか?
赤の紅葉がとっても綺麗です。
d0257690_012682.jpg

美しい・・・
春の桜と共に、秋の紅葉を見ると、日本人で良かったなぁといつも思います。

海外旅行に行った後だから、なお日本の風景の良さを感じることが出来ます。
d0257690_04485.jpg

クライマックスはこの橋を渡る秩父線です。

そろそろ夕暮れ時ですね。
帰りましょうか。
d0257690_062371.jpg

上長瀞駅に着きました。

観光客で溢れている長瀞駅とは対照的に、ひっそりと佇む駅舎が印象的です。
d0257690_082015.jpg

ホームに入ると貨物列車が通過。
秩父鉄道の貨物列車は良い感じ。
d0257690_015187.jpg

これで熊谷に帰ります、と思って列車に乗ったのですが・・・
d0257690_0155794.jpg

再び長瀞駅で下車してしまいました。
日が傾いて、駅舎も更に良い雰囲気になって来ました。
d0257690_0171069.jpg

このソフトクリームが食べたかったのです!

濃厚で美味しい!
埼玉でこんなに美味しいソフトクリームが食べられるなんて。
でもこの時間のソフトクリームは寒い寒い。
d0257690_0184089.jpg

満足して、これにて帰宅。

午後からの小旅行だったけど、十分楽しい時間を過ごせました。
長瀞は久しぶりだったけど、本当に素晴らしい観光地ですね!

これから紅葉狩りを検討されている方、長瀞はおススメですよ。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-11-19 00:12 | ぶらり旅 | Comments(0)

秋に聴きたい洋楽ソング ベスト10

秋も深まってきて、紅葉も綺麗な季節になりました。
私はこの晩秋から初冬にかけての季節の変わり目が大好きなんです。
儚く寂しい気持ちになる季節だけど、そんなときに聴く音楽に心を揺れ動かされることもしばしば。

今回はこの時期に聴きたくなる洋楽ソングのベスト10を発表します。


10位 Ready For Love / Bad Company


大好きなバドカンの1stは全体的に今の時期に良く合うんです。
特にこの曲の哀愁漂う雰囲気が大好き。
ポール・ロジャースの味わい深いボーカルも素晴らしいんだよなぁ。


9位 He Doesn't Know Why / Fleet Foxes


アメリカ・シアトル出身のフリート・フォクシーズはデビュー時からのファンです。
美しいコーラスワークと牧歌的なサウンドが魅力的。
1stアルバムはどの曲も良いけど、今の時期はこの曲をよく聴きます。
広大な草原を連想させる美しい曲です。


8位 Once Upon A Long Ago / Paul McCartney


この曲はポールのソロ曲でベスト3に入るくらい大好きなんです。
80年代に入っても稀代のメロディーメーカーは別次元の輝きを放っています。
これから長い冬に突入する寂しさを曲に感じます。
いつかまた来日してくれたら、この曲やってくれないかな?


7位 Didn't Mean To Fall In Love / Boston


ボストンは夏の海に合う曲が多いイメージですが、この曲は今の時期にピッタリ。
今も変わらず、トム・ショルツのサウンドは心を揺さぶられます。
曲展開が実に美しくて、勿論ドライブにも最適!


6位 君をこの胸に / I Pooh


イタリアの国民的バンドと言われるイ・プーの数ある代表曲の1つ。
私はこの曲からプーが好きになったので思い入れがあります。
メロディーやサウンドが、やっぱり独特。ブリティッシュロックとは明らかに違う雰囲気、イタリアらしさが垣間見える曲で大好きです。
イタリアの秋は暖かそうだなぁ。


5位 Vienna / Billy Joel


ビリー・ジョエルは全アルバム持っていてどのアルバムも好きですが、やっぱり後期より初期が堪らなく好きなんです。
中でも名盤『ストレンジャー』はもう全曲大好き。
この曲をいつか今くらいの季節、ニューヨークのカフェで聴くことがひとつの夢でもあります。


4位 遠い想い出 / Charles Aznavour


フランスを代表するシャンソン歌手でシンガーソングライターのシュルル・アズナブール。
彼の素晴らしい音楽に出会えたのは、今年の大きな収穫でした。
来日コンサートに行って、この曲も聴けました。
6分超えの大作ですが、曲展開が実に美しくて、あっという間に聴き終えてしまいます。
本当に素晴らしい音楽と出会えて嬉しい気持ちで一杯です。
秋のフランスを連想させる名曲ですね。


3位 愛の願い / Michel Polnareff


この曲はもうイントロのピアノを聴いただけで涙してしまいます。
ポルナレフの代表曲であり、パリの街並みともリンクする美しき名曲です。
ずっとパリでこの曲を聴くことが夢だったので、昨年それが実現したのは感慨深いものでした。
この曲を聴いて、またいつか行くであろうパリに思いを馳せようと思います。


2位 Be With You / Roger Taylor


ロジャーのソロ曲の中でも特別好きな曲です。
一昨年発売のアルバム収録曲で、ちょうど今くらいの季節の仕事の帰り道、イチョウ並木を見ながらこの曲を聴いたことを思い出します。
大人の渋みがまた堪らないのです。
今の季節の仕事終わりに聴くこの曲、コーヒーを飲みながら聴くと疲れが癒されます。


1位 Goodbye Yellow Brick Road / Elton John


やっぱり秋に聴きたい洋楽ソングと言ったら、この曲です。
エルトンの数ある名曲の中でも、やっぱりこの曲に特別な思い入れがあります。
初めて聴いたときのあの高揚感といったら・・・
去年はロンドンの紅葉を眺めながらこの曲を聴きました。
本当に幸せな時間でした。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2016-11-16 23:56 | ランキング | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE