人気ブログランキング |

福岡コンサート旅行 ④ [1日目] (ホテルにチェックイン、ライブハウスでライブ観戦)

福岡コンサート旅行 ① [準備編]
福岡コンサート旅行 ② [1日目] (ピーチで福岡へ)
福岡コンサート旅行 ③ [1日目] (ShinShinのラーメン、西鉄で新宮の海へ)



2018年04月10日(火)

d0257690_15381734.jpg

新宮の海を満喫したので、一旦ホテルにチェックインして荷物を置くことにします。

西鉄貝塚線で貝塚まで戻ります。
レトロな車体にガタンゴトンと一定のリズムで揺られてると、心地よくなってきて、寝てしまいました。

やっぱりローカル線は良いですねぇ。
d0257690_1538451.jpg

「貝塚駅」からは地下鉄箱崎線に乗り換え。
この乗り換えはとてもスムーズでした。

ここからはまた地下鉄の1日乗車券を使いますよ。
d0257690_15391625.jpg

始発なので、ほとんど人は乗っていません。

この列車で天神まで戻ります。
d0257690_15445375.jpg

「天神駅」からは「天神南駅」まで歩いて、地下鉄七隈線に乗り換えることになります。

「天神駅」と「天神南駅」は、地下でつながっていますが、10分くらいは歩きます。
これだけ歩くのだから、別の駅名にしたのは良かったと思います。

(私が4月まで住んでいた武蔵小杉なんかは、横須賀線・湘南新宿ラインのホームまで10分近く歩くのに、同じ駅名なので、いつも駅名変えたほうが良いんじゃない?と思っていました。)
d0257690_15451931.jpg

「天神南駅」に着きました。

地下街にはお店がたくさんあるので、「天神駅」からの道中も若者でごった返していて、結構疲れました。
d0257690_15454644.jpg

七隈線の車両は新しく、未来を感じるデザインでした。
ホームドアも完備されて進んでいますね。

この列車に乗って1駅、「薬院駅」まで。
d0257690_1546198.jpg

あっという間に「薬院駅」に着きました。

ここへ来たのは、最初の福岡旅行で宿泊したホテルにもう1度泊まりたいと思ったからです。
d0257690_15464289.jpg

前も利用したセブンで飲み物などの買い物。

九州限定の飲み物なんかを置いていると思いましたが、関東にある商品と全く同じでした。
d0257690_15471298.jpg

さて、駅から徒歩5分。
『ニューガイヤホテル薬院』に到着です。

6年前宿泊したときは『パーソナルホテルおおみや』というホテルでした。

18きっぷで行く!福岡・大分旅行 [2日目] (岡山〜福岡)

このホテルがとても素晴らしくて、また泊まりたいと思っていたら、数年前に閉店したと知りました。
思い出深いホテルだったのでショックでしたが、その建物を再利用して、『ニューガイヤホテル薬院』というホテルが出来たのです。

これは泊まってみるしかありません。
d0257690_15503589.jpg

少し早めにチェックイン。

部屋は大分変ってしまいました。
前のホテルはもう少し広くて、大きなソファもありましたが、ここは小さな椅子とテーブル。

でもそれで十分だとも思います。
d0257690_15505562.jpg

でも清潔感は十分ありました。

さて、セブンで買った飲み物を冷蔵庫で冷やしておいて、その間に・・・
d0257690_15511526.jpg

9階の大浴場へとやって来ました。

前のホテルの時は、入浴券のチェックをする係りの方が常駐していたりして、賑やかな感じでしたが、入口には誰もおらず、変わってしまったなぁと思います。

でもお風呂は全く変わっていませんでした。
決して広い湯船ではありませんが、6年前、鈍行で関東からここまで来て入ったこのお風呂の気持ち良かったこと!
あのときの感動が蘇りました。
d0257690_15522511.jpg

湯上りには、冷やして置いた、ミルクティーと、九州産イチゴのサンドイッチ。

甘い物と甘い物の組み合わせ、昔は全然OKだったのですが、最近はちょっとキツくなってきました。
この場合、無糖の紅茶か旅行が良かったかなと思います。
d0257690_15534634.jpg

さて、しばらく寛いだらライブハウスへ出発。

会場となるライブハウスまではホテルから歩けない距離では無いですが、西鉄乗りたさに、まずは西鉄の「薬院駅」へ。
d0257690_15543250.jpg

これが1番多く走っている車両かな?

貝塚線と違って本線はやっぱり本数も多いし、利用客もけた違いに多いですね。
いつか本線で大宰府や久留米にも行ってみたいです。
d0257690_15545057.jpg

通勤ラッシュの時間帯で、列車はなかなかの混雑。
(といっても、首都圏の通勤ラッシュに比べると、まだ我慢できるレベルでした。)

1駅で「天神駅」に到着。
ここからライブハウスまでは、歩いて15分程。
歩きましょう。
d0257690_15562039.jpg

会場付近の公園に着きました。

もうここはフラフラのファンで一杯です。
とりあえず、グッズだけ買って18時の入場を待ちます。
d0257690_15564683.jpg

ライブハウスは普通の会場と違って、整理番号順に呼ばれるのですが、私は本当に最後の方に呼ばれ、これは後ろで観ることになると覚悟を決めました。

中学2年のときにYUIのファンになって、14年。
YUIの故郷、福岡でライブが観れることへの興奮がどんどん高まって来ました。

500円でドリンクと引き換えて、何とか場所を確保。
ライブが始まるのでした。
d0257690_1557916.jpg

ライブの感想はこちらから

とても素晴らしいライブでした。
わざわざ福岡まで来た甲斐がありました!

皆さん、メンバーの出待ちをしていて、私も30分くらいは公園で待っていたのですが、疲れもありホテルに帰ることにしました。
d0257690_15575943.jpg

帰りも「天神駅」から西鉄で「薬院駅」まで。

駅前の西鉄ストアで夕食を購入。
ここには九州限定の商品がたくさんあって、とても楽しかったです。

やっぱり、こういった地域密着型スーパーが1番楽しいですね。
d0257690_15583839.jpg

ホテルに帰って、スーパーで買った弁当の夕食。

驚くことに、弁当3つ全て半額でした!!
どれも美味しかったなぁ。

やっぱり地元のスーパーは最高です。
d0257690_15585920.jpg

しばらくして、また9階の大浴場に入って、湯上りにイチゴオレとカフェオレ。

これも九州限定商品で、ライブの余韻に浸りながら飲みました。
今思い出しても、とても良い夜だったなぁと思います。

明日は、ラーメンを食べて、早くも帰ります。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-25 00:44 | 国内旅行記 | Comments(0)

新しいウォークマン

思い切って、新しいウォークマンを購入しました。
d0257690_23582147.jpg

右が今まで使って来たウォークマンSシリーズ。
左が今回購入した、ウォークマンAシリーズです。

前のSシリーズを買ったのは2010年の8月。
当時私は短期大学1年生で、初めてしたアルバイトの給料で買った宝物のウォークマン。

以来、楽しいときも辛い時も、9年間ずっと一緒にいてくれました。

バッテリーの持ちが悪くなったとはいえ、まだ使えないことはないのですが、あえて壊れてしまう前に新しいウォークマンに交代することにしました。
ウォーキングの際などには、これからもお世話になると思います。

そして、今回購入したAシリーズ。
デザインはとても気に入っているのですが、タッチパネル式は慣れるまでなかなか使いにくいですね。
音は相変わらず良いですが、電源を入れて立ち上がるまでの時間が長いのは不便です。

それから、私が知らない間に「Xアプリ」が使えなくなってしまっていて、代わりに「Music Center for PC」というアプリのインストールして曲の管理をするのですが、これがまた使いにくい!
「Xアプリ」に戻してくれないかなぁ。

今回新しいウォークマンを購入しようと、ヤマダ電機やコジマ電気などを見に行ったのですが、ウォークマンの種類の少なさにビックリしました。
2010年頃は、ウォークマンやi Podなどのミュージックプレイヤーのコーナーはもっともっと大きかったと記憶していますが、今は目立たない隅の方にちょこっと置いてあり、時の流れを感じて寂しくなりました。

皆さん今はウォークマンやi Podで音楽を聴かないんでしょうか?
私も今年に入り、スマートフォンに「Spotify」というアプリを入れて、月980円でいろんな音楽を聴けるというものでしたが、結局使いこなせず、今度解約しようかなと思っています。

やっぱりCDを買って、ジャケットやライナーノーツなどを読みながら聴く音楽が私は1番好きなんだなぁと思いました。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-20 00:21 | 音楽の話題 | Comments(2)

DUO

家入レオ6枚目のオリジナルアルバム、『DUO』を買って来ました!

今回も初回盤Aと初回盤B、通常盤の3種類があり、どれを買おうか悩みました。
d0257690_23323713.jpg

初回盤Aに付属するライブDVDのダイジェストがユーチューブにアップされていまして、それが素晴らしかったので、今回も初回盤Aの購入を決めました。

去年から多忙で、『TIME』以降のシングルは全く聴けていなかったので、新鮮な気持ちで聴くことが出来ました。



1曲目の「prime Numbers」からグッと心を掴まれました。
レオちゃんを聴くのは久しぶりだったのですが、やっぱり歌が上手いなぁと改めて思いますね。
ドラマチックなメロディも何とも良い感じです。

「Bicolor」は一発で好きになりました。
洗練された演奏も、レオちゃんの大人の色気を感じるボーカルも素晴らしい。

「Neon Nights」のキラキラした感じも好きだなぁ。
どこか「シティボーイなアイツ」と何となく似た感じを受けるのは私だけでしょうか?
ギターソロは80年代のアメリカンな感じもして、凄く良いなぁと思います。

そして家入レオ作詞作曲の「Spark」、この曲もとても良かった!
前曲の「JIKU」が割と暗めの曲だったので、さらにこの曲の明るさが際立つ感じがします。
この曲はライブで絶対盛り上がるだろうなぁ。
レオちゃん、こんな良い曲を作詞作曲出来るのに、大部分は外部の人達に楽曲制作依頼をしているということは、きっと彼女なりの考えがあってのことだと思うんです。

将来的には、完全にシンガーソングライターとしてやってもらいたいなぁとも思いますが、今は、いろんなものを吸収して大きくなっていく時期なのかなぁと思って、応援することにします。

そして終盤に放たれた名曲「この世界で」
これもシングル曲だそうですが、全く知りませんでした。
作詞作曲は前作に続いて、元GalileoGalileiの尾崎さんが担当しています。
静寂に包まれるAメロから、徐々に盛り上がって来るBメロ、そしてサビでの爆発力たるや、凄まじいです!
これは彼女だから歌える曲だと思います。

アルバム通して5回は聴きましたが、聴けば聴く程、とても良いアルバムだと思います。
何曲かキラーチューンもあり、それが適材適所に配置されていて、飽きることなく50分聴くことが出来る構成も良かったです。

そして、初回盤Aの付属DVD!



このダイジェスト映像からも分かるように、本当に素晴らしいDVDでした!
セットリストも素晴らしかったし、行きたかったなぁと思ったら、女性限定のライブだったようです。

でも私も今回のツアーには行けることになったので、それまでにもう少し聴き込んで、ライブに臨みたいと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-09 00:24 | 購入CD | Comments(0)

Mr.Children / Dome Tour 2019 "Against All GRAVITY" @東京ドーム

2019年05月20日(月)

待ち焦がれた、ミスチルライブに行って来ました。
会場は東京ドームです!
d0257690_17245055.jpg

私は去年から始めた仕事で、体力的にも精神的にも参ってしまう状態になってしまい、趣味の時間もほとんど取れないような生活を送っていました。

そんな中で唯一、帰りの送迎バスは好きな音楽を聴く時間でした。
そのときに聴いていたのがミスチルの『重力と呼吸』だったのです。

去年のこのアルバムを引っさげったツアーも行きたかったですが、関東のライブは全て仕事の日。
唯一休みだったのは、大阪城ホールのライブでしたが、チケットを確保出来ずに終わってしまいました。

そんな中、今年のドームツアーが発表され、これは絶対に行きたいと思い、注釈付指定席の抽選に応募。
見事、東京ドーム2日目が当選したのです!

このときはまだ仕事が休めるかも分からない状況でしたが、それでも絶対行きたかったのです。
結局、体調を崩して退職。
無事に、万全の態勢で東京ドームライブに行けることになりました。

そしてライブ当日。
16時会場なので、15時くらいには会場周辺に着きました。
やっぱりすごい人です!

近くで早めの夕食を済ませてから、16時になって入場。
今回から、ミスチルのチケットは紙では無くなり、スマートフォンでQRコードを出して、それを機械で読み取り入場という形になったようです。
勿論、スマートフォンを持っていない方への対策もされていました。
ただ、私は紙のチケットを思い出として、日記に貼り付けているので、それが出来なくなるのが残念に感じました。
でも、悪質な転売を無くすには仕方ないのかもしれませんね。

そして席に着席。
注釈付指定席ですが、この前のサザンと違って、本当に直前の機材開放席では無いので、この前よりは大幅に見やすかったですし、距離も遠くは無かったです。

定刻通り、18時に場内が暗転し、ライブが始まりました。


セットリストです。

************************
Your Song
Starting Over
himawari
everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
HANABI
Sign
名もなき詩
CANDY
旅立ちの唄
ロードムービー
addiction
Dance Dance Dance
Monster
SUNRISE
Tomorrow Never Knows
Prelude
innocent World
海にて、心は裸になるたがる
~~~~~~~~~~~~~~
SINGLES
Worlds end
皮膚呼吸
************************

ビデオが流され終わると、田原さん、中川さん、JENが登場し大盛り上がり。
しかし、桜井さんが居ません。

すると花道の下から桜井さんは現れ、階段を上って花道の上へ。
その瞬間「Your Song」のあのメロディーが流れ始めて、桜井さんが猛ダッシュで花道中央へと駈けてきました。この光景には場内も大興奮。
私も大感激しました!

7年前、私が初めて行ったミスチルライブの1曲目が「エソラ」で、そのときの感動も凄いものでしたが、今回はそれのさらに上を行く演出でした!

そして2曲目は「Starting Over」でした。
モニターにはメンバー4人が大きく映し出され、ミスチルは4人組ロックバンドであることが改めて実感させられます。
曲の演奏もバンドサウンドで、バンドの結束を感じる曲でもあると思います。

続く「himawari」はイントロから歓声が起こったので、好きな方が多いんですね。

それから「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」、これがまた良かった!
そこまで好きな曲では無かったのですが、今回で大好きになりました。
モニターに煌びやかなネオンが映し出され、サビではステップを踏みながら歌う桜井さんが素敵でした。

「元号が令和に変わりましたが、ここで平成のヒット曲をやりたいと思います。もう1回、もう1回。」と桜井さんが言って始まったのは勿論「HANABI」です。

そこから続けざまに「Sign」のイントロが流れて、大歓声!
大好きな曲なので、また聴けて嬉しいです。

「名もなき詩」は桜井さんは1人で花道中央へやって来て、前半はアコギの弾き語り。後半からバンドが入って来ました。
前半のアコギ一本のときの手拍子が凄かったので、桜井さんが苦笑いしながら、「ごめんね、手拍子ありがたいんだけど、アコギ1本だとここの5万人には負けちゃうから(笑)、手拍子は無しで!」とのアナウンス。
そうですよね。何でも手拍子すれば良いってものでは無いですものね。

ここでほかのバンドメンバー3人と、サポートメンバー2人も中央のステージに来て、何曲かここで演奏になりました!
コアな名曲「CANDY」、それから「旅立ちの唄」もじっくり聴き入ってしまいました。

中央ステージでの最後の曲は、桜井さんがメロディが降りてきた瞬間泣いたという「ロードムービー」でした。
この曲は1999年の大晦日が終わり、2000年・21世紀に突入した朝にメロディが天から降って来たのだそうです。
櫻井さんがMr.Childrenの曲の中で、1番好きな曲だそうです。

この曲は本当に素晴らしかった!
ライブが終わってしばらく経ちましたが、未だにこの曲を口ずさみたくなります。
今までも好きな曲でしたが、更に大好きな曲になりました。
個人的にはこのライブのハイライトです。

中央ステージでの演奏は終わり、花道を歩いて前のステージに戻ると思いや、花道にドラムセットなどが出現し、「addiction」のイントロが!
花道が上下に動いて、JENのドラムのカッコよいこと!
これもライブ映えする曲だなぁ。

「Dance Dance Dance」はサビの盛り上がり方が凄まじかったですね。
そして「Monster」とロックな曲が続きます。

そこから「SUNRISE」にはホッとしたなぁ。
夕日の映像と相まって、素敵でした。

そして、「Tomorrow Never Knows」のイントロで、この日1番の大歓声!
大好きな曲を今回も聴けて大感激です。
平成から令和に変わっても、名曲は聴き継がれていきますね。

それから、大好きなアルバム『SENSE』からの「Prelude」を挟んで、「innocent World」
勿論大盛り上がり!やっぱりこの曲は絶対に聴きたいですよね。

アンコール前ラストは「海にて、心は裸になるたがる」でした。
この曲はライブでやったら盛り上がるだろうなぁと、ずっと思っていましたが、やっぱりライブ映えする曲で、会場が一体となり、サビでは皆で「オーオー」と大合唱。

そうして本編が終了。
熱が冷めやらず、アンコールの手拍子は、いつも以上に熱くなりました。

アンコール1曲目は「SINGLES」、これも大好きな曲です。
” 辛いのは今だけ "という歌詞に何度助けられたことか分かりません。

続く「Worlds end」で場内の熱気が最高潮に達し、アンコール最後の曲は何と「皮膚呼吸」でした!
去年から仕事の辛い時期にずっと聴いていた曲。
今回聴けると良いなぁと思っていましたが、最後にやってくれるとは!

イントロのピアノが流れた瞬間に、もう涙が溢れ出てきてしまいました。
歌詞の一言一句、私の心に次々と刺さってきます。

辛さ、寂しさを感じる曲ですが、最後は希望に満ちた言葉で終わるのも本当に素晴らしいです。
とにかく、聴けて良かった!

そうして約3時間のライブは幕を閉じました。

帰りはサザンの西武ドームのときのように規制退場が行われました。
でもこちらは駅も電車も分散しているので、割とスムーズに帰宅することが出来ました。
d0257690_235362.jpg

ずっと楽しみにしていたミスチルのライブ!
最高でした!

今回でミスチルのライブは5回目ですが、1番素晴らしいステージを見せてもらったな、と感じます。
このライブが終わってもう2週間以上経っていますが、未だにこのセットリストを繰り返し聴いています。
素晴らしいライブに参加出来て、本当に良かったです!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-04 23:58 | ライブ | Comments(0)

福岡コンサート旅行 ③ [1日目] (ShinShinのラーメン、西鉄で新宮の海へ)

福岡コンサート旅行 ① [準備編]
福岡コンサート旅行 ② [1日目] (ピーチで福岡へ)


2018年04月10日(火)

d0257690_1531912.jpg

博多駅で降りたのは、福岡に着いた!と実感を得るためでした。
18きっぷで行く!福岡・大分旅行 [2日目] (岡山〜福岡)

初めて福岡、九州に訪れたのが、この2013年の旅行でした。
埼玉から鈍行を乗り継いで、2日かけて九州に入り、博多駅に降り立って駅舎を見上げた時の達成感は凄いものでした。
そのときのことを忘れないために、福岡に来たら博多駅に来るようにしています。
d0257690_1534985.jpg

さあ、天神駅にやって来ました。
ここは7番出口。
かつて、YUIがストリートライブをやっていた場所です。

ずっと来たいと思っていましたが、なかなか足を延ばせず、5回目の福岡にして初めてやって来れました。
当時と多少風景は変わってしまいましたが、ここでYUIがあぐらをかいて歌っていたと思うと、感慨深いものです。
d0257690_1541792.jpg

そして天神に来たからには、行きたいラーメン屋があるので、向かうことにしましょう。

天神駅から徒歩5分程。
d0257690_1555770.jpg

『博多らーめん ShinShin天神本店』にやって来ました。

ここはYUIがお忍びで訪れるラーメン屋さんとして、ファンの間では有名なお店。
満を持してやって参りました。

今日ライブに行かれる皆さん、やはり考えることは同じで、フラフラのTシャツを着た方をたくさんお見かけしました。
d0257690_1565513.jpg

入店し、カウンター席に案内されました。

なんと席の真後ろに、YUIのサインが3枚も飾ってありました!
お店の方に伺って、写真を撮らせて頂きました。

あぁ、これだけで来て良かったです!
d0257690_1572156.jpg

1番人気という、「煮玉子入りらーめん」750円を注文しました。

先ほどのリンクの旅行記に書いてありますが、私はとんこつラーメンの匂いが苦手で、あの旅行以来、食べれなくなってしまっていました。
しかし、いろいろ調べていると、とんこつらーめんでも、匂いが無くて、食べやすいラーメンも結構あるということが分かって来ました。
そしてこのお店もそういったラーメンだということです。
d0257690_1575323.jpg

とんこつラーメンには紅生姜ですね。

とても食べやすい美味しいラーメンでした。
勿論、替え玉も!

人気店なのが良くわかりました。
私のように、いわゆるザ・博多ラーメンのような匂いのキツイラーメンが苦手な方でも、ここならきっと美味しく食べられると思います。

お気に入りの店を見つけられて良かったです!
d0257690_15173112.jpg

次は、新宮の海へ向かいます。

まずは地下鉄箱崎線で貝塚まで出ます。
d0257690_1518354.jpg

貝塚からは西鉄貝塚線に乗り換えです。

地下鉄の1日乗車券は、西鉄では使えないので、ここでは切符を購入します。
d0257690_1518283.jpg

西鉄新宮行きの列車に乗車。
d0257690_1519050.jpg

西鉄貝塚線は2度目の乗車。

ローカル線なので、ゆったり終点まで乗車出来るかと思いきや、途中からたくさんの方が乗って来て、満員になりました。

想像以上に需要のある路線なんですねぇ。
d0257690_15195831.jpg

ガタゴト列車に揺られて、西鉄新宮駅に到着。

乗って来た列車です。
どことなくレトロで可愛らしい車体ですよね。
d0257690_15211365.jpg

そして以前にも紹介しましたが、このホームは、YUI初期の名曲「It's happy line」ミュージックビデオが撮影された場所でもあるのです。



このベンチであぐらをかいて、ギターをかき鳴らしながら歌うYUI、ここにまたこられて、しかもライブ当日です・・・感激です。
このベンチに座って、YUI初期の曲を何曲か聴いてから出発。
d0257690_15214370.jpg

駅舎もレトロで、とても良い感じですね。

2013年に初めて訪れた時は、駅員さんが海までの道のりや、次の列車の時刻を詳しく教えてくれました。
そんな思い出が蘇ってきます。
d0257690_1522938.jpg

5年前は少し道に迷いましたが、今回はバッチリ。

森の中を突き抜けて行くと・・・
d0257690_15224237.jpg

海が見えて来ました!

駅から10分くらいだったと思います。
d0257690_15245468.jpg

綺麗な海と砂浜です!

5年前も快晴でしたが、今回は雲はあれど晴れてくれました。
天気に恵まれて、何よりです。
d0257690_15242598.jpg

潮の香りに癒されますねぇ。

1人で海を見て黄昏ていると、後方から1人の女性がやってきて、「もしかしてFLOWER FLOWERのライブに行かれる方ですか?」と声をかけてきてくれました。
「はい、そうですよ」と答えると、「やっぱり!私もそうです。ライブ前にはYUIさんの聖地巡りしますよね!」と、やはりこの方も私の同志でした!

15分くらい、浜辺でYUIやFLOWER FLOWERのお話をして、お別れしました。
楽しい時間だったなぁ。
こういう出会いも旅ならでは!
d0257690_15254262.jpg

また1人になってからは、YUIの「Sea」や「Shake My Heart」を聴きながら、ボーっと海を眺めていました。

心からリラックス出来る時間でした。
d0257690_1526793.jpg

普段はこんなことやりませんが、今回は記念に。
砂浜に今日の日付を書いてしまいました(汗)

とても良い時間を過ごせました。
この後は一旦、ホテルにチェックインしてから、ライブ会場へと向かいます。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-01 00:57 | 国内旅行記 | Comments(0)

福岡コンサート旅行 ② [1日目] (ピーチで福岡へ)

福岡コンサート旅行 ① [準備編]


2018年04月10日(火)

当日は朝3時に起床。

これから入社する会社でも毎日これくらいの起床時間だとは知っていたので、「こんな早いんだなぁ」と実感。
d0257690_15505866.jpg

成田09:05発の飛行機なので、始発列車に乗ってもギリギリになってしまいます。
なので、熊谷駅から成田空港までのシャトルバスを初めて利用することにしました。

熊谷駅4時発で成田空港第1ターミナル7時着です。
料金は3,900円と、安くも無いですが、乗り換えなしで寝ていけるので悪くはないと思います。

徐々に日が昇って車内も明るくなってきて、成田空港に到着しました。
d0257690_15514052.jpg

やっぱり立派な空港です。

成田空港はやっぱり海外旅行のイメージが強いから、これから海外に行くんではないかという錯覚を起こしてしまいます。
d0257690_15565416.jpg

カフェのモーニングセットで朝食。
950円と、やはり空港価格ですが、パンケーキはフワフワで美味しかったです。

旅の前の食事は気分が高まっていて、とても好きな時間です。
d0257690_15571441.jpg

チェックイン時間になったので、ピーチの自動チェックイン機でチェックイン。

ピーチを利用するのは今回が初めてです。
ピーチと言えば、来年にもバニラエアを吸収してしまうことになりましたよね。

このときは、まだ知る由も無かったですが、大好きなバニラエアのブランドが無くなってしまうのは寂しいですし、まだまだバニラで台湾や香港など行きたかったです。

バニラの路線が今後ピーチにも反映されるのかが注目です。
d0257690_21552989.jpg

保安検査を済ませ、時間に余裕があるので、椅子に座ってユッタリ。
d0257690_21561157.jpg

そして9:30にはバスで移動して、ボーディングブリッジ無しで、搭乗。
LCCは結構乗って来ましたが、ピーチは初めて。

ピーチは大阪拠点で、バニラとジェット・スターが東京拠点ということで、関東に住んでいるとなかなか利用する機会は少ないですよね。
d0257690_224973.jpg

座席はこんな感じで、やっぱり狭いです。

でも日本のLCCはこれくらいですよね。
福岡くらいまでだったな全然問題ありません。
d0257690_2243447.jpg

定刻より少し遅れて、09:10成田空港を離陸しました。

今日は晴れて風も弱いので、揺れの心配は少なそうです。
d0257690_2245249.jpg

飛行機に乗ったら、やはりホットコーヒーを飲みたくなります。

空の上からの一杯は格別です。
d0257690_2252388.jpg

コーヒーを飲んでリラックスしていると、機長さんから「機内左手に富士山が見えております」というアナウンスが入りました。

おぉ〜見えて来た!
d0257690_2264764.jpg

大迫力!
やっぱり日本人にとって富士山は特別ですよね。

国内線で東京発、西行きの飛行機を利用する場合は、左側の席を確保すると、運が良ければ綺麗な富士山が見れます!
d0257690_2284792.jpg

そしてあっという間に、もう九州が見えてきました。

やっぱり飛行機だと九州は近いなぁ。
d0257690_2291282.jpg

もうすでに着陸態勢。
ご存知のように、福岡空港は街の中心からかなり近い場所にあるので、着陸はなかなかスリリングです。

こうやって上から見ると、やっぱり福岡も大都会だなぁと実感しますね。
d0257690_2293318.jpg

高度もかなり下がって来て、そろそろ着陸。

ビル群を抜けて、すぐ空港があるので、福岡空港がどれだけ街中にあるのかが分かります。
d0257690_2295540.jpg

無事、着陸!
定刻より少し遅れて、11:20福岡空港に到着しました。

初めてのピーチでしたが、なかなか良かったです。
バニラが無くなってしまったら、必然的にピーチの利用回数もこれからは増えていくと思います。
d0257690_22485939.jpg

福岡空港の良さと言えば、何といってもアクセスの良さ。
博多駅から地下鉄でたった2駅です。

海外は、地下鉄が乗り入れている空港もたくさんありますが、日本ではここ福岡だけ。
空港を出てすぐ地下鉄の駅があるのは本当に素晴らしいと思います。
d0257690_22493011.jpg

地下鉄の1日乗車券を620円で購入しました。

福岡空港駅は始発駅なので、待っていればだいたい座れます。
d0257690_22494924.jpg

この列車でまずは博多へ向かいましょう。
d0257690_22501759.jpg

赤い塗装が特徴的。

この列車はJR九州が乗り入れているものですね。
d0257690_232186.jpg

さて、福岡・博多にやって来たのは2015年以来、4年ぶりの5回目です。

5回も来ると、地図無しでもいくらか歩けるようになってきましたし、懐かしい気持ちになりました。
駅前で少し休憩して、これからYUIが行きつけだったラーメン屋で昼食を食べ、新宮の海を見に行きます。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-05-28 23:58 | 国内旅行記 | Comments(0)

サザンオールスターズ / LIVE TOUR 2019 @メットライフドーム(西武ドーム)

2019年05月12日(日)

サザンオールスターズ、デビュー40周年ツアーの西武ドーム公演に行って来ました!
※ネタバレありです!これから行かれる方はご注意下さい!※
d0257690_23495210.jpg

去年でサザンはデビュー40年。
ベストアルバム『海のOh,Yeah!!』も出て、2019年に全国ツアーがあると、去年の早い段階からアナウンスされていましたよね。

仕事が忙しくて、ライブには行けないかなぁと思っていましたが・・・
先月まで神奈川県に住んでいたので、横浜アリーナなら近いし、すぐに行って帰って来れると考え抽選に申し込んだのですが、ことごとく落選。

そんなことをしているうちに、体調を崩して退職。
埼玉県に帰って来ました。

そういえば埼玉も西武ドームでやるんだった、行きたいなぁという気持ちになってきて、注釈付指定席の抽選に申し込んでみました。
まず当たらないだろうなぁと思っていましたが、まさかの当選メール!
ライブ2日前のことでした。
d0257690_23501418.jpg

ライブ観戦は去年の4月以来、約1年ぶり。
体調を崩して帰って来てから、初めての遠出ということもあり、多少不安もありましたが、サザンの音楽で元気をもらおうと西武ドームまでやって来ました。
西武ドームに来るのは、2012年のミスチルライブ以来です。

15時前に入場。
カフェブリュさんも同じ日に来られるということで、声をかけて頂き、久しぶりにお会いすることが出来ました。
お会いするのは、おととし桑田さんの新潟ライブでご一緒させて頂いた以来です。
カフェブリュさんにも私の仕事のことでご心配を頂いていたので、今回お会い出来て良かったです。

注釈付指定席ということで真横でしたが、東京ドームと比べれば、ステージまでの距離はそこまで遠くはありません。
17時に開演しました。

セットリストです。

************************
東京VICTORY
壮年JUMP
希望の轍
闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
SAUDADE~真冬の蜃気楼~
彩~Aja~
神の島遥か国
青春番外地
欲しくて欲しくてたまらない
Moon Light Lover
赤い炎の女
北鎌倉の思い出
古戦場の濡れん坊は昭和のHero
JAPANEGGAE(ジャパネゲエ)
女神達への情歌(報道されないY型の彼方へ)
慕情
愛はスローにちょっとずつ(新曲)
ゆけ!!力道山
CRY哀CRY
HAIR
当たって砕けろ
東京シャッフル
DJ・コビーの伝説
わすれじのレイド・バック
思い過ごしも恋のうち
はっぴいえんど
シュラバ☆ラ☆バンバSHULABA-LA-BAMBA
マチルダBABY
ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
イエローマン~星の王子様~
マンピーのG★SPOT
~~~~~~~~~~~~~~
I AM YOUR SINGER
栄光の男
LOVE AFFAIR~秘密のデート~
勝手にシンドバット
旅姿四十周年
************************

体調に不安があって、半分くらいは座って観させて頂きました。
40周年記念ツアーということで、メジャーな曲が中心になると思いきや、隠れた名曲中心のライブでした!

去年入社した頃に良く聴いていた「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は、今回1番聴きたい曲だったので、当時の自分と重ね合わせて聴き入りました。
それから、「赤い炎の女」が昔から大好きな曲なので、生で聴けて感激でした。

「慕情」「栄光の男」は、スクリーンの歌詞を眺めながら聴いていたら、ジーンとなってしまいました。

「DJ・コビーの伝説」ではベストヒットUSAのスタジオから小林克也さんが登場して、大盛り上がり!

2008年、無期限活動休止前に発表された「I AM YOUR SINGER」を聴けたのも感激でした。
”真夏の大感謝祭” ではメンバー5人で踊りながらの歌唱でしたが、今回は踊り無しでした。
でもついつい、サビは踊ってしまいたくなる曲です。

「勝手にシンドバット」で最高に盛り上がって、最後は「旅姿六人衆」を「旅姿四十周年」特別バージョンでの締めくくりでした。

桑田さんのMCも相変わらず、面白くて楽しかったなぁ。
このおふざけしながらも、温かい感じの桑田さんが大好きです。

弘さんがジャイアンツの話をして止まらなくなって、桑田さんが「弘、ここ西武ドームだから、やめなさい!」って言ったり(笑)、メンバー紹介で毛ガニさんがスルーされたり(笑)、ほのぼのとした空間でした!
d0257690_23503394.jpg

帰りの電車の混雑が凄まじく、気分が悪くなってしまい、所沢で少し休憩をして何とか日付が変わる頃に熊谷まで帰って来ました。
しばらく人混みから遠ざかっていたので、急にあれだけの混雑で無理は無かったのかもしれません。
同じ埼玉ですが、西武ドームはやはり遠いですね。

でもお陰様で、とても楽しいライブになりました。
今回は初めて”銀テープ”をもらうことが出来ました。
(前の方の余ったテープを後ろに回して下さり、私も1枚取って後ろの方に渡しました。)

ライブ途中にトイレに行って、席に戻ろうとしたときも、暗くて自分の席がわからなくなってしまったのですが、後ろの席の方が声をかけて下さり、とても助かりました。
サザンファンの方は皆さん、こういう温かい気遣いを皆さんして下さるので、仕事で人間不信になりかけていた自分にはとても嬉しかったです。

急遽でしたが、素敵なライブに行けて良かったです!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-05-28 21:14 | ライブ | Comments(0)

福岡コンサート旅行 ① [準備編]

もう1年以上前の話ですが、去年の4月10日・11日に、1泊2日で福岡旅行に行きました。
目的は、FLOWER FLOWERというバンドのライブを観ることです。

ライブの感想はこちらから
d0257690_23401694.jpg

東京ライブのチケットも取ってあったのですが、就職が決まり、これからはライブも旅行も行けなくなるだろうから、もう1か所、遠征しようと考えたのです。

そうなるとやっぱりyuiの出身地・福岡で観たいという気持ちが高まって来て、福岡遠征を決めたのです。

往復ピーチ利用で値段は片道6,000円くらいだったと思います。
行きが、成田09:05→福岡11:05
帰りが、福岡16:55→成田18:55
の便にしたので、そこそこ観光時間も確保出来ました。

福岡は今回で5回目なので、王道の観光スポットを巡るというよりは、いろいろ思い出に浸りながら、街歩きして、ライブに臨む旅になると良いかなぁと思っていました。

次回から本編です。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-05-23 23:53 | 国内旅行記 | Comments(0)

瞬間的シックスセンス

以前から少しだけ気になっていた、あいみょん。

去年秋、ユーチューブで観た「マリーゴールド」のミュージックビデオに感動し、次のアルバムが出たら買うと決めていました。
そして2月に買ったものの、なかなか聴く時間が無くて、ようやく最近聴き始めました。
d0257690_204176.jpg

始めは「マリーゴールド」以外の曲はピンと来ませんでしたが、何回も聴いていると心地よくなって来て、好きな曲も増えてきました。

おとぎ話のような世界観を持つ「ら、のはなし」も好きですし、中盤の「夢追いベンガル」はいかにもあいみょんって感じで良いですね。こういった曲がここにあることによって、アルバムに締まりが出て飽きが来ません。

そして1番感動したのが「今夜このまま」です。
これは「マリーゴールド」の後に出たシングル曲だそうで、全く知りませんでした。
何とも素晴らしいポップソング!
流れるように綺麗で心躍るメロディに、あいみょん独特の歌詞が合わさって素晴らしいです。



でも、やっぱり「マリーゴールド」が1番大好き。
このミュージックビデオを初めて観たときは、久しぶりにゾクゾクしました。

ビデオの街並みは漢字の看板がたくさんあるけど、どこか欧州風。
これは上海かな?と思って調べたら、やはりそうでした。
雨に濡れたアスファルトがまた良い味を出していて、最高のミュージックビデオだと思います。

アルバムもとても良い作品でした。
あいみょん、もっと早く聴いておくべきでした。

いつかライブにも行ってみたいです。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-05-23 21:22 | 購入CD | Comments(2)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

こちらもまだ取り上げていませんでした。
大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラック、去年10月の発売週に購入しました。
d0257690_18344171.jpg

そのときは、映画もサントラも、ここまで大ヒットするとは思いませんでしたよ!
映画で流れた曲順に収録されていますし、曲目的にも、初めてクイーンに興味を持った方には本当に良いアルバムだと思います。

私がクイーンに興味を持って買った最初のアルバムが『ジュエルズ』だったように、今回このアルバムから新たにクイーンファンが増えることが嬉しいです。

未だにCDショップの洋楽コーナーに行くと、大きなクイーン特設コーナーが設置されていて、そこにあるアルバムを手に取る方達を見ていると、本当に社会現象だったんだなぁと実感します。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-05-11 18:41 | 購入CD | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE