2回目の弾丸!台北旅行 ⑥ [2日目] (美味しい朝食店、台北駅フードコートで昼食)

2回目の弾丸!台北旅行 ① [準備編&0日目]
2回目の弾丸!台北旅行 ② [1日目] (チャイナエアラインで台湾へ!)
2回目の弾丸!台北旅行 ③ [1日目] (MRTでホテルへ)
2回目の弾丸!台北旅行 ④ [1日目] (初めての鼎泰豊)
2回目の弾丸!台北旅行 ⑤ [1日目] (龍山寺参拝、牛乳大王とカルフール)


2018年01月21日(日)

d0257690_2236277.jpg

2日目は7時半に起床。

ホテルの朝食もありますが、初台湾の友人に台湾の朝食を体験してもらいたいということで、出かけることにしました。

8時過ぎに荷物を置いたまま出発。
d0257690_22371815.jpg

事前に調べていたお店は、ホテルから徒歩20分かかるということで、タクシーに乗ってもよかったのですが、行きは散歩がてら歩いていくことに。

台北の街は、いたるところにレンタサイクルがあって、いつか借りてみたいと思っているのですが、今回も借りれませんでした。
d0257690_22394652.jpg

この時間はまだそんなに暑くないかな?という感じでしたが、歩き出すとやっぱり暑いですね。

湿度が高いから、じわーっと汗をかいてしまう感じです。
まだ1月だというのに、やっぱり南国だなぁ。
d0257690_22403778.jpg

途中、朝市を通りました。

台湾といえば夜市が有名ですが、朝市も至る所でやっているんです。
夜遅くて、朝が早いって凄いことですよね。
d0257690_2244057.jpg

朝市を抜けると、目当てのお店はもうすぐです。
d0257690_22453672.jpg

『佳佳豆乳店』という朝食屋さんです!

今回もフォートラベルで教えて頂いたお店で、ホテルから近いのと、観光客より地元の方が多いお店ということで、ここに決めました。

もう店構えから、雰囲気があって良い感じです!
d0257690_2246201.jpg

列に並んでいると、お店の方に話しかけられました。
「日本人ですか?」と聞かれたので「そうです」と答えると、日本語の注文票を渡して頂けました。

その注文票に個数を記入して、渡すのが台湾スタイル。

注文をしてから席に着きました。
店内のローカルな感じが堪りません。
d0257690_22464947.jpg

前回ほかの店で食べたものと、同じようなものを注文してみました。

このスープは「シュントウチャン」かな?
久しぶりに食べて、「あぁこれこれ!」という懐かしい感じになりました。
ラー油が効いていて、体が温まります。

ゴマのパンには卵が挟まっていて、これも美味しいんです。
スープとの相性も最高。
d0257690_22471693.jpg

美味しい台湾の朝食に大満足!

とても素敵なお店で、是非また来たいと思います。
教えてくれたフォートラベルの方に感謝です。
d0257690_22475092.jpg

お店の近くは、こんな感じの路地。
ほかにも素敵なお店がたくさんありそうな感じですね。

帰りもホテルまで歩きかなと、トコトコ歩いていましたが・・・
d0257690_22482839.jpg

タクシーが通りかかったので、乗ってしまいました!

台湾のタクシーは安くてボッタクリも少ないので、気軽に利用出来ます。
それに2人ならより安くなるので、積極的に利用すべきですね!

ここで、ちょとした情報を。

台湾のホテルは中国語と英語、両方で表現されていますよね。
(今回私が宿泊したホテルだと、中国語で「東呉大飯店」、英語で「ドンウー・ホテル」です。
日本のガイドブックだと、「ドンウー・ホテル」と表現されることが多いような気がします。)

でも台湾のタクシーでホテルに向かう際、ホテル名を英語で伝えると、理解してもらえない可能性が高いんですよね。
だからなるべく、中国語の発音で言えるようにしておくか、もしくは紙に漢字で書く筆談も良いかと思います。
私はいつも中華圏の国を旅行する際は、紙とペンを持ち歩いて、いつでも筆談出来るようにしています。
これが出来るのも、漢字を書ける日本人の特権ですものね。

それと、ホテルのフロントには、そのホテルの中国語名と住所が書いてある紙がたいてい置いてあるので、それを貰っておいて、ドライバーさんに見せるもの有効だと思います。
d0257690_2250731.jpg

さあ、タクシーであっという間にホテルに戻ってきました。

一旦部屋で一息ついてから、ホテルの朝食会場にも行ってみました。
なかなか落ち着いた、素敵な雰囲気でした。

テレビも付いていましたし、新聞や本も読めるようになっていました。
d0257690_22504088.jpg

遅い時間だったので、品数は多くありませんでしたが、適当に取ってみました。
茹で野菜にカレー、おかゆ、チョコレートケーキもありました!

台湾のおかゆは初めて食べましたが、美味しいダシが効いていて、それであっさりしていて、気に入りました。
カレーも日本のものとは違って、やや甘めだったかな。私は辛いカレーが苦手なので、これも気に入りました。
d0257690_2251478.jpg

部屋に戻って支度を整え、10時にホテルをチェックアウトしました。

前々から泊まりたいと思っていた『東呉大飯店』、本当に素敵なホテルでした。
リーズナブルで、立地も良いし、部屋も広いし、ホテルの方の感じも良く、また台北に訪れたらリピートすること決定のホテルです!
d0257690_22521996.jpg

まずは台北駅へ向かうので、MRTで行こうかと思いましたが、時間を節約したいので、またホテル前に停まっていたタクシーに乗り込みました。

台北駅の場合は「タイペイステーション」だけで伝わるから楽ですね。
結構飛ばして、あっというまに台北駅に着きました。
d0257690_2252547.jpg

MRTだと1回乗り換えないといけなくて、20分近くかかりますが、タクシーなら5分で着いてしまいました。

これでだいぶ時間に余裕が出来ました。
d0257690_233293.jpg

台北駅!
相変わらず立派な駅舎ですね!

台鉄、高速鉄道、MRTが乗り入れている巨大ターミナルで、私もいまだに迷ってしまうくらい大きな駅なんです。
初めて台湾に来たときは、この駅の存在感に感動したものです。
d0257690_2343117.jpg

台北駅といえば、この吹き抜け!

この日は、イベントか何かで、イスラム系の方がたくさんいらっしゃいました。
d0257690_2351829.jpg

昼食はどうしようかと思いましたが、朝食を食べてから時間があまり経っていないのでおなかが減りません。
なので軽く、いつものフードコートで食べることにしました。

台北駅2階のフードコートは、いろんな台湾料理が味わえますし、日本や韓国料理の店もあるので、毎日来ても飽きないと思います。
d0257690_2310189.jpg

今回はルーロー飯と魚団子のスープを注文しました。

久しぶりのルーロー飯、やっぱり美味しいなぁ!
もはや懐かしの味です!

スープはあっさり薄味で、魚団子がとても食べ応えがありました。
お腹いっぱいになりました。

この後は、西門町を散歩しつつかき氷を食べてから、空港に向かって帰国します!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-05-04 22:21 | 海外旅行記 | Comments(2)

Commented by りーべ at 2018-05-05 00:27 x
新しい記事のup、ありがとうございます!
台湾は、いつか必ず行こうと思っている国なので、旅レポをワクワクして読ませて頂いています。
こうして自分が行かなくてもブログや旅行記を読んだり、旅行本をめくるだけで満足します。
台湾は料理が本当に美味しそうで、グルメ中心の旅なんかいいかなーと思いを膨らませています。

それから、以前のコメントに返信して頂きましてありがとうございました!
旅好きと言えるほどそんなに旅行には行っていないのですが、人一倍海外への憧れが強いんです。
好きな漫画の影響もありますが、幼い頃から世界を旅したり、面白おかしく紹介したりする番組が好きでした。
いつか行きたい国や、もちろん国内の場所も沢山あるので、それまではまずやるべき事をしっかり行っていきたいです。

fmさんの温かく力強いメッセージにまた励まされました。
アドバイスもありがとうございます!
コメントをした時より、少しずつですが睡眠障害が改善できています。
また、アルバイトも始めるので、好きな事のためにお金を貯めて、私も心機一転頑張っていきます!
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2018-05-08 21:35
りーべさん、こんばんは!
台湾は本当に素敵な国ですよ。
人の旅行記やガイドブックを眺めながら、旅行した気になるのは楽しい時間ですよね。とてもよくわかります!

りーべさんは海外への強い憧れをお持ちなんですね。
私も幼い頃から海外(特にヨーロッパ)に強い憧れを持っていましたが、自分が行けるなんて学生の頃は考えられませんでした。
でも、国内旅行から始まり、初めての海外・台湾を経て、憧れだったロンドンとパリに行くことが出来ました。
だからリーベさんも、順番に目の前にある課題を、焦らずクリアしていけば、必ず海外に行けるはずです!

アルバイトも始められるとのことで、身体に気を付けて、是非いろんな経験を積んでくださいね!

<< THE WORLD FLOWER FLOWER /... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE