人気ブログランキング |

冬の秋田旅行 ③ [2日目] (雪積もる乳頭温泉へ)

冬の秋田旅行 ① [準備編]
冬の秋田旅行 ② [1日目] (秋田新幹線で秋田市へ)


2019年02月03日(日)

d0257690_14315318.jpg

2日目は8時半に起床。
寝不足なので、チェックアウトギリギリまで寝ていようかとも思いましたが、勿体ないので何とか頑張って起きました。

ドーミーインは朝食が美味しいことでも有名です。
ご当地の料理にもこだわっているので、ここでは ”きりたんぽ” と ”いぶりがっこ” を食べることが出来ました!
d0257690_14324253.jpg

こういったホテルに泊まると、和食の後は決まってパンやヨーグルトを食べてしまいます。

ヨーグルトにこうやってフルーツを乗せると美味しいんですよねぇ。
コーヒーとワッフルの相性もとても良かったです。
d0257690_14435683.jpg

朝風呂に入って、11時にチェックアウト。

短い滞在でしたが、秋田のドーミーインも期待通りの良いホテルでした。
やはり大手ビジネスホテルの中では満足度は1番です。
d0257690_14453223.jpg

スーツケースをガラガラと転がして、秋田駅へ戻って来ました。

昨夜は賑やかな印象でしたが、明るくなって逆に人が少なくなった感じもします。
d0257690_14471240.jpg

駅前はそれなりに賑わっていますが、県庁所在地の駅にしては活気が無いような気もします。
でもこういった地方都市の雰囲気は大好きです。

秋田市の人口は約32万人。
北海道の旭川市が約34万人ですから、同じくらいの街の規模ということでしょうか。
d0257690_14474868.jpg

昨夜は素通りしてしまいましたが、改札を出ると秋田犬の巨大なオブジェがあります。

観光客の皆さんは、ここで記念撮影されていました。
そういえば11時半くらいから、駅入り口付近で秋田犬のサテライトショーが行われていて、写真はありませんがチラッと見せてもらいました。
d0257690_14481890.jpg

それから秋田と言えば、なまはげ!

すごい迫力です。
これは子供は怖がりますよねぇ。

男鹿半島の方にもいつか行ってみたいものです。
d0257690_14492771.jpg

今回の旅行はホテルを予約しただけで、列車の切符などは事前準備無しでした。
なので、ここから田沢湖までの乗車券、新幹線特急券を購入。

秋田からは青森行きの『特急つがる号』などが数時間おきに運行されています。
いつか埼玉から新潟に出て、日本海側経由で青森、そして北海道に渡る旅もしてみたいなぁと考えています。
d0257690_1450857.jpg

ホームに降りて、キオスクで温かいお茶を購入。
寒いことは寒いですが、雪もほとんど無いですし、想像していた秋田の寒さではありません。

しばらくして、こまちが入線して来ました。
12:10発の東京行き、こまちに乗車。
d0257690_14503413.jpg

今日はグリーン車では無く、普通の指定席です。
これで十分です。
d0257690_14525013.jpg

秋田駅を出発して、しばらく走ると、もう辺り一面雪景色に。
秋田市も豪雪地帯のイメージがありますが、やはり海より山に近づいたほうが雪が多くなりますね。

こういった景色を眺めたくて、今回の旅先を秋田にしたので、雪が見れてホッとしました。
d0257690_855085.jpg

列車は大曲で停車。

大曲と言えば、花火大会が有名ですね。
それから横手焼そばなどのB級グルメも話題ですし、秋田県は魅力的なところが多くて、とても1度の旅行で制覇なんて出来ません!

今回はいろいろ行かずに、乳頭温泉を堪能することに決めました。
d0257690_14544175.jpg

秋田駅から1時間。
乳頭温泉の最寄り駅、田沢湖駅に着きました。

田沢湖や乳頭温泉の観光拠点の駅だけあって、なかなか立派な駅舎です。
d0257690_14551557.jpg

乳頭温泉までは路線バスで向かいます。
田沢湖駅に13:10着で、バスが13:20発なので、列車と接続してるんですね。

バス停は物凄い行列。
d0257690_1455411.jpg

みんな乗り切れるのかと心配でしたが、何とか乗れました。
車内は半分以上が海外からの旅行客で、日本なのに日本ではない感じです(汗)

乳頭温泉までは45分程かかるので、このままずっと混んだままなのかなぁと思っていたら、途中の田沢湖温泉で半分以上の人が降りて行きました。

バスから田沢湖を見るのも楽しみにしていましたが、混みすぎて見れなかったのは残念です。
d0257690_14563894.jpg

「休暇村前」というバス停で下車しました。
バスを降りると駅周辺より一段と寒くなったと感じます。
期待通り、雪もたくさん降り積もっています。

今回お世話になるのは『休暇村乳頭温泉郷』という宿です。

乳頭温泉の宿は有名どころは多くて、どこも非常に高くて、悩んでいました。
そんなときにこの宿を見つけ、2泊食事付きで25,000円とほかより大分安く、それでいて評価も高いのでここに決めました。

この休暇村グループの宿は全国にあるようです。
d0257690_1457201.jpg

14時ちょうどにチェックイン。
2階の部屋に案内して頂きました。

うわぁ〜素晴らしい部屋です!!
想像以上に広くて、1人だと持て余してしまいそう。

入った瞬間に畳の良い香りがして堪りません。
d0257690_15152690.jpg

まずはお茶を入れて、一息つきましょう。

外は凍える寒さだったので、温かいお茶が染み渡ります。
茶菓子もとても美味しい物でした。
d0257690_14585763.jpg

そういえば昼食を食べていませんでした。
フロント付近には簡易の喫茶店も併設されていたので、行ってみました。

もう15時なので夕食に影響の無いように、軽めのパンケーキをと紅茶を注文。
温かくフワフワで、ペロッと食べてしまいました。
d0257690_151509.jpg

部屋に戻る通路の窓から外を見てみると、つららが連なっていました。

つららなんて久しぶりに見たような。
雪国に来た実感が徐々に沸いてきます。
d0257690_1535195.jpg

さあ、そして待ちに待った温泉に入ります!

温泉はチェックイン時から24時まで。
朝は5時から9時まで入れます。
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/72803/CUSTOM/GW72803111225135109.html

温泉は撮影は出来ないので、興味のある方は旅館のサイトをご覧下さい。

素晴らしい温泉でした!
内湯はやや熱めで、乳頭温泉と田沢湖温泉の湯の両方がありました。

何より露天風呂が雪見温泉で最高でした。
お湯は硫黄のヌメヌメした感じで、浸かっていると日頃の疲れが取れる感じがします。

ただ残念だったのは、中国人の団体が騒がしかったこと。
宿泊客の半分くらいは中国人だったような気がしますが、彼らは本当にマナーが悪く、露天風呂の中でも大声で話していたり、バシャバシャお湯をかけあったりしていて、とても不快でした。

「郷に入って郷に従え」の精神を知らない中国人が多かったのだけは残念でした。
d0257690_1518465.jpg

部屋に戻って来て、布団を引いて少し昼寝することに。
(旅館は本来布団敷きの方が敷いてくれますが、チェックインの際に、昼寝したいので自分で敷きますとの旨を伝えておきました。)

畳に布団は1番落ち着きますね。
d0257690_152213.jpg

ただ布団に入っても、仕事のことばかり考えて全然寝付けません。
寝なきゃという気持ちが先回りして、全然寝れないってことがよくあるんですよね。

仕方なく寝るのを諦めて、しばらく部屋の窓から外を眺めて、ボーっとして過ごしました。
雪を見ていると、気持ちが落ち着きます。
d0257690_15245426.jpg

19時半頃、1階のレストランへ。
今回は夕食もバイキングのプランです。

いろいろ取り過ぎてしまいました。
普段野菜不足になりがちなので、野菜をたくさん取りました。
d0257690_15251631.jpg

ご飯にいぶりがっこを乗せて頂きます。

漬け物はご飯に合いますね!
d0257690_15255090.jpg

デザートは抹茶餅とライチ、りんご。

写真はないですが、ほかにアイスクリームも食べ放題になっていて、バニラとチョコレートを美味しく頂きました。
豪華な夕食バイキングに大満足です。
d0257690_1527524.jpg

部屋に戻って、しばらくテレビを観ながらまったり。
明日も秋田は雪のようです。

この時点では明日の予定は全く未定で、体調がすぐれなかったら、1日ホテルでゆっくりしてようかなと考え始めました。
d0257690_15273793.jpg

寝る前にもう1度温泉へ。
この時間はそこまで混んでいなくて、ゆっくり温泉に浸かれました。
硫黄の香りに癒され、1時間くらいゆったり。

この温泉横にコインランドリーがあり、今回は利用させて頂きました。

今後の仕事のことなど考えつつ、1時頃に就寝。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-09-07 11:43 | 国内旅行記 | Comments(0)

<< 冬の秋田旅行 ④ [3日目] ... 冬の秋田旅行 ② [1日目] ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE