人気ブログランキング |

弾丸!大阪・神戸旅行 ①

先月、大阪・神戸に行って来ました。

友人が急遽、大阪へ出張になったらしく、そこに「付いて来てくれない?」と誘ってくれたので、せっかくの機会、付いて行かせてもらうことに!

友人は2日目の午前中に会議があるようなので、その間だけ別行動で、私は神戸にぶらっと行くことに。
急遽決まった、超弾丸の旅行でした。


2019年08月07日(水)

d0257690_20253461.jpg

友人はこの日も仕事なので、終わるのを待って、熊谷駅に集合。
新幹線で一気に東京まで出て、東海道新幹線の自由席で新大阪へ向かいます。

東海道新幹線に乗るのは、1年少し前に博多〜東京まで5時間乗りつくした以来です!
d0257690_2026765.jpg

列車に乗ったら、まずは駅弁で夕食。
からあげ弁当、なかなか美味しい弁当でした。

友人はお腹が減っていないようで、買った弁当をホテルで食べるようでした。
d0257690_2028822.jpg

しばらくして車内販売がやって来ました。
自由席はワゴンが来るのは1番最後なんですよね。

いつものバニラアイス。
この日もすごい暑さだったので、アイスの冷たさが染み渡ります。

東海道新幹線ではこのアイスをいつまでも残して欲しいものです。
d0257690_20293088.jpg

約2時間半、友人と話していると、案外すぐに新大阪に着きました。

大阪に来るのは2016年以来3年ぶり。
そのときの旅行が思いのほか楽しく、また来たいと思っていたところでした。
d0257690_20315439.jpg

地下鉄の御堂筋線に乗って、梅田で下車。
ホテルは東梅田からの方が近いのですが、乗り換えの関係で梅田で降りました。

治安が少し悪そうな通りを抜けたところに、ホテルはあります。
途中のデイリーヤマザキで夜食を購入。
d0257690_20332431.jpg

今回泊まるのは『ホテルリブマックス梅田WEST』というホテルです。
リブマックスグループのホテルは全国にたくさんあるようで、知りませんでした。

前日にホテルを調べていて、偶然このホテルが朝食付きで安かったのと、立地も良かったのでここに決めました。

まだ今年7月にオープンしたばかりの新しいホテルなので、部屋もピカピカです。
それなりに広いし、フロントにはアイスが売っていたり、なかなか良い感じのホテルでした。
d0257690_20341355.jpg

シャワーを浴びて、デイリーヤマザキで買った夜食を食べます。
店内で作られたというメロンパンに、白バラコーヒーという普段見かけないものを買ってみました。

この白バラコーヒー、鳥取では有名なコーヒーのようで、関西でも普通に売られているようです。
我が埼玉のわたぼくコーヒーのような存在でしょうか?

とても甘くて、疲れているときには良いかもしれません。

日付が変わり、1時に就寝しました。


2019年08月08日(木)

d0257690_22272912.jpg

2日目は7時半に起床。

まずは友人と1階のホテル併設カフェで朝食。
昼間は普通のカフェとして営業しているようで、評判も良いお店のようです。

朝は簡単なパンやスクランブルエッグ、野菜などがあって、十分でした。
d0257690_2228228.jpg

朝食を終え、友人はすぐに会議の会場へと向かっていきました。
ここから数時間は自由行動です。

9時にホテルをチェックアウト。
リブマックスホテル、なかなか良かったので、また機会があれば全国で泊まろうと思います。
d0257690_2228508.jpg

私は神戸に行ってみようと考えていたので、まずは梅田駅へ歩きます。

ただこの時間でも凄まじい暑さ!
駅に着く頃には汗だくになってしまいました。
d0257690_223335100.jpg

神戸まではJRの方が早いのですが、今回はあえて阪急電鉄に乗ってみることに。

関西の大手私鉄で乗ったことがあるのは京阪電鉄だけで、ずっとこの茶色な上品なイメージの阪急電車に乗ってみたいなぁと思っていたのです。

阪急梅田は始発駅だけあって、茶色の電車がズラーっと並んですごい貫禄で感動しました!
d0257690_2234058.jpg

この各駅停車で神戸三ノ宮へ向かいます。
各停でゆっくり向かっても、45分くらいで神戸に着いてしまいます。

関東に住んでいるとなかなか分かりずらいですが、大阪~神戸は近いですね。
東京〜横浜くらいの感じかなぁ。
d0257690_2235177.jpg

車内も椅子は濃い緑、周りは上品な茶色に統一されていて、本当に美しい通勤列車だなぁと感心します。

阪急電車が好きな方が多いと聞きますが、その理由がよく分かります。
今回乗れてとても良かったです。
d0257690_22354117.jpg

神戸三ノ宮に着いて、そこから結局JRに乗り換え、神戸駅にやって来ました。

ここから海を見に行くことにします。
d0257690_2236819.jpg

あまりにも熱いので、途中の木陰にあるベンチで休憩。
ホント、ここまで暑いと熱中症にも気を付けなければいけません。

コンビニでスポーツドリンクを買って、再び港へ向かいます。
d0257690_23342958.jpg

駅から徒歩15分、ようやく着きました。

暑かったけど、磯の香りと波風が心地よく、暑さが緩和されます。
d0257690_23345834.jpg

神戸と言えば、この景色ですよね!

私は神戸に訪れるのは10年ぶり。
前回は高校の修学旅行で訪れ、写真にも映っている『メリケンパークホテル』に宿泊しました。
本当に懐かしい思い出です。
d0257690_2335575.jpg

懐かしい思い出に浸りながら、ブラブラと歩いて海風を感じました。

1年前は班別行動で、この近くのゲームセンターに行って遊んだり、中華街で食べ歩きをしたっけな。
この観覧車にも乗りました。

今回はさすがに1人だと恥ずかしいのでやめておきます(苦笑)
d0257690_2336362.jpg

先ほど買ったスポーツドリンクも飲み干して、暑さでまだ喉が渇くので、近くのスタバに入ることに。

普段なかなかスタバに入る機会が無いのですが、たまに来るとやっぱり良いものですね。
d0257690_15165795.jpg

スタバには普通のミルクティーが無いとのこと。
アイスティーにミルクを入れて、自分でミルクティーを作りました。

十分美味しかったです!

暑いけどテラス席で頂きました。
潮の匂い、波風を感じながら飲むミルクティーは最高でした!

本当だったら、夜まで居て、夜景まで見たかったなぁ。
ここの夜景はきっと、横浜の大さん橋に匹敵する美しさだと思います。

さて、そろそろ友人も会議が終わる時間なので、大阪に戻りましょう。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-09-14 00:30 | 国内旅行記 | Comments(0)

冬の秋田旅行 ⑤ [4日目] (日常への帰り)

冬の秋田旅行 ① [準備編]
冬の秋田旅行 ② [1日目] (秋田新幹線で秋田市へ)
冬の秋田旅行 ③ [2日目] (雪積もる乳頭温泉へ)
冬の秋田旅行 ④ [3日目] (妙乃湯に日帰り入浴)


2019年02月05日(火)

4日目になりました。
この日は本来出勤日ですが、有給をもらったので、私だけ休みになっています。

明日は早朝から仕事なので、今日は昼頃まで寝ておこう、朝食は勿体ないけど食べなくていいやと考えていました。

しかし8時半になって、レストランから部屋に電話がかかって来て、「〇〇様、朝食のお時間になりました」と伝えられたので「今日の朝食は結構です」と言って、再び布団に潜り込みました。

本来だったら、チェックインのときに3日目の朝食は結構ですと伝えておくべきだったですね。
普段、こういった旅館に泊まらないので、電話がかかってくるとは思いもしませんでした。
d0257690_15351956.jpg

布団には入ったものの、電話で1回目が覚めてしまったので、もう寝付けなくなってしまいました。

朝食は断ってしまったし、寝れないし、温泉でも入りに行くことにしました。
朝食の時間なので、貸し切り状態で露天風呂を楽しむことが出来ました。

これが今回最後の温泉。
名残惜しいので、最後は長めに浸かっていました。

私が温泉に浸かっている間、職場の人達は仕事に追われて大変だろうなぁ、とかいろいろ考えてしまいました。
d0257690_15363437.jpg

風呂上がりには、ビンのフルーツ牛乳で一息。

もうすぐこの旅館ともお別れだ思うと、切なくなってきました。
d0257690_15371750.jpg

3日間お世話になったこの部屋。
1人では持て余すほど広かったけど、とても居心地が良い部屋でした。

また来ますと心に誓って、部屋を出ました。
d0257690_15375126.jpg

そうして12時にチェックアウト。
本来は11時チェックアウトですが、今回のプランは12時となっています。

そして12:15から昼食が付くプランにもなっているので、そのままレストランへ。
お茶を飲んで、しばらく待ちます。
d0257690_15395570.jpg

最終日の昼食は稲庭うどん。

秋田と言えば、きりたんぽにいぶりがっこ、しょっつる鍋、そして最後に稲庭うどんまで食べれて良かったです。

割と麺は細く、のどごし良くつるっと美味しく頂きました。
それと、こちらではうどんに生姜では無くわさびを入れるようで、それが驚きでした。
d0257690_15432740.jpg

昼食を終え、ロビーの椅子に座って待機。
13:38発のバスで帰るので、まだ1時間もあります。

本来なら、旅の余韻に浸って静かな時間を過ごしたかったのですが、ここでも中国人の団体旅行客が騒がしくて、最後まで彼らにはイライラさせられてしまいました。
d0257690_1544723.jpg

13時半になり、そろそろ出発。
お世話になった休暇村ともお別れです。

慌ただしい毎日に、束の間の寛ぎをくれて感謝です。
また乳頭温泉に来た際には、日帰りでも入浴したいと思います。
d0257690_15443153.jpg

バス停は旅館のすぐ前です。
今日は晴れていて、昨日よりずっと気温が高い感じがします。

バス停には私1人。
このバスに乗ったら、もう日常への帰りだなぁ、乗りたくないなぁという気持ちが高まって来ましたが何とか高まる気持ちを抑えバスを待ちます。
d0257690_1545783.jpg

バスがやって来ました。

ありがとう、乳頭温泉。
また来ます。
d0257690_15461068.jpg

どんどん山を下って、乳頭温泉から離れて行きます。

行きのバスはゆっくりでしたが、帰りは非常に速く感じるこの不思議。
d0257690_15464156.jpg

行きには見えなかった、田沢湖がチラッと見えました。

田沢湖もいつかしっかり観光したいなぁと思います。
d0257690_15474152.jpg

そして30分少々で田沢湖駅前に到着。
新幹線の時間が15:12なので、まだ50分程あります。

なので、職場でお世話になっている人へのお土産をまたここで買うことに。
d0257690_15501691.jpg

お土産を買い、隣にレストランが併設されていたので、コーヒーだけ飲んでいくことに。

ホットコーヒー300円を注文したら、温かいほうじ茶まで出して頂きました!
コーヒーの後のほうじ茶はお口直しに最適です。

とても良いお店でした。
今度田沢湖観光の訪れる際は、ここで食事をしたいなと思いました。
d0257690_15562745.jpg

帰りは普通の指定席で帰ります。
切符、夕食の駅弁を買って、ホームへ入場。

この秋田新幹線で東京まで帰ります。
d0257690_15581735.jpg

列車に乗ってしまいました。
これで完全に旅も終わりです。

この積もった雪とも、もうすぐお別れ。
雪には心を癒してもらいました。
d0257690_15592376.jpg

走り出して、盛岡に近づくにつれて、雪はどんどん無くなっていきます。
d0257690_1559497.jpg

列車はもうすぐ盛岡です。
盛岡からはたくさんの乗客が乗って来ました。

盛岡もいつか観光したい都市で、わんこそばを食べたいなぁと前々から思っているところです。
d0257690_1621710.jpg

仙台を通過した辺りで、田沢湖駅で買った駅弁の夕食にしましょう。
「とりめし弁当」1,180円、ご飯もギッシリ詰まっていて、鶏肉も柔らかくて美味しかったです。

こうして東京には18:04着、会社の寮には20時頃に帰って来ました。
東京駅から寮までどう帰ったのか記憶がほとんど無く、今でも不思議な感じです。

この頃は翌日からまた始まる仕事が嫌で嫌で仕方なかったから、帰りは心が無になったのかもしれません。

そうして何とか、翌日も早朝からの勤務でしたが、こなすことが出来ました。
d0257690_1631180.jpg

ここでお土産紹介です。

これは田沢湖駅前の店で買った、レンジで温めて食べるきりたんぽ鍋と、秋田犬のクッキーです。
このきりたんぽ鍋はなかなか美味しくて、同僚からも好評でした。
d0257690_1642578.jpg

そして、休暇村の売店で買った、乳頭温泉の入浴剤とキーホルダーです。
この入浴剤で2週間くらいは乳頭温泉を思いお出しながらお風呂に入りました。

何とか有給を取得して、計画した秋田旅行でしたが、本当に行って良かったと思います。
温泉に浸かりながらでも、仕事のことを考えてしまったりはしましたが、今となってはとても良い思い出です。

秋田は何度でも行きたくなる魅力あふれる県だなぁと実感した旅でした。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-09-12 00:27 | 国内旅行記 | Comments(2)

冬の秋田旅行 ④ [3日目] (妙乃湯に日帰り入浴)

冬の秋田旅行 ① [準備編]
冬の秋田旅行 ② [1日目] (秋田新幹線で秋田市へ)
冬の秋田旅行 ③ [2日目] (雪積もる乳頭温泉へ)


2019年02月04日(月)

3日目は8時半に起床。
お腹はそんなに減りませんが、朝食を食べに行きましょう。
d0257690_13525344.jpg

夕食と同じ会場でのバイキングです。

少しずつおかずを取って、サラダをたっぷり。
ご飯は重かったので、おかゆにしました。

おかゆにも、いぶりがっこが良く合います。
d0257690_13535411.jpg

そしてデザート!

ホットコーヒーはその場でホテルの方がドリップして下さいました。
なので、とても香りが良くて、至福のひと時でした。

ヨーグルトはいつものようにフルーツを乗せて食べます。
ここはフルーツの種類も豊富で、これなら連泊でも飽きることなく楽しめそうです。
d0257690_13551171.jpg

食後は勿論、朝風呂です!
チェックアウト間際の時間を狙って行ったので、人はほとんど居ませんでした。

ゆったり温泉に浸かって、今日はどうしようかなぁと考えます。
本当はたくさん湯めぐりしようと考えていましたが、体調があまり良くないこともあって、ここから近い1か所だけ日帰り入浴に行くことにしました。

なので温泉から出て、午前中は部屋でゴロゴロして過ごしました。
d0257690_1355446.jpg

そして12時半になり昼食です。
2日目の昼食は、「あきた味紀行」というランチセットがプランに入っています。

3,200円もするランチセットですから、かなりのお得感があります!
指定された時間にレストランの席に着いて、お茶を飲んで待つこと10分。
d0257690_13565322.jpg

「あきた味紀行」が来ました!!

想像以上に豪華で、ビックリしてしまいました。
ひとりでこんなに贅沢しても良いのかなぁ?という一瞬罪悪感が芽生えるくらい、豪華な昼食です。

今思えば卵はすき焼き用ですが、それを分からずに、卵かけご飯にして食べてしまいました(汗)
でもこれも美味しかったので良しとしましょう!
d0257690_135719100.jpg

きりたんぽはノーマルタイプと、味噌がかかったタイプがありました。
ノーマルタイプはすき焼きに入れても美味しかったのかな?

昨晩食べたきりたんぽよりは、硬くて噛み応えがあり、これも美味しかったです。
d0257690_1402949.jpg

そしてメインのすき焼き。

すき焼きなんて何年ぶりだろう?
本当のご馳走です。

お肉がとろけて、野菜も本当に美味しかったです。
幸せな昼食でした!
d0257690_1421195.jpg

昼食を済ませたら、日帰り入浴へと出かけることに。
凄い雪です。

でもこのときはまだ雪は降っておらず、そこまで寒くなかったと記憶しています。
d0257690_1425146.jpg

向かうは『休暇村』から徒歩5分の『乳頭温泉郷 妙乃湯』という旅館です。

とりあえずまっすぐ北へ進めば迷うことはありません。
同じように湯巡りをされている方をたくさんお見かけしました。

やはりせっかくの秘境・乳頭温泉ですから、ほかの温泉も入らないと勿体ないですよね。
d0257690_1445917.jpg

すぐに『妙乃湯』に到着しました。
中は中国人で物凄い混み合っていて、やっとのことで日帰り入浴の受付を済ませました。

日帰り入浴は800円。
たくさん湯巡りされる方は湯巡り帖を購入されるべきですが、私はここだけなので購入しませんでした。
http://www.taenoyu.com/onsen2012.html

ここの温泉がまた素晴らしかった!

内湯で体を慣らしてから、露天風呂へ。
露天風呂は手前が男性専用、奥へ進むと混浴となり、この混浴のところからの滝と雪の景色が本当に素晴らしいものでした!

1日休暇村の中で過ごそうと思っていましたが、思い切って来て良かったと心から思いました。
d0257690_1494191.jpg

大満足で外に出ると、急に吹雪いて来ました。
急激に気温が下がり始め、最初はポカポカでしたが、徐々に寒くなって来ました。

でもこの雪国に来たんだなぁと思わせる風景は、ずっと忘れることないでしょう。
d0257690_1410668.jpg

『休暇村』に戻って来ました。
あぁ寒い!
d0257690_14173698.jpg

風邪を引かないように、すぐに温泉へ!
広さと景色はさっきの『妙乃湯』の方が勝っていますが、こちらの方がやぱり落ち着いてゆっくり入れます。

湯上りには、フロント横でソフトクリームを買って食べました。
温かい館内で、外の雪を眺めながら食べるソフトクリームは最高です。
d0257690_1420437.jpg

売店でお土産を買って、部屋にも戻ります。

戻る途中の窓からの景色。
さっきの吹雪でまた積雪が増えたような気がします。
d0257690_14212051.jpg

売店で買った田沢湖温泉まんじゅう。
温泉に来たら、やっぱりまんじゅうですよね。

こういう楽しみがあるのも国内旅行の良いところ。
d0257690_14215666.jpg

やや小さめのまんじゅうでしたので、パクパク何個も食べてしまいました。
こしあんで、お茶に良く合います。

気に入ったので、職場の同僚にもこれをお土産にすることと決めました。
d0257690_14225541.jpg

それからもう1度温泉に入り、その後はずっと部屋でゴロゴロして過ごしました。

何もしてないとどうしても仕事のことを考えてしまい、テンションが下がってしまいます。
「明日の今頃はもう帰りの新幹線の中かぁ」などといつも考えてしまうのが悪い癖です。

そんなことをしていると、もう外は暗くなって、夕食の時間です。
d0257690_14323360.jpg

今夜は昨夜以上に豪華になりました。

しょっつる汁の中にはきりたんぽもたくさん入っていて、最高の美味しさでした。
他のおかずは、ぶり大根に、天ぷら、おでん・・・と好きなものをたくさん食べれて幸せです!

それから炊き込みご飯の美味しいこと!
普段寮ではご飯を炊くことすら無いので、窯で炊いたあきたこまちの炊き込みご飯には感動しました。
d0257690_1438959.jpg

デザートも頂きます。

ホットコーヒーにアイス、ティラミス、ブドウ、リンゴを頂きました。
これでお腹一杯です。
d0257690_14355713.jpg

その後ももう1度温泉に入って、テレビを観たりして過ごしました。

最後の名残惜しい夜は、あっという間に時間が過ぎて行ってしまいました。
1時に就寝して3日目が終了しました。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-09-11 00:35 | 国内旅行記 | Comments(0)

冬の秋田旅行 ③ [2日目] (雪積もる乳頭温泉へ)

冬の秋田旅行 ① [準備編]
冬の秋田旅行 ② [1日目] (秋田新幹線で秋田市へ)


2019年02月03日(日)

d0257690_14315318.jpg

2日目は8時半に起床。
寝不足なので、チェックアウトギリギリまで寝ていようかとも思いましたが、勿体ないので何とか頑張って起きました。

ドーミーインは朝食が美味しいことでも有名です。
ご当地の料理にもこだわっているので、ここでは ”きりたんぽ” と ”いぶりがっこ” を食べることが出来ました!
d0257690_14324253.jpg

こういったホテルに泊まると、和食の後は決まってパンやヨーグルトを食べてしまいます。

ヨーグルトにこうやってフルーツを乗せると美味しいんですよねぇ。
コーヒーとワッフルの相性もとても良かったです。
d0257690_14435683.jpg

朝風呂に入って、11時にチェックアウト。

短い滞在でしたが、秋田のドーミーインも期待通りの良いホテルでした。
やはり大手ビジネスホテルの中では満足度は1番です。
d0257690_14453223.jpg

スーツケースをガラガラと転がして、秋田駅へ戻って来ました。

昨夜は賑やかな印象でしたが、明るくなって逆に人が少なくなった感じもします。
d0257690_14471240.jpg

駅前はそれなりに賑わっていますが、県庁所在地の駅にしては活気が無いような気もします。
でもこういった地方都市の雰囲気は大好きです。

秋田市の人口は約32万人。
北海道の旭川市が約34万人ですから、同じくらいの街の規模ということでしょうか。
d0257690_14474868.jpg

昨夜は素通りしてしまいましたが、改札を出ると秋田犬の巨大なオブジェがあります。

観光客の皆さんは、ここで記念撮影されていました。
そういえば11時半くらいから、駅入り口付近で秋田犬のサテライトショーが行われていて、写真はありませんがチラッと見せてもらいました。
d0257690_14481890.jpg

それから秋田と言えば、なまはげ!

すごい迫力です。
これは子供は怖がりますよねぇ。

男鹿半島の方にもいつか行ってみたいものです。
d0257690_14492771.jpg

今回の旅行はホテルを予約しただけで、列車の切符などは事前準備無しでした。
なので、ここから田沢湖までの乗車券、新幹線特急券を購入。

秋田からは青森行きの『特急つがる号』などが数時間おきに運行されています。
いつか埼玉から新潟に出て、日本海側経由で青森、そして北海道に渡る旅もしてみたいなぁと考えています。
d0257690_1450857.jpg

ホームに降りて、キオスクで温かいお茶を購入。
寒いことは寒いですが、雪もほとんど無いですし、想像していた秋田の寒さではありません。

しばらくして、こまちが入線して来ました。
12:10発の東京行き、こまちに乗車。
d0257690_14503413.jpg

今日はグリーン車では無く、普通の指定席です。
これで十分です。
d0257690_14525013.jpg

秋田駅を出発して、しばらく走ると、もう辺り一面雪景色に。
秋田市も豪雪地帯のイメージがありますが、やはり海より山に近づいたほうが雪が多くなりますね。

こういった景色を眺めたくて、今回の旅先を秋田にしたので、雪が見れてホッとしました。
d0257690_855085.jpg

列車は大曲で停車。

大曲と言えば、花火大会が有名ですね。
それから横手焼そばなどのB級グルメも話題ですし、秋田県は魅力的なところが多くて、とても1度の旅行で制覇なんて出来ません!

今回はいろいろ行かずに、乳頭温泉を堪能することに決めました。
d0257690_14544175.jpg

秋田駅から1時間。
乳頭温泉の最寄り駅、田沢湖駅に着きました。

田沢湖や乳頭温泉の観光拠点の駅だけあって、なかなか立派な駅舎です。
d0257690_14551557.jpg

乳頭温泉までは路線バスで向かいます。
田沢湖駅に13:10着で、バスが13:20発なので、列車と接続してるんですね。

バス停は物凄い行列。
d0257690_1455411.jpg

みんな乗り切れるのかと心配でしたが、何とか乗れました。
車内は半分以上が海外からの旅行客で、日本なのに日本ではない感じです(汗)

乳頭温泉までは45分程かかるので、このままずっと混んだままなのかなぁと思っていたら、途中の田沢湖温泉で半分以上の人が降りて行きました。

バスから田沢湖を見るのも楽しみにしていましたが、混みすぎて見れなかったのは残念です。
d0257690_14563894.jpg

「休暇村前」というバス停で下車しました。
バスを降りると駅周辺より一段と寒くなったと感じます。
期待通り、雪もたくさん降り積もっています。

今回お世話になるのは『休暇村乳頭温泉郷』という宿です。

乳頭温泉の宿は有名どころは多くて、どこも非常に高くて、悩んでいました。
そんなときにこの宿を見つけ、2泊食事付きで25,000円とほかより大分安く、それでいて評価も高いのでここに決めました。

この休暇村グループの宿は全国にあるようです。
d0257690_1457201.jpg

14時ちょうどにチェックイン。
2階の部屋に案内して頂きました。

うわぁ〜素晴らしい部屋です!!
想像以上に広くて、1人だと持て余してしまいそう。

入った瞬間に畳の良い香りがして堪りません。
d0257690_15152690.jpg

まずはお茶を入れて、一息つきましょう。

外は凍える寒さだったので、温かいお茶が染み渡ります。
茶菓子もとても美味しい物でした。
d0257690_14585763.jpg

そういえば昼食を食べていませんでした。
フロント付近には簡易の喫茶店も併設されていたので、行ってみました。

もう15時なので夕食に影響の無いように、軽めのパンケーキをと紅茶を注文。
温かくフワフワで、ペロッと食べてしまいました。
d0257690_151509.jpg

部屋に戻る通路の窓から外を見てみると、つららが連なっていました。

つららなんて久しぶりに見たような。
雪国に来た実感が徐々に沸いてきます。
d0257690_1535195.jpg

さあ、そして待ちに待った温泉に入ります!

温泉はチェックイン時から24時まで。
朝は5時から9時まで入れます。
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/72803/CUSTOM/GW72803111225135109.html

温泉は撮影は出来ないので、興味のある方は旅館のサイトをご覧下さい。

素晴らしい温泉でした!
内湯はやや熱めで、乳頭温泉と田沢湖温泉の湯の両方がありました。

何より露天風呂が雪見温泉で最高でした。
お湯は硫黄のヌメヌメした感じで、浸かっていると日頃の疲れが取れる感じがします。

ただ残念だったのは、中国人の団体が騒がしかったこと。
宿泊客の半分くらいは中国人だったような気がしますが、彼らは本当にマナーが悪く、露天風呂の中でも大声で話していたり、バシャバシャお湯をかけあったりしていて、とても不快でした。

「郷に入って郷に従え」の精神を知らない中国人が多かったのだけは残念でした。
d0257690_1518465.jpg

部屋に戻って来て、布団を引いて少し昼寝することに。
(旅館は本来布団敷きの方が敷いてくれますが、チェックインの際に、昼寝したいので自分で敷きますとの旨を伝えておきました。)

畳に布団は1番落ち着きますね。
d0257690_152213.jpg

ただ布団に入っても、仕事のことばかり考えて全然寝付けません。
寝なきゃという気持ちが先回りして、全然寝れないってことがよくあるんですよね。

仕方なく寝るのを諦めて、しばらく部屋の窓から外を眺めて、ボーっとして過ごしました。
雪を見ていると、気持ちが落ち着きます。
d0257690_15245426.jpg

19時半頃、1階のレストランへ。
今回は夕食もバイキングのプランです。

いろいろ取り過ぎてしまいました。
普段野菜不足になりがちなので、野菜をたくさん取りました。
d0257690_15251631.jpg

ご飯にいぶりがっこを乗せて頂きます。

漬け物はご飯に合いますね!
d0257690_15255090.jpg

デザートは抹茶餅とライチ、りんご。

写真はないですが、ほかにアイスクリームも食べ放題になっていて、バニラとチョコレートを美味しく頂きました。
豪華な夕食バイキングに大満足です。
d0257690_1527524.jpg

部屋に戻って、しばらくテレビを観ながらまったり。
明日も秋田は雪のようです。

この時点では明日の予定は全く未定で、体調がすぐれなかったら、1日ホテルでゆっくりしてようかなと考え始めました。
d0257690_15273793.jpg

寝る前にもう1度温泉へ。
この時間はそこまで混んでいなくて、ゆっくり温泉に浸かれました。
硫黄の香りに癒され、1時間くらいゆったり。

この温泉横にコインランドリーがあり、今回は利用させて頂きました。

今後の仕事のことなど考えつつ、1時頃に就寝。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-09-07 11:43 | 国内旅行記 | Comments(0)

冬の秋田旅行 ② [1日目] (秋田新幹線で秋田市へ)

冬の秋田旅行 ① [準備編]


2019年02月02日(土)

旅行当日になりました。
とは言っても、この日は午前中いっぱい仕事です。

いつものように朝3時起きで、5時からの勤務。
寝不足でしんどい状況でしたが、あと少しでここから解放される、という気持ちで乗り切りました。

12時に仕事が終わって13時過ぎ、一旦寮に帰宅。
旅行明けの仕事の準備(洗濯、アイロンがけ、買い物・・・)を急いでやって、16時過ぎににようやく寮を出発しました。
d0257690_16143639.jpg

東京駅に着いて、まずはみどりの窓口へ。
秋田駅までの乗車券と新幹線特急券・グリーン券を購入しました。

ホームで駅弁を買って、18:20発の秋田新幹線に乗車します。

写真のように、この秋田新幹線には、新函館北斗行きの北海道新幹線が連結されています。
盛岡で分岐して、別々の目的地へと向かうわけです。
d0257690_1618946.jpg

今回は特別な旅行なので、奮発してグリーン車に乗りました。

1番前の座席は1人掛けなので、ここを指定しました。
勿論、座席前にはコンセントも付いているので、スマホの充電もバッチリです。

新幹線のグリーン車に乗ったのは初めてだったかもしれませんが、やっぱり高級感漂う車内です。
これなら秋田までゆっくり寛げそうです。
d0257690_16164529.jpg

東京駅を出発して、すぐに駅弁で夕食としました。
幕の内弁当、久しぶりに車内で食べる駅弁は格別でした。

食べ終える頃には、大宮を通過。
ここ大宮で東北新幹線と上越・北陸新幹線が分岐となります。
d0257690_16183984.jpg

列車が宇都宮を通過した辺りで、車内販売が来ました。

いつも食べるパウンドケーキとホッとコーヒーです。
数時間前まで仕事でバタバタして落ち着かない気分でしたが、ここでようやくホッと肩の力が向けた感じがしました。
d0257690_1621131.jpg

列車は盛岡に到着し、北海道新幹線と私が乗っている秋田新幹線が分岐されます。
ここ盛岡からは在来線の線路を走ることになるので、正式には” 新幹線 ”ではなく在来線扱いとなります。

ちなみに同じような手法が山形新幹線にも取られていて、山形新幹線の場合は福島から分岐となり、福島から新庄までが在来線扱いとなります。
d0257690_16213363.jpg

盛岡を通過してすぐに、もう1度車内販売が来てくれました。

時間も遅くなってきましたし、アイスを食べることに。
このカチコチのアイスは、新幹線名物なので、乗ったらなるべく食べたいと思っていました。

しかし、今年3月で東海道・山陽新幹線を除く新幹線でのアイス販売が終了したとのこと。
これは本当に残念です。
d0257690_1634370.jpg

22:07に秋田駅に到着しました。

東京から約3時間50分、全然長いと思わず、とてもゆっくり過ごすことが出来ました。
飛行機にしなくて良かったなぁと思います。
d0257690_16342832.jpg

「秋田へようこそ」の看板が気分を盛り上げてくれます。

初めての秋田です。
列車を降りると、やっぱり身に沁みる寒さで、秋田に来たーという実感が高まって来ます。
d0257690_1635035.jpg

ただ雪はほとんど積もっていないようで、それが意外でした。
でも明日から行く乳頭温泉は確実に積もっていることでしょう。

近くのローソンで買い物を済ませて、ホテルへ向かいます。
それにしても、夜の秋田駅前は想像以上に人が多く活気がある感じがしました。
もっと閑散としているイメージだったので、これも意外です。
d0257690_16353551.jpg

今回泊まるホテルは『ドーミーイン秋田』です。
駅からも1本道で迷う心配もありません。

以前新潟のドーミインに泊まって、素晴らしかったので、今回もお世話になることに決めました。
1週間前に予約して、8,000円でした。
大きな大浴場もあって、豪華な朝食も付くことを考えれば高いとは思いません。
d0257690_1637891.jpg

チェックインして、まずはドーミーイン名物の ”夜鳴きそば” を食べに行きます。

これは全国にあるドーミーインホテル共通のサービスで、夜の決まった時間に、夜鳴きそばという、いわゆる中華そばを無料で提供して頂けるというものです。
d0257690_16381631.jpg

この夜鳴きそばがとても美味しいんですよね!

新幹線を降りてからここに来るまでで冷え切っていたので、温かい醤油スープが染み渡ります。
d0257690_1639323.jpg

温まったところで、4階の部屋へ。
それなりに広くて使い勝手の良い感じの部屋です。

期待していたドーミーインですが、とても満足の部屋です。
d0257690_16393710.jpg

さすが安定のドーミーイン!

しっかりと机と椅子があるので、ここで作業が出来そうです。
テレビの位置も良くて、ベットからもとても観やすかったと記憶しています。
d0257690_164053.jpg

部屋と洗面所、トイレ、シャワー室はこんな感じで仕切られています。
d0257690_16404223.jpg

こちらがシャワー室。
バスタブは無く、湯船に浸かりたいひとは大浴場を利用して下さい、ということなのでしょう。
でも十分です。
d0257690_1643425.jpg

そして11階の大浴場へ。

新潟のドーミーインほどの広さはありませんでしたが、仕事の疲れをゆっくり癒すことが出来ました。
露天風呂も広くはありませんが、人は少なく、とてもゆっくり過ごせて良かったです。
d0257690_16471472.jpg

ゆっくりお風呂を楽しんで、湯上りには飲むヨーグルト!
これも美味しい。

このホテルは自動販売機が充実しているのも良いところ。
d0257690_16485053.jpg

部屋に戻って日記を書いていると、小腹が空いて来てしまいました。
なので、自動販売機でから揚げを買うことに。

ほかに焼きおにぎりやホットドック、フライドポテトなどもあるようで、楽しい夜の時間が過ごせる環境が揃っています。
d0257690_16491372.jpg

このから揚げもなかなか美味しかったです。

明日の計画を練って、寝たのは深夜2時半頃。
ついつい旅先では夜ふかししてしまいますよね。

明日から3日間は、秋田の名湯・乳頭温泉に向かいます!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-09-03 23:33 | 国内旅行記 | Comments(0)

ロケットマン

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』。
公開初日に観て来ました!



想像以上に重たい雰囲気の映画でしたが、これがエルトンの苦悩しながら歩んできた人生なんだと思って観ていました。

それからミュージカルシーンは圧巻でした!

よくこの映画は『ボヘミアン・ラプソディ』と比較をされますが、確かにエルトンとフレディ、共にセクシャルマイノリティであることへの葛藤と闘う場面も見受けられましたね。

境遇も似ていて互いの痛みが分かるからこそ、エルトンとフレディは仲良しだったんだろうなぁと思います。

それから『ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンのマネージャーになったジョン・リード、『ロケットマン』ではエルトンの恋人として登場します。
『ボヘミアン・ラプソディ』では嘘の罪で、フレディから車を降ろさせる可哀相な役でしたが、『ロケットマン』ではエルトンにひどい言葉を投げかけたりと、全然違うキャラになっていて驚きました。

1回観ただけでは、物語の詳細も把握しきれてない部分も多々あるので、もう1回は観に行きたいなぁと考えています。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-09-02 23:22 | 映画 | Comments(2)

横浜日帰り旅

友人と日帰りで横浜に行って来ました!

横浜はライブや買い物で何度も行ったことはありますが、観光という観光はしたことがありません。
今回は友人が横浜に用事があるということなので、付いて行かせてもらいました。


2019年08月24日(土)

d0257690_23224948.jpg

9時半に友人と合流し、新幹線でまずは東京駅へ。
普段東京へ出るのに新幹線なんて使わないので、凄くあっという間に感じます。

東京で横須賀線に乗り換えて、横浜駅には11時前に到着。
d0257690_23232739.jpg

友人が用事を済ませる間、別行動ということになったのですが、行く当てがありません(汗)
外は暑いし、かと言って買い物でお金をあまり使いたくないので、ネットカフェで時間を潰すことにしました。

何度か利用したことのある「マンボー」というネットカフェです。
d0257690_2330192.jpg

普段は地元の「快活クラブ」は良く利用していて居心地が良いのですが、値段が高くて持ち込みも不可。
この「マンボー」は安くて持ち込みも可能なので、お金が無いときには助かります。

都会のネットカフェの中では広い方だと思います。
d0257690_23311183.jpg

駅で買ったサンドイッチとドリンクバーで軽めの昼食です。

ブログの編集などをしていたら、すぐに3時間が経過してしまいました。
3時間パックで1,100円でした。
d0257690_23352032.jpg

14時半になって、友人から用事が済んだとの連絡があったので、横浜駅に再び向かいます。

歩いてみると、横浜も大都会だなぁと改めて感じますね。
今年の春まで1年間、隣の川崎に住んでいましたが、やはり横浜の方が洗練された雰囲気があります。
d0257690_23355496.jpg

横浜駅で友人と再合流。

京浜東北線で隣の桜木町へ向かいます。
d0257690_9541460.jpg

桜木町駅から赤レンガの方まで歩いて行くことに。
今年2月、駅前ビルにある映画館『横浜ブルグ』に「ボヘミアン・ラプソディ」を観に来て以来です。

この時間帯は猛烈に暑いので、こういったベンチで休憩しながら歩いたほうが良いかもしれません。
d0257690_9545146.jpg

赤レンガにやって来ました。
ここに来るのは久しぶりです。

この日は消防車のイベントをやっていて、赤レンガの横にたくさんの消防車が停まっている、何とも違和感ある光景でした。
d0257690_9551196.jpg

暑いので木陰に入って休憩。

もう8月も終盤、暑い暑いといっても、こうやって木陰に入って風が吹くと、少しは秋の気配を感じられます。
d0257690_9563858.jpg

水辺にやって来ましたが、ここは太陽をしのげる場所がないので暑く、あまり人が居ませんでした。
やっぱり昼間の横浜観光は冬が良いですね。

先日訪れた神戸と違って、ここは潮の香りがあまりしない感じでした。
d0257690_957230.jpg

外は暑いので、涼しい場所に移動することにしました。

赤レンガ内のレストランは大混雑だったので、徒歩数分のショッピングセンター『横浜ワールドポーターズ』に行きました。
d0257690_9573088.jpg

ショッピングセンター内のフードコートで、タピオカミルクティーを飲んでしばらく涼みました。

このフードコートも大混雑で、席を確保するのに苦労しました。
夏休み期間の横浜、人がとにかく多いです。

最近大ブームのタピオカミルクティー。
台湾大好きの私は、以前から大好きな飲み物なのですが、ここまでブームになると飲むのをためらってしまう気持ちもありました。

今回フードコートとは言え、久しぶりに飲めて良かったです。
(イタリアンジェラート店のタピオカでした)
d0257690_959657.jpg

フードコートで1時間少々過ごして、17時。
混む前に、少し早めの夕食にしましょう。

ショッピングセンター内の『横浜元町ドリア』というお店に入りました。
d0257690_9593073.jpg

ドリアとサラダ・スープセットを注文。

まずはサラダがやってきました。
スープは自分で注ぎに行きます。
d0257690_10151485.jpg

私はトマトと茄子のドリアにしました。
メインはほぼドリアだけなのに、メニューが豊富で驚きました。

ドリアなんて普段サイゼリアでしか食べた事ありませんが、これは特別美味しかったです。
冷めないようにと火が付いていて、最後まで熱々でした!
d0257690_10153535.jpg

夕食を済ませたところで、外へ出ると、いくらは暑さは和らいでいました。
それでも湿度が高いので、歩くとじんわり汗をかいてしまいます。

今回の1番の目的は、横浜の夜景を見ることです。
有名な横浜の夜景ですが、まだ見たことは無かったので、楽しみです。
d0257690_10164100.jpg

有料ビルの上から見る夜景がとても綺麗だとガイドブックに載っていたので、一時はそこを検討しましたが、夕食にお金を使い過ぎてしまったので、今回はお金をかけずに見ることに。

ここも有名な夜景の撮影スポット、大さん橋にやって来ました。
d0257690_10173998.jpg

先ほどまで居た赤レンガが見えます!
撮影場所を確保して、ここでゆっくり日が沈むのを待ちます。

ここへ来るまでは暑かったですが、ここは気持ちの良い海風が入って何とも心地よかったです。
d0257690_10201313.jpg

どんどん暗くなってきます。
夜景を撮影するのに1番良い時間帯は、日没後20分以内と言われているらしく、もう少しです。

ここに来て、背後でフリーライブ的なものが始まりました。
これがジャズだったら良かったなぁと思います。
d0257690_10263493.jpg

18時20分、完全に日が暮れて綺麗な夜景がお目見え!

これぞ港町・横浜という綺麗な夜景ですね。
ここまで暑くて人も多いし、クタクタでしたが、その疲れも吹っ飛びました!
d0257690_10272348.jpg

いつまでも見ていられるなぁ。
友人はこの夜景を何度も見に来ているようで、今回連れてもらって良かったです。

そんな友人はサザンの「LOVE AFFAIR~秘密のデート」を聴きながら夜景を見ているようでした。
そういえば今年のライブ、「LOVE AFFAIR」が演奏されているときのバックには、この夜景が映し出されていたような気がします。
d0257690_10572546.jpg

ゆったりしていたら、あっという間に1時間くらい経っていました。
大さん橋を後にして、帰りましょう。

途中、また赤レンガを通って帰りました。
d0257690_10574915.jpg

ここも綺麗だなぁ。
ライトアップされた赤レンガは、何とも言えない美しさです。

昼間は暑くて大変でしたが、この時間はここをゆっくり散歩するのも良さそうですね。
d0257690_1131989.jpg

横浜、観光で来るのは初めてでしたが、想像以上に良いところでした。

私は函館や長崎など、異国情緒漂う街が好きなのですが、横浜や神戸などは都会すぎると避けていたのですが、今回別の良さを感じることが出来ました。

今度は涼しい時期に来たいなぁと思います!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-08-29 20:54 | 日帰り旅 | Comments(2)

リブート

miwaのニューシングル『リブート』を買って来ました。

前作『アップデート』から1年3か月ぶりのシングル。
こんなにシングルの間隔が空くのは初めてですよね。
d0257690_2219462.jpg


https://fmbmrtjd.exblog.jp/26769379/
その間には、ベストアルバムが出て、長い全国ツアーもありました。

新たなスタートを切ったmiwaのシングル、素晴らしい作品でした!



1曲目「リブート」は、注目ドラマの主題歌となって、動画の再生回数もかなり伸びています!
miwaのこういった感じのロックナンバー、久しぶりですよねぇ。
「chAngE」と対になっているような印象もあります。
キャッチーなメロディーも、悩める者の背中を力強く押してくれる歌詞も、とても良い感じです。
この曲が新たなmiwaの代表曲になると良いなと思います。

”全部捨てちゃえ ” と歌う「リブート」の次に来る2曲目が「すべて捨てても」
これはmiwaの新たな決意を感じる名曲です。
こういった心に訴えかけてくる強い歌詞、歌声が聴きたかったのです。
最近のシングルには無かった、初期のmiwaを思い起こさせる曲だと感じます。



私が購入したのは初回A盤だったので、3曲目には「タイトル」が収録されています。
ちなみに初回B盤には「RUN FUN RUN」という曲が収録されています。

この2曲をYouTubeで聴いて、断然「タイトル」の方が気に入ったのでA盤を購入したのです。
「RUN FUN RUN」はmiwaが好きな最近のアメリカンポップから影響を受けていそうな曲ですよね。
一方「タイトル」は洋楽と邦楽の良いところを、それぞれmiwa流にアレンジして出来た曲だと思うます。
優しいメロディも、サビから力強くなるボーカルも、演奏も全て素晴らしいです!

3曲とも素晴らしく、最高のシングルでした。
今後のmiwaが楽しみで仕方ありません!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-08-22 23:25 | 購入CD | Comments(0)

冬の秋田旅行 ① [準備編]

今年2月、有給を取って3泊4日、秋田旅行へ行って来ました。
もう半年経ってしまいましたが、懐かしみながら振り返りたいと思います。
d0257690_15433296.jpg

去年春に就職し、旅行する時間など無い忙しい日々が続いていました。

2連休すらあまり取れない仕事だったので、その2連休を旅行に使って、疲れを残したまま仕事に突入するのが怖くて、本当に旅行どころではありませんでした(汗)

そんな中で入社半年が経過し、有給休暇を取得できる権利を一応得たのですが、なかなか申請出来る雰囲気でもなくて、ずるずる年が明けてしまいました。

激務で心身ともに参っていた今年1月、夜遅くに寮に帰ってテレビを付けると、旅番組で雪見温泉が紹介されていました。
その温泉地の映像を観た瞬間、入社以来失っていた旅のワクワク感が蘇って来て、「よし、来月は有給を取って温泉でゆっくりしよう!」と決断出来たのです。

1か月に1回、あるか無いか通常の2連休。
そこに有給をくっつけて、さらに前日は早上がりにしてもらえるように申請することに。

無事に申請が通り、これで3泊4日の温泉旅行に行けることになりました。

あとは行き先です。
あのテレビで観たような雪見温泉に入りたいというのが1番だったので、まずは雪と良い温泉があるところ。

そして、毎日飛行機を見る仕事をしていたので、休みの日まで飛行機を見たくないという気持ちもありました。
なので新幹線で楽に行けるところ。

これを考えた時に、パッと頭に浮かんだのが秋田県でした。
秋田は言わずと知れた豪雪地帯で、素晴らしい温泉がたくさんあり、新幹線1本で行けてしまいます。

秋田には行った事が無いので、まず1日目は秋田市に泊まって、翌日から温泉に移動することにしました。
秋田の温泉と言ったら、まず思い浮かぶのが、有名な乳頭温泉ですよね!

乳頭温泉はずっと行きたいと思っていた温泉地だったので、即決でした。
宿を予約して、旅行だけを楽しみに仕事を頑張り、当日を迎えました。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-08-21 22:26 | 国内旅行記 | Comments(0)

パスポートの更新

先日パスポートの更新をして来ました!
d0257690_23164837.jpg

(厳密に言うと、有効期限は4月で切れてしまっていたので、また新規に作ったということになります。)

謄本を北海道から取り寄せて、写真館で写真を撮ってもらい、印紙と証紙を購入して、念願の10年用パスポートが手に入りました。
それと同時に、前のパスポートに穴があけられてしまいました(汗)
これは少し残念ですが、仕方ないですね。

本来なら、まだ次の仕事も決まっていない状態なので、海外旅行どころではないのです。
でもパスポートがあるのと無いのとでは、モチベーションが全然変わって来ます。
パスポートがあれば、いつでも海外に行ける!と前向きな気持ちになれるような気がするんです。

早く仕事を決めて、またこのパスポートがスタンプで一杯になるように、いろんな国へ行きたいと思っています。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-08-13 23:27 | 旅行の話題 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE