人気ブログランキング |

クイーンファンになって10年

私事ですが、今年でクイーンファンになって10年。
そして、この『ジュエルズ』を買って、今日でちょうど10年となりました。
d0257690_205867.jpg

このブログでは何度か書いていますが、私がクイーンを好きになったのは2009年。
高校3年生の春でした。

『CDTV』で「I Was Born To Love You」と「Don't Stop Me Now」のMVを観て、全身に電流が流れるような衝撃を覚え、すぐに近所のリサイクルショップへ走りました。

中古の『ジュエルズ』(このときはⅠだけ)を買って、夏休みまでの期間、もう毎日聴いていました。

そうして夏休みを迎えた10年前の今日、今度は新品でこの2枚を購入。
(春に中古で買ったものはCCCD(コピーコントロールCD)だったこともあり、パソコンに取り込めず、改めてリマスター盤を買いました。)

あれから10年、早かったです。

もし、あのとき『CDTV』を観ていなかったら、私はクイーンを好きになっていたのかな?
もしかしたら去年の映画『ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンのことを知ったかもしれません。
そうするとこのブログも初めてなかったかも・・・

本当に今の自分があるのはクイーンのお陰です。



今でこそこのアルバムを聴く機会は減りましたが、聴くとクイーンを好きになった頃のワクワク感が今でも蘇ってきます。
そんな宝物をこれからも大切に聴いてゆこうと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-07-19 21:39 | 音楽の話題 | Comments(1)

天気の子

新海誠監督の最新作、『天気の子』を観てきました!



いやぁ〜良かったです!
『君の名は。』を期待すると少し違うかもしれませんが、私はジーンと来るものがありました。

雨が降り続く東京の街並み、本当に美しく描かれていて惚れ惚れ。

私が初めて観た新海作品は『言の葉の庭』だったのですが、あれを観たときと似た感動を覚えました。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-07-19 20:46 | 映画 | Comments(0)

福岡コンサート旅行 ⑤ [2日目] (長浜ナンバーワン、新幹線で帰京)

福岡コンサート旅行 ① [準備編]
福岡コンサート旅行 ② [1日目] (ピーチで福岡へ)
福岡コンサート旅行 ③ [1日目] (ShinShinのラーメン、西鉄で新宮の海へ)
福岡コンサート旅行 ④ [1日目] (ホテルにチェックイン、ライブハウスでライブ観戦)



2018年04月11日(水)

d0257690_14121467.jpg

2日目は8時に起床。
今日は夕方の飛行機で帰るので、それまで街をブラブラする予定です。

部屋の窓からは西鉄電車が見えます!
これは鉄道好きには嬉しい部屋です。
d0257690_14124249.jpg

まずは朝食です。
朝食券を持って、1階のレストランへ。

なかなか豪華な和定食です。
焼き魚と明太子が美味しくて、ご飯が進みました。
それから、熱々のほうじ茶も、食後にピッタリでした。

朝食は前回「パーソナルホテルおおみや」で利用したときと変わっていなくて、安心しました。
d0257690_14135925.jpg

その後、朝風呂にも入ってスッキリしたところで出発。
ゆっくり11時チェックアウトです。

今日もまずは地下鉄の1日乗車券を購入して、とりあえず博多へ向かうことに。
d0257690_1414305.jpg

「薬院駅」から七隈線で「天神南駅」まで出て、そこから直通の「天神駅」から空港線で「博多駅」へと向かいます。

やっぱり七隈線だけ、近未来的な造りになっていて、同じ市営地下鉄とは思えません。
d0257690_14153986.jpg

お昼はまたラーメンを食べたいと思っていたのですが、『ShinShin』以外のあっさりしたラーメンが食べられるお店を調べていませんでした。

なので、駅にある「ラーメン街道」にやって来てしまいました。
初めて博多に来たとき以来です。

札幌駅にも「ラーメン共和国」という人気店が集まったエリアがありますし、やっぱり博多と札幌は似ているなぁと思います。
d0257690_14161053.jpg

何度か書いているように、私はとんこつラーメンの匂いが苦手なんです。
なので、臭みが無く、あっさりした博多のラーメンを食べたいなぁと思います。

歩き回っていると「長浜ナンバーワン」というお店を発見。
名前は聞いたことがある店ですし、ガイドブックを開いたら載っていました。
「あっさり食べやすい」と書いてあったので、この店で決まりです!
d0257690_1416457.jpg

高菜らーめん800円を注文。

これは臭みも少なくて、なかなか食べやすいとんこつラーメンでした。
ShinShinより、少しコクがある感じかな?

すぐに食べ終わり、替え玉も投入。
紅生姜を入れると高菜との相性が抜群でした!
d0257690_14174750.jpg

お腹一杯になり、まだ時間があるので、天神のタワーレコードを覗いてみることに。

結構広くて、商品も充実していました。
まぁ、福岡の店舗ですし、大きいですよね。
d0257690_14181647.jpg

フラフラのアルバムも、きちっと置いてありました。

せっかく地方のタワレに来たのだから、記念に何か買おうと思いましたが、いざ買おうと思うと何を買えば良いのか分からなくなってしまうものです。
結局、何も買わず店を出ることに。

買うものは事前に決めておくこと、これが今度地方のタワレに行くときの教訓です。
d0257690_14185259.jpg

そろそろ空港に向かう時間です。
「天神駅」から「福岡空港駅」までは地下鉄空港線ですぐです。
ホント、福岡って便利です!

それで喉が渇いたので、空港のカフェで一息つくことに。
d0257690_14191944.jpg

バニラアイスチョコレート410円とホットコーヒー496円を注文。

スマホの充電が無くなりそうだったので、充電可能なこの店を選びました。
すごく居心地の良いカフェ(レストラン)でした。
d0257690_14224849.jpg

カフェで寛いで、いざピーチカウンターでチェックインといくはずでしたが、なんと悪天候のため欠航になったとのこと。
えーどうしよう。

いろいろ考えましたが、こうなったら、あの手で帰りましょう。
d0257690_14231215.jpg

博多駅のきっぷうりば。
そう、新幹線で東京まで帰ることにしました!

窓口の方に「東京までの、のぞみの指定席券と、熊谷までの乗車券をお願いします。」と伝えると、「熊谷ってあの埼玉県の熊谷ですか?」と聞かれてビックリ。
福岡から埼玉まで鉄道で行く人なんて、そんなに居ないのかなぁ。
d0257690_1424339.jpg

何とか指定席券と乗車券を購入し、いざ新幹線ホームへ。

実は東京から博多まで、東海道・山陽新幹線を乗りつくしたいとはずっと思っていたことなので、こうして急に実現するとは、飛行機が欠航になってくれたお陰です。
d0257690_14243621.jpg

ホームで駅弁を購入。
16:30発のぞみ東京行きに乗り込みます。

シンプルなデザインですが、日本の新幹線と言えばコレですね。
d0257690_14253654.jpg

指定席は左窓側でしたが、東京まで隣に誰も来なくて快適でした。

ここから東京まで5時間かかるわけですが、私は飛行機の1時間に比べれば、新幹線の5時間を選びたくなります(値段が同じだった場合です)。
d0257690_14272978.jpg

列車はもう広島へ。

やっぱり結構な人が乗って来ますが、隣は空いたまま。
いつかじっくり広島観光もしたいなぁ。

東京から広島に観光に来る場合は、ギリギリ新幹線需要が高いようです。
d0257690_1429130.jpg

広島を過ぎて、そろそろ夕食の駅弁タイム。

「からし明太子弁当」1,100円でした。
いったいどんな弁当なのでしょう?
d0257690_14292423.jpg

意外にシンプルでした。

でも明太子と白いご飯がたっぷり入っていて、旅の締めには良い食事でした!
d0257690_14295250.jpg

あっという間に5時間経って、「東京駅」に到着。
全然長く感じなかったです。

その後は在来線に乗り換えて、熊谷まで帰りました。
d0257690_14305134.jpg

職場の人や友人、自分のお土産にも『博多通りもん』を買いました。
本当に大好きなお菓子で、緑茶や紅茶に良く合う、最高のお菓子です。

今回も1泊2日の弾丸旅でしたが、素晴らしいライブを観れて、美味しい物も食べれて、博多から東京まで新幹線にも乗れて、濃厚な旅となりました。

もう1年以上前のことでしたが、記録に残せて良かったです。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-07-15 00:19 | 国内旅行記 | Comments(0)

ボヘミアン・ラプソディ

4月17日はクイーンの日。
この日に来年の来日公演が発表となり、『ボヘミアン・ラプソディ』のDVDも発売になりました!

勿論、発売日に購入しました。
d0257690_2341645.jpg

今まで劇場で8回観て来たので、家のテレビだと音響の面では微妙に感じてしまいますが、この素晴らしい作品を、いつでも観たいときに観れるのは素晴らしいことです。

それにしても、4月の時点ではまだ劇場でも公開されていましたし、本当にDVDになるのが早かったですね。



今夜もゆっくり鑑賞。
劇場と合わせると、今日で10回目の鑑賞です。

何回観ても良いものは良いし、泣けるんです。
こんな素晴らしい作品に仕上がって、またクイーンの新たなファンが増え続けているのは喜ばしい限りです!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-07-12 23:54 | DVD | Comments(0)

家入レオ / 7th Live Tour 2019 ~DUO~ @太田市民会館

2019年06月25日(金)


家入レオの群馬・太田ライブに行って来ました!
※ネタバレありです!これから行かれる方はご注意下さい!※
d0257690_20524571.jpg

今回のツアーが決まった当初は、仕事で忙しいし、まず行けないライブだろうと思っていました。

でも退職することになって、埼玉・熊谷の実家に帰って来て、ツアーに隣町である群馬・太田が入っていることに気づきました。
太田なら自宅近くのバス停から1本で行けますし、晴れていれば自転車でも行ける距離です。

アルバムもとても良かったので、どんどん行きたい気持ちが高まって来て、一般発売に賭けてみることにしました。
一般発売は4月20日。
退職を決意して、寮に荷物を取りに向かう電車の中で、スマホを使って購入したので、とても鮮明に覚えていますし、これからも忘れないと思います。

d0257690_2045287.jpg

そして、あっという間にライブ当日になりました。

晴れていれば自転車で行こうと考えていましたが、雨が降ったりやんだりの状態が続いていたので、バスで向かいました。

太田駅行きのバスに乗って、「マリエール太田前」で下車。
バス停から徒歩10分少々です。
付近には商業施設がたくさんあって、かなり都会的。
近くのやよい軒で早めの夕食を済ませて、初めての太田市民会館に到着しました。

この会場は数年前に完成したばかりのようで、とても綺麗で美しい造り。
場内も木のぬくもりが感じられて、とても良かったです。

今回のツアーでは、ファンクラブ会員限定で、終演後の”ハイタッチ会”に参加できるということ。
当日入会でも参加できると教えて頂き、急遽入会してしまいました!
これで、終演後の楽しみも出来て、いざ入場。

席は11列目の通路側、最高に見やすい席でした。
開演前のBGMが欅坂48だったのは驚きでした。

そうして、18時半に開演!

セットリストです。

************************
Prime Numbers
愛してないなら
もし君を許せたら
Neon Nights
君がくれた夏
Silly
ずっと、ふたりで
Relax
JIKU
Whenever
この世界で
Bicolor
Spark
Overflow
ファンタジー
Bless You
サザンカ
~~~~~~~~~~~~~~
めがね
サブリナ
Bouquet
************************

始まりはアルバムと同じく「Prime Numbers」、「愛してないなら」でした。
久しぶりに生で聴くレオちゃんの声の美しいこと。
そして音響も素晴らしく、あぁホールでのライブに参加出来て幸せだなぁと感じます。

「群馬のみんな、盛り上がってる~!?」とレオちゃんが叫ぶと、大好きな「Neon Nights」の演奏が始まりました。
生で聴けて、身体が自然に動いてしまうほど、ノリノリでした。
ギターソロも良かったなぁ。

ここでMCが入り、「今日は金曜の夜ということで、お仕事や学校などで都合をつけるのが大変だったと思います。そんな中、来て下さって、本当にありがとうございます。そしてなんと、群馬でライブをするのは、今回は初めてなんです!」とレオちゃん。
「ここから1番後の人も見えてるよ。1番前の人も1番後の人も私には同じ大切なお客さん。お客さんひとりひとり、みんなの心をノックして、最近辛くない?今日は楽しんでいってねって語りかけています。そんな思いが届いてまた明日から頑張ろうという気持ちになってくれたら嬉しいです。」
というような、とても丁寧なお話がありました。

「ここからは家入レオのライブが初めてという人でも楽しめる、聴いたことあるなっていう曲を3曲お届けします。」と言って、「君がくれた夏」「Silly」「ずっと、ふたりで」が演奏されました。
「Silly」のサビでのシャウトはやっぱり痺れます。

日替わりだという「Relax」、この日はロックバージョンでした。

そして大好きな「この世界で」は、レオちゃんの美しい歌声に酔いしれました。
この曲を歌いこなすのは相当難しいと思いますが、安定の素晴らしい歌唱力でした。
確か、この曲辺りでレオちゃんが真っ赤なドレスに衣装替え。
すごく大人の魅力あふれる衣装で、素敵でした。

売店でもずっと流れていたお洒落なメロディの「Bicolor」に続き、ライブ映えするに違いないと思っていた「Spark」
サビではみんなで手を振って一緒に歌いました。
これからの季節にピッタリの曲ですね。

これも大好きな初期の代表曲「Bless You」。この曲は普段叫ぶように歌うレオちゃんですが、今回はいつになくしっとりとした歌い方をしていて驚きました。
10代特有の孤独や葛藤を歌った曲なので、それを今の家入レオで歌ってみた、ということなのかな?

本編ラストは「サザンカ」で静かに終わりました。

そしてアンコール。
1曲目の「めがね」という曲は知らなかったのですが、「もし君を許せたら」のカップリング曲のようです。
レオちゃんが最初と最後、ピアニカを弾いていてとても心が温かくなるメロディでした!

ここでデビュー曲「サブリナ」のイントロが流れ始めると、この日1番の大歓声。
やっぱりこの曲は欠かせませんね。

そしてアンコールラストは「Bouquet」でした。
聴けば聴きほど、胸を締め付けられる切なく美しい曲。
最後の合唱は素晴らしかったなぁ。

最後の方のMCで「もう群馬には当分来れないかもしれないし、もしかしたら今日のライブで家入レオと会うのは最後になるという方がいるかもしれません。皆さん、会社だったり、学校だったり、それぞれ明日から自分の生活に戻って行かれますよね。これから辛いことや悲しいこと、たくさんあると思います。でもそんなとき、今日の日の夜のことを少しでも思い出して、元気を出して貰えれば本当に嬉しいです。」というようなことをお話になっていて、とても心に響きました。

こうして約2時間15分のライブは終了。

終演後にはハイタッチ会があるので、別のホールに向かいます。
スマホの会員スクリーン画面を係りの方に提示すると、右手の甲にスタンプを押され、入場となります。
待つこと20分程。遂に列が進み始め、あっという間にレオちゃんの前に来てしまいました。
向こうから手を出してくれて、ハイタッチ。「いつもありがとうございます」の一言だけですが伝えられたので良かったです。

ハイタッチ会が長引いて、帰りのバスの最終が出てしまい、帰りは熊谷駅直通の急行バスに乗って、熊谷駅でもう1度路線バスに乗り換えて帰りました。

とても良いライブの参加出来て、ハイタッチまで出来て、とても良い思い出になりました。
また行きたいです!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-07-05 00:11 | ライブ | Comments(0)

海を見に、日帰りで新潟へ

友人と急遽、日帰りで新潟に行って来ました。
海が見たいという友人。
なんと私を誘ってくれたのです。


2019年06月29日(土)

d0257690_15543447.jpg

9時に自宅周辺まで迎えに来てもらい、車で熊谷駅へ。
行き先など、全て友人まかせの旅で、今回は新潟に海を見に行くことが目的のようです。

熊谷から長岡まで新幹線を利用することにしました。
d0257690_1642258.jpg

乗車券と特急券は1枚になっています。

ここ最近は旅行に行きたくても行けない状況だったので、誘ってくれた友人に感謝です。
d0257690_15545493.jpg

乗るのは北陸新幹線でも使われている新型。

デザインは、引退した東海道新幹線の500系に匹敵するカッコよさだと思います。
d0257690_15561178.jpg

自由席は、座れないかなと思っていましたが、やはり座れずデッキに立つことに。
高崎で半分くらいの人が降りて、座ることが出来ました。

越後湯沢の辺りから、トンネルが多くなって来ますね。
d0257690_15582235.jpg

熊谷から1時間少々で、長岡に到着しました。

長岡に来るのは、熊谷から18きっぷで新潟に向かう途中に寄ったとき以来です。
相変わらず駅の規模は大きいですね。
d0257690_15585399.jpg

そうして友人が予約してくれていた、駅前のニッポンレンタカーへ。
d0257690_15595320.jpg

始めは友人の運転で出雲崎町の海を目指します。

長岡駅前は都会的ですが、少し走ると一気に田舎になり、なた走ると、新たな街が出現するっといった感じです。
d0257690_1603189.jpg

1時間弱で到着。

今回借りた車はホンダの軽。
座高が高く、酔いにくいのが良かったです。
d0257690_1615862.jpg

ここの2階は、友人が何度か来たことがある『陣や』というレストランです。

海鮮丼が食べられるということで、行ってみることにしました。
d0257690_1622547.jpg

メニューを見ると、海鮮丼が2,000円で、ちょっとお高く感じたので、
1,700円の刺身ご膳にしました。

お刺身がプリプリでとても美味しかったです!
やっぱり、海に来たからには、海の幸を食べたくなりますよね。
d0257690_1632941.jpg

食後は、レストランの裏にある、海を見に!
d0257690_16122743.jpg

天気が悪かったのが残念でしたが、久々に嗅ぐ海の匂いはやっぱり良いですね。

しばらく海を見て、ボーっと黄昏ていました。
d0257690_169598.jpg

橋が架かっているので、渡って奥まで歩いてみることに。
d0257690_1613430.jpg

やっぱり天気も悪いし、海も濁っていました。
晴れていれば、向こう側には佐渡も見えそうですね。

友人は橋の上から真下の海を見つめていて、いろんな魚を見つけていました。
d0257690_16143189.jpg

海を楽しんだら、次はカフェに来ました。

レストランにいるときに、スマホで調べた『Cafe Winds』の評判が良かったので、ここに来ることを決めました。
ちなみに、海からこのカフェまでは、私の運転。
約1年半ぶりの運転でしたが、徐々に慣れてきました。

カフェに到着した途端、ザーッと大雨が降りだし、すぐに店内へ。
d0257690_16145636.jpg

とても落ち着いた店内。
素敵なアメリカンポップスが流れていて、とてもリラックス出来る空間です。

メニューも豊富で、パスタ、ピザなどのイタリアン、生ガキ、お酒もあります。
d0257690_16154690.jpg

私たちは、いつものように、チーズケーキとミルクティーのセット750円を注文。

このチーズケーキ、高級なお店で出るニューヨークチーズケーキのような美味しさでした。
濃厚で食べ応えがあり、じっくり味わって頂きました。
私が1番好きなチーズケーキの味でした!

それからミルクティーも茶葉の味がしっかり出ていて、それでいてクリーミーで、これも美味しかったです。

近くにあったらしょっちゅう訪れたくなるような、素晴らしいカフェでした!
d0257690_23385612.jpg

カフェから長岡駅までは再び友人の運転。
海沿いを走っていたので、サザンを聴きながらのドライブ。

途中、中古のゲームやCDなどを売っている『夢大陸』という店を発見し、買い物してから長岡駅へ。
d0257690_23392376.jpg

レンタカーを返却し、16:47発の新幹線で熊谷に帰ります。

帰りは運良く2階建てMaxでした。
勿論2階に座ることに。

このMaxもあと数年で引退ですから、今回乗れて良かったです。
そしてあっという間に熊谷に戻って来ました。

友人に自宅周辺まで送ってもらい解散。
とても充実した日帰り旅でした。
d0257690_23394841.jpg

最後に、長岡の『夢大陸』で買った中古のシングルCD。
全て100円です!!

中には初回盤もありますし、Superflyに至っては、もともと2,800円の商品ですから、とても良い買い物でした!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-07-01 00:24 | 日帰り旅 | Comments(0)

福岡コンサート旅行 ④ [1日目] (ホテルにチェックイン、ライブハウスでライブ観戦)

福岡コンサート旅行 ① [準備編]
福岡コンサート旅行 ② [1日目] (ピーチで福岡へ)
福岡コンサート旅行 ③ [1日目] (ShinShinのラーメン、西鉄で新宮の海へ)



2018年04月10日(火)

d0257690_15381734.jpg

新宮の海を満喫したので、一旦ホテルにチェックインして荷物を置くことにします。

西鉄貝塚線で貝塚まで戻ります。
レトロな車体にガタンゴトンと一定のリズムで揺られてると、心地よくなってきて、寝てしまいました。

やっぱりローカル線は良いですねぇ。
d0257690_1538451.jpg

「貝塚駅」からは地下鉄箱崎線に乗り換え。
この乗り換えはとてもスムーズでした。

ここからはまた地下鉄の1日乗車券を使いますよ。
d0257690_15391625.jpg

始発なので、ほとんど人は乗っていません。

この列車で天神まで戻ります。
d0257690_15445375.jpg

「天神駅」からは「天神南駅」まで歩いて、地下鉄七隈線に乗り換えることになります。

「天神駅」と「天神南駅」は、地下でつながっていますが、10分くらいは歩きます。
これだけ歩くのだから、別の駅名にしたのは良かったと思います。

(私が4月まで住んでいた武蔵小杉なんかは、横須賀線・湘南新宿ラインのホームまで10分近く歩くのに、同じ駅名なので、いつも駅名変えたほうが良いんじゃない?と思っていました。)
d0257690_15451931.jpg

「天神南駅」に着きました。

地下街にはお店がたくさんあるので、「天神駅」からの道中も若者でごった返していて、結構疲れました。
d0257690_15454644.jpg

七隈線の車両は新しく、未来を感じるデザインでした。
ホームドアも完備されて進んでいますね。

この列車に乗って1駅、「薬院駅」まで。
d0257690_1546198.jpg

あっという間に「薬院駅」に着きました。

ここへ来たのは、最初の福岡旅行で宿泊したホテルにもう1度泊まりたいと思ったからです。
d0257690_15464289.jpg

前も利用したセブンで飲み物などの買い物。

九州限定の飲み物なんかを置いていると思いましたが、関東にある商品と全く同じでした。
d0257690_15471298.jpg

さて、駅から徒歩5分。
『ニューガイヤホテル薬院』に到着です。

6年前宿泊したときは『パーソナルホテルおおみや』というホテルでした。

18きっぷで行く!福岡・大分旅行 [2日目] (岡山〜福岡)

このホテルがとても素晴らしくて、また泊まりたいと思っていたら、数年前に閉店したと知りました。
思い出深いホテルだったのでショックでしたが、その建物を再利用して、『ニューガイヤホテル薬院』というホテルが出来たのです。

これは泊まってみるしかありません。
d0257690_15503589.jpg

少し早めにチェックイン。

部屋は大分変ってしまいました。
前のホテルはもう少し広くて、大きなソファもありましたが、ここは小さな椅子とテーブル。

でもそれで十分だとも思います。
d0257690_15505562.jpg

でも清潔感は十分ありました。

さて、セブンで買った飲み物を冷蔵庫で冷やしておいて、その間に・・・
d0257690_15511526.jpg

9階の大浴場へとやって来ました。

前のホテルの時は、入浴券のチェックをする係りの方が常駐していたりして、賑やかな感じでしたが、入口には誰もおらず、変わってしまったなぁと思います。

でもお風呂は全く変わっていませんでした。
決して広い湯船ではありませんが、6年前、鈍行で関東からここまで来て入ったこのお風呂の気持ち良かったこと!
あのときの感動が蘇りました。
d0257690_15522511.jpg

湯上りには、冷やして置いた、ミルクティーと、九州産イチゴのサンドイッチ。

甘い物と甘い物の組み合わせ、昔は全然OKだったのですが、最近はちょっとキツくなってきました。
この場合、無糖の紅茶か旅行が良かったかなと思います。
d0257690_15534634.jpg

さて、しばらく寛いだらライブハウスへ出発。

会場となるライブハウスまではホテルから歩けない距離では無いですが、西鉄乗りたさに、まずは西鉄の「薬院駅」へ。
d0257690_15543250.jpg

これが1番多く走っている車両かな?

貝塚線と違って本線はやっぱり本数も多いし、利用客もけた違いに多いですね。
いつか本線で大宰府や久留米にも行ってみたいです。
d0257690_15545057.jpg

通勤ラッシュの時間帯で、列車はなかなかの混雑。
(といっても、首都圏の通勤ラッシュに比べると、まだ我慢できるレベルでした。)

1駅で「天神駅」に到着。
ここからライブハウスまでは、歩いて15分程。
歩きましょう。
d0257690_15562039.jpg

会場付近の公園に着きました。

もうここはフラフラのファンで一杯です。
とりあえず、グッズだけ買って18時の入場を待ちます。
d0257690_15564683.jpg

ライブハウスは普通の会場と違って、整理番号順に呼ばれるのですが、私は本当に最後の方に呼ばれ、これは後ろで観ることになると覚悟を決めました。

中学2年のときにYUIのファンになって、14年。
YUIの故郷、福岡でライブが観れることへの興奮がどんどん高まって来ました。

500円でドリンクと引き換えて、何とか場所を確保。
ライブが始まるのでした。
d0257690_1557916.jpg

ライブの感想はこちらから

とても素晴らしいライブでした。
わざわざ福岡まで来た甲斐がありました!

皆さん、メンバーの出待ちをしていて、私も30分くらいは公園で待っていたのですが、疲れもありホテルに帰ることにしました。
d0257690_15575943.jpg

帰りも「天神駅」から西鉄で「薬院駅」まで。

駅前の西鉄ストアで夕食を購入。
ここには九州限定の商品がたくさんあって、とても楽しかったです。

やっぱり、こういった地域密着型スーパーが1番楽しいですね。
d0257690_15583839.jpg

ホテルに帰って、スーパーで買った弁当の夕食。

驚くことに、弁当3つ全て半額でした!!
どれも美味しかったなぁ。

やっぱり地元のスーパーは最高です。
d0257690_15585920.jpg

しばらくして、また9階の大浴場に入って、湯上りにイチゴオレとカフェオレ。

これも九州限定商品で、ライブの余韻に浸りながら飲みました。
今思い出しても、とても良い夜だったなぁと思います。

明日は、ラーメンを食べて、早くも帰ります。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-25 00:44 | 国内旅行記 | Comments(0)

新しいウォークマン

思い切って、新しいウォークマンを購入しました。
d0257690_23582147.jpg

右が今まで使って来たウォークマンSシリーズ。
左が今回購入した、ウォークマンAシリーズです。

前のSシリーズを買ったのは2010年の8月。
当時私は短期大学1年生で、初めてしたアルバイトの給料で買った宝物のウォークマン。

以来、楽しいときも辛い時も、9年間ずっと一緒にいてくれました。

バッテリーの持ちが悪くなったとはいえ、まだ使えないことはないのですが、あえて壊れてしまう前に新しいウォークマンに交代することにしました。
ウォーキングの際などには、これからもお世話になると思います。

そして、今回購入したAシリーズ。
デザインはとても気に入っているのですが、タッチパネル式は慣れるまでなかなか使いにくいですね。
音は相変わらず良いですが、電源を入れて立ち上がるまでの時間が長いのは不便です。

それから、私が知らない間に「Xアプリ」が使えなくなってしまっていて、代わりに「Music Center for PC」というアプリのインストールして曲の管理をするのですが、これがまた使いにくい!
「Xアプリ」に戻してくれないかなぁ。

今回新しいウォークマンを購入しようと、ヤマダ電機やコジマ電気などを見に行ったのですが、ウォークマンの種類の少なさにビックリしました。
2010年頃は、ウォークマンやi Podなどのミュージックプレイヤーのコーナーはもっともっと大きかったと記憶していますが、今は目立たない隅の方にちょこっと置いてあり、時の流れを感じて寂しくなりました。

皆さん今はウォークマンやi Podで音楽を聴かないんでしょうか?
私も今年に入り、スマートフォンに「Spotify」というアプリを入れて、月980円でいろんな音楽を聴けるというものでしたが、結局使いこなせず、今度解約しようかなと思っています。

やっぱりCDを買って、ジャケットやライナーノーツなどを読みながら聴く音楽が私は1番好きなんだなぁと思いました。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-20 00:21 | 音楽の話題 | Comments(2)

DUO

家入レオ6枚目のオリジナルアルバム、『DUO』を買って来ました!

今回も初回盤Aと初回盤B、通常盤の3種類があり、どれを買おうか悩みました。
d0257690_23323713.jpg

初回盤Aに付属するライブDVDのダイジェストがユーチューブにアップされていまして、それが素晴らしかったので、今回も初回盤Aの購入を決めました。

去年から多忙で、『TIME』以降のシングルは全く聴けていなかったので、新鮮な気持ちで聴くことが出来ました。



1曲目の「prime Numbers」からグッと心を掴まれました。
レオちゃんを聴くのは久しぶりだったのですが、やっぱり歌が上手いなぁと改めて思いますね。
ドラマチックなメロディも何とも良い感じです。

「Bicolor」は一発で好きになりました。
洗練された演奏も、レオちゃんの大人の色気を感じるボーカルも素晴らしい。

「Neon Nights」のキラキラした感じも好きだなぁ。
どこか「シティボーイなアイツ」と何となく似た感じを受けるのは私だけでしょうか?
ギターソロは80年代のアメリカンな感じもして、凄く良いなぁと思います。

そして家入レオ作詞作曲の「Spark」、この曲もとても良かった!
前曲の「JIKU」が割と暗めの曲だったので、さらにこの曲の明るさが際立つ感じがします。
この曲はライブで絶対盛り上がるだろうなぁ。
レオちゃん、こんな良い曲を作詞作曲出来るのに、大部分は外部の人達に楽曲制作依頼をしているということは、きっと彼女なりの考えがあってのことだと思うんです。

将来的には、完全にシンガーソングライターとしてやってもらいたいなぁとも思いますが、今は、いろんなものを吸収して大きくなっていく時期なのかなぁと思って、応援することにします。

そして終盤に放たれた名曲「この世界で」
これもシングル曲だそうですが、全く知りませんでした。
作詞作曲は前作に続いて、元GalileoGalileiの尾崎さんが担当しています。
静寂に包まれるAメロから、徐々に盛り上がって来るBメロ、そしてサビでの爆発力たるや、凄まじいです!
これは彼女だから歌える曲だと思います。

アルバム通して5回は聴きましたが、聴けば聴く程、とても良いアルバムだと思います。
何曲かキラーチューンもあり、それが適材適所に配置されていて、飽きることなく50分聴くことが出来る構成も良かったです。

そして、初回盤Aの付属DVD!



このダイジェスト映像からも分かるように、本当に素晴らしいDVDでした!
セットリストも素晴らしかったし、行きたかったなぁと思ったら、女性限定のライブだったようです。

でも私も今回のツアーには行けることになったので、それまでにもう少し聴き込んで、ライブに臨みたいと思います。

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-09 00:24 | 購入CD | Comments(0)

Mr.Children / Dome Tour 2019 "Against All GRAVITY" @東京ドーム

2019年05月20日(月)

待ち焦がれた、ミスチルライブに行って来ました。
会場は東京ドームです!
d0257690_17245055.jpg

私は去年から始めた仕事で、体力的にも精神的にも参ってしまう状態になってしまい、趣味の時間もほとんど取れないような生活を送っていました。

そんな中で唯一、帰りの送迎バスは好きな音楽を聴く時間でした。
そのときに聴いていたのがミスチルの『重力と呼吸』だったのです。

去年のこのアルバムを引っさげったツアーも行きたかったですが、関東のライブは全て仕事の日。
唯一休みだったのは、大阪城ホールのライブでしたが、チケットを確保出来ずに終わってしまいました。

そんな中、今年のドームツアーが発表され、これは絶対に行きたいと思い、注釈付指定席の抽選に応募。
見事、東京ドーム2日目が当選したのです!

このときはまだ仕事が休めるかも分からない状況でしたが、それでも絶対行きたかったのです。
結局、体調を崩して退職。
無事に、万全の態勢で東京ドームライブに行けることになりました。

そしてライブ当日。
16時会場なので、15時くらいには会場周辺に着きました。
やっぱりすごい人です!

近くで早めの夕食を済ませてから、16時になって入場。
今回から、ミスチルのチケットは紙では無くなり、スマートフォンでQRコードを出して、それを機械で読み取り入場という形になったようです。
勿論、スマートフォンを持っていない方への対策もされていました。
ただ、私は紙のチケットを思い出として、日記に貼り付けているので、それが出来なくなるのが残念に感じました。
でも、悪質な転売を無くすには仕方ないのかもしれませんね。

そして席に着席。
注釈付指定席ですが、この前のサザンと違って、本当に直前の機材開放席では無いので、この前よりは大幅に見やすかったですし、距離も遠くは無かったです。

定刻通り、18時に場内が暗転し、ライブが始まりました。


セットリストです。

************************
Your Song
Starting Over
himawari
everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
HANABI
Sign
名もなき詩
CANDY
旅立ちの唄
ロードムービー
addiction
Dance Dance Dance
Monster
SUNRISE
Tomorrow Never Knows
Prelude
innocent World
海にて、心は裸になるたがる
~~~~~~~~~~~~~~
SINGLES
Worlds end
皮膚呼吸
************************

ビデオが流され終わると、田原さん、中川さん、JENが登場し大盛り上がり。
しかし、桜井さんが居ません。

すると花道の下から桜井さんは現れ、階段を上って花道の上へ。
その瞬間「Your Song」のあのメロディーが流れ始めて、桜井さんが猛ダッシュで花道中央へと駈けてきました。この光景には場内も大興奮。
私も大感激しました!

7年前、私が初めて行ったミスチルライブの1曲目が「エソラ」で、そのときの感動も凄いものでしたが、今回はそれのさらに上を行く演出でした!

そして2曲目は「Starting Over」でした。
モニターにはメンバー4人が大きく映し出され、ミスチルは4人組ロックバンドであることが改めて実感させられます。
曲の演奏もバンドサウンドで、バンドの結束を感じる曲でもあると思います。

続く「himawari」はイントロから歓声が起こったので、好きな方が多いんですね。

それから「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」、これがまた良かった!
そこまで好きな曲では無かったのですが、今回で大好きになりました。
モニターに煌びやかなネオンが映し出され、サビではステップを踏みながら歌う桜井さんが素敵でした。

「元号が令和に変わりましたが、ここで平成のヒット曲をやりたいと思います。もう1回、もう1回。」と桜井さんが言って始まったのは勿論「HANABI」です。

そこから続けざまに「Sign」のイントロが流れて、大歓声!
大好きな曲なので、また聴けて嬉しいです。

「名もなき詩」は桜井さんは1人で花道中央へやって来て、前半はアコギの弾き語り。後半からバンドが入って来ました。
前半のアコギ一本のときの手拍子が凄かったので、桜井さんが苦笑いしながら、「ごめんね、手拍子ありがたいんだけど、アコギ1本だとここの5万人には負けちゃうから(笑)、手拍子は無しで!」とのアナウンス。
そうですよね。何でも手拍子すれば良いってものでは無いですものね。

ここでほかのバンドメンバー3人と、サポートメンバー2人も中央のステージに来て、何曲かここで演奏になりました!
コアな名曲「CANDY」、それから「旅立ちの唄」もじっくり聴き入ってしまいました。

中央ステージでの最後の曲は、桜井さんがメロディが降りてきた瞬間泣いたという「ロードムービー」でした。
この曲は1999年の大晦日が終わり、2000年・21世紀に突入した朝にメロディが天から降って来たのだそうです。
櫻井さんがMr.Childrenの曲の中で、1番好きな曲だそうです。

この曲は本当に素晴らしかった!
ライブが終わってしばらく経ちましたが、未だにこの曲を口ずさみたくなります。
今までも好きな曲でしたが、更に大好きな曲になりました。
個人的にはこのライブのハイライトです。

中央ステージでの演奏は終わり、花道を歩いて前のステージに戻ると思いや、花道にドラムセットなどが出現し、「addiction」のイントロが!
花道が上下に動いて、JENのドラムのカッコよいこと!
これもライブ映えする曲だなぁ。

「Dance Dance Dance」はサビの盛り上がり方が凄まじかったですね。
そして「Monster」とロックな曲が続きます。

そこから「SUNRISE」にはホッとしたなぁ。
夕日の映像と相まって、素敵でした。

そして、「Tomorrow Never Knows」のイントロで、この日1番の大歓声!
大好きな曲を今回も聴けて大感激です。
平成から令和に変わっても、名曲は聴き継がれていきますね。

それから、大好きなアルバム『SENSE』からの「Prelude」を挟んで、「innocent World」
勿論大盛り上がり!やっぱりこの曲は絶対に聴きたいですよね。

アンコール前ラストは「海にて、心は裸になるたがる」でした。
この曲はライブでやったら盛り上がるだろうなぁと、ずっと思っていましたが、やっぱりライブ映えする曲で、会場が一体となり、サビでは皆で「オーオー」と大合唱。

そうして本編が終了。
熱が冷めやらず、アンコールの手拍子は、いつも以上に熱くなりました。

アンコール1曲目は「SINGLES」、これも大好きな曲です。
” 辛いのは今だけ "という歌詞に何度助けられたことか分かりません。

続く「Worlds end」で場内の熱気が最高潮に達し、アンコール最後の曲は何と「皮膚呼吸」でした!
去年から仕事の辛い時期にずっと聴いていた曲。
今回聴けると良いなぁと思っていましたが、最後にやってくれるとは!

イントロのピアノが流れた瞬間に、もう涙が溢れ出てきてしまいました。
歌詞の一言一句、私の心に次々と刺さってきます。

辛さ、寂しさを感じる曲ですが、最後は希望に満ちた言葉で終わるのも本当に素晴らしいです。
とにかく、聴けて良かった!

そうして約3時間のライブは幕を閉じました。

帰りはサザンの西武ドームのときのように規制退場が行われました。
でもこちらは駅も電車も分散しているので、割とスムーズに帰宅することが出来ました。
d0257690_235362.jpg

ずっと楽しみにしていたミスチルのライブ!
最高でした!

今回でミスチルのライブは5回目ですが、1番素晴らしいステージを見せてもらったな、と感じます。
このライブが終わってもう2週間以上経っていますが、未だにこのセットリストを繰り返し聴いています。
素晴らしいライブに参加出来て、本当に良かったです!

  # by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-04 23:58 | ライブ | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE