カテゴリ:購入CD( 116 )

 

スポットライト

FLOWER FLOWER、2枚目のオリジナルアルバム『スポットライト』。

タワーレコードで購入したら、素敵なポスターを貰えました。
部屋の1番目立つところに飾っています!
d0257690_22153860.jpg

さて、フラフラの1stアルバムは2014年なので、かなり久しぶりのアルバムです!
去年から積極的に活動してくれて、ファンとしては嬉しい限り。
このアルバムも、ずーっと楽しみにしていたので、発売日前日に購入してから、もう10回は聴きました。

まず、シングル曲である「宝物」「マネキン」が収録されないことに驚きですよね。
この時点で、なんだか凄いアルバムになるぞ!という期待が膨らんできます。

ジャケットもお洒落でお気に入りです。
初回盤も通常盤も素敵なデザインなので、どちらを買おうか迷いましたが、初回盤の箱の中に通常盤のデザインが入っていたので良かったです!

1回聴いただけでビビビッと来た『実』とは対照的に、このアルバムは何度も聴いているうちに、どんどん虜になってゆく感じがします。



「命」
慌ただしいドラムの音から始まるのは意外でしたね。
サビでの爆発力が凄くて、これは一発で気に入りました!
”警報を鳴らせ" という歌詞のように、まるでサイレンが鳴る中yuiが歌っているような感覚にもなります。
1曲目に相応しい曲ですね。



「パワフル」
前曲から流れるように始まる「パワフル」。
この曲もキャッチーなメロディで、すぐ好きになりました。
何といってもMVが最高です!

「コーヒー」
まだYUIとして活動していた頃から、あるこの曲。
ファンの間では有名な曲ですが、1stアルバムに収録されなかったので、もうアルバムには入らないのかなと思っていました。
まさかこのアルバムに入るとは、嬉しいです!
一部歌詞が変わっていますが、この曲の歌詞からは、当時の”YUI”の苦悩が伝わって来ますよね。
私は”YUI”も”FLOWER FLOWER"も大好きで、出来ればまた”YUI"としての活動も見てみたい気もしますが、やっぱり本人が楽しくやりたい音楽をやるのが1番ですものね。
アコースティックなサウンドも良いですねぇ。

「あなたと太陽」
この曲も流れるように始まります。
何だか異世界に誘われてしまったような、凄い世界観です。
優しく包み込まれるようなメロディが大好きです。

「地図」
前曲とはうって変わって、シンプルなロックサウンドですね。
”レールを歩けば~”のところのギターが好き。
これはライブ映えする曲だろうな。生で聴けるのが楽しみです。

「塵」
この曲はサックスに心を持って行かれますね。
今までこういった感じの曲、フラフラに無かったですものね。
お洒落な感じが堪りません。
一方”トゲトゲ”した歌詞のギャップも良いですね。

「アイス」
ポップで可愛らしい曲!
今回のアルバムで1番聴きやすい曲かもしれません!
”雨の日も” "晴れの日も" "風の日も” ”曇りの日も” ・・・の幸せな感じが堪りません。
大好きで、この曲だけは単体でも繰り返し聴いています。
これはYUIファンでフラフラに馴染まない方にも、是非聴いて頂きたいですね!

「踊り」
最初は次の曲への橋渡し的な曲かなと思っていましたが、聴けば聴くほど虜になって来ました。
シンセサイザーを駆使した曲で、終盤のガラスが割れる音の演出は良いなぁ。
”ティッタラティッターリラ”が頭にずっと残りますね(苦笑)

「産声」
YUIがお母さんへの感謝を歌ったのが「to Mother」。
そしてこの「産声」は、yuiのお子さんへの愛を歌った、感動の曲です。
やはりこの2曲は結び付けて考えてしまいます。
本当に素敵な曲ですね。心がホッコリします。



「時計」
この曲のMVが1番最初に出たので、アルバムの中心曲なのかな?
リズム隊がとても良い感じで、サビの伸びやかな歌声が良いですねぇ。
アルバム終盤で、こういった曲が入ると、全体が締まりますね!

「小さな窓」

全体的に優しいサウンドで、聴いていると何だか心が落ち着きます。
”小さな窓から見えていたものは・・・”のところのメロディを聴くと、何故か懐かしいような不思議な感覚になりました。

「日常」
ラストのこの曲は、去年のクリスマスライブで聴いていたので、CDで聴くのも楽しみでした。
この曲はyuiの意向で、アルバムラストに持ってきたんだそうです。
今回のアルバムで1番シンプルなサウンドで、決して派手さは無いですが、歌詞には勇気づけられます。
”明日になれば 何かが変わって 踏み出せるかもしれないよ”
yui、フラフラからのメッセージで、アルバムは幕を閉じます。

今回も、とても良いアルバムでした!
聴いていて、心を穏やかにしてくれる曲が多くて、これは1stと共に愛聴盤になること間違いなしです。
1st同様、アルバムの世界観がハッキリしているから、それも良いんですよね。

このアルバムを引っさげての、初の全国ワンマンツアーがもうすぐ始まりますね!
私は日比谷とyuiの地元・福岡へ観に行ってきます!

これからのフラフラが楽しみになる、そんな1枚でした。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-03-24 00:13 | 購入CD | Comments(0)

SICKS

先月、久しぶりに池袋のディスクユニオンに行きました。
ここ1年くらい、中古のCDは買ってなかったので、買い物が楽しくて楽しくて、2時間近く店に滞在して、5枚アルバムを購入しました。

そのうちの1枚。
イエモンの『SICKS』というオリジナルアルバムです。
d0257690_2222968.jpg

イエモンはベストアルバムをいくつか持っていて、大好きな曲もあったので、いつかオリジナルアルバムも聴いてみたいと思っていました。
そんな中で、このアルバムと『FOUR SEASONS』が700円だったので、思い切って買ってみました。

このアルバムは、イエモンの最高傑作と言われているそうで、かなりの期待値で聴いてみたのですが・・・

正直、ちょっと自分には合わないのかなぁと思ってしまいました。

代表曲の「楽園」や、大作「天国旅行」は気に入ったのですが、ほかの曲はどれも同じように感じてしまいました。

歌詞はどれも深く素晴らしいと感じましたが、メロディにときめかないというか・・・
収録時間も1時間越えで、通して聴くのもだいぶ疲れてしまいました。

3回聴いたのですが、もっと聴き込めば良さがわかるのかなぁ?

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-03-12 18:54 | 購入CD | Comments(0)

TIME

家入レオ5枚目のオリジナルアルバム、『TIME』を買って来ました!

今回は通常盤のほかに、初回盤Aと初回盤Bがあったので、どれを買うか迷いました。
安い初回盤Bにしようと思いましたが、ジャケットがイマイチだったので、1番高い初回盤Aを買ってしまいました。
初回盤でも通常盤でも、ジャケットは統一してほしいものです。
d0257690_12189.jpg

さて、レオちゃんの約1年半ぶりのオリジナルアルバム。
前作『WE』は、元Superflyの多保さんをプロデューサーに起用し作られたアルバムで、これが素晴らしい名盤でした。

その後、多保さんとのタッグも解消され、今回のアルバムは、さらにいろんなクリエーターが加わって作られたものとなりました。



1曲目の「ずっと、ふたりで」は杉山勝彦の作詞・作曲。
この人があまり好きじゃないので、最初は嫌だったのですが、曲はやっぱり素晴らしいなぁ。
レオちゃんの伸びやかな歌声が最大限に生きています。

2曲目の「春風」はアルバムの中でも重要な位置づけで、SoichiroKという人の作詞作曲。
美しく軽やかなメロディが心地よく、まさにこれからの時期に聴きたくなるような曲ですね。

3曲目の「Relax」は、去年MVを観て好きになった曲。
元Galileo Galileiの尾崎さんの作詞作曲。
重々しい歌い出しから、サビでパッと明るくなる感じが好き。
レオちゃんの歌い手としての凄さがわかる曲だなぁ。

4曲目の「恋の始まり」はレオちゃんの作詞作曲。
これはもともと、藤原さくらちゃん、大原櫻子ちゃんとのコラボ曲で、そちらはレコチョクでダウンロードして毎日聴いています。これが素晴らしいのです。
そしてこのソロバージョンは、アコースティックな演奏で、これはこれで良い感じ。

5曲目「TOKYO」もレオちゃんの作詞作曲。
なかなかダークな曲で、裏の東京を歌っている感じがします。
イントロがカッコいい。

6曲目の「アフターダーク」は作詞がレオちゃん、作曲は須藤優さん。
このアルバムで1番好きな曲です!
中毒性のあるメロディが何とも好き。
これはライブでさらに大化けするだろうなぁ!

7曲目の「ファンタジー」も作詞はレオちゃん、作曲は本間昭光さん。
これは昭和歌謡っぽさも感じる曲だなぁ。
レオちゃんが好きな明菜さんの影響も感じるような。

8曲目の「ありきたりですが」は杉山の作詞作曲。
凄く良い感じの曲で歌詞も素敵なんですが、杉山氏が書いている歌詞だと思うと、まだ感情移入出来ないんだよなぁ。

9曲目の「だってネコだから」はレオちゃんの作詞作曲。
これは「ずっと、ふたりで」のカップリング曲なので、去年から何回も聴いています。
ほのぼのとした素敵な曲で、歌詞も何だか良い感じ!

10曲目の「パパの時計」は尾崎さんの作詞作曲。
これはバンドっぽい曲ですね。
特に印象は強くない曲ですが、次の曲への繋ぎってところかな。

11曲目の「微熱」は作詞がレオちゃん、作曲が本間さん。
この曲も素晴らしい!
80年代の米ポップスのようなサウンドに、レオちゃんの書いた優しい歌詞がピッタリ合って、素晴らしいです。
こういったバラードが終盤に来ると、アルバムが締まりますね。

12曲目の「祈りのメロディ」も作詞がレオちゃん、作曲は須藤さん。
これは神秘的な雰囲気の曲ですね。
1stアルバムの「Lady Mary」に近い雰囲気かな。

そしてラスト、13曲目の「大事なものすべて」は尾崎さんの作詞作曲。
これがまた良い感じの曲なんです!
希望に満ちた感じのメロディと歌詞。
前作は感動のバラードでの締めくくりでしたが、こういった胸の高まるナンバーでの締めくくりも良いですね!

さて、5枚目のオリジナルアルバムとなった『TIME』、なかなか良いアルバムだと思います。
1st~3rdアルバムは、西尾さんとのタッグ、4thアルバムは多保さんのタッグで出来たアルバム。

今回の5thアルバムは、たくさんのクリエーター達によって作られたアルバムなので、まとまりのないアルバムにならないか心配でしたが、思いのほか、統一感のあるアルバムで安心しました。

でも作詞はレオちゃんが全てやって欲しいなぁというのが正直な想いです。
やっぱり外部の人が書いた歌詞だと、感情移入出来ないんですよね。
半分以上はレオちゃんの作詞で、うち3曲は作曲も手掛けているわけだし、もっと出来ると思うんだけどなぁ。
レオちゃんの書く歌詞がやっぱり好きです。

そうはいっても、なかなかお気に入りのアルバムになりそうです。
やっぱりレオちゃんの歌声は良いなぁ。

5月からのツアーも行けるといいなぁ。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-03-04 01:54 | 購入CD | Comments(0)

anly one

先月末に購入したAnlyの1stアルバム。
繰り返し聴いています。
d0257690_22584040.jpg

Anlyをいいなと思ったのは「北斗七星」からだったので、このアルバムの曲はほとんど知りませんでしたが、良い曲ばかりでした。

1曲目「太陽に笑え」から2曲目「FIRE」への流れにゾクッとさせられました。
こんなロックなナンバーを歌えるのは素晴らしいなぁ。

スキマスイッチとのコラボ曲「この闇を照らす光のむこうに」は知っていましたが、これは大サビの爆発力が好きだなぁ。

「カラノココロ」のサビのメロディは、1度聴くとなかなか頭から離れなくなり、3回目くらいでお気に入りの曲になりました。

そして「だから」「レモンティー」はもう大好きな曲に!
Anlyってパワフルなイメージの曲が強いけど、こういった優しく繊細な曲もあるんですね。
個人的にはこのアルバムのハイライトです。

「EMERGECY」はTwitterでフォロワーさんに教えて頂いた曲。
これは一発で好きになりました。
MVも良いですねぇ。

https://youtu.be/qfwYNQZQwJg

最後の「Come back」は故郷の歌かな?
沖縄の風景を思い浮かべながらアルバムは終了。

とても良いアルバムでした。
結構長いアルバムなので、1回目は聴くのに疲れましたが、3回目くらいからは好きな曲も出来て来て、スッと聴けるようになりました。
曲順もしっかり考えられているように感じますし、1曲1曲のクオリティーは高いです。

これは次のアルバムも楽しみです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-12-19 23:17 | 購入CD | Comments(0)

Venus

Anlyのシングル2枚目。
こちらは今週発売されたばかりの「Venus」です。
d0257690_21541572.jpg

https://youtu.be/LiNnRiQb05k

「北斗七星」に続き「Venus」も素晴らしい曲でした!
ゾクゾクさせられる曲展開も、Anlyのボーカルも素晴らしい!
これは早くも、次のアルバムが楽しみになるくらいの曲です。

https://youtu.be/Dn_z6nQu-98

2曲目の「Merry X'mas」は可愛らしい曲だなぁ。
このMVがまた可愛らしいので、貼り付けられないのが残念です。

3曲目の「COME TOGETHER」は勿論ビートルズのカバー。
これを聴いて、彼女は本物だと確信しました。
ここまでこの曲を歌いこなせるのは凄いです。

シングルは買わずに、次のアルバムが出るまで我慢しようかとも思いましたが、とても良いカップリングが多くて、買って良かったです。
今度はゆっくり1stアルバムを聴いていこうと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-30 22:08 | 購入CD | Comments(0)

北斗七星

Anlyというシンガーソングライターの、アルバムとシングルをまとめ買いしました。
まずはシングルの感想から。
d0257690_2144783.jpg

Anlyは沖縄県伊江島出身のシンガーソングライター。

miwaの2014年弾き語りツアー沖縄公演にてフロントアクトを務め、それで私は彼女の存在を知りました。
そしてTwitterのフォロワーさんにもお勧め頂いて、遂にCDを購入する運びとなりました。

https://youtu.be/Ichapf3C6RU

(何故かAnly関連の動画はブログに貼り付けが出来ないようなので、リンクを貼っておきます。
良い曲なのに残念です。)

この「北斗七星」はデビュー前からあった曲のようですね。
何とも美しい曲で、1発で好きになりました。

それまではパワフルな曲のイメージしか無かったので、こんな美しい曲も歌いこなせるんだぁと、Anlyに興味を持ち始めました。

カップリングの「ie」もなかなか良い感じです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-30 21:51 | 購入CD | Comments(0)

We are the light

miwa23枚目のシングル、『We are the light』を買って来ました。
d0257690_1173424.jpg

今回も初回盤より通常盤のほうが良いジャケットで、どっちを買おうか迷いましたが、初回盤を買いました。
やっぱりジャケットは統一してほしいなぁ。

さて、表題曲の「We are the light」はそう来たか~!という感じです。
すごく洋楽っぱいですよね。
『ミューズノート』でmiwaが流す洋楽に、影響を受けている感じがします。

miwaのルーツを感じますし、私は気に入りました。

カップリングの「ドライブソング」はアゲアゲなドライブソングということですが、ちょっとイマイチかなぁ?
もう少しmiwaのギターを前面に出したサウンドの曲を聴きたかったです。



初回盤のDVDには、今年の夏フェスのライブ映像と、おまけ映像が付いています。
このおまけ映像がなかなか良かったです!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-10-26 01:28 | 購入CD | Comments(0)

がらくた

桑田佳祐5枚目のオリジナルアルバム、『がらくた』。
CD+エッセイ集の初回C盤を買って来ました。
d0257690_19442063.jpg

去年からサザンは一時休止状態で、ソロ活動を本格化させている桑田さん。
シングルも2枚出して、ラジオでもアルバムを作っていると明言していたので、そろそろアルバム発売の発表が来るな?と構えていたら発表されました。

収録曲を見てまず驚いたのが「Yin Yang」が入っていること。
これはサザン活動再開前になる2013年のシングル曲です。

桑田さんはソロでもサザンでも、ヒットしたシングルでさえアルバムに入れないことが良くあるので、このサザン活動再開前の曲は当然収録されないものと考えていたのでビックリです。

桑田さんによると「大好きだから入れた」とのことです。
私は「Yin Yang」より「おいしい秘密」が好きなのでこれも入れて欲しかったところです。

シングル『ヨシ子さん』からは4曲全曲収録、『君への手紙』からは2曲収録で、これまた大好きな「悪戯されて」が収録されていません。
これはどうしてもこのアルバムのカラーに合わなかったとのことです。
d0257690_19444450.jpg

入れて欲しかったと思う反面、シングルは全て買って来ているので、収録されない曲があったほうがシングルを買った甲斐があった!とも思えますね。

さて、もう10回くらい聴きましたが、素晴らしいアルバムでした!

なかなかストレートにいいなと思えなかった前作『MUSICMAN』とは対照的に、一発で気に入りました。
本当に名曲揃いです!

「過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン)」
ロックなナンバーでアルバムはスタート。
日本語と英語を織り交ぜたか歌詞はいつもの桑田さんという感じ。
これは1曲目に持ってきて正解!

「若い広場」
NHKの朝ドラ『ひよっこ』の主題歌で、4月から毎日聴いています。
いつシングルになるのかと思ったけど、結局シングルにはならずアルバム曲になってしまいました。
初めて聴いたときから、どこか懐かしい気持ちにさせられる大好きな曲です。
昭和歌謡が大好きなので、桑田さんがこうして新曲に昭和歌謡感満載の曲を作ってくれて嬉しい限り。
サビの大合唱が堪りませんね!
職場でも毎日流れていて、聴くたびに元気になります。

「大河の一滴」

シングル『ヨシ子さん』の2曲目に収録。
缶コーヒーのCMで使われて、去年買ってから聴きまくっている曲です。
これも昭和の雰囲気が漂う曲ですよね。
夜の渋谷を舞台にした歌詞が素晴らしく、聴いているだけでちょっと危ない渋谷の夜の風景が頭に浮かんできます。素晴らしい世界観です!

「簪 / かんざし」

これはビビビっときました!
「現代東京奇譚」に近い雰囲気の曲だと思いますが、こういった桑田さんが歌う和の雰囲気の曲、大好きなんです。
何とも味わい深い歌詞に、染み渡る桑田さんの歌声。
最高です。
4曲目にしてこれは名盤だと確信しました。

「愛のプレリュード」

シングル『ヨシ子さん』の3曲目に収録。
去年のJTBのCMで使われましたよね。
少し地味ですが、いい感じの佳曲だと思います。

「愛のささくれ〜Nobody loves me」
”ちょいとそこ行く姉ちゃん”というワードがいかにも桑田さんらしいですね。
私はサザンで言う「エロティカセブン」などの品が無いエロな曲は大嫌いなのですが、こういった一定の品を保って大人のエロを感じる曲だったら大歓迎だったりします(苦笑)

「君への手紙」
もう大好き!大名曲です。
去年買ってから何度聴いたことか。
美しいメロディは勿論、素晴らしい歌詞が胸に沁みます。
”波音に消えた恋 悔やむことも人生さ 立ち止まることもいい 振り向けば道がある" という歌詞が特に私の心に響きました。
ここ最近の桑田さんの曲の歌詞はどうしてここまで沁みるんだろう?
これからゆっくり秋に向かう、今の季節にぴったりの名曲です。

「サイテーのワル」
桑田さん流ハードロックな曲。
特に後半がカッコいい。

「百万本の赤い薔薇」
大好きな『ユアタイム』の主題歌!
この番組と市川さんが大好きなので毎日欠かさず観ているので、去年の4月から聴いていることになります。
桑田さんが市川さんをイメージして作ったということもあり、とても優しく美しい曲になっています。
毎晩寝る前に聴くと、本当に幸せな気分になります。
『ユアタイム』は9月で終わってしまうようなので残念で仕方ないですが、せめてこうしてアルバムに収録してくれて良かったです。

「ほととぎす[杜鵑草]」
今回のアルバム曲で1番感動した曲です。
今までの桑田さんには無いタイプのバラードかもしれません。
サビのメロディがなんとも感動的。
不意に耳にしたら泣いてしまいそうな、美しい名曲です。

「オアシスと果樹園」
これもJTBのCMで流れていますね。
「愛のプレリュード」よりもこっちのほうが私は好きだなぁ。
”国際航路” というワードもあるし、ハワイやグアムなどのリゾート地に向かう機内で聴いたら胸が高まるだろうなぁと思います!

「ヨシ子さん」
この曲は何回聴いても好きにはなれないなぁ(汗)

「Yin Yang」
前述の通り、サザン活動再開前になる2013年のシングル曲。
ちょっと地味だけど、結構好きな曲です。
ギターソロがカッコいい!

「あなたの夢を見ています」
シングル『君への手紙』の3曲目に収録。
これはウキウキするようなメロディが良いんですよね!
この曲順に配置したのもピッタリハマった感じで良かった!

「春まだ遠く」
ラストは切ないバラード。
メロディは温かい春をイメージさせるのに、歌詞は凄く悲しい物語になっていて、そのギャップになんとも言えぬ切なさを感じます。
桑田さんの哀愁を誘うボーカルもいいなぁ。



全15曲、90分近い収録時間でしたが、途中だらけることなく、あっという間に聴き終えてしまいました。
もう素晴らしい名曲だらけ!

桑田さんの作品は幅が広いから、自分の好みに合わないことも多々あるのですが、今回はドストライクの作品でした。
私好みの昭和歌謡を感じさせる曲が多かったのも良かったし、全く違うタイプの曲もあって全く飽きが来ません。

それからどの曲にも言えるのが、歌詞が素晴らしい。
最近まで桑田さんは歌詞にそこまで力を入れていなかったけど、最近は歌詞の重要性に気づき、歌詞と向き合うようになったとラジオで言っていました。
それもあって、最近の桑田さんの書く歌詞はとにかく沁みるんです。
日本語の美しさが最大限に生かされていて、本当に素晴らしいなと思いました。

本当に良い作品でした。
これからずっと愛聴盤になること間違いなしです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-08-28 22:32 | 購入CD | Comments(0)

マネキン

FLOWER FLOWERのニューシングル『マネキン』を買って来ました!
d0257690_21142458.jpg

去年に続き、2枚目のシングルです。

とにかく「マネキン」が良かった!
感動しました!

私の推測ですが、これはYUIソロ時代に、会社に縛られ、自分のやりたい音楽を作れなくなったとき、
いわば”会社のマネキン状態”だったことを歌にしたのでは?と考えます。



MVもそんな感じがしますよね。
そして、久々の黒髪のyuiを見れて、嬉しくて仕方ありません。
やっぱり金髪よりこっちのほうが良いですよね!

Disc2のライブ音源もとても良くて、ますますライブに行きたくなってきました。
インタビュー記事を読むと、今後は全国を回りたいという趣旨の発言もあったので、期待しようと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-08-03 21:30 | 購入CD | Comments(0)

ずっと、ふたりで

家入レオちゃんのニューシングル、『ずっと、ふたりで』を買って来ました。
d0257690_21522326.jpg

「ずっと、ふたりで」は、作詞作曲共に杉山勝彦氏。
この人、私の苦手なアイドルグループにたくさん楽曲提供している人なので、正直買おうか悩みました。
でもカップリングの「だってネコだから」は彼女自身の作詞作曲だということもわかったので買うことにしました。

「ずっと、ふたりで」は良い曲だとは思うけど、やっぱり歌詞まで杉山氏が作っていると思うと、あまり感情移入出来ないなぁ。
それに私の大好きな「Every Single Day」と曲の雰囲気が被っているような気もします。

もう多保さんとのコラボは終わっちゃったのかなぁ?
あれだけ素晴らしいアルバムを作ったのだから、まだまだ続けて欲しかったです。

一方、「だってネコだから」はすごく可愛らしい感じの曲で、気に入りました!
歌詞もほのぼのとしていて、いいなぁ。

先ほど、9月のZeepライブのチケットを購入してしまいました。
オールスタンディングのライブは初めてなので、どんな感じか少し不安ですが、今からどんな曲を演奏してくれるのか楽しみです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-07-28 22:05 | 購入CD | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE