カテゴリ:海外旅行記( 71 )

 

2回目の弾丸!台北旅行 ⑤ [1日目] (龍山寺参拝、牛乳大王とカルフール)

2回目の弾丸!台北旅行 ① [準備編&0日目]
2回目の弾丸!台北旅行 ② [1日目] (チャイナエアラインで台湾へ!)
2回目の弾丸!台北旅行 ③ [1日目] (MRTでホテルへ)
2回目の弾丸!台北旅行 ④ [1日目] (初めての鼎泰豊)


2018年01月20日(土)

d0257690_2357556.jpg

初めての龍山寺にやって来ました!
駅1番出口を出てすぐでした。

台湾随一のパワースポットとして知られる龍山寺。
就職活動の成功をお祈りする為に、今回は絶対訪れたかった場所です。

外から見ただけで、すごい存在感ですね!
d0257690_015314.jpg

お線香をもらって、ここで火を付けます。

この香りが何とも良いんですよね。
心が落ち着く香りです。
d0257690_0563.jpg

1738年創建の龍山寺は台湾最古のお寺なんだそうです。
商売、勉学、恋愛など、あらゆる神様が祀られているお寺なので、1日中参拝者が絶えません。

昼間は大混雑するので、夜間の参拝がおススメとガイドブックに書いてありました。
その通り、夜に来ると、こんな幻想的な雰囲気が味わえました!
d0257690_053160.jpg

明かりが灯って、なんとも素晴らしい雰囲気です。
これは日本のお寺とは、また違った良さがありますね。

就職活動の成功と、今後の幸せをお祈りしました。
今度訪れるときには、良いご報告が出来ると良いなぁ。
d0257690_07615.jpg

驚くほど、たくさんのお守りが売られていました。

私は就職のお守りとペットのお守りを買いました。
最後のお土産紹介にて、写真をアップします。

龍山寺、参拝出来て本当に良かったです。
幻想的な雰囲気に、心が癒されましたし、夜は特におススメです。
d0257690_081093.jpg

ホテルに向かう前に、カフェしましょう。

MRTに乗車。
「台北駅」乗り換えで「中山駅」へ。
d0257690_012210.jpg

来ました!「牛乳大王」です!

「中山駅」目の前にあるこの店舗は、前回に続いて2回目です。
牛乳大王自体は、台湾に来る度、必ず来ていて、大好きなチェーン店です。

日本語のメニューを出してくれて、楽々注文出来ました。
今回も2階席へ。
d0257690_0135821.jpg

大好きなスイカジュースがまさかの売り切れ。
なので、キウイジュースと、チーズケーキを頼んでみました。

キウイのフレッシュさと、濃厚なチーズケーキの愛称が抜群!
そして、この外の風景を眺めながらのカフェは最高ですね!

ここで友人とお喋りしながらゆっくり過ごし、暑かったですが、だいぶ体が涼みました。
d0257690_0155054.jpg

MRTでホテルの最寄り駅へ戻ります。

駅構内には、このように日本の東北地方の宣伝ポスターが!
東北をこうやって宣伝してくれて、本当に有り難いですね。

東日本大震災で大きな支援をしてくれた台湾、今回の旅でも常に感謝の気持ちを持って、旅することを心がけました。
d0257690_0172192.jpg

1回の乗り換えで、最寄りの「大橋頭駅」へ帰って来ました。

ホテルに戻る前に、スーパーで買い物をして行きます。
d0257690_0181244.jpg

ホテル付近の夜の風景。
やっぱり異国感があって、堪らないあなぁ。
d0257690_022623.jpg

ホテルを通り過ぎて、この交差点を左折します。

この付近は飲食店が少ないと思っていましたが、意外に美味しそうなお店がたくさんありました。
夜だけ営業していたり、するんでしょうかね?

もっともっとリピーターになったら、この周辺でも食事をしてみたいなぁと思います。
d0257690_0224688.jpg

スタバを発見。
このスタバは台北の観光スポットにもなっているんだとか。
d0257690_0233932.jpg

ホテルから歩いて5分程で、大型ショッピングセンターの『カルフール』に到着しました。
大きいですねぇ!

『カルフール』はフランス資本のお店で、台湾にたくさん出店しています。
数年前までは、日本にも数店あったんだとか。

ホテルの近くには、『ウェルカムスーパー』もあるようですが、はじめての『カルフール』で買い物することに。
d0257690_0253754.jpg

深夜の2時まで営業しているんですね!
これは凄い!
d0257690_02671.jpg

1階は飲食店がたくさんあり、和食や回転寿司店もありました。
この周辺に住んでいれば、日本食が恋しくなっても安心ですね。
(そういえば、海外で日本食を食べたことが無いので、いつかどんな感じなのか食べてみたいです)

地下2階には電化製品やら日用品がたくさん置いてあって、もの凄い広い売り場でした。
そこからエスカレーターで地下1階へ。
d0257690_0263820.jpg

地下1階は大きなスーパーで、お土産もたくさん売っています。

こちらは日本のお菓子など。
d0257690_0323195.jpg

紙パックの飲み物がたくさん!
どれも美味しそうでテンションあがるなぁ!

もっと長期滞在が出来れば、いろんな飲み物を試せるのですが・・・
d0257690_033178.jpg

そして大好きなパパイヤミルクがたくさんありました!

3つセットで売ってたりすんですね。
今晩と明日の朝用で2個買いました。

夏限定のスイカミルクも、久しぶりに飲みたいなぁ。
d0257690_0333291.jpg

ここは台湾のお土産コーナーです。

店員のおばさんに勧められたパイナップルケーキを、2箱購入しました。
おばさんが「5箱買うと割引だよ」と言って、5箱買うよう勧めてきましたが、5箱も買えません(苦笑)
でも試食して買えたので良かったです。
d0257690_0352679.jpg

レジを出ると、カルフール名物のオレンジジュースの販売機が!

お金を入れてからオレンジを絞るので、とっても美味しいと評判の自販機なんですよね。
せっかくなので買ってみました。
d0257690_0344619.jpg

この1杯に、オレンジ4個も使っていてビックリ!

最高にフレッシュで美味しかったです。
カルフールに訪れた際は是非!
d0257690_0364668.jpg

21時半にホテルへ帰って来ました。
友人とは別の部屋なので、「また明日」と別れて自分の部屋へ。

疲れたけど、いろいろ周れて充実感で一杯です。
とりあえず、お風呂に入ってサッパリ。
d0257690_0371984.jpg

風呂上がりのお楽しみ。

先ほど買った、パパイヤミルクと、カットされたパパイヤ&パイナップル。

パパイヤミルクは大好きですが、パパイヤそのものは初めて食べました。
ホント、パパイヤミルクそのまんまの味でビックリしました。

これはハマってしまいそう!
日本でも売ってくれないかな?
d0257690_0384885.jpg

そしてパイナップルケーキ。
1箱は会社へのお土産で、もう1箱はここで開けて、何個か食べてみました。

安かったけど、普通に美味しいパイナップルケーキでした。
空港で買うとこの倍以上はするでしょうから、カルフールで買って良かったです。
d0257690_041090.jpg

ゆったりテレビを観て、1時過ぎに就寝。

明日はゆっくり街歩きをして、夕方の飛行機で帰国します。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-03-29 01:31 | 海外旅行記 | Comments(0)

2回目の弾丸!台北旅行 ④ [1日目] (初めての鼎泰豊)

2回目の弾丸!台北旅行 ① [準備編&0日目]
2回目の弾丸!台北旅行 ② [1日目] (チャイナエアラインで台湾へ!)
2回目の弾丸!台北旅行 ③ [1日目] (MRTでホテルへ)


2018年01月20日(土)

d0257690_22534729.jpg

ホテルで休んで、4時に出発!
これから初めての鼎泰豊へ行き、夕食にします。

またゆっくりと「大橋頭駅」へ。
d0257690_22543889.jpg

鼎泰豊はどの店舗に行こうか悩みました。
本店に行きたいけど、ツアー客で混んでそう・・・
ということで、台北101店に行くことにしました。

ここなら台北101も見れるし、一石二鳥。

ひとまず中和新蘆線で「東門駅」へ出て、淡水信義線に乗り換え。
ちなみに「東門駅」の近くに本店があります。
d0257690_2341916.jpg

「台北101/世貿駅」に着きました。
「大橋頭駅」からは結構、時間がかかりましたね。

この駅、出口を出るとすぐ・・・
d0257690_235459.jpg

台北101が目の前に!!

101は初めての台湾旅行以来です。
やっぱり、凄い迫力ですね。

あのときは上らないで、地下のフードコートで食事をしたんだっけ。
上ってみたい気持ちもありますが、結構な値段なので、今回も見送りに(汗)
d0257690_2374671.jpg

鼎泰豊は101入口のすぐそばにあります。

5回目の台湾にして、初めての鼎泰豊です!
友人は初めての台湾で初めての食事ということで、ここなら間違いない!ということで、決めました。
d0257690_2395175.jpg

時刻は17時。
もうすでにお店は混み始めていました。

受付で名前を言って、日本語の注文票をもらって、食べたい物の個数を記入して、店員さんに渡します。
それから10分くらいで呼ばれ、席に案内してもらえました。
お店の方は、皆さん日本が上手なので、本当にスムーズです。
d0257690_2385376.jpg

途中、職人さんが小籠包を作っているところを見学出来ました!
目にもとまらぬ速さで、あんを包んでいて凄かったです。

そして、店内は想像以上に広くて、ビックリ。
それが連日満席なんだから、凄い人気なんですね!
d0257690_23121910.jpg

席へ着くと、まず店員さんがタレを作ってくれます。
そして、日本語で小籠包の食べ方を教えてくれるので、初めてでも安心です。

お茶を飲みながら、お店の雰囲気を楽しんでいると・・・
d0257690_23125889.jpg

来ました!
念願の小籠包!!

10個入りを注文して、2人でシェアして食べました。

皮を割って、溢れだすスープ。
そこにタレを浸して、パクリ。

美味しい〜!幸せ!
今まで食べた小籠包で、間違いなく1番美味しいです。
d0257690_23141383.jpg

続けて、カニみそ入りの小籠包がやって来ました!

これもまた、堪らない美味しさ!
カニみそのうま味がギューッと凝縮されていて、これも大好きな味です。
d0257690_23205917.jpg

そして食べ終わらないうちに、エビチャーハンが来ました!

このチャーハンもパラパラで、エビもプリプリ!
美味しかったなぁ。

チャーハンが結構なボリュームだったので、この時点でそこそこ満腹でしたが、まだ終わりません!
d0257690_23224487.jpg

鳥のスープです。

台湾のスープ類はどれも美味しいので、鼎泰豊のスープも美味しくないわけがない!と注文しましたが、その期待を上回る美味しさでした!

柔らかいホロホロの鶏肉が骨ごと入っていて、これが美味しいのなんの!
本当に良いダシが出ていました。

ただ、スープは結構お腹に貯まりますね。
いろいろ食べたい方は、スープだけでお腹いっぱいになってしまうかもしれないので、要注意です。
d0257690_23232384.jpg

最後はあんまんです。
これはデザートに分類されるようで、全ての料理が食べ終わったら、持ってきてくれます。

鼎泰豊のあんまんは絶品だから、食べたほうが良いと、フォートラベルで教えて頂きました。
d0257690_23242742.jpg

これも思わず「美味しい!」と声に出してしまいました。
程よい甘さのあんこが熱々で、お茶と良く合います。

2個注文しましたが、友人はもう満腹のようなので、半分もらいました。
自分もだいぶ満腹です。

初めての鼎泰豊、どの料理も本当に美味しくて、大満足でした!
物価の安い台湾にあって、鼎泰豊の料金は高めですが、それでも料理、接客が素晴らしいので、十分だと感じました。
お茶が無くなったら、すぐに継に来てくれるのも素晴らしかったです。

また次回も来たいなと思いました。
d0257690_23264320.jpg

さて、この後は龍山寺にお参りに行きます。

「台北101/世貿駅」からMRTに乗って、「台北駅」乗り換えで向かうのでも良いのですが・・・
満腹なので少し散歩したいなと思い、「龍山寺駅」まで1本で行ける「國父記念館駅」まで歩くことにしました。
d0257690_2327425.jpg

101の周辺は、イルミネーションが綺麗でした。

「國父記念館駅」までは徒歩20分くらい。
d0257690_23423925.jpg

少し歩くと、101が全てカメラに収まるようになりました。
(と言っても、上は雲で隠れていますが・・・)

やっぱり「台北101/世貿駅」付近だと、なかなか全体を撮影するのは難しいですから、「國父記念館駅」から歩いて101へ向かうのも良いかもしれませんね。
d0257690_2344975.jpg

テクテク歩いて、「國父記念館駅」に着きました。

台北の夜の風景を楽しみながらだと、あっという間でした。
暑くも寒くも無く、良い運動になったので良かったです。
d0257690_23443351.jpg

この吹き抜けの感じ、好きだなぁ。
日本の地下鉄の駅には無い造りですよね。
d0257690_23455594.jpg

ここから板南線で7駅。

車内は混んでいたので、ずっと立っていました。
やっぱり台北MRTは良いなぁ。

この後、龍山寺にお参りして、牛乳大王へ行きます。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-03-21 18:04 | 海外旅行記 | Comments(0)

2回目の弾丸!台北旅行 ③ [1日目] (MRTでホテルへ)

2回目の弾丸!台北旅行 ① [準備編&0日目]
2回目の弾丸!台北旅行 ② [1日目] (チャイナエアラインで台湾へ!)


2018年01月20日(土)

d0257690_21564998.jpg

40分近くかかって、台湾入国!
5回目の台湾、帰って来たという感じがします!

桃園空港に降り立ったら、今まではバスで台北市内へ出るのが一般的でした。
でも去年、遂に桃園MRTが開通したので、簡単に市内へ出れるようになったのです!
d0257690_21572321.jpg

私は開通を数年前から心待ちにしていたので、勿論これに乗ってホテルへ向かいます。

MRTの大きな案内板がたくさんあるので、迷う心配もありません。
久しぶりの台湾に心躍らせながら、テクテク歩きます。
d0257690_21582828.jpg

入国してから8分ほどで、MRTの駅に着きました。

やっぱり出来たばかりだから、とっても綺麗ですね。
d0257690_2242398.jpg

券売機の横には、係員さんが居て、切符(トークン)の買い方を教えてくれるようなので、初めての方でも安心ですね。

桃園MRTでも、台北MRTと同じ悠遊カードが使えます。
私はもう持っていますが、友人は初めての台湾なので、窓口に並んで購入しました。
2日間でも、その都度切符を購入するより、悠遊カードにチャージしておいたほうが時間の節約にもなります。
d0257690_2251968.jpg

私の悠遊カードには前回の200元が残っていたので、もう200元をチャージ。

改札にかざして、入場。
d0257690_2261592.jpg

ホームも綺麗!

今回宿泊する『東呉大飯店』の最寄りは「大橋頭駅」。
計画では、快速で「台北駅」まで出て、台北MRTを乗り継いで、「大橋頭駅」まで向かうはずでした。

でもここに来て、桃園MRTの「三重駅」で台北MRTに乗り換えれば、1回の乗り換えで「大橋頭駅」に行けることに気づきました。

「三重駅」は快速が停車しないので、普通列車に乗らなければいけませんが、それでもこちらの方が早そうなので、それで行くことに!
d0257690_2275215.jpg

普通列車はすぐにやって来ました。
始発では無いので、すぐに発車。

快速列車はボックスシートですが、普通列車はこのようにロングシートなので、景色を楽しむのには向いていませんね。
ちなみにこの桃園MRTも飲食禁止で、違反すると罰金なので注意が必要です。
d0257690_22132249.jpg

しばらく地下を走って、少しすると地上に出ました。
桃園空港周辺は田舎ですが、台北市内に近づくにつれて、都会の風景になって来ます!

桃園MRTは基本的に高架を走行しているので、快速ならもっと景色を楽しめそうですね。
思ったより速度は出てなかったかな?
d0257690_22152179.jpg

40分程で「三重駅」に着きました。
みんな台北駅まで乗るのかなぁと思いましたが、思ったよりたくさん、この駅で降りていました。

桃園MRTと台北MRTは別の会社なので、一旦改札を出て、台北MRTの改札を通過します。
この駅での乗り換えは結構歩きました。
d0257690_2219421.jpg

懐かしの台北MRT!

やっぱり桃園MRTとは、また雰囲気が違いますね。
「三重駅」から「大橋頭駅」までは、中和新蘆線で3駅。

車内は結構混み合っていました。
d0257690_22204261.jpg

「大橋頭駅」に到着。

とりあえず3番出口から出てみました。
d0257690_22211376.jpg

黄色いタクシー!
懐かしい台湾の風景にテンションが上がります!

やっぱりこうして街に出てやっと、海外に来たと実感しますよね!
d0257690_22214720.jpg

そして大量のバイク!

台湾では車よりバイクの方が多く、確かバイク保有率は世界1なんだとか。
(ほとんどが原付ですね)
d0257690_22271881.jpg

駅からホテルまでの道のりは、何度もGoogleストリートビューで確認済みなので、迷いませんでした。

台湾発祥のコンビニ『Hi Life』が駅近くにありました!
ここで買い物して行こうかと考えましたが、友人が「ファミマに行って日本との違いを見たい」とのことで、ホテル隣のファミマで買い物することに。
d0257690_22314620.jpg

ホテル付近の風景です。

雑多で中華圏に居ることを実感させてくれます。
素晴らしい風景!

カラフルな看板と、交通量の多さが何とも異国情緒を感じますね。
d0257690_223261.jpg

私は海外旅行のホテルを選ぶ際、ホテル付近の風景を重視します。
旅行の間はホテルが家になるので、やっぱり素敵な風景の場所に帰りたいですものね!

部屋、料金、アクセスならもっと良いホテルもあるかもしれませんが、この風景を見たくてホテルを決めました。
d0257690_22351637.jpg

ホテル隣にある、ファミリーマートでお買い物。

水と大好きなパパイヤミルクを買いました。
やっぱり台湾のコンビニは楽しい!
d0257690_22361870.jpg

今回お世話になる『東呉大飯店(ドンウーホテル)』です。

外観は地味で、古そうな感じがしますが、とても良いホテルでしたよ。
駅から徒歩8分程だし、隣にはコンビニ、近くには大型スーパーや夜市もあるので、なかなか便利な立地です!
d0257690_22412691.jpg

チェックインします。

今回は友人と別々に予約したのですが、なぜか一緒にチェックイン出来ました!
ホテルの方は皆さん日本語が話せるので、とてもスムーズでした。
d0257690_22423092.jpg

8階の部屋へ。

評判通り、綺麗で良い感じの部屋です!
友人の部屋は窓無しでしたが、何故か私の部屋には窓がありました。

椅子が2つあるのもポイントが高いですね。
d0257690_22434767.jpg

1時間弱の小休止。

夜まで観光して、それからチェックインすることも多いですが、こうやって早い時間にチェックインして休んでから出かけると、体力が回復出来るから良いんですよね。

この部屋の居心地が良くて、少し横になると眠たくなってしまいました。
d0257690_22515342.jpg

先ほど買った、大好きなパパイヤミルクを飲んで出かけましょう。
やっぱり大好きな味!

これから初めての鼎泰豊で夕食です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-03-12 19:49 | 海外旅行記 | Comments(2)

2回目の弾丸!台北旅行 ② [1日目] (チャイナエアラインで台湾へ!)

2回目の弾丸!台北旅行 ① [準備編&0日目]


2018年01月20日(土)

d0257690_2394795.jpg

さて、いよいよ出発日。
6時に起床しました。

外はどんより曇り空。
台北は晴れていると良いなぁ。
d0257690_23101721.jpg

コンフォートホテルは無料朝食が付いているのが魅力。
2階の朝食会場でいただきます。

洋食メインで、どれも美味しかったです。
いろんなホテルの朝食を食べてきましたが、この価格帯ではコンフォートが断トツです!

機内食があるのに、食べ過ぎてしまいました。
d0257690_23104297.jpg

支度をして、7時にチェックアウト。
コンフォートは空港までの送迎は無いので、電車で空港へ向かいます。

前泊をしてなかったら、4時半には自宅を出なくてはいけなかったので、だいぶゆったり出来て良かったです。
d0257690_23113018.jpg

空港まではJRでも京成でも行けますが、本数が多い京成にしました。

乗車時間は8分程。
意外に成田市中心から空港までは距離があります。
d0257690_2312158.jpg

そうして成田空港第2ターミナルに到着。
7時半に友人と合流しました。

やっぱり空港のこの風景は、旅の気分が高まりますね。
いつものように、予約していた『イモトのWifi』を受け取り、友人はここで両替。

チャイナエアラインのカウンターで、スムーズにチェックイン。
今回は友人とそれぞれ別々に航空券を予約したので、チャイナエアのホームページから座席指定をして、隣の席を確保出来ました。
d0257690_23144794.jpg

そうして保安検査、出国審査も通過。
第3ターミナルよりもスムーズに通過出来たような気がします。

8時半に搭乗口前まで来れました。
時間がギリギリになるかなぁと少し心配でしたが、思いのほか余裕があって良かったです。
d0257690_23151474.jpg

8:50に搭乗開始。

2回目の台湾旅行以来、約3年ぶりのチャイナエアラインです!
本当はマイルを貯めているJALか、エバー航空が良かったけど、安かったから仕方ない。

やっぱり大きな機体だなぁ。
d0257690_22564794.jpg

搭乗!
乗った瞬間から台湾気分が味わえるのがチャイナエアの良いところ。

座席は2-4-2の配列で、友人が窓側、私は通路側にしました。
d0257690_22574017.jpg

定刻より少し遅れて、9:40に離陸。
ほとんど揺れずにシートベルトサインが消えて一安心。

今回も翼付近の席です。
飛行機は後ろの方が揺れるので、揺れが苦手な方は前方か翼付近の席がお勧めです。
d0257690_2315444.jpg

さあ、お楽しみの機内食!
前回乗ったときの機内食が美味しかったので、今回も楽しみにしていました。

チキンのご飯に、パンと豆サラダ、フルーツです。
チャイナエアの機内食は評判が良いけど、やっぱり美味しいです!

この機内食を味わってしまうと、LCCではなくてレガシーキャリアが良いなぁと思ってしまいますよね。
d0257690_2361688.jpg

食べ終える頃には、四国上空を飛んでいました。
速いなぁ!

でもここからが、やや長く感じました。
d0257690_234269.jpg

食後にはワイン、コーヒー、ほうじ茶の順で飲み物がもらえるので、最中に合いそうなほうじ茶を頂きました。

ほうじ茶と言っても、台湾の航空会社というだけあって、台湾茶の味でした!
最中と良く合って、美味しかったです。
d0257690_2372351.jpg

暇になって来たので、映画でも観ることに。

機内でちゃんと映画を観るのは初めてかもしれません。
(いつもウォークマンでひたすら音楽を聴いているので・・・)

気になっていた『ちょっと今から仕事やめてくる』があったので、観てみました。
序盤はなかなか面白かったですが、後半は失速。
しかもかなり暗い気分になる映画で、これから楽しい台湾旅行の始まりだというのに、暗い気持ちになってしまいました(汗)

これからは、機内では明るい映画を観ることにします。
d0257690_2393053.jpg

映画を観終わる頃には、台湾上空へ。

九州まではあっという間な感じですが、そこから沖縄を通って台湾までが遠く感じますね。
d0257690_2395713.jpg

徐々に高度が下がって行きます。

雲を突っ切って、下へ下へ。
生きた心地がしない嫌な時間です。
d0257690_231028100.jpg

霧の先に・・・
見えてきました!
d0257690_23113551.jpg

麗しの台湾の街並みです!

こうやって街が見えてくる瞬間が、1番テンションが上がります!
d0257690_2312594.jpg

無事に着陸!

定刻通りの12時半着です。
d0257690_23134342.jpg

1年ぶりの台湾の空気を吸いこみます。

あぁ、懐かしい匂い!
私にとって初めての海外が台湾だったので、こうして台湾に降り立つ度に、あのときの感動が蘇ります。
d0257690_23143667.jpg

桃園空港といえば、この風景。

今回はモノレールに乗ることなく、入国審査場へ。
40分近く並んで、ようやく入国出来ました。

これから初めての桃園MRTに乗って、ホテルへ向かいます!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-02-13 22:17 | 海外旅行記 | Comments(0)

2回目の弾丸!台北旅行 ① [準備編&0日目]

1月20日(土)・21日(日)と、台湾・台北を旅して来ました!

大好きな台湾は今回で5回目。
前回行ったのが2016年の秋だから、1年少し台湾に行ってなかったんですね。

(↓ 前回の弾丸台北旅行記はこちらから ↓)
弾丸!台北旅行 ① [準備編]

今回は、このときとは別の友人と行って来ました!
d0257690_184817.jpg

そもそも去年も、台湾に行くはずだったんです。

去年6月に弾丸で花蓮に行こうと計画を立てていましたが、バンコク行きの格安チケットを見つけて、行き先がバンコクに変更になってしまったのでした。

バンコク旅行も楽しい旅行でしたが、あれからずっと台湾気分が収まらず、日々台湾のことを考えて過ごしていました(苦笑)
そんな中、去年夏、一緒に北海道旅行に行った友人を誘って、一緒に台湾に行けることになりました!

行けることが決まったのが去年末。
お互い2日以上の旅行は厳しいので、いつものように1泊2日の弾丸旅にすることに。
年明けすぐに、航空券とホテルの手配をしました。

いつものように、スカイスキャナーで検索すると、結構高くてビックリ。
バニラエアも都合の良い時間の便は40,000円越えで、1番安いタイガーエアも35,000円。

そんな中で、チャイナエアラインが、42,000円と、バニラエアとほとんど変わらない金額でした。
多分すぐ売り切れてしまうだろうと、急いで予約。

成田09:30発→桃園12:40着
桃園16:20発→成田20:20着


という、なかなか良い時間の便を予約出来ました。
桃園MRTも開通したことですし、これなら1泊2日でも、それなりの滞在時間を確保出来ます。

ホテルはMRT「大橋頭駅」近くの、『東呉大飯店(ドンウーホテル)』を予約。
このホテル、2016年9月に台風で行けなくなった台北旅行で予約していて、泊まるはずだったんです。
今度台北に行ったら、このホテル!と決めていました。
7,000円と安いですが、ネットの評価も高いですし、立地も良さそうです。

保険に入って、Wifiも予約して、準備完了と思いましたが・・・
家を出るのが土曜の早朝ということで、家族に気を遣うのが嫌だなぁと思ったので、金曜は成田に前泊することにしました。

駅から近い『コンフォート成田』を予約。
楽天のポイントを使って、4,000円となかなか安くてラッキー。

友人は前泊はせず、土曜の朝、成田空港で待ち合わせすることになりました。
d0257690_22532979.jpg

旅行が決まってから当日まで約3週間。
歩き方の最新版も購入して、いろいろ計画を練りました。

友人は初台湾なので、是非台湾を気に入ってもらえるように、いろんなプランを考えました。
当初は2日目に北投温泉で日帰り入浴する予定でしたが、直前になって行くはずだった施設が休業という情報が入って来たので、北投温泉はやめて、2日間台北でゆっくり過ごすことになりました。


2018年01月19日(金)
d0257690_23223647.jpg

あっという間に、出発前日の金曜日になりました。

18時に仕事が終わり、そのままバスで駅へ。
成田に向かう前に、『親孝行うどん』で夕食に。
d0257690_2323264.jpg

いつも通り「おろしぶっかけ」にしました。
いつ食べても美味しいなぁ。

今回は1泊2日なので、日本食が恋しくはならないと思いますが、いつも海外旅行前後はこうして、うどんや蕎麦を食べてホッとしています。
d0257690_23233573.jpg

さあ、いつもの列車で出発!

金曜の夜なので、車内は満席。
でも今回もリュック1つの旅なので、問題無しです。
d0257690_23241685.jpg

東京駅で乗り換えて、ここから1本で成田まで行けます。
最初は大混雑でしたが、船橋を過ぎたあたりで空き始め、成田に着く頃には乗客は自分ひとり(苦笑)

結構長く感じましたが、スカイライナーに乗るより、だいぶ節約出来て良かったです。
d0257690_23245083.jpg

JRの「成田駅」と「京成成田駅」は、少し離れています。
コンビニで夜食を買ってから、ホテルへ歩きます。

「京成成田駅」を通過すると、すぐに『アパホテル』が見えてきますが、ここにも泊まったことがあるんですよね。
確か九州に行くときに前泊したんだと思いますが、部屋は狭いし、朝食は美味しくないし、イマイチだった記憶があるので、今回はやめました。
ただ、大浴場があるのは良かったんですけどね・・・

『アパホテル』の奥に、『コンフォート成田』があります。
d0257690_23251793.jpg

2階のフロントでチェックインして、5階の部屋へ。

広くはないですが、綺麗でなかなか良い部屋でした!
フロント階ではウェルカムコーヒーのサービスがあり、部屋に持って来て頂きましたが、香りが良くて美味しかったです。

でもこの時間のコーヒーは寝れなくなる可能性があるので、半分くらいにしておきました。
d0257690_23254078.jpg

風呂に入って、テレビを観ながら夜食!

前泊していなかったら、明日は3時半に起きる予定でしたが、これで6時まで寝ていられます。
なので若干夜ふかしして、1時頃就寝しました。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-01-30 00:09 | 海外旅行記 | Comments(0)

弾丸!バンコク旅行 ⑧ [2日目] (アユタヤ観光、夜行便で帰国)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]
弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)
弾丸!バンコク旅行 ③ [1日目] (タクシーでホテルへ、暑さでダウン)
弾丸!バンコク旅行 ④ [1日目] (BTSでショッピングセンターへ)
弾丸!バンコク旅行 ⑤ [1日目] (フードコートで夕食、タイのセブン)
弾丸!バンコク旅行 ⑥ [2日目] (急ぎ足の王宮周辺観光)
弾丸!バンコク旅行 ⑦ [2日目] (ツアーでアユタヤへ)


2017年06月29日(木)

d0257690_19575868.jpg

続いて、こちらも有名な『ワット・マハータート』にやって来ました。
この仏頭は意外にも、入場してすぐにありました。

実際に生で見ると、何とも言えない気分にさせられます。
ここには高さ44メートルの仏塔があったようですが、こちらもビルマ軍によって破壊されたんだそうです。

アユタヤ王朝初期の重要な遺跡ということで、皆さん一緒に写真を撮られていましたが、その際は仏頭より低くなって撮るのが礼儀とされています。
d0257690_2002657.jpg

こちらでは20分の自由時間が設けられたので、奥の方まで見学しに行きました。

仏教の国に来たんだなぁと、実感させられる風景。
心が穏やかになりますね。
d0257690_2055252.jpg

そしてここにはビルマ軍に破壊され、頭の無い仏像がたくさんあります。

仏教国において頭の切断された仏像を置くことには、複雑な思いを抱く方も多いようです。
それでも戦争の悲惨さを後世に残そうという意図があるとも言われているのだそう。

いろいろ考えさせられました。
d0257690_20641100.jpg

時間になり、再び車で移動。

途中、参加者のおばさまが、先ほど買ったというパイナップルを分けてくれました。
途中から打ち解けて、いろいろお話させて頂きました。

友達とバンコクに来たものの、友達が熱を出し、暇なので1人でアユタヤツアーに参加したんだとか。
このおばさまが居なければ、ツアー参加者は私1人で、若干気まずかったと思うので(苦笑)、参加してくれて良かったです。
d0257690_208971.jpg

最後にやって来たのは、『ワット・ヤイ・チャイ・モンコン』です。

こちらはアユタヤ王朝の初代王が建立した寺院で、市内から少し離れた場所にある為、ビルマ軍の攻撃からも逃れて残ったのだそうです。

高さ72メートル、すごい迫力があります!
ここでも20分の自由時間。
d0257690_2011741.jpg

せっかくですから、登ってみます。

急な階段ですが、雰囲気が素晴らしい!
d0257690_20115744.jpg

上からの見晴らしも見事でした!
晴れていれば、もっともっと素晴らしい景色が望めると思います。

それにしても蒸しているので、階段を上がってきて暑いこと!
少し腰掛けて休憩してから下りました。
d0257690_20154479.jpg

こちらもガイドブックに出て来そうな仏像。
最後にここを見て、時間となりました。

以上でアユタヤ観光は終了。
車でバンコクへ戻ります。

1時間弱寝て、起きると、まだバンコクには入っていませんでした。
まだまだ田舎町といった感じで、それから急に都会になって来たと思ったら、もうバンコク市内でした。
タイはバンコクだけ大都会なんだなぁと実感。
バンコクにだけ居たのでは分からなかったことなので、出てみて良かったです。
d0257690_20161156.jpg

帰りはBTS「チットロム駅」近くのホテルで解散。

とても良いツアーでした。
お世話になりました!

最後のBTSで一旦ホテルへ戻ります。
1駅乗車で「サヤーム駅」で乗り換え。
d0257690_20174858.jpg

「サラデーン駅」下車。

まだ2日目だというのに、ここがホームのように感じます。
やっぱりバンコクは人が多いなぁ。

同じセブンで夕食を買って、18時にホテル着。
フロントの方に、タクシーを呼んでもらうことに。

0:45のフライトなので、余裕を持って、21時に来てもらうことにしました。
d0257690_20204911.jpg

部屋に戻って、まずはシャワー。
今日は泊まらないし、勿体ないかなぁとも思いましたが、やっぱり汗をかいてシャワーを浴びれないのは嫌なので奮発して連泊にしたのです。
サッパリしました!

そしてセブンで買った夕食。
d0257690_20211683.jpg

これが辛くて辛くて・・・。

最初は美味しい!と喜んでいたのですが、それもつかの間、猛烈な辛さが襲って来ました。
コンビニ弁当がここまで辛いとは。
私は辛いのが苦手なので、舌がヒリヒリしました。

涙が止まらなくて、これがホテルで良かったです。
d0257690_20223329.jpg

お口直しにデザート。

このケーキが美味しいこと!
昨日のスイーツと言い、タイのコンビニスイーツはレベルが高いですよねぇ。
これが日本の半額くらいで買えるのも嬉しいです。

バナナオレも美味しかった!

1時間くらいベットに横たわって、だいぶ体力が回復しました。
本当に連泊にして良かったです。

あのまま空港に直行じゃ、体力が持たなかったかもしれません。
d0257690_20333833.jpg

20:50にチェックアウト。
フロントの方がにこやかに見送って下さいました。

『ル・サイアムホテル』、素晴らしいホテルでした。
またバンコクに来た際は、お世話になりたいと思います。
ありがとうございました。

55分にはタクシーの方が迎えに来てくれて、乗車。
フロントの方が行き先はドンムアン空港と伝えてくれたので、スムーズでした。

行きのタクシーで最悪の気分になったので、帰りはBTSとバスを乗り継いで空港へ向かおうかなぁとも考えましたが、シャワーを浴びたばかりでまた汗をかくのも嫌なので、タクシーにしました。

途中、高速道路からも国王の写真をたくさん目にして、もうすぐタイとお別れかぁと、寂しい気持ちになりました。
d0257690_2037069.jpg

すんなり40分程度で空港に着いてしまいました。
帰りは夜なので、行きのように暑さも渋滞も無く、とても快適な車内でした。

ドンムアン空港、この時間でも結構な人が居ますね。
d0257690_20404583.jpg

上海、台北、広州、ソウル・・・
いろんなところに飛んでいますね。

私が乗るのは0:45発のスクートです。
d0257690_20421140.jpg

チェックインカウンターは行列が出来ていました。

7割くらいは日本人かなぁ。
スクートがこれだけ安いんだから、やっぱりみんな使いますよね。
d0257690_2044479.jpg

行きの入国審査もしんどかったですが、帰りの出国審査もなかなかの待ち時間でした。

中国人が順番を守らず割り込んで来たりで、イライラ。
それに審査官もすごく感じが悪かったなぁ(汗)

でも何とか、出国審査を通過出来ました。
d0257690_20444235.jpg

タイに来て、初めてのマック発見。

噂には聞いていましたが、タイのドナルドは本当に拝んでいるんですね!
日本のマックとはメニューもだいぶ違うようで、「サムライポークバーガー」なるものもあるらしいです。

次回来たら食べてみようと思います。
d0257690_2045578.jpg

搭乗口を確認したら、ここの店でお土産を買います。

アユタヤで買いたかったけど、全然売ってなかったんですよね。
ここは一通り、いろんなものが売っていました。
d0257690_20462565.jpg

喉が渇いたので、オレンジジュースを購入。

やっぱり南国のフルーツジュースは最高!
美味しかった!
d0257690_20485043.jpg

搭乗時間まで40分くらいあるので、しばし休憩。
寝ている方もチラホラ見受けられますね。

日が変わって、0時過ぎから搭乗開始。
d0257690_20513333.jpg

帰りも行きと同じ、左側前方の窓側でした。

離陸後はすぐに消灯して、睡眠導入剤を飲んで、4時間くらい寝れました。
起きて少しすると、もう着陸態勢。

帰りは成田まであっという間でした。
確かパリからの帰りもあっという間に感じたし、やっぱり夜行便のほうが早く感じますね。
d0257690_21391281.jpg

日本に帰国。
いつも素通りしているドトールで朝食。

その後はスカイライナーと在来線を乗り継いで、昼には帰宅出来ました。
さすがに疲れたので、その日はゆっくりして過ごし、次の日の仕事に備えることに。
d0257690_21431571.jpg

さて、お土産です。

これはセブンでかったスイカのキャンディー。
キャンディーと言っても、ぷっちょのように噛んで食感を楽しむタイプのものです。

これは日本には無い味で、面白かったです。
d0257690_21461244.jpg

空港で買った、チョコレート。

このチョコには豆が入っていて、一緒に食べると食感が良かったです。
職場の方にもこれを買いました。
d0257690_21502019.jpg

そしてこれも空港で買った、カップ麺。
なかなかスパイシーで、美味しかったです!

これも日本には無い味。
やっぱり海外のお土産は、日本では味わえないものが良いですよね。

さて長くなりましたが、弾丸のバンコク旅行、とても良い経験になりました。
魅力たっぷりのバンコク、本当はもっと時間をかけてゆっくり見て回りたかったけど、一通り観光スポットは見れたし、アユタヤにも行けたし、満足度は高いものになりました。

台湾旅行を延ばしてまで行くことになったバンコクですが、行って良かったですし、また行きたいです。

私、来週に1泊2日で台湾・台北に行って来ます。
こちらも少しずつアップしていければと思います!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-01-17 00:46 | 海外旅行記 | Comments(4)

弾丸!バンコク旅行 ⑦ [2日目] (ツアーでアユタヤへ)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]
弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)
弾丸!バンコク旅行 ③ [1日目] (タクシーでホテルへ、暑さでダウン)
弾丸!バンコク旅行 ④ [1日目] (BTSでショッピングセンターへ)
弾丸!バンコク旅行 ⑤ [1日目] (フードコートで夕食、タイのセブン)
弾丸!バンコク旅行 ⑥ [2日目] (急ぎ足の王宮周辺観光)


2017年06月29日(木)

d0257690_2030451.jpg

ツアー集合場所である「サイアムデザインホテル」にやって来ました。
「MBKセンター」から徒歩8分程でした。

12:50にホテル前に行くと、ガイドさんを発見。
タイの方ですが、日本語がお上手で一安心。

それから少しして、もう1人合流。
参加者は私とその方の2人だけでした。
d0257690_2031962.jpg

ワゴン車でアユタヤに向けて出発!

タイに行くなら絶対にアユタヤには行きたいと考えていましたが、弾丸日程のため、電車とバスを乗り継いで行くのは厳しそう・・・ということでツアーに参加しました。

『ウェンディーツアー』という会社の、「午後から半日アユタヤ」というツアーに申し込みました。
料金は1,400バーツで、食事も含まないので気軽に参加出来ますね。

車が走り出してしばらくはガイドさんが話していましたが、高速に乗る頃には話も終わり、ウトウト。
アユタヤまでは1時間以上かかるので、少し寝ることに。

そして目を覚ますと、窓には田舎の風景が広がっていました。
d0257690_203610100.jpg

タイで都会なのはバンコクだけで、それ以外は田舎だと聞いていましたが、本当にそんな感じですね。
さっきまで見ていた世界とは、全く違う世界が広がっていました!
d0257690_20344778.jpg

アユタヤに到着!

まずやって来たのは『ワット・ローカヤースッター』という寝釈迦仏。
こちらは全長29メートルだそうです。

さきほど49メートルの「ワット・ポー」を見たばかりなので、小さく感じてしまいましたが、こちらもなかなか歴史を感じる造りですね。

外国人の入場料は50バーツですが、ツアー代金に含まれています。
d0257690_20441883.jpg

そこから少し歩いて、象乗り場に来ました。

生で見る象は初めてで、大きくて圧倒されました。
でも凄く大人しくて人懐っこくて、可愛かったです。
d0257690_20445485.jpg

象の神様が祀られていました。
d0257690_20452953.jpg

日本語の注意書きもありました。

象乗りはツアー代金に含まれていないので、乗りたい場合はここでガイドさんにお金を渡して乗ります。
私は動物に乗ったりするのは好きでは無いので、やめておきました。
d0257690_2047950.jpg

もう1人の参加者の方は乗っていましたが、乗る前に同意書にサインをしなくてはいけないようです。何かあっても責任は取れませんということでしょうか(汗)

どの象さんも、みんな優しそうな目をしていますね。
d0257690_20484043.jpg

乗り場の全景はこんな感じです。
ここにいるほとんどは外国人観光客のような感じでしたね。

象に乗らない人も、ベンチに腰掛けて寛いでいて、とても良い雰囲気でした。
d0257690_20535443.jpg

これがツアーのワゴン車です。
ここから乗って少し移動。

ガイドさんとは別に、運転手さんが居て、運転手さんは観光中ずっと車内で待っていました。
d0257690_20543222.jpg

すぐに車を降りて、ガイドさんと共に歩き始めます。

この高い位置にある住居は、浸水を防ぐ為なんだとか。
d0257690_2055442.jpg

テクテク歩いて、川を渡ります。

写真では涼しそうに見えますが、ガイドさんが日傘をさしているように、かなりの暑さです。
ただ緑が多いので、気分は良くて、川の流れる音も心地よいです。
d0257690_20572699.jpg

おぉ!
見えて来た!
d0257690_21201.jpg

『ワット・プラ・シー・サンペット』です。
アユタヤと言えば、この風景ですよね!

スリランカ様式の仏塔3基には、3人の王の遺骨が納められています。
急に空が暗くなってきてしまい、写真的にはイマイチになってしまいましたが、凄い存在感でした。
d0257690_219961.jpg

今でこそタイの中心はバンコクですが、歴史的にはアユタヤの方が昔から栄えていたようです。

アユタヤ王国の中心となった王宮は1350年建てられましたが、1767年にビルマ軍(現在のミャンマー)によって破壊され、このような廃墟になってしまったそうです。
d0257690_21104112.jpg

こちらは曇ったからこその、なかなか幻想的な風景。

石の積み重なりにも、何だか重みを感じるなぁ。
d0257690_2112815.jpg

有名な世界遺産ですし、観光客は絶えずたくさん居るのですが、どこか落ち着いた雰囲気をずっと保っているこの感じ。

物凄く心が洗われる場所にいることを実感します。
d0257690_2118143.jpg

急な階段がたくさんあって、なかなかスリルがありました。

自分の足で歩いて、回って、旅してるって感じますね!
d0257690_21185228.jpg

ちょっと気に目をやると、リスを発見!

可愛いなぁ。
やっぱりリス人気は万国共通のようで、皆さんが集まっていました。
d0257690_2120733.jpg

車に戻ってガイドさんに、おしぼりと水を貰いました。
おしぼりも水も、キンキンに冷えていて生き返りました。
これは良いサービスですね!

次は『ワット・マハータート』へ向かいます。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-01-14 17:01 | 海外旅行記 | Comments(0)

弾丸!バンコク旅行 ⑥ [2日目] (急ぎ足の王宮周辺観光)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]
弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)
弾丸!バンコク旅行 ③ [1日目] (タクシーでホテルへ、暑さでダウン)
弾丸!バンコク旅行 ④ [1日目] (BTSでショッピングセンターへ)
弾丸!バンコク旅行 ⑤ [1日目] (フードコートで夕食、タイのセブン)


2017年06月29日(木)

2日目は8時に起床。

夜には空港へ向かうので、実質的な最終日です。
今日は午前中に王宮周辺を観光して、午後からはツアーでアユタヤへ、ホテルでシャワーを浴びて、空港へ向かうというハードスケジュールになってしまいました。
d0257690_23421011.jpg

なのでしっかり食べて、体力をつけないと!

1階の朝食会場へ行くと、係りの方が笑顔で出迎えてくれました。
チェックイン時にもらった朝食券を渡して、好きな席に着きます。

外の景色も見れますし、ゆったりとした良い感じの会場です。
d0257690_23431043.jpg

タイはお米文化の国ですが、このホテルは宿泊客は欧米人が多いので、パンが豊富にありました。

このパンは、昨夜セブンで買って食べたスイーツのような美味しさ。
南国だからフルーツもみずみずしくて美味しい!

オレンジジュースは3杯飲んでしまいました。
ゆったりとした雰囲気の中で、朝食をとれて良かったです。
d0257690_23481759.jpg

部屋に戻って、セブンで買ったメロンオレをゴクり。

これも美味しい!
タイのフルーツジュースはどれも本当に美味しいなぁ!
d0257690_2349295.jpg

9時過ぎにホテルを出発。

バンコクは朝から暑いですね。
昨日は体調不良で、そこまで景色を楽しむ余裕が無かったので、改めてアジアの異国情緒漂う街並みに感動です。
d0257690_23492414.jpg

この歩道の感じも日本とは全く違いますよね。
歩道にレストランの席が並んでいるのが新鮮!

台湾もこんな感じですよね。
こういった雰囲気のお店でいつかは食事もしてみたいです。
d0257690_23504310.jpg

王宮周辺にはタクシーやバスで行っても良かったのですが、『エクスプレス・ボート』という船でも行けるようです。
せっかくなので、船で行ってみようと思います。

最寄りの「サラデーン駅」から今日もBTSに乗車。
d0257690_23515786.jpg

「サラデーン駅」から3駅の「サパーン・タークシン駅」で下車。
この駅と船の「サートーン乗場」が接続していて、迷う心配もありません。

この船はラビットカードが使えないようなので、行き先を告げてチケットを購入。
5分待って、船がやって来ました。
d0257690_23544179.jpg

乗船!
観光客に人気のようで、席はあっという間に満席に。
d0257690_2357410.jpg

何とか端の席を確保。

ご覧の通り、川は汚いですが(苦笑)、とても快適な船旅です。
何といっても、この船に乗っている間は、風にあおられているので、全く暑さを感じません。

ボートというだけあって、なかなかのスピードでチャオプラヤー川を駆け抜けていきます。
d0257690_2358244.jpg

お!『ワット・アルン』が見えてきました!

私の中でバンコクと言えば、『ワット・ポー』を差し置いて『ワット・アルン』というイメージだったので、実物を見るのは楽しみにしていたのですが・・・

旅行の1週間前にネットで、今は全面工事中ということを知り、ガッカリしました。
d0257690_011214.jpg

近づくとますます絶賛工事中という感じですね(汗)

20分くらいの快適な船旅を一旦終えて、下船。
d0257690_013897.jpg

でも近くで見ると、やっぱりすごい迫力で、感動させられました!

『ワット・アルン』は三島由紀夫の小説の舞台になったことでも有名ですよね。
バンコクの仏教寺院とは一味違った、ヒンドゥー教色の強いお寺なんだそうです。
d0257690_021083.jpg

『ワット・アルン』はここしか見れないので、次は『ワット・ポー』を見に行きましょう。

対岸まで船で渡ります。
ここは1分ちょっとで着いてしまいます。
d0257690_05177.jpg

入場料は100バーツ。
お水の引換券をくれるので、引き換え所で券を渡して水を貰いました。

暑いタイですから、水はありがたいですね。
こまめに水分補給して、熱中症にならないようにしないと。
d0257690_0154953.jpg

場内は神聖な雰囲気です。

靴はビニールに入れて、持ち運びます。
ゆっくり歩いて行くと・・・
d0257690_0164199.jpg

有名な寝釈迦仏様のお目見えです!!
物凄い存在感!

柱があるので、その隙間から拝見することになります。
こうして実物を目にすると、やっぱり感動しますねぇ。
d0257690_0183977.jpg

ゆっくり歩いて、端の足側から、全体を見ることが出来ました。
全長49メートル、高さ12メートルもあるそうです。

お釈迦様と目が合うと、凄く緊張感が走りました。
本当に神聖な場所なんだなぁと実感させられます。
d0257690_0211458.jpg

さて、午後のツアーもあるので、そろそろ集合場所に向かいましょう。
同じ船で戻ります。

『ワット・アルン』ともお別れ。
次来るときは、工事が終わっていると良いな。
d0257690_0214898.jpg

同じように「サートーン乗場」からすぐの「サパーン・タークシン駅」へ。
案内板もあって、とても分かりやすかったです。
d0257690_0221467.jpg

ホームに着くとすぐ列車がやって来ました。
BTSは高架鉄道ということだけど、見た目はモノレールにも見えますよね。

今回このBTSが大活躍したので、これが無かったら不便なんだろうなぁと強く思います。
d0257690_022373.jpg

列車は混んでいなかったので、ようやくゆっくり車窓からの景色を楽しむことが出来ました。
これは地下鉄には無い楽しみです。

車内アナウンスも聞き取りやすい英語が流れるので、旅行者も安心です。
終点の「サナーム・キーラー・ヘン・チャート駅」まで乗車。
d0257690_0235823.jpg

昨日と同じ「MBKセンター」のフードコートで昼食にすることに。
似たようなメニューになってしまいましたが、昨日よりはカレーっぽかったかな?

スパイシーさが卵によって緩和されて、とても美味しかったです。
搾りたてのオレンジジュースも美味しかったなぁ!

昼食を食べ終えて12時半。
ツアーはここから徒歩5分の「サイアムデザインホテル」に13時集合となっています。
ゆっくり歩いて行きましょう。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-01-05 23:08 | 海外旅行記 | Comments(0)

弾丸!バンコク旅行 ⑤ [1日目] (フードコートで夕食、タイのセブン)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]
弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)
弾丸!バンコク旅行 ③ [1日目] (タクシーでホテルへ、暑さでダウン)
弾丸!バンコク旅行 ④ [1日目] (BTSでショッピングセンターへ)


2017年06月28日(水)

d0257690_2225332.jpg

「MBKセンター」という、巨大ショッピングセンターにやって来ました。

「地球の歩き方」によると、ここのフードコートは外国人旅行者にも人気があるとのこと。
なので事前にここのフードコートで夕食にしようと決めていました。
(本当は屋台でも食べてみたいけど、お腹を壊すのが心配で、やっぱり清潔なフードコートなら安心です。)
「サナーム・キラー・ヘン・チャート駅」から直結なので、迷うこともありません。
d0257690_22262145.jpg

いやぁ〜、大きく立派なショッピングセンターですねぇ!

1階、2階は洋服や雑貨、電気製品の店がたくさんあって、見ているだけでも楽しかったです。
日本製のスマホやゲーム機がたくさん売られていました。

ボウリング場や映画館もあり、日本の東急デパートも直結していました!
d0257690_22265485.jpg

そして去年10月に亡くなられた、プミポン国王の写真が1番目立つところに飾られていました。

タイの皆さんに愛されたプミポン国王。
日本の皇室とも古くから親密な関係を築かれてきたそうです。

1年間、タイの方は喪に服されているとのことで、このときまだ1年経っていなかったので、どんな感じなのだろうと思っていましたが、皆さん徐々に国王の死を受け入れて、希望を持って前に進んでいるような感じを受けました。
d0257690_22274884.jpg

さて、フードコートのある6階へ。

まさかの「かつや」を発見!
中を覗いてみると、日本の方も結構いらっしゃいました。
見た感じ、仕事でバンコクに駐在している方のようですね。

こういった日本のチェーン店があると、安心するんでしょうねぇ。
台湾にも日本のチェーン店が多いけど、タイにもたくさんありそうです。
d0257690_22465138.jpg

バンコクにはたくさんのフードコートがあるようですが、大体のところは、このようなカウンターで、まずICカードを購入します。

そのカードに好きな額をチャージしてもらい、それを各店で出して支払い。
最後にこのカウンターに戻って来て、カードをデポジットするという流れです。

私は200バーツチャージしましたが、多すぎで、100バーツで十分でした。
d0257690_22482641.jpg

人はたくさん居ましたが、何しろ広くて席もたくさんあるので、座れないということはなさそうです。
(この写真はほんの一部で、奥にもっとたくさん席があります。)

美味しそうな店がたくさんあって、3周くらいグルグル周って、ようやく決めました。
d0257690_2249346.jpg

ひき肉となすが乗った、カレーのようなものです。
(何という料理でしょう?)
これはピリ辛だったけど、美味しかったなぁ。

日本でも同じような料理があるけど、こっちのほうがスパイシーな香りがして、タイらしさを感じます!

別の店で買ったマンゴージュースは、注文してからミキサーにかけて作ってくれたので、とてもフレッシュで美味しかったです。
ジュースも屋台の物だと心配で飲めませんが、フードコートなら清潔で安心ですね。

結構なボリュームがあり、これだけで満腹になりました。
カードをデポジットして、ゆっくりホテルへ戻ります。
d0257690_2375566.jpg

ショッピングセンターを出ると、国王の大きな肖像画が。

行き交う人たちが、立ち止まって、手を合わせています。
この光景に胸が熱くなってしまいました。
d0257690_2382445.jpg

駅の入り口にも、国王の肖像画がありました。

私も手を合わさせて頂きました。
タイの皆さんに幸せが訪れますように。
d0257690_23103489.jpg

さて、ラビットカードをかざして、改札内へ。

台湾の改札と全く同じなのがビックリです。
d0257690_23121316.jpg

始発ですが、列車は車庫からやって来て、すぐ発車するので慌ただしい感じです。
通勤時間は過ぎたようですが、座れはしませんでした。

このBTSのドア窓は特徴的な形ですね。
d0257690_23154759.jpg

3駅で「サラデーン駅」に到着。

行き程混んでいなかったので、短い区間でしたが、BTSを楽しめました。
d0257690_23173460.jpg

列車内は寒いくらいですが、一歩外に出ると、この時間でもモアッとした暑さ。

日本の熱帯夜よりずっと強烈な暑さです。
東南アジアに居るんだなぁと実感させられますね。

ホテルまでの道中、たくさんの屋台の前を通りました。
美味しそうなものがたくさんありましたが、こんな暑さの中、生ものが売っていて、絶対食べたらお腹壊すだろうなと思ってしまいました(汗)

タイに免疫が付いてきたら、いつかこういった屋台にもチャレンジしてみたいです。
d0257690_23191928.jpg

ホテル前のセブンイレブンで夜食を買い物して行きます!

タイでコンビニといえば、そのほとんどがセブンイレブン!
でも売られているのは日本では見かけないものばかりで、本当に楽しいです。

カラフルな飲み物は、見ているだけでもワクワクするなぁ。
d0257690_2320812.jpg

美味しそうなスイーツ・パンもたくさんあります!

これはセブンだけで何でも揃っちゃいそうだなぁ。
d0257690_23263391.jpg

このドリンクマシーンはセルフなのかな?

気になりましたが、システムがわからず、使えませんでした。
d0257690_232837.jpg

そして、レジとは別に、コーヒーなど注文カウンターがあります。

帰ってから、ここのカフェラテがとっても美味しいと知り、飲まなかったことを後悔しています。

日本のセブンでも専用のコーヒーやカフェラテはあるけど、ここまでメニューは多くないし、しかもここは専門のスタッフさんが入れてくれるのが良いですねぇ。
d0257690_2335166.jpg

21時頃にホテルに戻って来ました。
フロントの方が明るく出迎えて下さり、ホッとしました。

まずはシャワーでさっぱりして、ベットでゴロン!
部屋は涼しくて気持ち良いです!
d0257690_23355045.jpg

テレビを観ながら、セブンで買った夜食を食べます。

何といっても驚いたのが、台湾でお馴染みの統一のパパイヤミルクが置いてあったことです!
テンションが上がり過ぎて、「おぉ!」と声を上げてしまいました。

このパパイヤミルクが大好きで、この味が恋しかったので、久しぶりに飲めて嬉しかったなぁ。
まさかタイで飲めるなんて思ってもいませんでした。

それから、このスイーツがフワフワで、美味しいのなんの!
ミルク感たっぷりで、もう1個買っておけば良かったと思うくらい美味しかったです。
タイのコンビニスイーツはレベルが高いなぁ。

スイカミルクも想像通り美味しかったです。
d0257690_23361022.jpg

こちらはタイのポテトチップス。
適度にスパイシーで、美味しく一気に食べてしまいました。

お腹いっぱい!
満足です。

こうしてテレビを観ながら、日が変わる頃に就寝しました。
明日は市内を観光後、ツアーでアユタヤに行って、夜の便で早くも帰国です。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-11-17 23:04 | 海外旅行記 | Comments(4)

弾丸!バンコク旅行 ④ [1日目] (BTSでショッピングセンターへ)

弾丸!バンコク旅行 ① [準備編]
弾丸!バンコク旅行 ② [1日目] (スクートでバンコク・ドンムアンへ)
弾丸!バンコク旅行 ③ [1日目] (タクシーでホテルへ、暑さでダウン)


2017年06月28日(水)

北海道の旅行記の優先的に更新していたら、バンコク旅行記が遅くなってしまいました。
見て下さっている方がいらっしゃいましたら、遅くなって申し訳ございませんでした。
またボチボチ更新していきますね。
d0257690_1537336.jpg

17時近くになったので、そろそろ夕食を食べに出かけましょう。

外に出た瞬間、モアッとした暑い空気に包まれます。
日も傾き始めたというのに、物凄い暑さです。

湿度が異様に高くて、東南アジアに来たんだと実感させられます。

そしてホテル目の前には、セブンイレブンがありました。
これは便利。

帰りにここで夜食を買おう!
d0257690_15381157.jpg

最寄駅に向かって歩きます。

見ての通り、交通量が凄まじいです。
バイクやトゥクトゥクが多いなぁ。

これは台北以上にカオスな街並みですね。
街の熱気と喧騒が凄まじくて、これがタイの首都・バンコクなんだぁと感動しました。

ただ、この異様な暑さだけはシャレになりません。
d0257690_15385839.jpg

最寄り駅のBTS「サラデーン駅」に着きました。

ホテルから徒歩5分少々、1本道で分かりやすかったです。
このすぐ近くにはMRTの「シーロム駅」もあり、どこに行くにも便利な立地ですね。

ちなみにMRTとは地下鉄のことで、BTSとはスカイトレイン(高架鉄道)のことです。
台湾や香港の地下鉄もMRTと呼びますよね。

バンコクに、このBTSやMRTが出来たのはここ十数年のことで、この都市鉄道によって観光客には格段に便利になりました。
やっぱりバスよりもレールの敷かれた鉄道の方がわかりやすいし、定時性も保たれますから、ほかの大都市も積極的に都市鉄道を導入してほしい、というのが私の考えです。
d0257690_1539351.jpg

高架鉄道なので、駅は上にあります。
エスカレーターで上昇。

毎回、海外に来るとエスカレーターの速さにビックリするのですが、日本が遅すぎるだけなのかな?
d0257690_15405532.jpg

振り返ると、いい感じの風景!

さすが乗り換え駅だけあって、駅前も栄えているなぁ。
良く見るとピザハットがあります!
d0257690_1542629.jpg

さあ、駅構内に来ました。

台北のイージーカード、香港のオクトパスカードのようなICカードがバンコクにもあるのか調べると、『ラビットカード』というものがあるようです。

ここの窓口で簡単に買いました。
d0257690_17112756.jpg

1枚200バーツで買え、最大4,000バーツまでチャージ出来るようです。

ただこのカード、BTSでしか使えないとのこと。
MRTや路線バスでは使えないのは不便ですね。
d0257690_15424234.jpg

さあ、改札内へ入場です。

台湾MRTの改札と全く同じだったのでビックリ。
カードをピッとかざすだけでOKです。
d0257690_15432093.jpg

そしてホームに行くには、さらにエスカレーターで上がります!

ずいぶん高いところにホームあるんだなぁ。
d0257690_1551960.jpg

何気ないビルとビルの間の風景も、何だか絵になるなぁ。

異国の地では、何もかもが新鮮に感じます。
d0257690_17124237.jpg

ホームに着くと、前の電車がちょうど発車したところでした。

にもかかわらず、もうすでにこれだけの人が並んでいます。
BTSは10分間隔でやって来るようなので、ゆっくり待つことに。

きちんとホームドアも整備されていますね。
d0257690_17121361.jpg

10分後、列車がやって来ました。

車内は超満員で、日本の通勤ラッシュと何ら変わりない状況。
スリに細心の注意を払いつつ、何とかしのぎました。
d0257690_17174181.jpg

「サラデーン駅」から2駅目の「サヤーム駅」でほとんどの人が降りて、ガラガラに。
私は次の終点まで乗ります。

この「サヤーム駅」はBTSスクムウィット線との乗り換え駅なので、みんなここで降りてしまうんですね。
d0257690_1718923.jpg

そして終点の「サナーム・キラー・ヘン・チャート駅」に到着しました。

終点なので、しばらく降りずにゆっくりしようと思ったら、駅員さんが入って来て、降りるように言われました。
どうやら折り返し運転ではなくて、そのまま車庫に入るようです。
d0257690_17191687.jpg

タイ語の表記を見て、あぁ今タイに居るんだと実感させられます。
当たり前ですが、タイ語は全然わかりませんし、見当もつきません。

今は英語表記があるから良いけど、ひと昔前までは英語表記など無かったということです。
そんな時代に旅された方は凄いなぁと思います。
d0257690_17195852.jpg

ホームから外を見渡すと、サッカーの練習場が!

タイにサッカーのイメージが無かったので驚きました。
でもそういえば、アジア最終予選で日本はタイとも対戦しましたよね。
d0257690_17214544.jpg

改札を出て、券売機を見学。
私のようにラビットカードを買わない方は、この券売機で乗車券を購入します。

さて、この駅に来た理由は、駅併設の大型ショッピングセンターのフードコートで夕食を取る為です。
ゆっくり向かってみましょう。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-10-15 22:28 | 海外旅行記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE