人気ブログランキング |

タグ:家入レオ ( 26 ) タグの人気記事

 

家入レオ / 7th Live Tour 2019 ~DUO~ @太田市民会館

2019年06月25日(金)


家入レオの群馬・太田ライブに行って来ました!
※ネタバレありです!これから行かれる方はご注意下さい!※
d0257690_20524571.jpg

今回のツアーが決まった当初は、仕事で忙しいし、まず行けないライブだろうと思っていました。

でも退職することになって、埼玉・熊谷の実家に帰って来て、ツアーに隣町である群馬・太田が入っていることに気づきました。
太田なら自宅近くのバス停から1本で行けますし、晴れていれば自転車でも行ける距離です。

アルバムもとても良かったので、どんどん行きたい気持ちが高まって来て、一般発売に賭けてみることにしました。
一般発売は4月20日。
退職を決意して、寮に荷物を取りに向かう電車の中で、スマホを使って購入したので、とても鮮明に覚えていますし、これからも忘れないと思います。

d0257690_2045287.jpg

そして、あっという間にライブ当日になりました。

晴れていれば自転車で行こうと考えていましたが、雨が降ったりやんだりの状態が続いていたので、バスで向かいました。

太田駅行きのバスに乗って、「マリエール太田前」で下車。
バス停から徒歩10分少々です。
付近には商業施設がたくさんあって、かなり都会的。
近くのやよい軒で早めの夕食を済ませて、初めての太田市民会館に到着しました。

この会場は数年前に完成したばかりのようで、とても綺麗で美しい造り。
場内も木のぬくもりが感じられて、とても良かったです。

今回のツアーでは、ファンクラブ会員限定で、終演後の”ハイタッチ会”に参加できるということ。
当日入会でも参加できると教えて頂き、急遽入会してしまいました!
これで、終演後の楽しみも出来て、いざ入場。

席は11列目の通路側、最高に見やすい席でした。
開演前のBGMが欅坂48だったのは驚きでした。

そうして、18時半に開演!

セットリストです。

************************
Prime Numbers
愛してないなら
もし君を許せたら
Neon Nights
君がくれた夏
Silly
ずっと、ふたりで
Relax
JIKU
Whenever
この世界で
Bicolor
Spark
Overflow
ファンタジー
Bless You
サザンカ
~~~~~~~~~~~~~~
めがね
サブリナ
Bouquet
************************

始まりはアルバムと同じく「Prime Numbers」、「愛してないなら」でした。
久しぶりに生で聴くレオちゃんの声の美しいこと。
そして音響も素晴らしく、あぁホールでのライブに参加出来て幸せだなぁと感じます。

「群馬のみんな、盛り上がってる~!?」とレオちゃんが叫ぶと、大好きな「Neon Nights」の演奏が始まりました。
生で聴けて、身体が自然に動いてしまうほど、ノリノリでした。
ギターソロも良かったなぁ。

ここでMCが入り、「今日は金曜の夜ということで、お仕事や学校などで都合をつけるのが大変だったと思います。そんな中、来て下さって、本当にありがとうございます。そしてなんと、群馬でライブをするのは、今回は初めてなんです!」とレオちゃん。
「ここから1番後の人も見えてるよ。1番前の人も1番後の人も私には同じ大切なお客さん。お客さんひとりひとり、みんなの心をノックして、最近辛くない?今日は楽しんでいってねって語りかけています。そんな思いが届いてまた明日から頑張ろうという気持ちになってくれたら嬉しいです。」
というような、とても丁寧なお話がありました。

「ここからは家入レオのライブが初めてという人でも楽しめる、聴いたことあるなっていう曲を3曲お届けします。」と言って、「君がくれた夏」「Silly」「ずっと、ふたりで」が演奏されました。
「Silly」のサビでのシャウトはやっぱり痺れます。

日替わりだという「Relax」、この日はロックバージョンでした。

そして大好きな「この世界で」は、レオちゃんの美しい歌声に酔いしれました。
この曲を歌いこなすのは相当難しいと思いますが、安定の素晴らしい歌唱力でした。
確か、この曲辺りでレオちゃんが真っ赤なドレスに衣装替え。
すごく大人の魅力あふれる衣装で、素敵でした。

売店でもずっと流れていたお洒落なメロディの「Bicolor」に続き、ライブ映えするに違いないと思っていた「Spark」
サビではみんなで手を振って一緒に歌いました。
これからの季節にピッタリの曲ですね。

これも大好きな初期の代表曲「Bless You」。この曲は普段叫ぶように歌うレオちゃんですが、今回はいつになくしっとりとした歌い方をしていて驚きました。
10代特有の孤独や葛藤を歌った曲なので、それを今の家入レオで歌ってみた、ということなのかな?

本編ラストは「サザンカ」で静かに終わりました。

そしてアンコール。
1曲目の「めがね」という曲は知らなかったのですが、「もし君を許せたら」のカップリング曲のようです。
レオちゃんが最初と最後、ピアニカを弾いていてとても心が温かくなるメロディでした!

ここでデビュー曲「サブリナ」のイントロが流れ始めると、この日1番の大歓声。
やっぱりこの曲は欠かせませんね。

そしてアンコールラストは「Bouquet」でした。
聴けば聴きほど、胸を締め付けられる切なく美しい曲。
最後の合唱は素晴らしかったなぁ。

最後の方のMCで「もう群馬には当分来れないかもしれないし、もしかしたら今日のライブで家入レオと会うのは最後になるという方がいるかもしれません。皆さん、会社だったり、学校だったり、それぞれ明日から自分の生活に戻って行かれますよね。これから辛いことや悲しいこと、たくさんあると思います。でもそんなとき、今日の日の夜のことを少しでも思い出して、元気を出して貰えれば本当に嬉しいです。」というようなことをお話になっていて、とても心に響きました。

こうして約2時間15分のライブは終了。

終演後にはハイタッチ会があるので、別のホールに向かいます。
スマホの会員スクリーン画面を係りの方に提示すると、右手の甲にスタンプを押され、入場となります。
待つこと20分程。遂に列が進み始め、あっという間にレオちゃんの前に来てしまいました。
向こうから手を出してくれて、ハイタッチ。「いつもありがとうございます」の一言だけですが伝えられたので良かったです。

ハイタッチ会が長引いて、帰りのバスの最終が出てしまい、帰りは熊谷駅直通の急行バスに乗って、熊谷駅でもう1度路線バスに乗り換えて帰りました。

とても良いライブの参加出来て、ハイタッチまで出来て、とても良い思い出になりました。
また行きたいです!

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-07-05 00:11 | ライブ | Comments(0)

DUO

家入レオ6枚目のオリジナルアルバム、『DUO』を買って来ました!

今回も初回盤Aと初回盤B、通常盤の3種類があり、どれを買おうか悩みました。
d0257690_23323713.jpg

初回盤Aに付属するライブDVDのダイジェストがユーチューブにアップされていまして、それが素晴らしかったので、今回も初回盤Aの購入を決めました。

去年から多忙で、『TIME』以降のシングルは全く聴けていなかったので、新鮮な気持ちで聴くことが出来ました。



1曲目の「prime Numbers」からグッと心を掴まれました。
レオちゃんを聴くのは久しぶりだったのですが、やっぱり歌が上手いなぁと改めて思いますね。
ドラマチックなメロディも何とも良い感じです。

「Bicolor」は一発で好きになりました。
洗練された演奏も、レオちゃんの大人の色気を感じるボーカルも素晴らしい。

「Neon Nights」のキラキラした感じも好きだなぁ。
どこか「シティボーイなアイツ」と何となく似た感じを受けるのは私だけでしょうか?
ギターソロは80年代のアメリカンな感じもして、凄く良いなぁと思います。

そして家入レオ作詞作曲の「Spark」、この曲もとても良かった!
前曲の「JIKU」が割と暗めの曲だったので、さらにこの曲の明るさが際立つ感じがします。
この曲はライブで絶対盛り上がるだろうなぁ。
レオちゃん、こんな良い曲を作詞作曲出来るのに、大部分は外部の人達に楽曲制作依頼をしているということは、きっと彼女なりの考えがあってのことだと思うんです。

将来的には、完全にシンガーソングライターとしてやってもらいたいなぁとも思いますが、今は、いろんなものを吸収して大きくなっていく時期なのかなぁと思って、応援することにします。

そして終盤に放たれた名曲「この世界で」
これもシングル曲だそうですが、全く知りませんでした。
作詞作曲は前作に続いて、元GalileoGalileiの尾崎さんが担当しています。
静寂に包まれるAメロから、徐々に盛り上がって来るBメロ、そしてサビでの爆発力たるや、凄まじいです!
これは彼女だから歌える曲だと思います。

アルバム通して5回は聴きましたが、聴けば聴く程、とても良いアルバムだと思います。
何曲かキラーチューンもあり、それが適材適所に配置されていて、飽きることなく50分聴くことが出来る構成も良かったです。

そして、初回盤Aの付属DVD!



このダイジェスト映像からも分かるように、本当に素晴らしいDVDでした!
セットリストも素晴らしかったし、行きたかったなぁと思ったら、女性限定のライブだったようです。

でも私も今回のツアーには行けることになったので、それまでにもう少し聴き込んで、ライブに臨みたいと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2019-06-09 00:24 | 購入CD | Comments(0)

TIME

家入レオ5枚目のオリジナルアルバム、『TIME』を買って来ました!

今回は通常盤のほかに、初回盤Aと初回盤Bがあったので、どれを買うか迷いました。
安い初回盤Bにしようと思いましたが、ジャケットがイマイチだったので、1番高い初回盤Aを買ってしまいました。
初回盤でも通常盤でも、ジャケットは統一してほしいものです。
d0257690_12189.jpg

さて、レオちゃんの約1年半ぶりのオリジナルアルバム。
前作『WE』は、元Superflyの多保さんをプロデューサーに起用し作られたアルバムで、これが素晴らしい名盤でした。

その後、多保さんとのタッグも解消され、今回のアルバムは、さらにいろんなクリエーターが加わって作られたものとなりました。



1曲目の「ずっと、ふたりで」は杉山勝彦の作詞・作曲。
この人があまり好きじゃないので、最初は嫌だったのですが、曲はやっぱり素晴らしいなぁ。
レオちゃんの伸びやかな歌声が最大限に生きています。

2曲目の「春風」はアルバムの中でも重要な位置づけで、SoichiroKという人の作詞作曲。
美しく軽やかなメロディが心地よく、まさにこれからの時期に聴きたくなるような曲ですね。

3曲目の「Relax」は、去年MVを観て好きになった曲。
元Galileo Galileiの尾崎さんの作詞作曲。
重々しい歌い出しから、サビでパッと明るくなる感じが好き。
レオちゃんの歌い手としての凄さがわかる曲だなぁ。

4曲目の「恋の始まり」はレオちゃんの作詞作曲。
これはもともと、藤原さくらちゃん、大原櫻子ちゃんとのコラボ曲で、そちらはレコチョクでダウンロードして毎日聴いています。これが素晴らしいのです。
そしてこのソロバージョンは、アコースティックな演奏で、これはこれで良い感じ。

5曲目「TOKYO」もレオちゃんの作詞作曲。
なかなかダークな曲で、裏の東京を歌っている感じがします。
イントロがカッコいい。

6曲目の「アフターダーク」は作詞がレオちゃん、作曲は須藤優さん。
このアルバムで1番好きな曲です!
中毒性のあるメロディが何とも好き。
これはライブでさらに大化けするだろうなぁ!

7曲目の「ファンタジー」も作詞はレオちゃん、作曲は本間昭光さん。
これは昭和歌謡っぽさも感じる曲だなぁ。
レオちゃんが好きな明菜さんの影響も感じるような。

8曲目の「ありきたりですが」は杉山の作詞作曲。
凄く良い感じの曲で歌詞も素敵なんですが、杉山氏が書いている歌詞だと思うと、まだ感情移入出来ないんだよなぁ。

9曲目の「だってネコだから」はレオちゃんの作詞作曲。
これは「ずっと、ふたりで」のカップリング曲なので、去年から何回も聴いています。
ほのぼのとした素敵な曲で、歌詞も何だか良い感じ!

10曲目の「パパの時計」は尾崎さんの作詞作曲。
これはバンドっぽい曲ですね。
特に印象は強くない曲ですが、次の曲への繋ぎってところかな。

11曲目の「微熱」は作詞がレオちゃん、作曲が本間さん。
この曲も素晴らしい!
80年代の米ポップスのようなサウンドに、レオちゃんの書いた優しい歌詞がピッタリ合って、素晴らしいです。
こういったバラードが終盤に来ると、アルバムが締まりますね。

12曲目の「祈りのメロディ」も作詞がレオちゃん、作曲は須藤さん。
これは神秘的な雰囲気の曲ですね。
1stアルバムの「Lady Mary」に近い雰囲気かな。

そしてラスト、13曲目の「大事なものすべて」は尾崎さんの作詞作曲。
これがまた良い感じの曲なんです!
希望に満ちた感じのメロディと歌詞。
前作は感動のバラードでの締めくくりでしたが、こういった胸の高まるナンバーでの締めくくりも良いですね!

さて、5枚目のオリジナルアルバムとなった『TIME』、なかなか良いアルバムだと思います。
1st~3rdアルバムは、西尾さんとのタッグ、4thアルバムは多保さんのタッグで出来たアルバム。

今回の5thアルバムは、たくさんのクリエーター達によって作られたアルバムなので、まとまりのないアルバムにならないか心配でしたが、思いのほか、統一感のあるアルバムで安心しました。

でも作詞はレオちゃんが全てやって欲しいなぁというのが正直な想いです。
やっぱり外部の人が書いた歌詞だと、感情移入出来ないんですよね。
半分以上はレオちゃんの作詞で、うち3曲は作曲も手掛けているわけだし、もっと出来ると思うんだけどなぁ。
レオちゃんの書く歌詞がやっぱり好きです。

そうはいっても、なかなかお気に入りのアルバムになりそうです。
やっぱりレオちゃんの歌声は良いなぁ。

5月からのツアーも行けるといいなぁ。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2018-03-04 01:54 | 購入CD | Comments(0)

恋のはじまり

家入レオ×大原櫻子×藤原さくらのコラボ曲・「恋のはじまり」。
ライブ映像が公開になりました!



これは素晴らしい!
もう気に入ってしまって1日何回も観ています。

普段はダウンロードなどしないのですが、CD発売の情報は無いので、我慢できずダウンロードしてしまいました。

この曲はレオちゃんの作詞作曲ということですが、とっても可愛らしい曲ですねぇ。
3人の仲の良さが伝わってきて、温かい気持ちになります。

いつかこの3人でツアーやって欲しいなぁ。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-10-23 21:52 | ライブ映像 | Comments(0)

家入レオ / 5th Anniversary Live at Zepp @Zepp Diver City TOKYO

2017年9月6日(水)

家入レオちゃんのZeppツアー初日に行って来ました!

※ネタバレありです!これから行かれる方はご注意下さい!※
d0257690_2362878.jpg

初めてのライブハウス
↑ ここで書いたように、今回初めてのライブハウスとなりました。

仕事を14時に切り上げて会場へ。
滅多に来る事のないお台場、久しぶりに『ゆりかもめ』に乗れたのも良かったです。
d0257690_23131764.jpg

16時前には会場に到着。

「台場駅」から徒歩5分。
場合によっては、埼京線直通のりんかい線を利用するもの良いかも知れません。

この時間なのでまだ人はまばら。
少し早く着きすぎてしまいました。

でもこの会場は、大きなショッピングセンターの中にあるので、時間潰しはいくらでも出来るのです。
スマホの充電がしたかったこともあり、とりあえず上島珈琲でミルクティーを飲んでから夕食に。
d0257690_23211818.jpg

1階には大きなフードコートがあります。
その中の『久臨』というつけ麺の店で、夕食にしました。

味玉つけ麺大盛り、930円。
なかなか美味しくて、お腹いっぱいになりました!

夕食を終えて、18時。
そろそろ並びましょう。

どうやら整理番号順に呼ばれるようです。
30分くらい待ってゆっくりと入場。
ここでドリンク代500円を支払って、コインをもらいます。

初めてのライブハウスなので、ドリンク代を払うのも初めてです。
中に入ったらすぐにコインとドリンクを引き換えます。

私はオレンジジュースにしました。
500円もするのだから、大きなカップに入っているのかと思ったら、普通のペットボトルでした。
それなら原価の高いアルコール類にした方が良かったかも。
何だか損した気分です(汗)

ドリンクを受け取ったら、フロアの最後方へ。
ここら辺はそこまで混んでいなくて、これならゆったりと観ることが出来そうです!

19時ちょうどにライブ開始。
セットリストです。

************************
サブリナ
lost in the dream
Kiss Me
Silly
Party Girl
恍惚
Lay in down
君がくれた夏
love&hate
イジワルな神様
ひと夏の経験
少女A
だってネコだから
純情
Bless You
Hello To The World
簿たちの未来
~~~~~~~~~~~~~~
Shine
ずっと、ふたりで
サブリナ
************************

最後方でしたが、いつものドームクラスの会場よりはずっと近く、大迫力!
何より音が良いですね!

特にドラムの振動が体にズドーンと伝わって来て、ライブハウスで聴いているんだという実感が沸いてきました。

レオちゃんの歌声は相変わらず素晴らしかったです!
翌日はカメラが入るとのことで、この日はカメラ無し。
それもあってか、凄くリラックスした雰囲気でした。

武道館ライブはまさにベストアルバム的な選曲でしたが、今回は代表曲よりアルバム曲が多かったかな。
百恵ちゃんと中森明菜のカバーも凄く良かったです。
やっぱりレオちゃんは歌が上手い!

大好きな「恍惚」と久々の「Lay in down」をやってくれたのも嬉しかったです。

ただ今回のセットリスト、本当に聴きたかった私の大好きな曲が少なかったかなぁ。
シングルなら「Message」や「太陽の女神」、アルバム曲なら「Last Stage」、「明日また晴れますように」、「Every Single Day」、カップリングなら「Wake you up」、「オバケのなみだ」辺りも聴きたかったなぁと思います。

でもかなり楽しめましたし、初めてのライブハウスを体験出来て良かったです。
また機会があれば訪れたいと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-09-07 23:57 | ライブ | Comments(2)

初めてのライブハウス

この度、初めてのライブハウスに行くことになりました。
家入レオのZepp Diver Cityライブです。

初めは行く気なかったんです。
というのも、私はライブハウスを今まで意識的に避けてきたんです。

miwaやSuperflyのZeppライブにも行こうか検討したこともありますが、結局は会場に行くのは諦め、ライブビューイングでの鑑賞にするほど、ライブハウスが嫌でした。

何が嫌かというと座席が決まっていないことです。
ライブハウスのライブはギューギュー詰めで観ている印象があって、圧迫感が苦手な私は行けないなぁと思っていました。

それにドリング代が必要だったり、システムもイマイチわかりません。

でも、武道館ライブがあまりにも良くて、今回チケットが余っていたので、我慢できなくなって買ってしまいました。
1階スタンディングなので、座席無しです(汗)

楽しめるか不安ですが、せっかくなので楽しい思い出にしたいと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-08-29 22:09 | 日記 | Comments(2)

ずっと、ふたりで

家入レオちゃんのニューシングル、『ずっと、ふたりで』を買って来ました。
d0257690_21522326.jpg

「ずっと、ふたりで」は、作詞作曲共に杉山勝彦氏。
この人、私の苦手なアイドルグループにたくさん楽曲提供している人なので、正直買おうか悩みました。
でもカップリングの「だってネコだから」は彼女自身の作詞作曲だということもわかったので買うことにしました。

「ずっと、ふたりで」は良い曲だとは思うけど、やっぱり歌詞まで杉山氏が作っていると思うと、あまり感情移入出来ないなぁ。
それに私の大好きな「Every Single Day」と曲の雰囲気が被っているような気もします。

もう多保さんとのコラボは終わっちゃったのかなぁ?
あれだけ素晴らしいアルバムを作ったのだから、まだまだ続けて欲しかったです。

一方、「だってネコだから」はすごく可愛らしい感じの曲で、気に入りました!
歌詞もほのぼのとしていて、いいなぁ。

先ほど、9月のZeepライブのチケットを購入してしまいました。
オールスタンディングのライブは初めてなので、どんな感じか少し不安ですが、今からどんな曲を演奏してくれるのか楽しみです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-07-28 22:05 | 購入CD | Comments(0)

家入レオ、武道館ライブDVD&ニューシングル発売決定!

家入レオちゃんの武道館ライブのBlu-ray&DVDが、7月26日に発売されることになりました!
トレイラーも公開され、あのライブの興奮が蘇って来ます。



本当に盛りだくさんの素晴らしいライブだったから、絶対これは欲しい!
今のところ我が家ではBlu-rayが観れないので、今回も買うのはDVDかなぁ。

それと同日にニューシングル『ずっと、ふたりで』の発売も決定したようで、ジャケット写真がデビュー当時のキリリとしたレオちゃんに戻っていて、原点回帰を感じさせられます。

どんな曲なのか楽しみです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-06-20 21:49 | 音楽の話題 | Comments(0)

家入レオ / 5th Anniversary Live @日本武道館

4月30日(日)、家入レオ武道館ライブに行って来ました!

この武道館ライブが決まったのは、去年の12月のツアーファイナルでした。
今年のデビュー5周年を祝う初の武道館ライブ、絶対行くぞ!と思っていました。

そんな中、今年の元旦、ポール・マッカートニーの来日公演が決定。
喜んだのもつかの間、なんと最終日がレオちゃんの武道館と同じ日ではないですか・・・。

レオちゃんもポールも同じくらい大好きなので、両方行きたい!
ポールは初日か2日目に行こうと考え、結局初日のチケットを取りました。

ところが、来日公演2週間前に、仕事のスケジュールが変更になり、初日にどうしても行けなくなってしまいました。
チケットはポールファンの友人に譲りました。

この時点で、初日と2日目は仕事で行くことは出来ず、ポール武道館の日は休みだけど高すぎて手が出ないので、どうしても行くとなったら最終日なのですが、レオちゃんの武道館がある・・・
当日券が出ることは予想できたので、本当にポールが見たいなら、買うことも出来たのですが・・・

レオちゃんとポール、どちらを取るか、悩みに悩みました。
ポールは2回観ているとはいえ、世界のポールですし、もう高齢なので、今観ておきたい気持ちもあります。
でもレオちゃんだって、これが記念すべき初武道館だし、1夜限りの特別ライブです。

1週間前に結論が出ました。
レオちゃんの武道館に行く!
でもポールがいる東京ドームの雰囲気も確かめに行こう!と。
d0257690_23485529.jpg

当日は池袋経由で地下鉄に乗って、後楽園駅で下車。
ドーム周辺はもうポールファンで凄い盛り上がり。

この方達と一緒にライブを観れないのかぁと思うと、何だか切なくなってきました。

そんな中、ポールライブに参加されるカフェブリュさんと、急遽お会いすることが出来て、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました!

カフェブリュさんとお別れして、武道館へ歩いて行きます。
東京ドームと武道館て結構離れていると思っていたけど、徒歩20分くらいの距離なんですね。ビックリ!

途中、九段下駅の近くにある『どんぶりキッチン』というお店で早めの夕食。
ここは去年発見したお店なのですが、リーズナブルな価格でご飯もおかわり出来て、味も美味しく、店員さんの感じも良いのでお気に入りのお店です。

お腹いっぱいになって武道館へ。
d0257690_0403347.jpg

開演30分前の17時、日本武道館に到着しました。
去年のクイーン+アダムライブ以来の武道館です。

時間が無いので、グッズは最後に買うとして入場。
席は2階正面後方の通路側、やっぱり武道館はどこでも見やすいですね。

席に着いて、17:30。
さあ始まるか、と思ったら、ビートルズの「Let It Be」が流れ始めました。
場内に歓声が沸き上がります。

響き渡る美しきポールの歌声。
泣きそうになりました。
レオちゃんも幼き頃からビートルズが大好きで、前回の来日公演も行かれたそうです。
だから、偶然同じ日に武道館でライブをすることに運命を感じたのでしょう。
この演出に、とても感動しました。

2番が終わったところで、急に場内が暗転し、パッとレオちゃんが登場!
場内大歓声!

そうして記念すべき武道館ライブが始まりました。

セットリストです。

************************
僕たちの未来
Shine
太陽の女神
miss you
君に届け
Silly
チョコレート
君がくれた夏
Message
Hello
I promise you
Free
Too many
Lady Mary
恍惚
Bless You
For You
a boy
純情
Party Girl
Hello To The World
サブリナ
~~~~~~~~~~~~~~
Linda
それぞれの明日へ
~~~~~~~~~~~~~~
Last Song
************************

「僕たちの未来」で華々しくライブはスタート。
珍しくスカート姿のレオちゃん、何とも美しかったです。
武道館にしては、かなり音が良くて、それでレオちゃん声も美しいこと。
最後の「Oh Oh Oh Oh Oh〜!」の終わり方は鳥肌が立つカッコよさでした。

「Shine」は、CD音源と少し違ったアレンジで、これも良かった。
生演奏って感じが好印象でした。

「太陽の女神」は大好きなピアノイントロが完璧に再現されて、サビでの盛り上がりも良かったなぁ。
「miss you」はシングル曲にしては地味かもしれないけど、大好きな曲。
2番からのドラムにゾクゾクしました。

「君に届け」「Silly」はシャウトが圧巻で、「チョコレート」「君がくれた夏」でしっとりとした感じに。

「Message」はあの多感な頃のレオちゃんをイメージする曲なので、今の大人になったレオちゃんが歌うと少し違った、新鮮な感じがしました。

1stアルバムから大好きな「Hello」をやってくれたのが嬉しかった!初めて生で聴けました。
どうしてもこの曲を武道館でやりたかったんだそうです。
サビをみんなで大合唱。素敵な光景でした。

デビュー前に作られ、この前のベスト盤のボーナストラックに収録された「I promise you」は弾き語りで披露されました。
シンプルだけど、本当に心に響く曲だなぁ。
孤独に耐えながら前に向かって行こうとする歌詞もいいんだよなぁ。
ギター1本と歌だけなので、この日1番レオちゃんの歌声を堪能出来ました。

「Free」「Too many」「Lady Mary」はメドレー形式でした。

メドレーが終わって、まさかの大好きな4thアルバムから「恍惚」をやってくれました。
これは去年のツアーでも聴きましたが、この日の衣装だからか、色気が凄くて、狂ったように歌うパフォーマンスが圧巻でした。

流れるように「Bless You」、モニターに大迫力の歌詞が映し出されて、とにかく凄かったです。

「For You」は最初にカップリング曲として聴いたときは地味だなぁと思っていたけど、アルバムで聴いて結構好きな曲になり、こうしてライブで聴くと本当に美しい曲だなぁと思うようになりました。
続けて2ndアルバムの表題曲「a boy」をやってきれました。
2014年の初ライブで最後に披露された思い出深い曲なので、この記念すべき武道館ライブで聴けて感慨深い想いでした。
やっぱり美しいBメロから流れるように、伸びやかなサビが始まるのが素晴らしいなぁ。

「純情」ではステージの端から端まで全速力で走り回り、「Party Girl」でみんながノリノリに。この曲も大好きなんです。
そして「Hello To The World」で盛り上がりは最高潮に。

曲が終わるとレオちゃんがバタンと倒れ、「みんなの声が無いと起き上がれないよぉ〜」と言って、みんなが「レオちゃーん」と叫ぶ微笑ましい光景!

本編最後はデビュー曲の「サブリナ」でした。

大レオコールの中、メンバーが戻って来てアンコール突入。
アコースティックな「Linda」はなかなか味があって良かったなぁ。

そして「最後の曲です」と言って始まったのは、ベストアルバム収録の新曲「それぞれの明日へ」でした。
前向きな歌詞と、温かいメロディが何とも良い感じで、メンバーがお辞儀をして去って行き、レオちゃんも去ってしまうのかと思ったら、「もう1曲だけやっても良いですか?」と言って、帰ろうとした人たちも慌てて戻って来ました。

何と、3rdアルバムの名曲「Last Song」でした!
本当に大好きな曲で、もう生で聴けないんじゃないかと思っていたので、こうして武道館のラストに聴けて大感激です。
もう本当に美しかった!

レオちゃんは隅々まで回って頭を下げて、手を振り、去って行きました。

場内が明るくなると、スクリーンには、9月のZeepツアーのスケジュールが映し出されて、歓声が起こりました。
これも絶対行きたい!

帰りにアニバーサリーブックを購入。

これが本当に良い本で、美しい写真さることながら、今までのシングル、アルバムのセルフライナーノーツや、ライブ記録も網羅されていて、買って良かったです。

地下鉄で上野まで出て、スムーズに乗り換えて、23時には帰宅することが出来ました。

ボリューム感たっぷりの、本当に素晴らしいライブでした。
ベストライブとあって、シングル曲が中心ではあったけど、大好きなアルバム曲もたくさんやってくれて、本当に大満足。
d0257690_15540100.jpg

レオちゃんはデビューから見ているから、本当に美しい大人になったなぁと感激しました。
デビュー時はトゲトゲした感じが彼女の大きな魅力で、最近では丸くなってしまったのかなぁとも思っていたけど、MCでは本当にしっかりとした自分の考えをわかりやすく私達に話してくれて、とても22歳には思えないなぁと感心させられました。

そのしっかりした感じとは対照的な、お茶目で可愛らしい一面も、ライブではたくさん見せてくれるので、そこにもキュンとしてしまいます。

それから声も本当に美しかった!!
いつまでも聴いていられる美しい声です。
ライブで聴く彼女の声はCD以上です。

ライブが始まるまでは、ポールのことで何だか切ない想いだったけど、今となってはこのライブに参加できた喜びでいっぱいです。
本当に素晴らしいライブでした。

今からDVDが出るのが楽しみです。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-05-04 02:02 | ライブ | Comments(0)

サブリナ

日付が変わって、
今日は家入レオ武道館ライブに行って来ます!

去年から本当に楽しみにしていたので、ワクワクしてなかなか寝付けません。



久しぶりに「サブリナ」をじっくり聴いていますが、改めて凄い曲だなぁと思います。
このテイクはまだ15歳のものだそうで、驚愕ですよね。

デビュー時のトゲトゲした感じもまた好きだったのですが、最近は彼女も大人になって、新たな魅力が出て来て、さらに大ファンに。

今では彼女の歌は勿論、人柄も本当に大好きです。
今日は武道館でデビュー5周年をしっかりお祝いして来ようと思います。

  by fmbmrtjd-mmkkai | 2017-04-30 00:51 | 聴いた曲 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE